読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

ねぼまな
読んだ本
76
読んだページ
9362ページ
感想・レビュー
76
ナイス
675ナイス

3月に読んだ本
76

3月のお気に入り登録
2

  • 怜音
  • アルカ

3月のお気に入られ登録
3

  • ふい
  • 怜音
  • アルカ

3月のトップ感想・レビュー!

ねぼまな
手塚治虫の「ブラックジャック」にまつわる話は多少知ってたところもあったけど、ここまでとは! コレクターは大変だ(それとも、コレクター心をくすぐられるのかな)。 寺山修司の詩が効果的に使われていて、著作を読みたくなります。だいぶ昔に「寺山修司メルヘン全集」を何冊か読んだ覚えがあるなあ。 そして、他のレビューを見て気付いたけど、プロローグとエピローグの構成が上手い。 このシリーズは読みやすいのですが、1巻からそうだったように、話の展開はシビア(シリアス)ですよね。あー、また不穏な終わりかた!
が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
76

ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
香港を舞台にした6つの短編連作ミステリー。 冒頭作の一ひねりを効かせた安楽椅子探偵的な趣向に、まず驚かされます。マフィア物や誘拐物などバラエティに富んでいて、香港の歴史や社会背景もあり、どの短編もそれだけで長編になり得るような濃厚さ。 ほとんど警察物を読んだことがない自分でも、面白く読むことができました。
ねぼまな
2018/03/31 06:56

【このミステリーがすごい!】2018年版 2位 /【本格ミステリ・ベスト10】2018年版 1位

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
安房直子さんは、小学4年生の国語教科書(光村図書・平成27年~30年度)に掲載されている『初雪のふる日』の幻想的な作品が印象に残っています。 本作も、幻想と死と、そしてユーモアもあって、自分好みな幻想味たっぷりの作品でした。叙情と情緒にあふれていて、作中に出てくるおでんのように、温もりを感じられるストーリーです。
ねぼまな
2018/03/29 19:36

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
モグラの生態について、迷信・風評などの誤解を解きながら解説している絵本。 モグラにマイナスのイメージが定着しているなか、科学的な視点の大切さを教えてくれます。
ねぼまな
2018/03/29 19:35

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
スペイン・バルセロナ生まれの作家によるカタルーニャ語で書かれた、1965年作の児童書。本書はカタルーニャ語から直接の翻訳。子供たちが、難病の友達を救うための資金集めとして動物園を作ろうとする物語です。子供たちの熱意に、周囲の大人たちが手を貸していきます。ちょっとしたドタバタもあり、前向きで楽しいストーリー。現在、カタルーニャ独立運動がさかんになっていますが、訳者あとがきによれば、1939年から1962年までカタルーニャ語の出版物は政府によって禁止されていたとのこと。本書は解禁直後に出版されているんですね。
ねぼまな
2018/03/27 19:14

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
再読。 古典部メンバーそれぞれの性格や言動が謎と結びついていて、謎が解けるプロセスでキャラクターが浮かび上がってきます。 もともとライトノベルレーベルで始まった古典部シリーズ。キャラクターの描き方や、ほろ苦い青春ストーリーは大好きですね。 各登場人物の言動にクセがあって、読み手である自分の想像と微妙にずれていく感覚が、なんだか良いのです。
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
なにこれ楽しい! 昔ちょっと手にしたときは面白さがまったく分からずに読み止したのに、いま読んでみたら面白い。 本書は横書きで、菱木晃子さんによる新訳(2007年刊)です。読みやすく、大判なので絵(ローレン・チャイルド)も楽しい。 自由奔放なピッピの言動に、大人は顔をしかめたくなるかもしれませんが、児童文学の名作と知られ、教科書でも紹介されているので、子供たちも堂々と読めますね(笑)。 角川つばさ文庫のほうの新訳・イラストも気になります。
ねぼまな
2018/03/25 08:53

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
あとがきで述べられている『九マイルは遠すぎる』『十三号独房の問題』を事前に読んでおいたので、より楽しむことができました。「手作りチョコレート事件」は『毒入りチョコレート事件』、「やるべきことなら手短に」で出てくる「女郎蜘蛛の会」は『黒後家蜘蛛の会』――ミステリ小ネタにニヤニヤ。お気に入りは「あきましておめでとう」。「手作り~」「遠まわりする雛」ではメンバーの人間関係に変化が見られて、青春ミステリーのほろ苦さが味わえます。それぞれのキャラクターの心情が描かれている本作を読んで、アニメ版も気になってきました。
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
ゾウの鼻が長い理由についての絵本。 最初に通説が述べられているのですが、驚くのがその後に紹介されている仮説。 ただの知識絵本ではなく、仮説を立てて考えていく学問的な楽しみを教えてくれます。
ねぼまな
2018/03/25 08:51

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
中学校の歴史教科書。よく「今の教科書では、鎌倉幕府の成立は1192年から1185年に変更された」との話を聞きますが、本書では注意書きで、1185年のほかにも1183年・1192年の説などがあると記されていて、1192年が間違いというわけではありません。どうしても目を引く情報だけが記憶に残ってしまうので、気を付けないといけないなと自戒しました。 あと、全体的に差別問題への配慮がされている印象があります。教科書を通して読むと、歴史は「戦争と支配」の繰り返しで、ちょっと憂鬱になってしまうところもありますね。
ねぼまな
2018/03/24 18:25

【東京書籍 中学校教科書 社会科 歴史 平成28~31年度採用】定価 762円

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
教科書でもよく目にする、工藤直子さんの詩集。 動物や昆虫、植物などの生物。そして太陽や月など、自然の目を通した視点から書かれている詩が集められています。 詩情を解するセンスは自分には乏しく、むしろ苦手なのですが、この詩集は本当に楽しく読めました。 教科書で断片的に一編や二編の詩に触れるよりは、こうやって一気に読んだ方が良いのかもしれません。 「詩」というジャンルを好きになれそうな気がしてきました。
ねぼまな
2018/03/24 18:22

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
1998年作。世界各国の「食べ方」を紹介している写真絵本。 手や箸、ナイフ、フォーク、スプーンなどの文化・習慣の違いを単に取り上げているだけではありません。 なぜ手で食べるのかを米の品種の違いから説明したり、昔のヨーロッパでは手でパスタを食べていたという歴史も記述されています。 「異文化尊重・理解」をテーマにした子供向けの本ですが、きちんと文化史まで書かれていて、大人でも勉強になる素晴らしい一冊でした。
ねぼまな
2018/03/23 19:41

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
1991年作。一匹のノラネコを一日追跡して、ネコの生態をドキュメント風に描いている絵本。ネコの習性やネコ社会でのルールが分かります。 著者はネコ科動物の生態を研究している大学教授ということで、研究者視点の記述は興味深い。 絵は『動物のお医者さん』のような雰囲気があって、ネコの表情が豊かに描かれています。 面白かった!
ねぼまな
2018/03/23 19:40

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
面白く読み終えたものの、ミステリーの傑作という先入観があるので展開の粗さが気になる。トリックは余技だとすると、犯人の背景や心理描写をもっと描いて欲しいと思ってしまう(未見だけど映画では表現されているらしい)。なお『点と線』『砂の器』読了後に北村薫×有栖川有栖の対談(→『点と線』は本当に松本清張の代表作なのか?http://bunshun.jp/articles/-/6072 )を読むと面白いです。本格物を中心に読んでいる自分が抱いたモヤモヤ感を見事に解説してくれました。他の清張作品も読んでみたくなります。
ねぼまな
2018/03/22 21:11

【新版 東西ミステリーベスト100 国内編】読了20作目 25位 /【旧版 東西ミステリーベスト100 国内編】読了5作目 53位

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
とても分厚く文字も多い図鑑のような本。普段の生活で使っている道具や機械の動作原理や仕組みが、豊富なイラストで詳細に解説されています。 自分の知識や理解力では、到底すべてを理解できるわけではないですが、パラパラと拾い読みしても楽しめます。
ねぼまな
2018/03/21 23:31

【東京書籍 中学校教科書 理科 3年 紹介図書 平成28年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
尾びれが壊死したイルカを救うために奮闘する人たちを描いたノンフィクション。 どんどん先を知りたくなり、小学生向けの児童書ということもあって、あっという間に読めてしまいます。 イルカが長寿(本書の冒頭時点で水族館に来てから30年近く)なことに、まず驚く。人工尾びれの開発プロジェクトを進める中での葛藤も描かれているので、より深みのあるドキュメントになっています。
ねぼまな
2018/03/21 22:28

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
再読。 谷山浩子さんのアルバム『ねこの森には帰れない』(1977年)の楽曲モチーフ(B面の5曲)となっているのをきっかけとして、20年ほど前に読んで以来です。 「白いぼうし」は今でも小学校の教科書に載っている作。お気に入りは「ほん日は雪天なり」で、ユーモアとファンタジーの楽しさにあふれている作品です。
ねぼまな
2018/03/21 07:00

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
新美南吉は『ごんぎつね』や『手袋を買いに』の叙情的な印象が強かったのですが、本書に収められている『がちょうのたんじょうび』『こぞうさんのおきょう』はユーモラスな短編で、新鮮な味わいでした。
ねぼまな
2018/03/20 19:38

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
食べ物を詠んだ俳句の絵本。ページが折り返しになっていて、めくると絵が見開きになり、俳句の簡単な説明が書かれています。 俳句に疎い自分にとっては、新鮮に楽しめる絵本でした。
ねぼまな
2018/03/20 06:54

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
いつも見ているEテレ『100分de名著』で取り上げられるということで、『点と線』に続いて読みました。 『点と線』もそうだったけど、1961年の作ながら読みやすいのにびっくり。陰鬱で重たいというようなイメージを勝手にもっていたんですよねえ。エンタメとして面白いです。 下巻へ。
ねぼまな
2018/03/19 19:31

【新版 東西ミステリーベスト100 国内編】25位 /【旧版 東西ミステリーベスト100 国内編】53位

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
ハリセンボンの生態を描いた絵本。 海水を吸って胃袋をふくらませる仕組みや、産卵行動「おみこし」(一匹のメスを複数のオスが持ち上げて産卵させる)が描かれています。 本当に面白いし、かわいいなあ。あと、ハリセンボンの大量発生による漁業への影響についても触れられています。
ねぼまな
2018/03/19 19:29

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
2006年刊。アフガニスタンの山奥に暮らす子どもたちの、学校や日常生活が収められている写真集。 イスラム圏でありながら男女共学の学校で、子供たちの笑顔が多く写っています。 戦争による負の部分については巻末の文章で具体的なエピソードが語られていて、その現実を知れば、一つ一つの写真がまた違って見えてきます。 こういう本だと「それにひきかえ、今の日本の子どもたちは~」と説教がちになりそうなところ、本書にはそういった記述は一切なく、それはむしろ好ましいこと。良本です。
ねぼまな
2018/03/19 19:28

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
錯覚を利用した「だまし絵」のような写真絵本。合成や加工写真ではなく、照明や角度を工夫したり、鏡やガラスを使って実際の物を撮影しています。 惜しむらくは、解説ページの文字による説明が少し分かりにくいこと。別アングルの写真や図示などがあればさらに良かったのにと思います。 でも、十分に面白い絵本には違いありません。
ねぼまな
2018/03/17 18:08

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
アリの視点から見た写真絵本。昆虫のどアップ写真が載っています。 最後のトノサマバッタ越しに見る海の風景の写真がすごい!
ねぼまな
2018/03/16 21:37

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
1947~67年に発表された短編が収録されています。いわゆる安楽椅子探偵もの。 表題作は短編ミステリの定番として有名。事件から論理を導くのではなく、推論から事件を暴いていく趣向が凝らされているのがにくい。邦題も素晴らしいですね(原題は「The Nine Mile Walk」)。 将棋ファンとしては、チェスの対局(盤面)が題材になっている「エンド・プレイ」が楽しめました。 皮肉屋で薄笑いを浮かべているような探偵像も含めて、古典的な本格ミステリを味わえる一冊です。
ねぼまな
2018/03/16 18:59

【有栖が語るミステリ100】読了24作目 /【新版 東西ミステリーベスト100 海外編】読了15作目 68位 /【旧版 東西ミステリーベスト100 海外編】読了16作目 86位

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
そうだ村の 村長さんが ソーダ飲んで 死んだそうだと――懐かしい! 子どもの時に口ずさんでいたこのフレーズ、阪田寛夫さんの詩だったんですね。子どもの頃を思い出させてくれただけで、読んだ価値がありました。 いろんな作者による詩が収録されている詩集(アンソロジー)なので、飽きずに楽しめます。
ねぼまな
2018/03/15 19:04

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
イノシシの生態を追った写真絵本。かわいいウリ坊、厳しい子育て。迫力や臨場感のある写真が多くて引き込まれます。
ねぼまな
2018/03/15 07:43

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
1→2→4→8→16→32→→→。定番の算数ネタをインドの昔話で楽しめる絵本。 自分がこのネタを知ったのは小学生の頃だったと思いますが、その時に読んだ本では「この方法で親にお小遣いを頼んでみよう!」というような、ちょっと意地悪なものでした。本書はそんな心配もなしです(笑)。 2の累乗はコンピュータ(プログラム)の学習にも有用でしょうし、算数に触れあうのに良さそうですね。 そう言えば、昔に「組合せ爆発」の動画(日本未来科学館『フカシギの数え方』)が話題になったことも思い出しました。
ねぼまな
2018/03/14 19:21

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
読んだのは子どものとき以来。内容をすっかり忘れていたけど、こんな話だったんですね。新美南吉は「ごんぎつね」の印象が強くて、最後までハラハラしながら読みました。 そして、黒井健さんの絵が素晴らしい。もふもふ感たっぷり。昔、画集を手にしたこともあったなあ。
ねぼまな
2018/03/14 19:20

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
京極夏彦『姑獲鳥の夏』、三津田信三『厭魅の如き憑くもの』で参考文献となっている民俗学本。陰陽師・式神・いざなぎ流・因縁調伏・犬神憑き――。京極本を読んでいれば、憑きものの論考は分かりやすい。 急に経済的に豊かになった家への嫉妬心が「憑きもの筋」を生み出したという見立ては、現代にも通ずるように思えて興味深いです。 五章「護法信仰論覚書」での「「憑坐」とは、したがって、病人の体内で生じていることを映し出し、観客に示すための《鏡》の役割を果たしているのである」という指摘にはハッとさせられます。(↓)
ねぼまな
2018/03/13 23:28

四章の章題に「説明体系としての「憑きもの」」とあるように、医者では治らない病気を説明するために「憑きもの」が想定される。この「説明」を、ミステリの推理による解決(→憑きもの落とし)に結びつけた京極夏彦さんの発想は素晴らしい慧眼ですね。

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
甘いな~甘いな~と読んでいたら、最後の短編にびっくり! 経済や商売絡みの展開を期待したいですね。
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
どうぶつたちが句会を開いて、俳句を詠んでいく絵本。 春夏秋冬の季節ごとに、それぞれのキャラクターたちの個性にあふれた俳句が詠まれます。 かわいらしいものもあれば、しみじみとしたものもあって、気軽に楽しめますね。
ねぼまな
2018/03/11 08:07

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
古典部第3作を再読。メンバーそれぞれの一人称で次々と語られていくので、4人のキャラクターも楽しめます。各々、一癖があって鬱屈としたところもあり、このモヤモヤとして何とも言えないホロ苦い感覚、やっぱり好きですね。最終章の章題「そして打ち上げへ」は、シリーズ前作『愚者のエンドロール』第七章(実質的な最終章)「打ち上げには行かない」と対になっています。そして、クドリャフカとも掛けているのでしょうか(ちょっと切ない)。クリスティの有名作をベースにした趣向も作り込まれていて、著者のミステリー愛を感じられる一作です。
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
名前があるということ。名前を付けるということ。その意味を考えさせられる絵本。
ねぼまな
2018/03/10 07:39

【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
子供向け絵本ですが、文章も多くて「塩」に関する知識が身につきます。 塩の種類、精製方法、海水から塩を取り出す実験。それに加えて、生物(人間)にとっての塩の必要性、文化や歴史までも簡潔ながら記述されていて、大人が読んでも十分の面白さです。
ねぼまな
2018/03/09 19:59

【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
中学校理科で習うメンデルの法則(Aa×Aa→AA:Aa:aa 1:2:1)で知られる、メンデルの伝記。原著は中学・高校生向けに書かれていることもあって、さらっと読めます。後に修道院長となるメンデルですが、修道院が科学を学ぶのに適した場所だったんですね。生物を数学的に説明する法則は発表当時に評価されることはなく、メンデルの死後に再発見されることに。メンデルの遺伝法則を否定した旧ソ連のルイセンコに関する記述が少しあって、政治が科学を利用する(政権にとって都合のよい学説を採用し、他を排除する)怖さも感じました。
ねぼまな
2018/03/07 18:56

【東京書籍 中学校教科書 理科 3年 紹介図書 平成28年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
手塚治虫の「ブラックジャック」にまつわる話は多少知ってたところもあったけど、ここまでとは! コレクターは大変だ(それとも、コレクター心をくすぐられるのかな)。 寺山修司の詩が効果的に使われていて、著作を読みたくなります。だいぶ昔に「寺山修司メルヘン全集」を何冊か読んだ覚えがあるなあ。 そして、他のレビューを見て気付いたけど、プロローグとエピローグの構成が上手い。 このシリーズは読みやすいのですが、1巻からそうだったように、話の展開はシビア(シリアス)ですよね。あー、また不穏な終わりかた!
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
シマウマの模様がなぜ黒白のシマシマなのかをモチーフにした民話・昔話風の創作絵本。 シマシマになった瞬間の絵がユーモラスでかわいい。 訳者解説によれば、タイトルどおり、サバンナシマウマは一日の6~8割の時間を食べることに費やしているらしいです。
ねぼまな
2018/03/06 07:06

【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
イラストに迫力があります。虫嫌いの自分は思わず目を背けそうになってしまうぐらい(笑)
ねぼまな
2018/03/06 06:52

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
落語絵本。「寿限無、寿限無、五劫の擦り切れ、海砂利水魚の~~」は、うろ覚えで何となく言える程度でしたが、元はこんなお話だったのか(海砂利水魚――ボキャブラ世代としては懐かしい名前!)。 たまにNHKで「超入門!落語 THE MOVIE」を見ているけど、落語面白いです。ドラマや絵本のようにビジュアルがあると、分かりやすくて取っつきやすいですね。
ねぼまな
2018/03/06 06:43

【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
椅子やボールペンなど、中はどうなっているかをX線で写している写真絵本。小学4年生の国語教科書で紹介されていたけど、もっと幼い子のほうが喜びそう。
ねぼまな
2018/03/05 20:06

【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
小学4年~6年の3年間にわたり、アシナガバチを観察した記録(自由研究)をまとめた本。 自分はすっかり昆虫が苦手になっているので、はたして楽しく読めるのだろうかと思いましたが、読み始めたら面白くて一気読み。 アシナガバチの観察もさることながら、その時の心情が素直に書かれています。自分が小学生の時に、こんな文章を書けた気がしない(笑)。
ねぼまな
2018/03/05 19:21

【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
瀬田貞二さんの訳による世界の昔話。 小さなビンに次々と生き物が入り込んでいくロシア昔話『小さなおうち』は、『てぶくろ』のバリエーションでしょうか。結末がひどい(笑)。 わらしべ長者的な、ドミノ倒しのようにつながっていく話も多く、世界各国で同じようなパターンの話が語られているのも面白い。 不条理やナンセンスな話も多いですが、今も昔も「意味のない」ことに面白味を感じるのは変わらないのですね。
ねぼまな
2018/03/05 19:20

【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
アニメの進行が予想以上に早いので、あわてて読み継ぐ。 正直少し引いてしまうラノベ的な描写はあるのだけれども(笑)、八一の竜王戦・桂香のマイナビ戦の熱い両展開に引き込まれます。 今回のネタ元になっている実際の竜王戦の対局は、自分が将棋ファンになってから間もない頃の、印象に深く残る対局。その時の感情もよみがえってきて、涙が出そうになりました。 現実の将棋界もフィクションを超えるような展開で、将棋ファンとして楽しい日々が続いています。
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
Eテレ『100分de名著』(2018年3月)で紹介されると知って、早めに読むことに。清張初読み。「社会派の元祖」というレッテルに身構えていたら、案外と読みやすくてびっくり。あまり社会派という感じもしなくて、むしろ本格物という印象。しかし本格物としては物足りなさもあって……。このあたりのモヤモヤを、巻末解説で有栖川有栖さんが上手く述べられています。かつて嫌いだった本書を再読して評価を大きく改めたという有栖川さんの解説がなければ、悪いままの印象で終わってしまっていたと思うので、本文庫版を選んだのは正解でした。
ねぼまな
2018/03/03 18:17

【有栖が語るミステリ100】読了23作目 /【新版 東西ミステリーベスト100 国内編】読了19作目 6位 /【旧版 東西ミステリーベスト100 国内編】読了4作目 3位

が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 3年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
【光村図書 小学校教科書 国語 4年 紹介図書 平成27年度】
が「ナイス!」と言っています。
ねぼまな
1962年作のSF。海面上昇により沈みゆく世界。 登場人物も少なく、個人の内面が丁寧に描かれています。女性が一人出てきて、ヒロインと思いきや、それほど強く恋愛が描かれるわけでもありません。 高温多湿となった地球環境は、まるで太古の昔に戻っていくかのように。そして、人間の精神も太古へと……。その対比に引き込まれました。 SFは本当に数えるほどしか読んでいないので、少しずつ読んでいきたいですね。
ねぼまな
2018/03/02 00:12

【金原瑞人 ふしぎ文学マスターが薦める100冊 https://goo.gl/6TMs7H 】読了40作目

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/03/30(754日経過)
記録初日
2016/02/25(788日経過)
読んだ本
846冊(1日平均1.07冊)
読んだページ
162853ページ(1日平均206ページ)
感想・レビュー
757件(投稿率89.5%)
本棚
44棚
性別
自己紹介

ミステリー、幻想、怪奇系を好みます。

小・中学校教科書 国語(光村図書)紹介図書を読破中。


参考ブックガイド:

探偵小説研究会「本格ミステリ・クロニクル 300」
探偵小説研究会「本格ミステリ・ディケイド 300」

有栖川有栖「有栖の乱読」有栖が語るミステリ100

米澤穂信「米澤穂信と古典部」古典部メンバー4人の本棚大公開(計119冊)

長門有希の100冊(ザ・スニーカー 2004年12月号)

金原瑞人「ふしぎ文学マスターが薦める100冊(https://goo.gl/6TMs7H)」
東雅夫「ふしぎ文学マスターが薦める100冊(https://goo.gl/6TMs7H)」

荒俣宏「新編 別世界通信」書棚の片すみに捧げる180冊+5

東西ミステリーベスト100(旧・新版)
喜国雅彦・国樹由香「本格力 本棚探偵のミステリ・ブックガイド」

瀬名秀明「科学の栞 世界とつながる本棚」

光村図書 小・中学校教科書 国語 紹介図書(平成27、28年度)
東京書籍 理科教科書 小3~中3 紹介図書(平成27、28年度)

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう