読書メーターあなたの読書量を記録・管理

ボンヤリノスキー2018年の読書メーターまとめ

ボンヤリノスキー
読んだ本
46
読んだページ
12583ページ
感想・レビュー
46
ナイス
252ナイス
月間平均冊数
3.8
月間平均ページ数
1049ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

ボンヤリノスキー
一気に読んでしまった。世の中はワールドカップサッカーで寝不足だろうが、僕はこの本で寝不足だ。思想的に左寄りな描写も認められたのと、殺しのシーンがえぐいのと、その2点だけが残念だった。
が「ナイス!」と言っています。
ボンヤリノスキー
一気に読める読みやすいSF小説だった。出てくるロボットがかわいいね。また一緒に成長していく主人公の姿も面白い。最初は仕方なく許す行為が、だんだん寛容さにつながっていくところはSFとは思えない面白さ。ただやはりSF的にはストーリーにやや粗削り感はあるかなと思うけど、一種の寓話的なスタイルだとお思えばこれはこれで面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
ボンヤリノスキー
自分の娘がもし死んだら。そんなことを考えるたびに哀しみがこみあげてきて、なんて苦しいんだろうと思いながら読んだ。ストーリーは手の込んだストーリーだがその中で、一貫しているのはそうした人の悲しみや、何気ない関係性の温かみなどであったと思う。読ませる小説だが、伝わってくるものは比較的シンプル。いろんな伏線が回収されていくし、かなり緻密に練りこんだ小説のイメージ。
が「ナイス!」と言っています。
ボンヤリノスキー
いやー、めちゃくちゃ面白かった。SF的な視点の裏に人間存在論が見え隠れし、その生態の一部が人の苦しみの一つでもある的なスピリチュアルというか宗教的な神秘ささえ感じさせる作品だった。連作物とは知らずこの本から手を出してしまったが、第一作から読み直さなくては!なんかこう論理的に理路整然と、しかしどこかにロマンを感じさせ、人間とはなんぞや?という根源的な問にまで発展させるSF。素敵だなぁ。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

つぶやきはありません

読んだ本46elkイメージ

1月11

2月7

3月9

4月5

5月7

6月6

7月1