読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

カッパ
読んだ本
34
読んだページ
6322ページ
感想・レビュー
34
ナイス
670ナイス

12月に読んだ本
34

12月のお気に入られ登録
1

  • RX78

12月のトップ感想・レビュー!

カッパ
皆さんの感想と同じかなと思いました。アッコさんみたいな人が周りにいたらいいなと思わざるえないです。私の周りにはいないので。 変わるってことはそう難しいことではないのではないと錯覚させられますね。太陽みたいな人だな。
が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
34

カッパ
バブル期のある女性の生き様を描いた本。キャリアウーマンの道を歩く彼女を支えていたのは高級寿司屋。座るだけで3万円のお店で得たもの、そして恋が彼女とともにあった。何よりもお寿司が食べたくなるような本でした。成金といえばそれまでだけど本物とふれ、自分をもってる彼女は眩しくも悲しく私には思えました。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
1週間後に認知症になってる母を殺すか悩むとかげのアンソニーの気持ち。大好きだったお母さんだっていることを思い出す。なかなか胸にくる大人向けの絵本でした。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
どうやら映画になっているみたいです。ヤクザものはあんまり好きではない。必要悪だとは思う。 でもやはり怖い。中に入ると怖いだけではなく居場所もあるのかもしれないのだが、、、。場所は広島。イメージとしてはヤクザの盛んな地域?! 昔ながらのガミさんと新人の日岡が行方不明者を追う中で巻き込まれることとはなにか?なんだかんだで一気読み。おそろしい。
mariya926
2020/12/27 17:53

私もヤクザ嫌いなのに、なぜか一気読み…。なのでつい続編も読んでしまいます( ´罒`*)✧

が「ナイス!」と言っています。
カッパ
かなりパンチがある作品であるとは感じた。主人公の女性がそもそもカタギではない。コウという女性だ。事件に関係して逃げる。一緒に逃げるのはユコ。逃げて潜伏する2人。そこでは逃げられない傷を味わったり、未来を感じたりをする。 ときよりでてくる暴力シーンは本当に過激だ。そして虐待の過去も思わず目を背けたくなる。HIV感染症の陽性てあるという彼女の先のなさも相成り悲しさがます。それでも関係はでき、捨てたものではないのもほんのりは感じた。次も著者の作品を読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
3人の大学生がでてくる。この題名のけむたい後輩とは真実子なのは間違いないだろう。特別になりたいのになれなくて、努力もできない栞子。彼女は恋愛でしか満たされないところがある。結局は承認されたいのかもしれない。後輩は男性の目をひきつける美人の友達がいて。また、とびっきりの才能もある。特別なものを持っている人のもつなにかに苦しくなるのはとてもよくわかる。 著者の作品の伊藤君の要素もあるのだろうなと思った。ラストは逆転なのだろうか?
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
ヤイコという主人公の名前が変換に出てこない気がする。耶居子か。ジャイ子にパット見では見えるのでイメージはずっとそれだった。ネットで見知らぬ他人に対して攻撃してた彼女が美女たちとの同居することになる。美女の褒め上手にはなるほどなと思う。美女にもコンプレックスはあるし、同じ部分もある。結局は持ってるものがちょっと違うだけなのかな?と思った。私は不美人なので色々と呪ってきたけどそれを出していきてくかと元気をもらった。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
セックスレスもなんだかんだで2年目に突入の夫婦の話。わがままボディの奥様がなんだかんだで欲求不満なので浮気願望もありありです。それでも旦那様も大事だし踏み切ることもできずに妄想を繰り返します。なんとかしようとするけど空回りでちょっと心配になるけどきっと気持ちもあるから大丈夫なはず?
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
仲間はずれにしてしまって嫌だ。怖いという気持ちを表した絵本。からかっちゃうといけないよなあ。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
皆さんの感想と同じかなと思いました。アッコさんみたいな人が周りにいたらいいなと思わざるえないです。私の周りにはいないので。 変わるってことはそう難しいことではないのではないと錯覚させられますね。太陽みたいな人だな。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
読んでみた。図書館本。割合いで決まるため応用がかなりききそうなレシピだと思う。ある程度レシピを覚えたらこういう科学的な本も読んでみたいと思う。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
伊藤君という顔だけで変なマウントをとる男性と女性達との話。結局は自分が可愛い人なのかな?でも、悲しいけど伊藤君の気持ちもわかる。そんな自分もいます。こっちを向かない子でちかも依存しなさそうな子を選ぶ。甘えたいけど期待されるのも辛い。変わりたいけど努力はしたくない。ってそんなかんじ。自己評価は低いのにプライドがたかいというアンバランスさなんだろと思う。 読後感は良くないが女性達には幸せになってほしい。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
女四人の探偵物。料理がつなぐ話である。でも恋がうまく行かないシーンはいつみても悲しいものだ。こういう友達がいるって憧れてしまう。いないからかな?
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
呪いがね。かかっているのよ。多分女の子には、親の強烈な方法だったりもする。でもそれはたった一冊の本でとけたりするものだったりもするのだ。どう読む?守られているってどんなこと?とも思う。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
柚木サンの本を読むようにしている流れで手に取りました。小説家を目指す女性の成長のものがたりというところでしょうか。結局は小説家どうしでしか刺激になりえないようにも感じました。編集の人への思いもあるのでしょうか?どこかうえてるようなそんなきもち?山の上のホテル泊まってみたい。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
なかなか性格が激しい猫のはなし。遠くにいってしまうが返ってきます。お気に入りのパッチワークとともに。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
私は彼女のことは知らなかった。というのもYou Tubeも見ないから。でも名前は聞いたことがあってなんとなく気になって読んだのである。ネガティブだと書いているが私は私といい。自分の価値観で突っ走っていく姿はそれはそれでい素敵だなと思いました。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
かなり気に入ってるページあり。ねずみがちゅちゅちゅというページ。真似して喜んでる。そんな1歳8ヶ月ですわ
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
柚木さんの本はとても読みやすいなあと作家読みをはじめたばかりです。食べ物の話も好きなので一石二鳥です。アッコさんからたくさんのものを貰ったんだなあ。そこから問題を解決していく成長物語のようだ。なんとなくみんな優しい。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
題名で気になって読んでみたわけです。私は頭が悪いからね。頭のいい人がやってることが気になるわけです。しぼってまとめてそして図やイメージをまとめるとのこと。そのこつなどが乗っています。これはまとめたりするのが苦手な人にも良い練習になりそう。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
ウォーキングはとにかく身体に良い。だから歩こうと思えるイラスト本。サラサラっと読めるのでウォーキングに興味がある人は読んで見たら良いと思う。東京タワー登ってみたい。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
短編集は気楽に読み始めることができて好きです。運命の人はどこですか?ってことなので探してる最中のひとが多い印象。運命の人というのは恋愛にかぎらない。運命の人と思っても違ったり。なかなか、難しい問題である。どれも個性があるので飽きずに読めた。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
なんだかんだいいながらもこのさらさら読めてしまう感じが好きでアラフォーなのだが読んでしまう。私の感じでは10代くらいが好むような気がする。今回はなんでも屋の話である。読んでいて思うのは、、、うん、まあ本当に人それぞれなのだと思う。価値観は押し付けてはいけないのだ。主人公のお母さんみたいなひとばかりだと良いのにとは思うのであった。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
一気に読みました。自殺の手配をする話は読んたことがあったけど、演出するほうの話は始めてだった。しかし、なんというか、それぞれおかしな人ばかりだった。語り手の女性もなんだか救われないような気がする。自殺になんて関わるのはいけないという戒めなのか。なんだかすっきりしない、いや、やや悪い読後感だった。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
山崎ナオコーラさんの話の良さがわかるようになったのはワタシは最近であった。なんとなく、手にとった本で合わないと思うとその後に読まなくなってしまうことがある。昔のワタシはなんとなく肌に合わないと判断してしまっていたのだ。しかし、ナオコーラさんも母になり。エッセイなどの本を読んだことで興味をもった。ニキの屈辱は恋愛の話だ。男女が逆ならもっととっつきやすいのか??とも思えてしまう。そこも含めてナオコーラさんの本。面白い。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
農場の一年が描かれた綺麗な絵本です。なぜだかほっこりします。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
ひとはなくものなんですよね。なみだは色んなものを伝えている。ないた私だって好きになりなかい。本当にね。そうできたらいいな。と思える絵本でした。私も泣きたい。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
感謝を伝えるためのギフトブック。可愛らしい絵本です。あなたがいてくれたからいつだって助けてほしいと言えたのです。あなたがいてくれたから私は私を信じてみようと思えたのですなどなど書かれています。素敵な言葉です。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
2年ぶりに再読していた。読んだ記憶はあまりなかったが。恋愛になりそうでならなかったエリとの関係が今回は気になった。最初は恋愛になりそうだったんだけどな。むしろ北海道にいく梅ちゃんだっけ?そちらのほうが気になっていたり。夢にでるんだからそういうことだよね?違うかな?装うこともなく本音をだしていくのが友情なのかもしれないなあ。恋愛はもっと綺麗なところを楽しむイメージがある。最後はドキドキもなくなるだろうけどねえ。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
読んだことある人の数にびっくりしました。毒婦として有名なあの事件に影響を受けた本だと思います。犯人と女記者とその親友。3人の女達の心の傷みたいなものが明らかになってくる。同じ年代だととくに共感できるところもあるし、つらくもなるところも多いかもしれない。バターは肝になるアイテム。エシレのバターを買ってしまう人は多いだろうし、無意識ながらバターたっぷりの料理を作ってしまった。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
結局は人とうまくやる力だっている。それにはちゃんと自分を出したり伝えられたり。資格やいい会社に勤めることでは幸せには働けない。やりたいことや、得意なことをみつけ、さらに、セルフイメージをアップはさていくことが必要そうである。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
親は無力でよい。何もしなくてもむしろ何もしなければそれなりのものには育つ。という言葉が胸に残った。もうひとつの生まれてきて良かった。一人ぼっちじゃないよ。あなたの人生はあなたしか歩めないの3つも伝えていきたいと思う。器はそれぞれでスパルタの中で学歴を手にいれるかもしれない。でもそれが自分の人生でなければ???ちょっとぞっとする。とはいえ、私もやりかねない。自信ないから。気をつけよう。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
エルゴと不倫鮨とどっしりふわふわという話が好きです。どれも料理の話が入ってくるのですが前者は小気味よさ。後者は最後になんだかしてやられた気持ちになるところが私は好きでした。子育てしてるお母さんにワインやグルメがわからないなんてそんなこたあない。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
まずこのワンピースが気になりましたね。なんというか。私の知ってたあの人たちにも楽しんでもらえるだろうなと。いい時代になってきたように思いました。
が「ナイス!」と言っています。
カッパ
1歳8ヶ月はにやにやしておおうけでしたよ。 わっ!!と驚かすのが楽しいのかもしれません。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/02/25(1800日経過)
記録初日
2016/01/05(1851日経過)
読んだ本
1924冊(1日平均1.04冊)
読んだページ
470734ページ(1日平均254ページ)
感想・レビュー
1924件(投稿率100.0%)
本棚
10棚
性別
年齢
39歳
血液型
A型
現住所
神奈川県
自己紹介

の 本を読むことを習慣にしたいと思い、読書メーターを2016年の1月から始めました。

2016年は207冊
2017年は414冊
2018年10月2日に1000冊に到達
2018年は466冊
2019年は532冊(34冊は絵本)
を読み終わりました。

沢山本と触れるという多読の傾向があるけど読むのはそんなに早くないです。

最近、ようやくリズムに乗ってきました。これ知ってるな?と思ったりあの本に載ってたことだなと思うことも増えました。話題に使ったり引用したり。さらに試してみることもあります。おこがましいですが、読書の楽しさを少しずつ感じていると思います。


読書メータのおかげでうっかり同じ本を読むことがへりました。


これからも読書を楽しみたいです。

好きなジャンルは
心理、新書、ミステリー、健康、現代小説など。最近は恋愛??

よく読んだ作家さんは
2017年
有川浩 宮下奈都 朝井リョウ 西加奈子
2018年
桐野夏生 齋藤孝 辻村深月 垣谷美雨
2019年
村田紗耶香 朱野帰子 湊かなえ 寺地 はるな 中山七里


2019年の3月に出産しました。出産すると本を読めなくなると聞きますがかわらず読んでいきたいと思います。
せっかくなので子育て関係の本も読んでいきたいと思っています。

後は絵本も登録していくので冊数が多いのはご了承くださいね。











読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう