読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

unterwelt
読んだ本
4
読んだページ
1091ページ
感想・レビュー
4
ナイス
9ナイス

12月に読んだ本
4

12月のトップ感想・レビュー!

unterwelt
美空ひばりの生い立ちから国民歌手(と言っていいのかしらん)になるまでを追ったルポルタージュですが、戦後史とひばりの足跡を重ねているだけでなく、大衆のひばり受容に対する「進歩派知識人」への批判は現代にも通じるところがあると感じました。あと、読んでいると美空ひばりの曲が聞きたくなります。
が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
4

unterwelt
時事問題と絡めた第1部はともかく、思想がメインとなる第2部はかなり難しく(というより自分の興味がそこにないため)、きちんと読み込めていないような。しかし、これを読むべきは世間やマスコミで所謂「リベラル」と呼ばれている人なんでしょうけど、そこに届いていない感じが歯がゆいというなんというか。
unterwelt
DJ、店舗BGMの選曲者に焦点を当てた第1部は面白かったのですが、それ以降は日本人ミュージシャンがどのように洋楽を摂取したかがメインとなってしまっているように思えました。例えば細野晴臣の音楽の受容を枕に店舗BGMの選曲をメインにした方がいいと思うのですがそれが逆になっていたりして、選曲というよりも「洋楽かぶれ」の方が前面に出てきているように感じられました。あと著者が横浜生まれのためか、本の半分が横浜本牧の話になっていて、それもタイトルと内容がかみ合ってない印象を受ける原因なのかも。
が「ナイス!」と言っています。
unterwelt
美空ひばりの生い立ちから国民歌手(と言っていいのかしらん)になるまでを追ったルポルタージュですが、戦後史とひばりの足跡を重ねているだけでなく、大衆のひばり受容に対する「進歩派知識人」への批判は現代にも通じるところがあると感じました。あと、読んでいると美空ひばりの曲が聞きたくなります。
が「ナイス!」と言っています。
unterwelt
サッカー日本代表にもMr.Childrenにも思い入れのない人間ですが、面白く読めました。日本代表とMr.Childrenを補助線にして平成という時代を見ていくと「どんどんと内向きになっていった時代」という風に思えてきます。あと『終わりなき旅』がアスリートにものすごく人気があることを知りました。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/01/30(1089日経過)
記録初日
2016/01/05(1114日経過)
読んだ本
184冊(1日平均0.17冊)
読んだページ
54321ページ(1日平均48ページ)
感想・レビュー
184件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
性別
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう