読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年7月の読書メーターまとめ

ゆん
読んだ本
7
読んだページ
1157ページ
感想・レビュー
7
ナイス
89ナイス

2022年7月に読んだ本
7

2022年7月のお気に入られ登録
2

  • 木枯らし太郎
  • 轟直人

2022年7月にナイスが最も多かった感想・レビュー

ゆん
面白かった。いつまでも女で、悪意を持たない千佐子。彼女の話し方は文で表されても、人を引き付けると思う。
が「ナイス!」と言っています。

2022年7月の感想・レビュー一覧
7

ゆん
ダ・ヴィンチニュースにてレビュー執筆。https://ddnavi.com/review/1009625/a/ 本書では被害者の声を交えて、さまざまな事案を取り上げ、わいせつ行為が発生する背景や被害を防ぐ術を考察している。
が「ナイス!」と言っています。
ゆん
ダ・ヴィンチニュースにてレビュー執筆。https://ddnavi.com/review/1008880/a/ ここに綴られているのは、もちろん完全なフィクションだ。だが、登場人物たちと似たような境遇であったり、共鳴する苦しさを抱えていたりする人は、この国に多くいるように思う。  だからこそ、登場人物たちの生き様やその心境、老女たちの悲しい罪に触れながら、自力では解決できない問題を背負っている人のSOSを、どう受け止めていけばいいのか考える機会を持ってほしい。
が「ナイス!」と言っています。
ゆん
ダ・ヴィンチニュースにてレビュー執筆。https://ddnavi.com/review/1005405/a/ この穏やかで尊い日々が、1日でも長く続きますように――。読後、そう祈りたくなり、自分の愛猫への愛情がより一層募ったのは、きっと筆者だけではないはず。話す言葉が違っても人と猫は分かり合うことができるという事実を、ろんとAKRさんは伝え続けている。
が「ナイス!」と言っています。
ゆん
ダ・ヴィンチニュースにてレビュー執筆。https://ddnavi.com/review/1006317/a/ 本作は父親の一時的な失踪を機に、どこにでもいる「平凡な家族」の形が少しずつ変容していく様を描いた、ミステリコミックエッセイ。母親、娘、父親の順に視点人物が変わり、ストーリーが進んでいくのだが、どの人物に共感するかによって、物語の感じ方が変わってくる。
が「ナイス!」と言っています。
ゆん
面白かった。いつまでも女で、悪意を持たない千佐子。彼女の話し方は文で表されても、人を引き付けると思う。
が「ナイス!」と言っています。
ゆん
ダ・ヴィンチニュースにてレビュー執筆。https://ddnavi.com/review/1004372/a/ 本作は、マンガサイト「&Sofa」にて連載中の話題作。さまざまなコンプレックスを抱え、自分の外見を愛せない登場人物たちの葛藤や奮闘から、読者は「私の愛し方」を学ぶ。
が「ナイス!」と言っています。
ゆん
ダ・ヴィンチニュースにてレビュー執筆。https://ddnavi.com/review/1001255/a/ 著者の中川よしこ氏と中川マナブ氏は、東京で暮らす夫婦ユニット「東京散歩ぽ」として、東京をはじめ、全国のおすすめスポット、イベント情報などをブログやSNSで発信中。  本書では彼らが発見した東京のおすすめスポットを、日めくりカレンダーのような形で1年365日分を紹介。東京の様々な伝統や文化の始まりも知れる一冊となっている。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/19(2366日経過)
記録初日
2015/12/19(2428日経過)
読んだ本
1003冊(1日平均0.41冊)
読んだページ
244179ページ(1日平均100ページ)
感想・レビュー
993件(投稿率99.0%)
本棚
11棚
性別
年齢
32歳
血液型
A型
職業
クリエイター系
現住所
岐阜県
外部サイト
自己紹介

読書好きに見えないライター女子。
webのダ・ヴィンチニュースで書評ライターをしております。お仕事の関係で他ジャンル読みます。でも個人的に一番好きなのは救いのないドロドロ系やアングラルポです。

【よく読む作家さん】
江國香織さん、唯川恵さん、恒川光太郎さん、薬丸岳さん、中山七里さん、伊岡瞬さん、五十嵐貴久さん、堀内公太郎さん、赤松利市さん

本は雑食で味わいます。
読書友達大歓迎。
楽しい本、たくさん知りたいです。

図書館は癒し。
BOOKOFFと本屋は天国。

エッセイはよりも詩を好みます。
中でも石垣りんさん、江國香織さん、工藤直子さんの詩好きです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう