読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

hanak
読んだ本
4
読んだページ
713ページ
感想・レビュー
4
ナイス
695ナイス

7月に読んだ本
4

7月のお気に入られ登録
3

  • にな
  • ぽこ
  • いのうえ

7月のトップ感想・レビュー!

hanak
「水」。かたちを変えいろを変え、常にそばにあるもの。清らかなものであり、心地よいものであり、波立つものであり、包むものであり、艶めくものであり、渇望するものであり、溢れるもの。たぶんそのほかにも諸々。皆さんのお好みは、どんな水でしょうか?コメント欄ではわたしの感じた、詠み人さんたちの水のイメージを。2017-35
ワッパッパ
2017/07/30 21:04

そう!そうなんですよ~hanakさん!40年以上生きてきて、歌作ることでようやくそれがわかってきました。全てを明らかにしようとしないでいいし、全てを知ろうとしなくていいんだって。ああなんか人生相談みたいになってしまってますけど(-_-;)、じわっときてます☆。*゚+.*.。(感´∀`動)゚+..。*゚+☆

hanak
2017/07/30 21:24

短歌からの人生相談!短歌、すごいなぁ(笑)

が「ナイス!」と言っています。

7月のトップつぶやき!

hanak

今年に入ってからのバタバタが少し一段落したかな?という六月でした。久々に小説が読めて楽しかった。原田マハさんの「生きるぼくら」、よかったです。☆2017年6月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1486ページ ナイス数:272ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://i.bookmeter.com/users/66154/summary/monthly

今年に入ってからのバタバタが少し一段落したかな?という六月でした。久々に小説が読めて楽しかった。原田マハさんの「生きるぼくら」、よかったです。☆2017年6月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1486ページ ナイス数:272ナイス  ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://i.bookmeter.com/users/66154/summary/monthly
momonga
2017/07/02 08:17

おはようございます♪この写真、素敵(*´˘`*)♡うんうん、「生きるぼくら」はいいよね。

hanak
2017/07/02 09:21

ももさん、おはようございます(^^) 我が家の一番涼しい風の通り道です。「生きるぼくら」に出てくるおうちもこんな感じかな☆

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
4

hanak
個人的に親しみがあるのは「日本の村」の方。大正あたりに建ったらしい我が家の間取りは、まんまこの中に出て来る感じですし、おおー、と頷けるところも多い。ですが親しみのない方、「海をひらいた人びと」の語り口のなんて生き生きしていることか!船に乗って自在にいろんな場所を目指していく漁師たちのすごさに感嘆する。戦後まもなく書かれた本だから、現在では物質的精神的にもう失われてしまったものもたくさんあるだろうなぁと思うと、いとおしさと切なさを禁じえない。2017-36
が「ナイス!」と言っています。
hanak
「水」。かたちを変えいろを変え、常にそばにあるもの。清らかなものであり、心地よいものであり、波立つものであり、包むものであり、艶めくものであり、渇望するものであり、溢れるもの。たぶんそのほかにも諸々。皆さんのお好みは、どんな水でしょうか?コメント欄ではわたしの感じた、詠み人さんたちの水のイメージを。2017-35
ワッパッパ
2017/07/30 21:04

そう!そうなんですよ~hanakさん!40年以上生きてきて、歌作ることでようやくそれがわかってきました。全てを明らかにしようとしないでいいし、全てを知ろうとしなくていいんだって。ああなんか人生相談みたいになってしまってますけど(-_-;)、じわっときてます☆。*゚+.*.。(感´∀`動)゚+..。*゚+☆

hanak
2017/07/30 21:24

短歌からの人生相談!短歌、すごいなぁ(笑)

が「ナイス!」と言っています。
hanak
スピードが求められる現代社会では、引き寄せも即!って人が多いのかもしれないけれど。やはり努力なくしては実りはもたらされないし、じっくり自分と対話しないと本当に欲しいものは見えてこない。そんな人のための巻末のワークシート、なかなか良いと思います。そして、4章に「お金はみんなの幸せと笑顔を増やすことができるツール」という一文があって、なんだかすごく納得した。お金は大切だけど、道具のひとつに過ぎないと思ったら、それに振り回されることはないなぁ、と。もちろん、いくらあっても困りませんけどね(笑)。2017-34
が「ナイス!」と言っています。
hanak
この本が冬の章から始まるのは、蓼科の冬を越えて初めて、語れるものが生まれるからなのだと思う。幾多の季節を越え、さまざまな場所でたくさんのひとに小さな花束を手渡し、渡されたひとびとはまたそれを繋いで行く。決して流暢な文章ではないけど、著者の人柄が伝わって来る、あたたかく優しい本です。2017-33
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/06/19(2616日経過)
記録初日
2010/06/19(2616日経過)
読んだ本
678冊(1日平均0.26冊)
読んだページ
135962ページ(1日平均51ページ)
感想・レビュー
668件(投稿率98.5%)
本棚
13棚
性別
血液型
B型
職業
事務系
現住所
広島県
外部サイト
自己紹介

誰にも小さいころからずっと好きな物語、自分の原点となるものがあると思いますが、私にとってのそれは「あしながおじさん」(ジーン・ウェブスター)です。
今でも折に触れて読み返し、楽しい気持ちになります。

子どもの頃からいつも何かを読んでいたので、傍に本がないと不安、という典型的活字中毒。
読むものについては、わりと雑食だと思っています。

特に好きな作家と作品は、

池澤夏樹「静かな大地」「クジラが見る夢」
梨木香歩「家守綺譚」「からくりからくさ」
荻原規子「白鳥異伝」(でもどの作品も好きです)
佐藤多佳子「しゃべれども しゃべれども」
三浦しをん「風が強く吹いている」 など。

2016年は、積読の山にも焦らず、丁寧に読んでいきたいです(笑)。