読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

ミキ(←ツイッターと同じにしました)
読んだ本
112
読んだページ
20592ページ
感想・レビュー
112
ナイス
3565ナイス

2月に読んだ本
112

2月のお気に入り登録
11

  • hyde
  • ちょろ
  • 百敷
  • まいふみ響
  • ろろろ
  • 「枕もとに漫画を」副管理人
  • Koichiro Minematsu
  • 🐰
  • egmg
  • なまはむ
  • 生ハム

2月のお気に入られ登録
10

  • hyde
  • ちょろ
  • 百敷
  • まいふみ響
  • ろろろ
  • 「枕もとに漫画を」副管理人
  • Koichiro Minematsu
  • egmg
  • なまはむ
  • 生ハム

2月のトップ感想・レビュー!

ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2021/1/4発売。やばーい!かっちゃん!!かっちゃん!!かっちゃ~ん!!な1冊。Twitterでめっちゃトレンドになってたとこか~。きみって子は一体なんなんだよ泣いたよ…カッコ良すぎるよ。ヒーローが束になってかかっても死柄木弔の一人勝ち状態の絶望感で胸が痛いし胃が痛いし悲鳴しか出て来ない状態。劣勢からの巻き返しは必ずあると思うけれど如何せん皆ボロボロすぎでは…。死柄木と先生が一枚岩じゃなくなってる所が唯一の明るい兆しかな。この戦いはいつまで続くんだろう。しんどい。
が「ナイス!」と言っています。

2月のトップつぶやき!

ミキ(←ツイッターと同じにしました)

2021年はBL以外の積み本消化が目標☆ 2021年1月の読書メーター 読んだ本の数:124冊 読んだページ数:21262ページ ナイス数:5472ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/644467/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
112

ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/2/12発売。物語の核心に迫りつつあるのになかなか辿り着けないもどかしさよ。ヤヒコの正体!隠世には行けないってそういうことだったのか~。隠世姫の兄であり、隠世に姫がいて現世にヤヒコがいることにより隠世の扉は保たれている。めっちゃキーマンじゃん!寄生樹にとり憑かれて死に場所を求め自ら隠世を出て行ったアオイの生存確率は0%、でも安倍さんは生きていると思っているんだね。姫からアオイ捜索の依頼を受ける物怪庵。安倍さんに会わせてあげたいな~。いつでも明るく前向きな花繪に安倍さんもきっと救われているはず。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/9/12発売。禅子のお寺にきた除霊依頼の写真にアオイが写っていたことから妖怪絡みかもしれないと写真を預かる安倍さん。結果そこにいた妖怪はアオイと榮を知らず調査は難航するが、別の場所で榮に助けられた妖怪と出逢う。榮は良い人なのか悪い人なのか…。正体が掴めぬままついに花繪は母親に金髪金眼の榮について尋ねることに。両親の馴れ初がこんなにあっさり早く読めるとは(笑)もしかして榮って金髪と黒髪の2人いるんじゃ?と思ったけどヤヒコが変身する黒髪の榮、髪の根元はやっぱり金髪っぽい?5歳児脳の花繪 可愛い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/3/22発売。積み本消化。隠世の安寧を守る姫の体調が悪く、その力が弱まっている。人間にはあまり影響のない結界の外側に出て”祟り”がどの程度近づいてきているかの調査を任された安倍さんと花繪。なんかちょっとタイムリーかも。妖怪にとっての”祟り”とはこっちの世界でいうところのウィルスみたいなものよね。感染し亡くなった亡骸を燃やす安倍さんの顔が切ないなぁ…。安倍さんの過去が少しわかった。人間なのに小さい頃から隠世で生活?家族はどうしたんだろ?アオイが親代わりだったのかな~。榮と同じぐらい謎が多いね。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/12/21発売。榮が絡んでくるとグッとシリアスになるね。榮の威光で消滅したササ、今まで妖怪を守るために動いてきた安倍さんの苦悩が始まる。一時は隠すことを選んだ安倍さんだけど花繪が榮の罪も背負う覚悟を決めたことで正直に立法様へ報告。行政からどんな処罰がくだされるのかドキドキしながらページをめくると…。話は予想外の方向へ。隠世の姫様の体調が悪く結界が弱まっていると。結界の外に出て脅威が迫っていないかの調査を行政から依頼される。妖怪には害でも人間には影響ないらしい?とりあえず花繪が酷い目にあわずホッ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/6/22発売。5匹の小鳥を隠世に祓って欲しいと育ての親・猿の姿をした妖怪コモンに依頼される物怪庵。その5匹のうち1匹だけ飛べなくて、飛べないと隠世には行けないと…あ~これはコモンの所に残りたくてわざとかな?とすぐにわかったけど、もう一歩先のとこまでは読めなかった。兄弟のうち1匹をコモンにプレゼントしようって小鳥たち全員の意志だったとは。可愛くてほっこりキュン♡今までになく邪悪な妖怪が登場。過去に榮が封印し、今回は花繪の体を乗っ取り「威光」で殺してしまう。本人の意思ではないが花繪ピンチでは?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/12/2発売。出会ったばかりなのに炭治郎を信じ、中に鬼がいるとわかっていながらも伊之助の攻撃から箱を守る善逸に感動。煩いけど優しい子だよね~、煩いけど(笑)少しの休息を挟み次の目的地・那田蜘蛛山へ向かう炭治郎たち。蜘蛛の糸で操られ味方同士で斬り合わされた先遣隊はほぼ全滅。先に山に入った炭治郎と伊之助、善逸も後を追うが1人はぐれてしまい…。もの凄い緊迫感なんだけど炭治郎と伊之助の会話は声出して笑った。善逸は蜘蛛の毒におかされながらも蜘蛛の鬼一体を撃破。善逸の強さを知らないのは善逸だけって面白い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/10/4発売。再読。愈史郎くん、話の通じない感じが面白い。っていうかこの作品は割と会話が成立しないキャラ多いよね?十二鬼月ではないものの強敵・矢琶羽と朱紗丸を倒した炭治郎たち。珠世と愈史郎に別れを告げ、次の任務に向かう途中で善逸と合流。目的の鼓屋敷で伊之助と遭遇。キャラが増えて賑やかになってきたけど善逸は煩いし伊之助はまんま悪者だしで炭治郎も苦労が絶えないわ。元十二鬼月である響凱の鼓攻撃は叩くたびに部屋が回転したり爪の攻撃が出たり、この辺はアニメの方が凄さがわかるかも。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/1/22発売。幼い頃に生き別れとなった父親に自分の作ったお酒を届けて欲しいと物怪庵に依頼にきた妖怪カタハク。妖怪の父子モノのお話から始まり、花繪の母が倒れたことにより安倍さんが花繪の父親と似ていることがわかり、花繪姉の話で父の芦屋榮も妖怪が視えていたらしいと…物語の核心に迫ってきた感じ。生きているのか死んでいるのか、物怪庵と初代主のアオイとどんな関係があるのか、花繪は安倍さんに榮の調査を正式に依頼する。あまり悲しいお話にならないと良いな。文化祭での花繪の魔女コスプレ可愛い!禅子はヤヒコに甘すぎ♪
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/8/22発売。妖怪察知能力を鍛える合宿を終えた安倍さんと花繪を出迎える立法様。行政の行動に対して詫びをいれにきたらしい。ニコニコ温厚そうな立法様だけどこれ本気で怒らせたらダメなやつだ(笑)司法の協力もあり出禁を解かれた花繪、でもあんな怖い目にあって「はいそうですか」とはならんよね。盆踊りを踊るのが夢だった妖怪のケシの話は感動。こういう1妖怪で1話的なのもっと描いて欲しいな。行政絡みの依頼を花繪には伝えず1人で無理をする安倍さん。自分を頼ってくれと言葉で伝えられる花繪はやっぱり良い子だ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/3/22発売。冤罪で捕まったモジャを救うため隠世を訪れる安倍さんと花繪。ひぇぇぇ 行政様めっちゃ怖い!やっぱり真の目的は人間である花繪、生かすか殺すか…って物騒な話。私も人間だから花繪が可哀想~!って思うけど、妖怪には妖怪の道理があり世界がありそれを守ろうとするのは当然だと…てっきり味方かと思っていた司法の言葉で気が付いたわ。とりあえず花繪が隠世出禁で落ち着いたけれど…大丈夫?これを契機に妖怪察知能力と不完全ながら「威光」を身に着けた花繪、身を守るために必要な力らしいけれどまだ不安要素しかない。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/8/4発売。鱗滝さんの元で厳しい修行を積み鬼殺隊の最終戦別を生き残った炭治郎。無事に入隊できて良かった!のかな、これからずっと鬼と闘っていかなきゃいけないこと考えると素直に喜んで良いものやら。でも家族の仇討ちと禰󠄀豆子を人間にもどすためにはその道に進むしかないんだよね。スタートから倒すべき敵と目的が明確なのは物語に入り込みやすいと今更ながら気付いたわ。そう、ラスボス?鬼舞辻󠄀無惨が早くも登場。珠世と愈史郎という鬼舞辻󠄀無惨を殺そうとしている鬼がいることもわかる。鬼の世界も色々あるんだな~。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/6/3発売。感想は16巻まで投稿済み。17巻~の積み本消化のため再読。アニメ1期はあまり観てないが映画は観に行った。映画の前に8巻まで再読したので読むのは3回目か4回目。全力でネタバレを避けていたので17巻以降の話は本当に知らなくて、どんな完結を迎えたのか知りたいような知りたくないような…。この絵でこの話で子供達になぜウけた?とそこは凄く不思議。炭治郎みたいな子が欲しいなぁ、どうやったらあんな良い子に育つんだろう、とかついつい親目線で追ってしまう。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/9/21発売。隠世でも教育を充実させたいと現世の学校に視察に来た妖怪エゲン。しかしもう一つ目的が、物怪庵の査察(特に花繪の…)をする行政様の密偵?だった。安倍さんは最初から気付いていたみたいだけど不穏な空気になってきた。ヤヒコとキナコの話はアニメでも泣いたけど再読でも泣けたわ。ちゃんとお別れを言えないヤヒコに花繪が怒るのいいなぁ。花繪の熱い部分、好きだよ♡ヤヒコが隠世に行けないのは何故だろう…。ついに人間嫌いの行政様が動く。窃盗の罪で捕らわれたモジャ…花繪はまだ自分の置かれている状況に気付かず。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/6/22発売。アニメ化記念ということで原作とアニメと両方を楽しめるよう作られたファンブック。どっちも好きな人にとっては嬉しいね~♪この手のファンブックにしては内容が薄っぺらくない、というか充実している方かと。個人的に各巻の書店購入特典と描き下ろしのおまけ漫画が特に嬉しいかな。安倍さんに対抗意識をメラメラと燃やす花繪、あっち向いてホイ!、学校のテスト、腕相撲、何か一つでもいいから「安倍さんに勝ちたい!」と。不機嫌になりつつも相手をする、花繪が調子に乗る、←を見てキレる安倍さん…まぁいつもの流れw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/6/22発売。盲目の妖怪に視力を貸して視えなくなってしまった花繪。役立たずと安倍さんに冷たく突き放されても奉公人を諦めきれず自力で何とかしようと動くが…。視力が戻って良かった~!なんだかんだ心配していた安倍さん、なんだかんだ花繪のこと気に入ってるよね♪モジャもね~、そんなに不安だったのか!って。喜んで拗ねて遊び倒してご満悦なモジャ、全部が可愛くて愛おしい♡無事に奉公人として復帰後、立法様からのSOSで隠世へ。司法様が初登場。花繪の存在が安倍さんを変化させている、それを温かく見守る立法様 素敵。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/11/21発売。怪奇現象の起こる部屋のお祓いを人間から依頼される。依頼しておいて全然信用してない人間…腹を立ててはいるものの既に慣れ?諦めている安倍さんと、プンプンおこの花繪。モジャがけっこう気ぃ使い屋さんで可愛い♡次の依頼は禅子からのSOS、ヤヒコが巨大化?続いてモジャも!原因は過去のある出来事で後悔を抱え田畑から動けなくなった案山子の妖怪・ノボウが発する煙のせいだった。ノボウの友情話は泣ける。花繪と出逢えて本当に良かった。盲目の妖怪に視力を貸した花繪、3日で戻るはずが…。バイトを解雇!?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/5/22発売。お寺の娘・禅子が再登場。これでレギュラー入り確定かな。ヒロイン?ではないか、狐の妖怪に噛まれたことがきっかけで彼女も妖怪が視える体質に。その狐というのが安倍さんが幼い頃に遊んだ妖怪・ヤヒコで8年振りの再会。安倍さんなんと7歳から物怪庵の奉公人だったという驚きの真実…。物怪庵の初代主・アオイの存在も安倍さんがどうして妖怪にそこまで尽くせるのかも気になるわ~。ヤヒコが見た目可愛いのに、人間の道理が通用しなくて少し怖い。アンモ姫にロックオンされ花繪にネチネチ言われる安倍さん…笑った♪
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/2/21発売。「芦屋花繪 隠世見学」編の続き。大きい妖怪に盗人の濡れ衣を着せられた花繪、助けに入ったモジャが傷付いたことで様子が変わる…何かしらの力を秘めてそうだね。安倍さんも秘密をいっぱい持ってそうだしワクワクするな~♪モジャと感動の再会のあとは、隠世の法律を決める権力者・立法様とご対面。立法様へモジャの奉公人になりたいアピールが可愛かった♡後半の鰻のマンジロウの話はウルッと。妖怪が視える側と視えない側、安倍さんには明確な壁があって…でもそれを簡単に乗り越えようとする花繪がいいなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/9/22発売。安倍さんに5歳児と罵られながらも妖怪が落としたお面を1人で回収に向かう「芦屋花繪、初めてのお使い」編。肝心なところでポンコツになる花繪だけど心が綺麗というか真っ直ぐで嘘がなくて、だから彼の言葉は心に響くんだよね。お面は無事に!?回収できました。後半は「芦屋花繪、初めての隠世見学」編。物怪庵の注意事項を悉く守れない花繪に笑う。隠世で1巻の最初で祓ったモジャと再会。大きな妖怪に絡まれてる花繪を助けにきたモジャ。ニコッの顔がホント可愛いんだ♡
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/6/21発売。前回、13巻を読む前に再読…と登録したけど結果そこまで辿り着けず。その後も新刊が出るたびに読み直し、でもいまだに7~8巻までしか読んでないような?! アニメは2期まで視聴済み。今度こそ最新刊まで読むぞ~!モジャ(妖怪)にとり憑かれた芦屋花繪、みるみる体が弱まり偶然見えてしまった妖怪祓いのちらしを頼って「物怪庵」を訪ねる。これがきっかけで二代目主・安倍晴齋と出逢い、「物怪庵」の奉公人として働くことに。妖怪祓いのバディもの?安倍さんがクールに見えて面倒見の良いとこと好きだな♡
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2021/2/4発売。帯の神尾葉子先生のお言葉『…出てくる人がもれなく変人!!でもそこがいい…大好きです。』←感想はまんまコレ。どこまでいっても変人だらけ!だからこそ主人公・黒墨のピュアさが際立つというか…いやもちろん彼も変w前歯何回欠けてるんだw いわゆる裏社会モノなんだけど、ある意味 表の世界に出ちゃダメな人達よね。もう恵崎がツボすぎて好きだ♡水中と守護霊のくだりで爆笑。白雪と黒墨の知り合いである新キャラのアイちゃん登場。彼女、動きが只者(人間)ではないし本当にヤバい。黒墨の恋の成就が遠のきそうだ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2021/1/4発売。悪魔を使いこなせるようアスタの修行が始まる。が、悪魔と主従契約をせず友達という形をとる。副団長ナハトは悪魔4体を従えるって何者?色々と抱えてそう…彼の掘り下げ回 求む!アスタの悪魔の正体はアスタの母に育てられたリーベ。ユノが王子だったからアスタもしくは悪魔が魔界の王子?なんて夢見ちゃったが、リーベもアスタと同じく逆境のなかで悪魔を憎んで生きてきた子だったか~。敵に惨敗したうえ団長を攫われたユノ。アスタとは別の道に進んでしまうのでは?と心配したが大丈夫。とにかくみんな強くならねば。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/10/2発売。積み本消化。各地を同時に襲うスペード王国の漆黒の三極性&漆黒の使徒、まじか…強すぎるだろ。修行して強くなったはずのアスタもノエルも負けた。うぉぉぉぉまじか!ヤミ団長もハート王国の女王ロロペチカも攫われちゃったよ~。団長を攫われ絶望感が漂う暴牛団員たち、アスタは特にね…ボロボロの体でヤミ救出に向かおうとするが謎の人物に止められる。えええええ暴牛に副団長がいたの?しかも黒髪ロングポニテだと?色々と衝撃。まぁこの団にいるってことは普通の人ではないよね?笑顔が胡散臭いwでも好き♡
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/7/3発売。積み本消化。各地同時にスペード王国からの敵襲を受ける。暴牛アジトにやって来たのは「漆黒の三極性」のダンテ。狙いはヤミ団長?ダンテの放った剣がゴーシュを貫いたことで怒りで我を失うアスタ。前に戦った悪魔もダンテに憑いてる悪魔もアスタの悪魔を知らないという…「どうせ下位の悪魔だろ」が逆の伏線なのかアスタと同じで本当に下位の悪魔なのか気になる~。戻ってきたヤミ団長とダンテの一騎打ち。ヤミさん強いけど負けそうな気がする…。気のせいであって欲しい。ゴーシュを救おうとするグレイ、なんか覚醒した?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/4/3発売。ハート王国と共にスペード王国に巣食う悪魔メギキュラを倒すため6か月の修行に入ったアスタ達、修行回くる?ってワクワクしてたのに修行後からのスタートだった(笑)あのダイヤモンド王国がほぼ制圧されたとか…マルス大丈夫かな。あの戦闘フェチのラックでさえも戦いたくないと言ってた相手、「漆黒の三極性」の1人・ゼノンに襲撃された金色の夜明け団。ユノでも歯が立たない強さ、白夜の魔眼の三魔眼が可愛く見えてくるね。ユノの出自がサラッと明かされた。王族だろうとは思っていたけどそっちのだったか…。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/1/4発売。積み本消化。エルフ族との戦いに悪魔が関わっていたことで悪魔憑きの罪人として裁判にかけられるアスタ。もちろん暴牛団が黙っているわけもなくヤミ団長を筆頭に裁判に乱入。アスタ、本当に仲間には恵まれたよね。大きな戦いの後だけに日常回がくるかと思いきやもう次の任務?魔法帝からアスタには国外追放、暴牛団には海外の悪魔の調査を言い渡される。ようは逃がしてくれたんだよね。ゴードンのお宅訪問は気持ち悪くて笑った。次の舞台はハート王国。入国早々、襲われ力を試されるアスタ達。新章突入だワクワク♪
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/10/4発売。積み本消化。もう無理ってなってからの限界突破、魔力を持たないからこそアスタの成長余地は無限なのかもね。そして良きライバルがアスタの力と使い方を心得てるっていうのも心強い。リヒトとルミエルの友情も素敵だったな~。結果、黒幕の悪魔は倒せたがアスタの魔導書に宿る別の悪魔の存在も明るみに。今のところはその力を正しいことに使えていると思うけど、今後は障壁になったりする?なんて思ってたら悪魔と関係のあるアスタとネロに全ての罪をおしつけようとする王族により裁判が開かれる。あ、魔法帝が生きてた!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/7/4発売。エルフと人間の間に何があったのか、その全貌が明らかになった。リヒトの最期は悲しいけど優しい話だな。蓋をあけてみればエルフ族も悪魔の掌の上でただ踊らされていただけだった…。全ての黒幕である悪魔に挑むユノとアスタ。白と黒、天使と悪魔みたいな視覚的な対比もいいよね。この2人の共闘はホント楽しくなる。アスタのお陰で心を取り戻したパトリ、目覚めた本物のリヒトもアスタと共に戦うが悪魔が強すぎる~。そこに救世主が!え~、初代魔法帝もネロもめっちゃ可愛いね。フィンラルが地味に良い働きw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/4/4発売。ようやく黒の暴牛団がアジトごと王都に到着。ヤミ団長めっちゃ楽しそう。着いて早々、2分される暴牛。援護系のバネッサやチャーミーが居ない分、戦力的にアスタ達の方が不利な状況にも関わらずゴーシュと妹を無事に奪還。恐らく最終決戦の場となる影の王宮に潜入するアスタ達。アネゴ&フエゴの姉弟はお互いに認め合ってて素敵。ミモザと共に仲間とはぐれたアスタはリル団長と対戦。苦戦する中、何故かチャーミー乱入で…先輩、めっちゃ強い!チャーミーはドワーフとの混血なんだね。しかし最後はやっぱり殴るんか!(笑)
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/1/4発売。この巻では王都内3か所に分れての戦いがメイン。ノエル覚醒!実力を発揮できなかっただけで元々能力は高かったのよね。兄に認められて良かった。きつくあたっていたノゼルの真意も垣間見れたし何よりツンデレだと判明して少し見る目変わった。そして決着のついていなかったフィンラルの兄弟対決はフィンラルがヤミ&ジャック・ザリッパーの2人の団長を援護をするという珍しい組み合わせに高まる。しかし最終的には拳で語るというかフィンラルが弟を一発殴って終了。今までの激しい魔法戦はなんだったの?(笑)
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/11/2発売。エルフに体も心も乗っ取られたラック、ラックを取り戻そうと必死に戦うマグナとバネッサ。よくある展開かもしれませんがとにかく熱い!ラックを抱きしめるマグナがエモい!感動~(涙)それにしてもアスタは良い剣を手に入れたけどエルフの解除に時間かかるのが不安だわ。とりあえず今いるメンバーだけで王都目指して出発。途中で町を救ったり珍客を乗せたり慌ただしいけれどアスタのポジティブさが気持ち良い。ヘンリーも可愛い!王都にいたヤミ団長は碧の野薔薇団長と敵対。フエゴレオンが復活!見所が満載~!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/8/3発売。やっぱりアスタの反魔法は効かなかったか。アネゴレオンがアスタとゾラを逃がす。エルフ5人を相手に1人残るアネゴ なんて男らしいんだ(笑)それでもさぁ逃げずに戻るのがアスタなんだよね。無事にアネゴを救出するもアスタだけ別の場所へ連れ去られるが、そこにはユノが。どうやらユノはエルフより自我の方が勝ったらしい、どんだけ負けず嫌いなんだ(笑)敵対するとばかり思っていけれどまさかのユノとアスタの共闘に興奮!滾る♡アスタの魔導書に転生が解ける第三の剣が発現。あれ?ユノを戻さずに別れちゃっていいの?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/5/2発売。魔法帝が…。過去を見るに頂点まで上り詰めただけあって凄い人だったんだな。白夜の魔眼の頭首リヒトの攻撃から一般市民を守るため自分への攻撃は躱せず倒れる。ヤミ団長との最期の会話に涙が…。やっぱりヤミ団長の直感は正しかったけれどリヒト本人ではなくウィリアムの中で共生していたという…しかもそのリヒトも本人では無い?この辺ちょっと複雑だわ。魔石を集めきりエルフを転生。魔法騎士団の強いメンバーが次々とエルフの器に。あのユノでさえも!アスタの反魔法は有効なのかな?白夜の魔眼が有利な展開に驚き。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/7/17発売。七つの大罪は本編のコミックス以外は手を出していなかったのだけど、この番外編集は本編でもたびたび話題に上るエジンバラの吸血鬼が収録されいると知り購入。完結まで読み切ったあとだと、エスカノールって昔は本当にこんなだったのね…と感慨深い。「七つの大罪」のプロトタイプ?読み切り版は、やっぱり今の方のメリオダスとエリザベスで良かったなぁと。一番食いついてしまったのは鈴木央先生と担当さんの座談会。ゴウセルの外伝が元々は十戒ゴウセルと人形ゴウセルのBLだったって!それでも良かったのよ(笑)
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/5/15発売。積み本消化。完結巻。混沌の話はよくわからんが、聖戦の真の黒幕であったにも関わらずマーリンの夢も七つの大罪メンバーが叶えてあげる形で大団円エンド。この作品での役割がずっと気になっていたアーサー、キャスの混沌も体内に収めちゃってこれからどうなるの?っていうのはまた別の物語!ってことかしら。ナナシも気になるんだよな~。まぁとりあえずエスカノールは残念だけどメンバー全員が幸せになれて良かった。流石に41冊一気に読むと愛着もわくやね~。うん、面白かったです。続編は買うなら電子にしよw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/2/17発売。七つの大罪全員の力で魔神王を撃破。エスカノール~~~~(泣) 正直、大罪メンバーは誰も死なないと思っていたからショックだわ。散々今まで死んだと思わせてからの復活やらかしておいてエスカノールはそのままですかそうですか…。そんなエスカノールが恋焦がれていたマーリンが、んんん?最高神も魔神王をも創り出したという混沌王の復活?まさかそんな壮大な野望?夢?を抱いていたなんて。ず~っとマーリンの思惑通りに動いていたわけだ、七つの大罪は。ひぇぇって感じ。あと、ビビアンにも(笑)
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/2/17発売。ゴウセルの力でゼルの精神世界に入ったメリオダス。兄の想いは届くのか…のシリアスシーンにゼルの想い人ゲルダが乱入。ゲルダの気の強さ、いいなぁ。男を尻に敷くタイプ(笑) ゼルドリスのことは一応落ち着き、後半はエスカノールのターン。登場も遅かったけど、この終盤にきて掘り下げがくるとは。エスカノールの想いや覚悟に胸を打たれる。仲間の為に命を賭けるエスカノール、そんなエスカノールのために命を張る大罪メンバー、私が少年漫画を読む理由はここなのよ、この熱い友情を見たかったの。エスカノール死ぬな!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/9/17発売。積み本消化。魔神王ってほんとクズだな。体を乗っ取られたゼルドリスを救うため魔神王の元へ駆けつけるメリオダスとエリザベス。エリザベスって意外と好戦的。また大罪メンバーに肝心なことは言わずに自分の力だけで処理しようとするが今回の団ちょの真意はちゃんと伝わってくる、仲間を巻き込みたくなかったのよね。それでも団ちょの元に全員集合、なんか泣けてきた。それにエスカノールがさぁ、「太陽」の負荷で残り少ない寿命をこの戦いで使い果たそうとしてるでしょ?仲間のために命を賭ける、たまらんな…。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/6/17発売。再読だから内容は知ってるけど、どっからどう見ても最終巻なんだよな。魔神王を倒し、エリザベスの呪いを解き、町に平和は訪れ、でも魔神王の力が目覚めてしまったメリオダスは現世に留まれない、別れを覚悟するメリオダスだが魔界へ付いていくというエリザベス、七つの大罪は解散、皆に見送られ2人は魔界へ…。ここで終わっていても綺麗だったと思うけどね~。残り30ページでまさかの大どんでん返し。今度はゼルドリスの体を乗っ取った魔神王、しぶとい~!!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/4/17発売。最終決戦も大詰め?チャンドラーとキューザックが原初の魔神に変身。エスカノールでも歯が立たない強さ。メリオダスが魔人王になるまで秒読み段階。マーガレットから引きはがされたリュドシエルが改心?時を止める禁呪を使うマーリンに力を貸すが…。ヘンドリクセン ギル達を助けるために腑抜け中年を装っていたのかw安心した。 でも状況は良くなるどころか悪化、魔人王がメリオダスの体を乗っ取り登場。仲間の気持ちを大切に思いながら戦うメリオダスを久しぶりに見たわ。煉獄でバンの闘級どのぐらいupしたのだろう。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/3/2発売。ロイヤルナイツ選抜試験編、終結。ランギルスvsアスタの結果は引き分け。倒れそうになるアスタを受け止めるマグナ、アスタの周りに集まる魔法騎士団たち。感動して涙出ちゃったわ。最終的にはユノのチームが優勝…ユノと戦えず悔しいね アスタ。それでもあのゾラと共に王撰騎士団に選ばれる。ゾラが黒の暴牛の団員だったとは、そんなドラマがまだ隠されていたとはw王撰騎士団を率いるのは武闘派アネゴレオン、頼もしい♪一方、敵襲を受ける暴牛アジト。そして隠れた暴牛団員もう一人登場。館がロボ化で啞然。でも面白い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/12/4発売。ロイヤルナイツ選抜試験の続き。今巻はノエルとソリド、フィンラルとランギルス、ミモザとキルシュの兄弟対決がメイン。ソリドはただただ性格が悪い奴だったからノエルが勝ってスッキリ♪ミモザのとこは兄ちゃんの美意識が気持ち悪いだけで兄妹愛はあるようでホッコリ。最悪なのはランギルス!何かに操られていたとしても本気でフィンラルを殺そうとして許せん。ランギルスの暴走を止めようとするアスタ・ラック・マグナが超カッコ良かった♡冷静なアスタも良いね。新キャラのゾラさん、なんだよ~熱い男じゃないか!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/1/17発売。ゴウセルの頑張りでマエルが正常に戻る。エスタロッサはただただ不運な奴だと思われたが十戒ゴウセルの恋人を殺していたから彼が選ばれたとは…。この3000年に及ぶ負の連鎖、長すぎて断ち切ることなんて出来るのかしら。現時点での最強同士の対決はマーリンのチート能力があっても互角。どころか〈四大天使〉マエルの復活が魔神族に有利に働くなんて。一足お先に煉獄から戻ったバン、これでまたもや形勢逆転!と喜ぶ暇もなく早々と不死の命をエレインにあげちゃったよ。大丈夫かね?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/11/16発売。真実を知ったエスタロッサの暴走が加速。ただでさえ強かったのに天使の力まで…。1人で責任を負うつもりだったゴウセル、でもキングが放っておかないよね。マエルを救うため〈四大天使〉のサリエルとタルミエルも大罪側に加勢。そういえばサリエルは昔もその場において正しい方に加勢してたっけ。ただタルミエルは覚悟が足りずサリエルと共に倒される。エスタロッサを止める術はもうないかと思われた矢先のキングの覚醒!いやなんで髪型も変わる?(笑)煉獄の方ではホーク兄が大活躍。この豚兄弟、ほんと泣かせるわ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/8/17発売。メリオダスの失った感情を取り戻すため1人煉獄に向かったバン。精神と肉体の崩壊を繰り返し自我を失いながら煉獄を彷徨う。ここがバンにとっての修行回だね。やっぱり獣化していた団ちょ(感情)と出逢い無事に自我を取り戻した2人。ここから脱出だ~!ってとこで意外な人物…豚!が現われた。これは心強い…?(笑)後半ではエスタロッサ=マエルと判明。この悪夢を生み出した十戒のゴウセルに代わり責任を取ろうとするゴウセル。エスタロッサの怒りはごもっともだがゴウセルが痛い目にあうのは辛いわ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/6/15発売。ついに聖戦スタート。しかし私利私欲で動くエスタロッサの凶行がメインで戦争中ってこと忘れそうだったわ。戒禁を回収にきたエスタロッサと戦うモンスピート&デリエリ、戒禁故にデリエリに思いを告げる事が出来ず死んでしまったモンスピートが切ない~。集めた戒禁を取り込み暴走…っていうか自分はメリオダスだとか精神錯乱?記憶の混濁?のエスタロッサがエリザベスを攫って逃走。なんかフラウドリンが良い魔神に見えてくるね、ほんと。番外編のパンツの話、エレインの「私 パンツをはくわ…!!」ってなんの宣言よw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/4/17発売。魔神王になろうとするメリオダスを止めるためエリザベスが七つの大罪を率い、目的は違えど敵は同じってことで女神族と同盟を結ぶ。女神族めっちゃ怪しいけど大丈夫?アーサーがずっと重要人物的な描かれ方をしてきて、やっとここで真価を発揮か?と思ったけどまだだったねwキャスが不気味で仕方ない。心配なのはエスカノール、体に異変?〈四大天使〉の一柱・リュドシエルの弟のマエルとエスタロッサの関係は?明らかにメリオダスとゼルドリスの兄弟では無いよな~。マエルにはエスカノールの力とも関係ありで謎多き人物。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/2/16発売。エリザベスの呪いが発動、救うには魔神王なみの力を手に入れなければ…よし!魔神王になっちゃえ〜と七つの大罪から離脱するメリオダス。まぁエリザベスの寿命があと3日で尽きるとなれば手段を選んでいる場合では無い。が!「七つの大罪 解散!」って仲間に対してちょいと酷くない?(笑)ゼルドリスとの兄弟喧嘩は一時休戦し協力体制に。しかし、魔神王になって欲しくないエリザベスとの気持ちのすれ違いが今後どう影響してくるのか。あー、リュドシエルが復活…。団ちょの感情を回収するため煉獄に向かうバン、漢だね。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/12/15発売。闇落ちしたメリオダスにお仕置きするエスカノール、結果は共に重傷を負う相打ち。大きな戦力を失った大罪の前に強敵・メリオダスの師であるチャンドラーが現われる。キングとゴウセルが力を合わせるも撃退できず、ゴウセルは壊れ、キングも自ら犠牲となり皆を逃がそうとするが…。そこにキングを守るようにドロールとグロキシニアが現われチャンドラーと交戦。ふ~、この展開は熱い。そういえばギルのこと忘れてた!連れ去られたんだっけね。って!ビビアンがガチで怖い~。ゾッとしたわ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/10/17発売。女神族の最高神から永劫の輪廻の呪いを受けたエリザベス、魔神王から永遠の生の呪いを受けたメリオダス、やうやく2人の関係が明らかに。100回以上もエリザベスの最期を看取ったって…辛い。メリオダスの生きる目的、戦う目的がもうエリザベス一色なんだな。大罪メンバーとメリオダスの温度差にたまに「ん?」ってところもあり…彼にとって十戒を倒すメンバー=エリザベスを救う?メンバーであり必要だけど仲間ではないのかな~なんて気も。闇落ちしたメリオダスと戦うエスカノール、強いが上に損な役回りかも。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/7/14発売。キングとディアンヌの修行編、終結。妹を殺した(!?)ロウを生かすか殺すか、巨人族の誇りと命とどちらを取るか、キングもディアンヌもドロールとグロキシニアとは違う選択をして無事に現世へと戻る。ディアンヌが選択肢に無い第三の道を選んだの笑った♪ある意味、誇りは捨ててるよねw ディアンヌの記憶も戻り七つの大罪と合流、ゴウセルの『心』問題も片が付き、七つの大罪全員集合で新章突入でしょうか。マーリンは何故にあそこまでアーサーに固執するのだろう?エレインもそろそろ…かなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/5/17発売。キングとディアンヌの修行編。ドロールとグロキシニアの選択が正しかったのか否か…の核心に迫ってきた。歴史は繰り返すというかこの作品は輪廻転生の物語なんだな~。転生じゃなくずっと本人というキャラもいるがw ゴウセルの過去編きた~。〈十戒〉のゴウセルから作られた人形ゴウセルが現在のとんちきゴウセルになった経緯、〈色欲の罪〉の意味。元々『心』はあったのに愛しい人の死で…彼女に自分の『心』を移植しようとして失ってしまったのね…。失う前のゴウセルが純真無垢な子供のようで可愛くて切なかった。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/3/17発売。キング&ディアンヌ修行回。3000年前の戦争とは一体?巨人族や妖精族にとって正しい選択とは?十戒のドロール&グロキシニアの与えた試練によりディアンヌがドロール、キングがグロキシニアとなり過去を追体験していく。敵が力を貸してくれる展開、好きだなぁ♪思っていた通り女神族ヤバいわ~。魔神族を一方的に蹂躙していく構図。人間も妖精も巨人もただの駒のよう。〈四大天使〉なるものが登場。リーダーのリュドシエルがいかにも悪のボスって感じ。〈十戒〉のゴウセルは見た目は今のゴウセルと同じだが…?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/12/16発売。メリオダス復活!からのモンスピート&デリエリとの交戦、撃退。ただ喜ぶのはまだ早い感じ。メリオダスが以前の彼と違う?城内ではフラウドリンが大暴れ、そこにマーリンが現われ…。マーリンの持つ魔力が明かされた瞬間、敵味方全キャラ声を揃えて『反則』って言っちゃうの笑った。ここまで完璧なチートキャラがいても物語の進行の邪魔にならないの逆に凄いな、と。長年ドレファスの中にいたフラウドリンに父性が芽生えていたとは…。人間らしい情がある魔神族よりやっぱ女神族の方が胡散臭いかも。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/10/17発売。エスタロッサに敗れ眠り続けるメリオダス。メリオダスの復活を信じ豚の帽子亭を1人で切り盛りするエリザベスが健気。逞しくなったね。そこに死者を操る十戒メラスキュラの力によって復活した聖騎士長でギルサンダーの父親ザラトラスが現われる。彼の未練は自分を殺したドレファスとヘンドリクセンのこと。恨んではいないみたい?ザラトラス、楽しいキャラだな♪トップに立つ者の余裕が感じられる。あれほどの圧倒的強さを見せたエスタロッサに今度はエスカノールが圧勝。パワーインフレ留まるところを知らず。すげーな。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/8/17発売。ゴウセルへの攻撃と見せかけてエスカノールの一撃はグロキシニアとドロールへ、チャンスを伺っていたメリオダスが一気に畳みかける。十戒2人を相手に互角以上の勝負をし勝利は目前!から一転、なんとメリオダスの前に十戒メンバーが勢ぞろい。9対1?いやいや流石にメリオダス1人じゃ無理でしょ~と思ったらその通りでした。メリオダスが敗北…エスタロッサ強すぎでしょ~!死ぬことは無いと知っていながらも主人公がボロ負けする姿を見るのは辛いものがある。アーサーの猫〈キャス〉もなんか不気味。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/6/17発売。バイゼル大喧嘩祭りが本格スタート。何気に強かったエレイン、さすが森を守る聖女。バン&団ちょペアは余裕綽々で勝利。ディアンヌ&キングの相手は十戒の操る人形で苦戦したけれど、ディアンヌに記憶が無くともキングとずっと紡いできた信頼関係は消えてないのかもしれない。ディアンヌを守るために強くなっていくキングがカッコ良かった。妖精の羽はいつ生えるのかしらね~。そしてこの巻のクライマックスはエスカノールVSゴウセル、エスカノールの真意に気付かず攻撃してしまうゴウセル…う~ん 痛々しい。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/10/4発売。温泉合宿編おもしろかった~♪あの女性陣の裸体…ま~ったくエロく無いが世の少年たちは興奮したかな?(笑)それにしてもアニメはずっと続いているし単行本もそこそこ売れてるだろうに感想が少ないのはなぜ?読メ投稿層と読者層の年齢の差かしら…。それは置いといて、白夜の魔眼に対抗するため魔法騎士団でも最強のチーム作りを始める。各団の団員達をシャッフルし3人一組でのトーナメント戦。ワートリのランク戦みたいな感じ。協調性皆無の新キャラがアスタと同チーム、まぁどう変化していくかわかっちゃうけど面白い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/8/4発売。バネッサの覚醒で魔女の森編は無事に終結。だよね~、どんなことをしてもバネッサに有利な未来しかやってこないんだもの、さすがの魔女王も負けを認めざるおえないわ。アスタに起きた異変は良いものなのかな?剣から流れ込んでくる黒いのはそのまんま悪魔みたいだけど…?森から帰還して間髪入れずお祭り回♪からの強化合宿!「紅蓮の獅子王」団長代理でフエゴレオンの姉・アネゴレオン(メレオレオナ)が熱くて最高!アスタやユノだけでなくヤミ団長も拉致して合宿に参加させるとか笑ったwアスタはここでも成長を見せるか?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/5/2発売。白夜の魔眼とダイヤモンド王国から同時に攻め込まれる魔女の森。腕を治してもらったアスタは森を守るため三魔眼(サードアイ)の「憎悪」のファナと対戦。一方ファンゼル達はダイヤモンド王国の刺客と戦う。魔宮でアスタと戦ったマルスがなんとファンゼルの味方に!記憶が戻ってたんだね~。そして幼馴染のファナと再会。マルスとアスタの共闘、ベタベタにベタな展開だけど熱くて良い。しかし真の敵は魔女王だった…知ってたけどwアスタの能力を自分のものにしようと操るが仲間の危機にバネッサが覚醒。この力、無敵では?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/4/15発売。バラバラになっていた七つの大罪メンバーそれぞれが勝者の願いを叶えるというバイゼル大喧嘩祭りへと向かう。本戦の前の参加者を篩にかける巨大迷路、様々なトラップがあって面白かった♪もっと読みたかったわ。無事に迷路を抜けマーリン以外の大罪メンバーが勢ぞろい。しかしディアンヌの記憶がまだ戻ってなくて少々不安。祭りの主催者は十戒の「安息」のグロキシニアと「忍耐」のドロール。アニメのグロキシニアの声が好き(cv小林裕介)♡ペアになってのトーナメント戦、エレイン&エリザベス組はちゃんと戦えるのか?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/1/15発売。新刊を読む前に再読。慧の能力(無機物と会話できる)人探し物探し系の探偵にもってこいなんだね~。街中に防犯カメラが沢山あるようなもんだ。前半は人探しの探偵業の話で、後半はその仕事が弟の三知嵩に繋がっていく流れ。三知嵩が情緒不安定すぎて怖い。サイコパスかな?とも思うけど特に社会性があるとは思えないし…。でも自分の思い通りにならない人を次々に殺していったら、もっと凄い数の犠牲者がでてるんじゃ?コントロール出来る力なのかな?身内や周りの人、慧はどうして気付かない?疑問が尽きない!面白いわ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/3/3発売。アスタに内緒で腕を治す方法を探しまわる暴牛メンバー。それを知ったアスタの表情に胸がジ~ンと。良い仲間だね~。ノエルが頼ったのはかつてアスタに剣を教えたファンゼル(小説版のキャラ)、小説は未読なんでコミックスでもアニメみたいに過去編を挟んで欲しかったかも。アスタがノエルやファンゼルに連れられて向かったのはバネッサの故郷・魔女の森。同じタイミングでダイヤモンド王国と白夜の魔眼のファナも魔女の森へ。森を守るためとりあえずアスタの腕を治す女王だが、何か裏がありそう。マルスくん再登場。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/12/2発売。海底神殿編の続き。アスタ達に倒されたかに見えたヴェットだが最後に皆を巻き込んで自爆しようとする、そこにヤミ団長が現われサクッと倒して終了。団員達の苦労が~(笑)団長もまだ成長余地ありとか狡いね~。カッコ良すぎ。しかし、ヴェットにより古代の呪術魔術をかけられたアスタの両腕はもう元に戻らないと診断され…。それでも決して諦めないアスタが少年漫画の主人公してるな~と。続いて『金色の夜明け』団の見せ場。す~ん顔のユノも好きだけど、アスタ限定で見せる笑顔もたまらん~♡ウィリアムはまだ謎。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/2/17発売。ガラン&メラスキュラ、十戒の2人を相手に戦うバン…流石に力を使い果たし逃げ出す。ここからのジェリコがもうさ~ バンだけでなくエレインも背負って自身が傷つきながらも十戒の攻撃から逃げ切るの、女の子だけど漢前でカッコ良くて痺れたわ。そして逃げ込んだ先には…大罪最後の1人〈傲慢の罪〉エスカノールが登場。闘級5万超えに思わず逃げ出すガラン、これは笑うしかないw 敵の罠だと知りつつバイゼル大喧嘩祭りに向かうメリオダス、ここでバラバラになっていたメンバーが合流かな。またゴウセルに不穏な空気。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/12/17発売。ドルイドの里の試練が終わり、アーサー王の頭の上になぜ猫が?グリアモールはなぜちみっこに?など変なこともありつつでも確実に力を伸ばした面々。本来の力を取り戻したメリオダスの闘級はなんと3万超え!初めの頃の3000オーバーが懐かしい(笑) ここでキングが離脱。離脱したままのバンはエレインを生き返らせる方法を探す旅の途中で育ての親・狐の獣人ジバゴと再会、からの過去回想は涙を誘う。良い話だったな~。期せずして十戒に命を吹き込まれた黒エレインとジェリコの女の戦いは凄い迫力。ジェリコいい奴。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/10/16発売。ふせんブック付き限定版を購入。故郷に戻ったディアンヌは十戒の2人に狙われるもマトローナによって守られる。ディアンヌの元に向かっていたメンバーはとりあえずディアンヌの危機は去ったと、メリオダスから分離していた強大すぎる力を取り戻すため進路をドルイドの聖地に変更。わんぱく3人組+ヘンディとも合流しての修行回。修行、大好きだからワクワク♪とんちきなゴウセルと人の良いアーサー王コンビに癒された♡それにしてもメリオダスに与えられた試練は過酷だな~。キングが他者を信じられなくなっていて辛い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/8/12発売。番外編9本収録のオリジナルアニメDVD付限定版を購入。ガラン戦後、真っ裸で高笑いするゴウセル可愛かったな♡が!ディアンヌの記憶を消したのはダメだよ~!キュピーンじゃないよ!せっかくキングとの想い出を取り戻したばかりだというのに…(泣)七つの大罪の記憶も失ったディアンヌはここで離脱。そしてディアンヌの過去編へ。一方、わんぱく3人組の前に現れたヘンドリクセンはドレファスと彼に何が起こっていたのか真実を語る。フラウドリンに操られていたとはいえ、彼らがしでかした事の大きさを考えると複雑…。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/6/17発売。バンとエレインの出逢い編『バンデッド・バン』オリジナルアニメDVD付限定版を購入してしまった。ゴウセルの正体が明らかに…心を持たない人形…愛情というものを知りたくてギーラの記憶を操作していた。ゴウセルは推しなので何をしてもどんな姿になってもいちいち可愛いな~と思ってしまうが少し教育は必要かな?スレイダー 頼みますwいよいよ十戒が始動。まずは「真実」のガランがお相手。なんと闘級26000!一気に上げすぎじゃ?ここから闘級インフレが加速していくのね。バンとキングの離脱が痛い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/10/4発売。魔石を求め海底神殿を訪れた暴牛メンバー。魔石を賭け神官魔道士vs暴牛のバトルロワイアルが始まる。そのゲームに三魔眼の一人「絶望」のヴェットが乱入してきて…。ヤミ団長は空間魔法に閉じ込められて助けにこれない、強敵ヴェットを倒すには団員みんなが限界を超えなければいけない。いやぁ熱い!アスタと行動を共にしたマグナ・ラック・ゴーシュはもちろんのこと、フィンラルやバネッサまでもが「諦めない!!」って、暴牛全員がアスタ状態で団結。フィンラルの「オレが黒の暴牛を最強の団にする!」カッコ良かった♡
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/8/4発売。白夜の魔眼の退避により戦闘は一旦終結。場所は王都に移り内通者探しへ。アスタの反魔法の剣は便利だな、魔法が全てという世界で魔法を無効化できるの最強では?裏切り者はあっさりわかったけれど三魔眼のライアがあの場の誰かに変身していた模様。言動がおかしい団長はいなかったような…う~ん誰なのかわからんね。白夜の魔眼の目的の一つに魔石集めがあると判明。水着回を挟みつつ魔法帝直々の依頼により魔石の一つがある海底神殿に向かう黒の暴牛団。神殿バトルロワイアルがスタート♪ゲーム感覚と思ったらガチっぽい。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/5/2発売。拉致した子供達から魔力を集める白夜の魔眼、妹を救い出し一度は逃げ出したゴーシュだがマリーに諭され戦いの場へ戻る。妹以外の人間に興味の無かったゴーシュがアスタを仲間と認め共闘をするシーンはベタだけど熱くて好き。白夜の魔眼の頭首リヒトが現われ圧倒的な強さの前にアスタが死を感じた瞬間のヤミさん登場。敵側の幹部・三魔眼の出現に続きノゼル・シャーロット・ジャック団長が駆けつける熱い展開。ヤミさんカッコ良かった~♡リヒトがアスタの魔導書を取り返そうとしてるの気になる…。ネージュは再登場あるかな?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2016/3/4発売。タイミングよく王都から消え、アジトで敵を出迎える魔法帝ユリウス。えっ!魔法帝が裏切者?と、まんまと騙されたわ(笑)そんなことはなく敵に対し圧倒的な強さを見せアスタを奪還。じゃぁ『白夜の魔眼』のトップは誰?ってところで新章へ。マグナ・ラックに続き次はシスコン鼻血先輩ことゴーシュのターン。クズ?人としてダメダメなゴーシュがアスタの戦い方を見てどう変化していくのか、知ってるけど細かいとこ忘れちてるので楽しみ♪アスタに執着する『白夜の魔眼』のマッドサイエンティスト・サリー、やっぱモテモテだ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/12/4発売。魔宮調査の報告のため王都を訪れるアスタとノエル(+チャーミー)。戦功叙勲式で魔法騎士団の団長たちが勢ぞろいのその日『白夜の魔眼』の襲撃にあう。強いけど性格難アリな団長たちの中で差別をしない『紅蓮の獅子王』のヴァーミリオン兄弟に安心したのも束の間、まさかのフエゴ団長が死…!? 他の団にも関わらずアスタやノエルに実践の中で指導するフエゴ兄さん、こういうカッコイイ大人大好き♡チャーミーと救食の王子様(ユノ)が運命的な出会いをしたけれど、まぁここはラブコメ枠かな。アスタが敵に攫われた!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/10/3発売。魔宮(ダンジョン)調査にやってきたアスタ・ノエル・ラック、同じく『金色の夜明け』からはクラウス・ミモザ・ユノが、どちらが先にお宝を見つけるか競争だ~!なんてほのぼの展開はサクッと終わり隣国のダイヤモンド王国からの刺客・マルスと交戦。どんなに強い敵でも絶対に諦めないアスタがホント少年漫画の主人公しててカッコイイんだわ。ここでアスタは新たな武器、ユノは四大精霊の一つシルフを手に入れる。しかしアスタは老若男女問わずモテモテだなw そしてノエルの兄さん達が冷酷で怖い…。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/4/17発売。情報量が多いな。妖精の森で妖精達からバンは妖精王と慕われキングは裏切り者と罵られる。バンの願いは「エレインを生き返らせる」の1点のみで王とかどうでも良いみたいだけどこのままじゃキングが哀れすぎる。マーリンの力で等級が視えるようになったホーク、強さを数値化してくれるの楽しいけどこれが等級インフレを助長してるよねwゴウセルがギーラの記憶を操作していたことが発覚、ディアンヌが激怒。そして生き延びたヘンドリクセンにより三千年前に封印された魔神族の精鋭〈十戒〉が復活。ドレファス、まじか…。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/2/17発売。メリオダスとエリザベスを守るため強敵ヘンドリクセンの攻撃を受け止めるホーク。真っ黒焦げ?の後は何故かちっこいホークになっちゃったけど無事なのか?(笑)で良かった。ホークの無茶にドルイドの巫女の血を引く女神族の使徒だったエリザベスが覚醒。回復系の力ですかね。王国中の聖騎士&七つの大罪でなんとかヘンドリクセンを撃破し戦いは終わる。マーリンは合流するがバンとキングは離脱し妖精の森を訪れる。キングが妖精達から裏切り者扱いされるの辛いなぁ。番外編はちみっこアーサーが可愛かった。賢い子だね。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/8/4発売。魔力ゼロながらも魔法騎士団「黒の暴牛」に入団したアスタ。努力と根性で何とかしちゃう諦め知らずなポジティブ主人公に周りが感化され一つになっていくの少年漫画では幾度となく目にしてきたけどやっぱ面白い♪テンション高すぎて煩いけどねw 初任務を成功させたアスタ、次の任務は魔宮(ダンジョン)の調査。そこで「金色の夜明け」に入団したユノと再会。ユノがもうね、アスタ大好きでしょ!可愛い~♡容姿も実力もハイレベルだけどその根幹にいるのはアスタで、誰よりもアスタの力を認めている幼馴染という設定に萌え。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/3/15発売。新刊を読む前に再読。慧の友人・清がアイスランド訪れるところから突如始まる観光ガイド、本筋から横道にそれて丸々1冊それたまま(笑)でも違和感なし。清が凄く魅力的で面白かった♪見た目は優等生と問題児みたいななのにね、慧と清が本当に仲が良くてお互いに大好きが溢れてる♡異能ではないけれど不思議な力を持つリリヤ…人の声で善悪がわかる?…そのリリヤが綺麗な声だという清。2巻でこんなにも存在感を出す意味は?いずれ三知嵩絡みで慧が窮地に陥ったとき彼が力になってくれるのでは…と少し深読みしてみる。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/12/17発売。魔神の血が暴走し暴れだす聖騎士。無理やり生き返らされたヘルブラムとキングの再戦。エレインを生き返らせるためメリオダスを殺そうとするバン。ヘンドリクセンvsドレファス親子。さらに上位種の魔神の血を取り込むヘンドリクセンvs王国聖騎士達&大罪メンバー。次から次へと展開が目まぐるしい~。バンと団ちょは一時休戦となったけど安心はしてられない。ヘンドリクセンが強すぎてみんなボロボロ。メリオダスさえ立ち上がれない状況のなか体を張って助けに入ったのはなんとホーク!ただの豚じゃないねw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/10/17発売。ヘンドリクセン&ギルとアーサー&メリオダスの戦闘が激化。ギルの「今の私は〈七つの大罪〉の誰よりも強い」って台詞にそんな意味が!初めの方でディアンヌと再会した森でも言ってたよね…その時点でメリオダスには全てお見通しだったとは恐れ入りました。いやちょっと感動したわ。ギルの呪縛が解け、ヘンドリクセンにとどめを刺す。アーサーと共に行動していた謎の魔術師が〈暴食の罪〉マーリンと判明。エリザベスとも再会。と、ここでヘンドリクセンの逆襲と不穏な空気を纏まったバンが現われ団ちょピンチ?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2015/6/4発売。アニメは今のところ全話追えてる。コミックスは読んでない巻があるかも。魔法が全ての世界で魔力無しの少年が魔法騎士の頂点〈魔法帝〉を目指す物語。逆境に負けない挫けない、強い師匠、唯一無二の親友で良きライバル、仲間との熱い友情…などなど直球ど真ん中の王道ファンタジー。今や鬼とか呪とかチェとか「王道+地獄」が主流になっているけれど。少年向けか?っていわれたら違うよね。大人向け少年漫画になれちゃうとやや刺激不足は否めないが、少年が安心して読める少年漫画も嫌いじゃない。やっぱヤミさん好きだわw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/8/16発売。大切な人を守るため、かつての友・ヘルブラムと戦うキング…いやぁ切ないわ~。戦いの途中で挟まれる外伝、ディアンヌとの出会いとかヘルブラムを止められなかったこととか読んじゃうと尚更ツラい。全てが中度半端で終わってしまったこと、それが彼の背負う罪〈怠惰〉なんだね。別の場所ではヘンドリクセン&ギルサンダーとアーサー&メリオダスが激突。エリザベス救出以外にも王都に目的があったバン、願いを叶える交換条件にメリオダスの殺害を女神族から言い渡される。エレインと団ちょ、バンはどちらを取るんだろうね。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2017/10/13発売。新刊を読む前に再読。いまだにアイスランドってどの辺?って感じなんだけど、この作品を読んでから行ってみたい外国№1になった。この表紙の雰囲気でちょっとした異能があってサスペンスでミステリーでって最高すぎる!また、女好きでダンディな祖父と優しくて少し暑苦しいクールな主人公と何やら闇を抱えてそうな弟(美少年!)と…キャラも魅力的♡弟の三知嵩を追ってきた刑事!?の暴力が容赦なくて物語の先行きの厳しさを暗示しているかのようだけど、まだ全然先が見えない。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/6/17発売。表紙のゴウセル可愛い♡攫われたエリザベス救出のため王都に乗り込むメリオダス・バン・ゴウセル。少し遅れてやってきたディアンヌの方が先に…オスロ―の口にお尻がつっかえて中途半端な状態で二大聖騎士長のひとりドレファス一行と敵対。いやどう考えても口に入るサイズじゃなかったよねw聖騎士ホント強いんだわ。あのディアンヌがボロボロの瀕死状態。町の人の命を顧みない戦いに不信を抱くハウザーとギーラ、力が及ばないとわかっていてもディアンヌを守ろうとする2人がカッコ良い。次はキングの本気が見られるかな?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/4/17発売。ゴウセル空気読めない変な奴で可愛いなぁ♡まぁその変さにも理由があるんですけどね…。二大聖騎士長のヘンドリクセンは聖戦実現のため魔神族の復活を画策、その鍵となるエリザベスが彼の手の者に攫われてしまう。救出のため王都へ向かうメリオダス&バン&ゴウセル。ゴウセルが「俺も行く」ってバンの背中にピタっと抱きつくの可愛くて悶える~。同じタイミングで王都に訪れたキャメロットの新王・アーサーの目的とは?それにしてもかなり先の方まで知ってないと気付けないような伏線がたくさんあって驚いた。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2014/2/17発売。豹変したメリオダスは桁違いに強くてヘルブラムも強かったけれど、神器を手にしたディアンヌが誰よりも最強だったw あれ?そっか~この頃はバンもメリオダスの正体をまだ知らなかったのか。次の目的地で〈色欲の罪〉ゴウセルが登場。ゴウセル~~~♡アニメでゴウセルを見て「なにこの美少年は!」って漫画を買うの決めたからね♪ゴウセル推しです!というかバンはともかく団ちょも変装に気づかないってことあるの~?と思っていたけれどずっと鎧を身に着けていたから中身は知らなかったってことか、と今更気付いたw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2013/12/17発売。ギーラとジェリコの到来を察知し突如悪者を演じて人々を逃がそうとするメリオダス。何の説明もないのに大罪メンバーが次々と同調していくのカッコイイなぁ。明らかに強くなった聖騎士に苦戦するバンとメリオダス。キングだけは圧倒的な強さを見せるが、相手がヘルブラムに変わった瞬間から何かおかしい…。エリザベスの姉・ベロニカは本当に妹を心配していただけだったのね。魔を封じ込める女神の琥珀から出てきたメリオダスの顔には黒い文様が…。感情の無い表情が怖い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2013/10/17発売。ディアンヌの神器が賞品となっているバイゼルの喧嘩祭りに参加するメリオダスとバンとキング…と人間サイズになったディアンヌ。いまや天下一なんちゃらは少年漫画において避けて通れない道なのかwいやでもワクワクするのは確か。なんとその喧嘩祭りにエリザベスを追う姉とその従者であるグリアモール、趣味で参加のハウザーなど聖騎士の顔も。ハウザーの性格、好きだな。バンvsメリオダスはガチの殴り合いで大迫力。魔人の血でブーストした新世代の聖騎士ギーラとジェリコがバイゼルにまもなく到着…。波乱の予感。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2013/8/16発売。死者の都で、妹のエレインが殺されたと思っているキングは不死身のバンを石化するがそこにエレインが現われ石化を解いてしまう。聖騎士ギーラ相手に苦戦するメリオダス達、エレインの「バンを守って」という願いを聞き入れたキングが戦闘に参加。さすが妖精王!強いわ~!と思ったら、メリオダス(売った)・バン(盗られた)・ディアンヌ(失くした)の3人は力を増幅する神器をもっていなかったことが判明w旅の目的に神器探しも加わる。バンとエレインの外伝あり。まさに純愛ですな。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/11/17発売。積み本消化。2本の柱が同時出現。6本目は第2と灰島コンビで制圧。7本目には先代の頭であり育ての親であり師である新門火鉢のドッペルゲンガーが現われたことから紅丸が討伐の名乗りをあげる。ほぼ1冊かけて火鉢と紅丸の師弟対決。火事と喧嘩は江戸の花というのがよく表現されていたかと…見ていて楽しくなっちゃった♪先代に今の自分を見てもらうことが出来て良かったね。最後は自分の家族について調べ始めるショウ&アロー。あんら~、ショウくんめっちゃ可愛いやん!ここにきて処女受胎とかまた謎が増えるのね。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/9/17発売。積み本消化。1本目の柱が出現した時の巨大焔ビトとの戦いで気絶したシンラ、大災害前の過去の東京を見てきたらしいが…何に驚いたのか正直よくわからない。昔は3次元で今は2次元的な?昔がリアルなら今は仮想現実?みたいなことかしら?シンラがドッペルゲンガーに乗っ取られていた3か月の間に柱が5本出現。1冊で1本ぐらいかと思っていたのに展開早いな~。シンラの異変をアーサーだけはすぐ見抜いていたって、アホだけど聡い子なんだよね。大災害は秒読み段階、焔ビトにもアイリスにも異変が。異変だらけだ。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2013/6/17発売。団ちょとバンが再会!2人は再会を喜ぶが、喜びを体で表現しただけで監獄を全壊させちゃうの物騒すぎる(笑)今回の聖騎士との戦いでエリザベスを認めたディアンヌ、「キミのためなら戦ってもいいと思った」ってちゃんと言葉で伝えるの素敵だよね。次の目的地は〈怠惰の罪〉キングがいる死者の都。キングは今は聖騎士側についてる?バンとは良いコンビだったと語られた後の見開き2ページの再会シーンが衝撃的。キングの妹エレインのことで何か確執?因縁?がある模様…。番外編のエリザベスがポンコツで笑った。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/7/17発売。積み本消化。第7の紅丸の助けにより窮地を脱した第8。発生間近な大災害に立ち向かうべく動く。新しい聖剣にワクワクなアーサーが可愛い♡シンラは自らアドラに行けるよう第3の目の覚醒を目指して外で寝る!?(笑)桜備大隊長は第2や第4に協力を仰ぎ、喋るモグラのスコップも再登場し、着々と準備が整う中、東京湾に巨大焔ビトと柱が出現。復活したジャガーノートに、弱いもの虐めが大好きな社畜の黒野も登場で盛り上がってきた♪黒野さん良いキャラしてるよね、好き♡そして弟のショウにも変化が…兄に会うため脱走?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2013/4/17発売。伝説の騎士団・七つの大罪メンバー〈嫉妬の罪〉ディアンヌと再会。個人的にエリザベスよりディアンヌの方が好きだな。聖騎士ギルサンダーと森で敵対したメリオダスはやられたふりをして〈強欲の罪〉バンの居場所を聞きだすことに成功。次の目的地はバンが投獄されているバス手監獄。当然ながら監獄を守る聖騎士たちがいるわけで、聖騎士もかなり強い設定のはずなんだけどね~、メリオダスの敵じゃない感じ。救出される予定のバンも一足先に自分で脱獄してるしw 団ちょとの再会まであと少し。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2013/2/15発売。アニメを見てから漫画を買い始めたので最初の方は読んでいなかったかも…。アニメもまたスタートしたことだしせっかく完結巻まで揃えてあるから読まなきゃな~ってことで。クーデターを企てる聖騎士を止めるため、10年前に王国転覆を謀った(濡れ衣だけど…)大罪人としてお尋ね者になっている『七つの大罪』を探す王女・エリザベス。最初に出会えたのは〈憤怒の罪〉のメリオダス。1人ずつ仲間を見つけていく旅はRPGのようでワクワクするね♪メリオダス最初っから強すぎて強等級インフレまった無し感が凄いw
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/4/20発売。1巻を読んでから2巻買うか決めようと…あんな伏線だらけじゃ気になるじゃ~んということで買ってしまった。救世主か悪魔か?防衛組織に捕らわれた記憶喪失の少年カイルは生き残るため自分の力が有益であると証明しなければならない、って時にタイミング良く事件が。隔離していたS級の敵がカイル含め11人の人質を取り脱出を図る。未来を選択する力がある以上、彼自身に危機は訪れないみたいだが単独行動で大丈夫?ん~、面白いとは思うけど展開が早くてキャラの掘り下げが少なくて戸惑うな。まぁ3巻も読んでみよう。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/12/20に公開された劇場版第2作「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~HEROES:RISING~」で100万人限定で配布された入場特典『Vol. Rising』。小冊子の内容はA組全員のキャラ紹介、キャラデザ原案、堀越先生のロングインタビュー、描き下ろし漫画など。描き下ろしは映画での敵・ナインの過去編。ナインの台詞「この世界は生まれ落ちた瞬間 一切が決まる/どれだけ力に恵まれようと環境が人を圧し潰す」ヒーローになれなかった側の共通の苦しみや痛み、これは本編でもいつも感じてる。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/8/3に公開された劇場版第1作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄~』で100万人限定で配布された入場特典。単行本と同じ仕様のカバー&カバー下にそれだけでも入手できて良かったなぁと♪内容はキャラクター紹介や尾田栄一郎との対談、描き下ろし漫画など。オールマイトの過去編『No.0 ALL MIGHT:RISING』は本編で描く予定のものを先出し…とのことだったが、こんなにはっきりとはまだ描かれてないよね?お師匠との別れのシーンは短いながらも読みごたえあり。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2021/1/4発売。やばーい!かっちゃん!!かっちゃん!!かっちゃ~ん!!な1冊。Twitterでめっちゃトレンドになってたとこか~。きみって子は一体なんなんだよ泣いたよ…カッコ良すぎるよ。ヒーローが束になってかかっても死柄木弔の一人勝ち状態の絶望感で胸が痛いし胃が痛いし悲鳴しか出て来ない状態。劣勢からの巻き返しは必ずあると思うけれど如何せん皆ボロボロすぎでは…。死柄木と先生が一枚岩じゃなくなってる所が唯一の明るい兆しかな。この戦いはいつまで続くんだろう。しんどい。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/9/4発売。積み本消化。ぎょえぇぇぇ…。全面戦争編はやっぱり最終決戦なの?プロヒーロー達の検討虚しく死柄木弔が復活。ヒーロー総出で戦っても勝ち目が見えて来ない。死柄木、めちゃくちゃ強いなんてもんじゃない。デクはまだ残り6個の個性が開花しないうちに対決しちゃうの?また自分の身を犠牲にしながら戦うの?爆豪が何も言わずデクと行動を共にするの熱い展開で泣けるし生徒を守る相澤先生がひたすらカッコ良くてこれまた泣けるしで頑張って生き残って欲しいけど私がもう読むのしんどくてリタイアしたい気分(汗)
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/7/3発売。積み本消化。本誌ネタバレをちょいちょい踏んでしまいここからの展開はなんとなく知っているのだけど…いやいやいや待って!超常解放戦線との全面対決はまだ序盤でしょ?こんな全力で突っ走ってくの?はぁぁしんどい。この巻では学生組の先陣を切って上鳴くんが、プロではミルコが大活躍♪ミルコのプロヒーロー魂に震える。トゥワイスの真っ直ぐで仲間想いなとこ敵なれどあっぱれ。胸を打たれる。荼毘vsホークス、ホークスのピンチに駆けつける常闇。荼毘の正体はやっぱりそうなの?私もファットさんのお肉に包まれた~い。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2020/3/4発売。再読。感想は投稿済みのためサラッと。ヒーローインターンが再開し、エンデヴァーの元で個性の強化に励む轟・爆豪・デクの3人。ホークスからの暗号を解き決戦が近いと知りエンデヴァーの指導にも熱が入る。ここもっと長くても良かったんじゃないかな~。どの少年漫画でも修行回って好きなんだよね。轟家の事情、黒霧の正体など新情報が多い。クリパが最後の晩餐みたいって前巻で書いたが、まだ鍋パがあったかw 相澤先生とオールマイトの背中に涙。ついに超常解放戦線と全面対決が始まる。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/12/4発売。再読。感想は投稿済みのためサラッと。死柄木の過去が辛いよ~。生まれながらにしてヒーローに向かない個性、それは無個性だったデクも同じだったわけで…。やっぱり彼も主人公の1人なんだな、と。異能解放軍との戦いで勝利をおさめ、そのままヴィラン連合に吸収する形で”超常解放戦線”を設立。一気に大脅威へとのし上がった。それに呼応するように学生達もインターン再開。学徒出陣とか怖いこと言わないで~。これから起こることを考えるとクリパが最後の晩餐のよう…。轟くんのインタビューだけが唯一の癒し。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/8/2発売。再読。感想は投稿済みのためサラッと。1冊丸々ヴィラン連合vs異能解放軍。初めて死柄木弔が出てきたときあまり強くなくて小ボスか中ボス程度のキャラだと…まさか主人公側と同じくプルスウルトラするとは思わなかったよね。強くなるためには敵にも更なる敵が必要ってことか。深堀りされるそれぞれの人生、トガちゃんも死柄木も自分で選んだわけではないのに生きづらい個性を持ってしまったよね。同情してしまう。作者さんもヴィラン連合をただの悪者にはしたくないんだろうな~感がひしひし。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/5/2発売。再読。感想は投稿済みのためサラッと。力の暴走「黒鞭」は引き継いだ個性の中の一つで、デクの中で成長を始めたらしい。そっか、オールマイトとデクが無個性だったからワン・フォー・オールが唯一の個性だと思っていたけれど他の継承者は自分の個性もあるわけか…なるほど。あと6つも個性が開花したらどうなっちゃうんだろうね。合同訓練が終わり、心操くんの編入が決まり、仮免組の轟&爆豪がヒーローとして初仕事などがあり、異能解放軍vsヴィラン連合が始まる。芥見下々先生の帯と寄稿イラストめっちゃ嬉しい。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2019/2/4発売。再読。感想は投稿済みのためサラッと。A組B組の合同戦闘訓練の続き。訓練とはい見応えあるね~♪今までの鬱憤を晴らすかのようなB組の活躍、成長が伺える爆豪の戦闘スタイル、もちろん轟くんも飯田くんもお茶子ちゃんも成長してるしクラス全員に見せ場があって凄い!なんてほのぼの+ちょこっと興奮しながら読んでいたら、デクの力の暴走。人の為に個性を使いたかった心操くん、デクを止めるための台詞が熱い!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/12/4発売。登録のため再読。再読で分かった。荼毘の正体についてはヒントがあちこちに転がっていたんだな、と。エンデヴァーはこの巻まであまり好きじゃなかったけど脳無を撃破したあとのスタンディングはカッコ良かったよ。オールマイトと逆の腕って…(笑)№1ヒーローとしても父親としてもここからがまさにスタート、轟くんの為にも頑張れー!デクに異変?進化の兆し?ワンフォーオールの先代達は夢の中で何を伝えようとしているのだろう。アニメ4期はここまで。5期はA組B組合同戦闘訓練からかな?心操く~~ん!♡
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/9/4発売。登録のため再読。雄英の文化祭に潜り込もうと画策するジェントル・クリミナル&ラブラバvsそれを阻止ししようと1人で奮闘するデク、の続き。どちらにも譲れない熱い想いはあるのだけれど、迷惑ユーチューバーが色々と問題になっているこのご時世と相俟ってジェントル・クリミナルには共感しにくいな~。そんなこんなで文化祭は無事に開催、けっこう感動したし壊理ちゃんの笑顔には涙がホロリ。次はプロヒーローの出番、エンデヴァー&ホークスvs脳無の上位種:ハイエンド編。これアニメも凄い迫力やった!
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/7/4発売。登録のため再読。青山くんは彼なりにデクを励まそうと頑張ってくれたんだね。温かい気持ちにほっこり♪しかし、チーズを使ったサプライズは怖いからやめようね。文化祭の準備に励む学生達、ザ・青春な19巻。学校でも寮でもいつも皆でわちゃわちゃしててA組はホント仲が良いな~。爆豪もちゃんと輪の中に入ってるの微笑ましい。ところが迷惑ユーチューバー系ヴィラン、ジェントル・クリミナル&ラブラバの登場で文化祭開催の危機に。偶然出会ってしまったデクは1人で彼らを止めようとするが…。無茶しないでくれよ~。
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/4/4発売。登録のため再読。死穢八斎會編?ヒーローインターン編かな?終結。壊理ちゃんの個性に助けられながらデクが100%の力を使い続けてようやく治崎を倒す。壊理ちゃんは救えたけれど失ったものが多くないですか?ナイトアイとミリオと…治崎もね、後味が良くないなぁ。ナイトアイにはもっと生きて学生達を導いて欲しかった(泣) それでも日常はやってくる、前半と後半の温度差よ。しばらく出番のなかった轟と爆豪の仮免補講。敵と戦うだけではない、ああいう形の力の使い方もあるんだね。そしてまさかの青山君が主役回くる?
が「ナイス!」と言っています。
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ネタバレ2018/2/2発売。登録のため再読。多くのヒーロー達が足止めをくらう中、透過の個性を使い誰よりも先に治崎の元に辿り着いたルミリオン。いやぁぁぁホント辛いなぁ。まだ高校生だよ、これからプロになろうって子が個性を失うなんて…一緒に行ったプロヒーロー何やってんだよ…(泣)人を巻き戻す個性を持つ壊理ちゃんを抱えながら、巻き戻る速さ以上に自分の体を壊し続ければいいと考えちゃうデクも…たった一人の少女を救うためにそこまで…。2人ともヒーローとして既にプロを越てると思うよ。あぁぁぁナイトアイ~(泣)
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

ミキ(←ツイッターと同じにしました)
ミキ(←ツイッターと同じにしました)
413お気に入られ2月の読書メーターまとめ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/01/11(1884日経過)
記録初日
2016/01/06(1889日経過)
読んだ本
4493冊(1日平均2.38冊)
読んだページ
512612ページ(1日平均271ページ)
感想・レビュー
4358件(投稿率97.0%)
本棚
940棚
性別
外部サイト
URL/ブログ
https://twitter.com/mklirink2?s=09
自己紹介

BL既読コミックスは1万冊以上
保有は12000冊
電子は1000冊弱
BL以外の保有コミックスを含めると3000冊♪

紙書籍派で毎月新刊を100冊購入
電子で読んだものも必ず紙で買い直すので
安くなってる電子に飛び付かないよう気を付けてます
デビューコミックスはなるべく買うようにして
新規開拓してます。
商業コミックス関連の同人誌はオール買い

月曜日~金曜日
朝7時に家を出て、夜7時過ぎに帰宅
昼休憩に会社で1冊読めるか読めないか…
残りの12時間で睡眠と家事以外の時間を読書にあてるも、2~3冊が限界。
発売日順に読んでいるので常に1年遅れのレビュー😅

BLクロスステッチ垢
https://twitter.com/mklirink2?s=09

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう