読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

unterwelt
読んだ本
5
読んだページ
1860ページ
感想・レビュー
5
ナイス
10ナイス

4月に読んだ本
5

4月のトップ感想・レビュー!

unterwelt
2018年刊行。これで終わりかもしれないと思うと淋しい。「この仕事は嫌いではない。ただ向いていないとは思う」という文章もあれば、「朝から床の上で原稿を書く。見てるか。これが本当の枕営業だ」という文章があるところがたまらない。
が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
5

unterwelt
2018年刊行。これで終わりかもしれないと思うと淋しい。「この仕事は嫌いではない。ただ向いていないとは思う」という文章もあれば、「朝から床の上で原稿を書く。見てるか。これが本当の枕営業だ」という文章があるところがたまらない。
が「ナイス!」と言っています。
unterwelt
2018年刊行。人口減少によって日本は否応なく生産性を向上させなくてはならない、ではどうするか、ということで「高品質・相応価格」「女性の活用」「最低賃金の上昇(とそれに対応できない企業の淘汰)」を提案している。経済規模を維持しないと社会福祉が保てず「親を見殺しにする国になる」と言っているのはごもっとも。
が「ナイス!」と言っています。
unterwelt
2003年刊行。中断は挟むものの1977年~1983年までのジャズ、ミステリ、映画撮影の記録。もっともジャズ、ミステリ、映画に興味のない私には「もっともオレたちはマチガイダラケの国家に住んでいるんだから、こんなマチガイなんかどうでもいいか」(P.52)とか、「なんでもついでや、生きるもついで死ぬるもついで」(P.274)なんて言葉に惹かれるのです。それにしてもこういう言葉を書く俳優とか文化人っていなくなったような気がする。良識的な発言をするのが正しい文化人みたいな感じになっている気が。
unterwelt
2007年刊行。音楽を補助線にして社会について語る音楽時評というコンセプトはいいと思うのですが、モーツァルトのイメージ(神話)批判のオチが紋切型の与党批判だったりするので、これなら社会時評部分は無かった方が良かったのではと思ってしまいました。
unterwelt
2011年刊(親本は2001年)。同じ年に生まれた文学者七人の青春と時代を描いているが、日清戦争前で終わっているのでまだ漱石は作家になっていない。ただ著者の興味は日本という国がふにゃふにゃだった明治初期とその頃に生まれた文学者達の肖像にあったと思うので、尻切れトンボでも仕方がないのかなとは思う。彼ら七人に加えて、内田魯庵や田山花袋、泉鏡花も出てくるのでものすごく濃い。それにしても、彼らが同時代に生まれてなかったら、我々が知っている彼らになったのだろうか、と偶然というものについて考えてしまう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/01/30(846日経過)
記録初日
2016/01/05(871日経過)
読んだ本
153冊(1日平均0.18冊)
読んだページ
45327ページ(1日平均52ページ)
感想・レビュー
153件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
性別
外部サイト
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう