読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

しろくま
読んだ本
144
読んだページ
7480ページ
感想・レビュー
59
ナイス
1425ナイス

9月に読んだ本
144

9月のお気に入り登録
1

  • Tomoko 英会話講師&翻訳者

9月のトップ感想・レビュー!

しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。この本は子どもたちと何度も読んできました。今日娘が、こんなことを…。「私は生まれ変わるとしたら、ネコがいいな。こんな色(薄橙)のネコ!その時はママ、見つけてね。どうやって出会えるのかな?」深い意味はないのでしょうが、涙が出そうになってしまいました。子どもは、自分より絶対に長生きして欲しいですね。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

しろくま

今日は夫の実家でまぜおこわ~!出来上がりが楽しみです♪

今日は夫の実家でまぜおこわ~!出来上がりが楽しみです♪
Sara
2020/09/22 12:02

すごい!!こんな本格的なおこわおうちでできるんだー!?楽しみですね(^^)

しろくま
2020/09/22 12:11

すごいですよね~(笑)。ほぼ、お義母さんにお任せです(^_^;)

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
59

しろくま
6歳息子、一人読み。このシリーズも息子の希望でずいぶん揃えました(^_^;)
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子一人読み。最近何かとおばけずかんのはなしをします。「⚪⚪がいたらどう?」「⚪⚪は~なんだよね。」
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳娘、一人読み。娘はからすだのファンだと思います(笑)。娘も光るものが好きなので…。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
5年生に読み聞かせ。理科で受粉について学習したので、確認のために使用しました。朝顔は日が沈んだあと、10時間後に開花する。つぼみのときはめしべよりもおしべのほうが短いのに、開花直前におしべがめしべの長さを越し、おしべから花粉が出て受粉。そして開花。実際に観察するだけでは難しいので、大きな写真と説明がわかりやすかったのでよかったです。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
2年生に読み聞かせ。今日は職員による読み聞かせの日。『ぱんだせんとう』とこの本を読みました。子どもたちは『スイミー』を学習し、谷川俊太郎さんの訳ということを知っているので、谷川俊太郎作ということにも反応していました。「生きている」ということはどんなことなのか。当たり前のようで当たり前ではなく、尊いことです。「ぬくもり」も、死んでしまったら感じられませんね。子どもたちにはたくましく生きてほしいです。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。小さいときは何度も読んだことがありましたが、一人では初めて読んだらしく、読みながら笑っていました。「これ、おもしろいね!」だそう。おもしろさがわかってよかった!
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、サッカー観戦のお伴に。このシリーズもかなり揃えましたが、元々この本を一番最初に購入。探し絵や迷路を楽しめます。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、サッカー観戦のお伴に選んでいました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子の好きなシリーズ。サッカー観戦のお伴に持っていって読んでいました。お友だちも一緒に見ていました♪
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
沖永良部島のケイビングツアーが気になりました。与論島はいつか行ってみたい場所のひとつです。海の色がきれい。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
10数年前、2か月ほど滞在した奄美大島。懐かしく眺めました。海がすごくきれいでした。原生林もカヤックもいいですね。また行きたいな。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
自分に合う服を着るのは大切ですね。それほど体型が変わらないにしても、似合う服は変わりますものね。自分自身に置き換えても、さすがにミニスカートは履かなくなったしな(笑)。化粧も服もナチュラルになりました。著者はフワッとした服装が好みなのですね。似合っているしおしゃれです。マイルールがあると迷うことが少なくていいですね。自分も色や形などをある程度決めているので、共感できることも多かったです。まあ、自分はそれほど服に強い関心はないけれど…(^_^;)
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
私の父と叔父は20年前までまさに猟師でした。それが本業ではなかったけれども。家(敷地)には猟犬や鳩がたくさんいて、鍵のかかった入れ物には猟銃もありました…。剥製もたくさんありましたがそれがあまり好きではありませんでした。著者はイノシシやシカを年間10頭ほどを猟期にとり、家族で食べているそう。誰かが育てた牛や豚を誰かが殺し、それをさばいてできた肉を買ってきて食べている人がほとんどだと思いますが、著者はその過程を自分一人で行っている感じ。ゲームではない世界。ぜひ小学校高学年に読んで欲しい。
しろくま
2020/09/24 19:04

昔の話ですけどね…。今はやる人が減っているかもしれないですね。

ネジとサビ
2020/09/25 09:00

そうでしょうね。身近な人から貴重なお話たくさん聞けますね!羨ましいです~。

が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。著者が2年生の時にかいた、先輩からのアドバイスです…。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
読み聞かせから一人読みを始める子におすすめの本が紹介されています。古典から最近のもの、海外の翻訳本が多い印象。アジア、イスラム、アフリカの本を小さい頃から読んだ経験があれば、様々な文化を知ることができ、多様な価値観を得ることができそうですね。読みたい本がたくさんありました。読むぞ~。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
からだのピークは30代まで。40代からは意識していかないと、衰える一方かもしれないので、食事、運動、睡眠などに気を付けようと思っています。こういう本を見るとやる気が出ます♪食事も美味しそうだったので作ってみようかな、と思いました。ライザップのレッスン?料金ものっていましたが、なかなかの高額なのですね。結果にコミットするのでしょうけど…。
ミカママ
2020/09/21 10:35

食事はやはり低糖質中心なのでしょうか。

しろくま
2020/09/21 12:45

確かに低糖質のものでした。しかし、それほどストイックな感じではありませんでしたよ(*´▽`)作ってみようかな、と思っても実際にはたぶん作らない私…であります(^o^;)

が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。この本もずいぶん読んできました。今まで読み聞かせしてきた本を一人で読むようになったみたい。かさぶたはとらない方がいいね!
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。のぞみについて書いてあります。同じ車両が往復しているのですよね。息子は「今度、はやぶさに乗りたいね!」と言っていました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。カマキリとバッタは一見似ていますが、全く別物ですね。子どもたちは、主人公こんちゃんに共感していました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子一人読み。息子と娘が2歳から3歳ごろ一番読みました。数年ぶりに眺めていました( ´∀`)
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子一人読み。これは息子と娘が2、3歳ごろほぼ毎日読んでいた本。このシリーズ、好きだったな。今日は本棚から持ち出して静かに読んでいました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。このシリーズは小さいときから本当に好きでした。今日は図書館で大型絵本を見つけて読んでいました。今でもプラレールが好きな息子。頭の中ではこの絵本のような世界が広がっているのかも。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。図書館にて、娘がほぼ読んでくれました。なんでもおばけになっちゃいますね…。まぁ、おもしろいからいいですが(^_^;)
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。この本は子どもたちと何度も読んできました。今日娘が、こんなことを…。「私は生まれ変わるとしたら、ネコがいいな。こんな色(薄橙)のネコ!その時はママ、見つけてね。どうやって出会えるのかな?」深い意味はないのでしょうが、涙が出そうになってしまいました。子どもは、自分より絶対に長生きして欲しいですね。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
小学5年生が主人公。最近、国語の時間に読んだ教材が、子どもたちと同じ年頃の子が主人公だったため共感できた子が多かったので、この本はどうかと読んでみた。主人公が「小公女」と「あしながおじさん」を読むので、自分も一緒に読んでいるような気分になります。5年生の視点と大人の視点の違いもおもしろいです。大人になると子ども時代の考えとか、忘れてしまうからな…(^_^;)恥ずかしさとか、秘密とか、親との距離感とか…。まずは、本好きな5年生にこの本を紹介しようと思います。あと、「赤毛のアン」が読みたくなりました♪
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。最近前の歯が全て生え変わってきた息子。新しい歯が生えるところなのか、ちょっと痛いらしい…。歯が気になっているのか、この本を選びました。生え変わりや虫歯についてわかりやすいです。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。サナギになったり、羽化したり…。様々な生き物の成長過程が楽しくわかるので、娘が気に入っています。言葉や例えが面白いらしく、娘は何度も爆笑していました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。この本も何度も読んでいましたが、最近は一人で読むようになりました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。先日、家の本棚にこの本があるのを見つけて以来、気に入って読んでいます。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳息子、一人読み。娘とかけっこの話をしていたら、この本を読んでいた息子が、かけっこが速いウサギのページを見せてくれました。他にも、化け猫も出ていたような…。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘が二人で音読していました。この本は声に出して読むのが楽しいですね。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。チョウ、ホタル、セミの羽化の話が出てきます。オオクワガタが成長するまでの様子と人間の成長を比べたり、様々な虫の成長過程が出てきたりするので、興味深いです。オオクワガタが、人間がサナギにならないのを驚いているシーンに、娘はウケていました。ホタルとセミの成長は興味深いですね。理科のいい勉強になってしまうな~。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子にパパが読み聞かせ。桃太郎を見つけて二人で盛り上がっていました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。娘はこんなゲーム機で遊んだことがないから、反応は薄かった気がします。ゲームの世界に行ったら大変そう( ´∀`)
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。「この本、おもしろいよね!」と、娘が気に入っています。ヒーローになりきる二人を見るのが楽しいらしい。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。Gocha!の使い方がよくわかります。娘は「ダメだよね~。」と言っていました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。Joの結婚式の話が好きだった娘。いよいよJoもお母さんに!ウキウキ感が伝わってきます。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。久しぶりにこのシリーズを読み聞かせ。シリーズ最新刊。次は11月に最新刊が出る予定みたいです。いつの間にか息子は全巻揃えていました(^_^;)毎日このシリーズのどれかを読んでいます。次はどんな本にハマるのだろう?かわいいおばけが多い印象でした。「あのよやくせき」はちょっとこわいですね。「やきにくいレストラン」は大ウケでした。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。娘は、あまり赤ちゃんには興味がなく、しかも自分の下にはいてほしくないと思っています。赤ちゃんの話題になると、「うちには、ねこちゃんやハムちゃんがいるでしょ!」と言ってきます(^^;自分がまだまだ甘えたいらしい…。赤ちゃん目線のこの本。お腹に赤ちゃんがいるときに読んだら暖かい気持ちになれそうです。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。カエルにまつわる話をほとんど読んだことがない娘。この話の面白さがよくわからなかった様子。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
最初は軽い気持ちで読み始めたが、すごい読みごたえ。純粋な「自然」なんて、幻想にすぎないことを再確認。同時に「絶滅」することも、生命体にとっては不思議なことではない。生まれてきたものがいつかは「死ぬ」ように。けれど、それが人間による虐殺、戦争、開発、操作によるものだったら…?もし技術の進歩により復活させることができたなら…?どこまではよくて、どこからはだめなのか。復活させたとして、その生き物の居場所は?という問題も。一見安全そうな保護区などの問題点もよくわかりました。とは言え、アフリカに憧れる自分です。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
5年生に読み聞かせ。こちらは絵がきれいでうっとりしてしまいますが、理科に興味がある5年生にはそれほど強い関心は示されなかったかも。とは言え、一つの株から何個の種ができるのか、という問いかけにはかなり反応していました。理科との関連から考えると、5年生はより科学的な内容に興味があるのかもしれませんね。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
5年生に読み聞かせ。1年生で朝顔の観察をしましたが、5年生では朝顔を使って花のつくりについて学習しています。その関連で読みました。合弁花であること、雌しべと雄しべについて、どのように受粉するのか、ツルや蕾の巻き方、花が咲く時間について、どのように実ができるのか、一つの実から種子は何個できるのかなど、大きな写真を通して学ぶことができます。読みながらクイズ形式で出題しました。この1冊からかなりの事が学べます。咲く時間も規則性があるのだな~。色々知ることができ、子どもたちも興味津々でした。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。オチを気に入っている娘のリクエストで読みました。leftとlightを確認していました。右と左がわかるようになっていたみたい。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。ヘラクレスオオカブト、ミノムシ、タガメ、ゲンゴロウなどが出てきます。どれも友達になれたような親近感。主人公のお陰で身近な存在に感じます。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子と4歳10か月の娘と。娘の園では、様々なことを話し合いで決めているみたいですが(運動会、ボディーペイント、ハロウィンなど)、その影響で、娘が「ミイラ」になりたいと言い出しました。ハロウィンの話し合いをし、先生からもおばけについて話を聞いたようです。そのなかでミイラに興味をもった娘。「トイレットペーパーを巻いて試してみたい」と言われたのですが、すぐに消費してしまいそうなので、今度包帯を購入してやってみようという話で落ち着きました(^_^;)この本でイメージするミイラを確認。どうなることやら。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
今度、運動会でフラッグ運動をする予定です。参考までに目を通しました。様々な技が載っていますが、組み合わせを工夫すると見栄えもしそうです。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。こんなピクニックもよいかもね。山の頂上まで行けるかな…!?
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。この本も娘曰く「面白い本」らしいです。「最後が面白い!」そう。ボーリングに連れていったことがなかったな…。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
4歳10か月の娘と。Kid Rocketになりきるキッパ―と、Fantastic Fredになりきるリー。対照的に冷静なパパとビフ。娘は、ヒーローになりきる二人を見て楽しそうでした。かなり気に入った様子。最近、この本を毎晩読んでいます。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子、一人読み。これで「おばけずかん」シリーズは、たぶんコンプリートしたらしい…。かなり購入しました。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子にパパが読み聞かせ。最近小学校で虫採りをして観察しているようです。息子はショウリョウバッタを観察。週末3匹中、1匹が死んでしまったので、公園で採ってきました。「カマキリは肉食だけど、バッタは草を食べるからバッタにしたよ。」と、選んだ理由を話していました。大きなバッタに小さな虫かごはちょっとかわいそうですが…。虫好きになってくれたのは嬉しいです。虫好きな子にこのシリーズはかなりおすすめ。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
この本、家にあるのに息子が学校図書館で借りてきました。先日アニメで見たので印象に残っていたのかな。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳6か月の息子、一人読み。「金縛り」と「ろくろくび」について教えてくれました。この「金縛り」やだな…(^_^;)
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
フィンランドの考え方、暮らし方がわかる本。フィンランドのワークライフバランス、子育て、森を大切にする暮らし、教育、デザインなどに興味があります。どうしたら取り入れられるかな~。二人の対話から伝わってきます。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
5年生に読み聞かせ。たまにはユーモアのあるものを!と思い、この本を。暑い中、運動会の練習をしているので、一息ついて、ちょっと気楽に!という気持ちを込めて。英語と日本語両方で読みました。日本語訳が絵に合っていて好きなので、言葉の違いにも注目して欲しいと思いました。小さい子でも楽しい絵本ですが、5年生も楽しそうでした。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
5年生に紹介。社会で農業について学習しています。様々な産地調べをしましたが、その参考資料として紹介。どこで何が作られているのか。図やグラフ、イラストが豊富で分かりやすいです。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
6歳5か月の息子と4歳10か月の娘と。タイヤブランコが欲しいと言い出した娘。この本だけでなく、「おさるのジョージ」、先日訪れた那須動物王国にもあり、作りたいと言っています。支えになるものの強度がかなりないと難しそうですね。
が「ナイス!」と言っています。
しろくま
自分が子どものころに読んでもらった本。家にありました。桃太郎と言えばこの本でした。改めて読んでみると、描写が細かいですね。すくすく育つ桃太郎。『オニガシマラソン』に桃太郎が出てきたので、気になって読みました。鬼の大将さんと桃太郎の戦いの経緯もわかりました。今度、子どもたちと読もうと思います。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/12(1722日経過)
記録初日
2016/01/21(1744日経過)
読んだ本
16994冊(1日平均9.74冊)
読んだページ
637895ページ(1日平均365ページ)
感想・レビュー
6700件(投稿率39.4%)
本棚
132棚
性別
現住所
茨城県
自己紹介

6歳の息子と4歳の娘がいます。子どもたちと自分の読書記録です。子どもが生まれて絵本を読む事が増えたので記録を始めました。
図書館、本屋、カフェ、温泉によく行きます。最近は、動物園、水族館、美術館へ行くことも多いです。旅行が好きですが、子どもが生まれてからはかなり減っています。旅を妄想するのは大好きです(^^;
英語絵本も読んでいます。絵本以外には、教育、育児、英語、暮らし、旅、動物関係の本が多いです。
再読したものも記録しているため感想を書いていないものも多くあります。
よろしくお願いします。

参加コミュニティ1

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう