読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

mincharos
読んだ本
40
読んだページ
4782ページ
感想・レビュー
40
ナイス
4120ナイス

10月に読んだ本
40

10月のお気に入り登録
11

  • のの
  • つきかげ
  • ざれこ
  • 読書メーター運営事務局
  • hiro*
  • JUN PRESS
  • やっさん
  • みっこ
  • アコ
  • papako
  • モルク

10月のお気に入られ登録
10

  • のの
  • えちぜんや よーた
  • ざれこ
  • つきかげ
  • JUN PRESS
  • やっさん
  • アコ
  • みっこ
  • papako
  • モルク

10月のトップ感想・レビュー!

mincharos
ネタバレ切なくて奇妙な物語。薫子が娘を想うあまりにどんどん狂っていく様子が恐ろしかった。実の母親や、夫の部下の星野を自分の片腕として使い、夫の金もどんどん使って。外から見れば、二度と起きない娘を機械を使って体や表情を動かし、毎日洋服を着せ替えて髪型も変え散歩に連れ出して、、、周りから見れば奇妙な家に映るのも仕方ない。長い年月がかかったけど、現実の世界に戻れてよかった。あんな生活を続ければ続けるだけ、生きてて成長するイクトがものすごく可哀想。この夫婦はこの後どうなるのだろう。
が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

mincharos

9月は時短をやめてフルタイム&客先勤務になったので、心身ともになんだかバタバタでした。でも昼休みが長くなったので、読書時間も増えた!TOP3は「砕け散るところを見せてあげる」「活版印刷三日月堂 海からの手紙」「トオリヌケキンシ」読書の秋ですね~。2017年9月の読書メーター 読んだ本の数:38冊 読んだページ数:3887ページ ナイス数:2775ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/679117/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
40

mincharos
初森沢作品!なんで今まで読まなかったのか不思議なほど、私が好きな感じの作風だった。重松清みたいにあったかいな~って思ったら、帯を重松さんが書いてた。最初の奥さんを亡くした陶芸家が焼いたカップが最後まで大事にされてたり、泥棒が研いでくれた包丁を次の章で魚をさばくのに使っていたり、各章を進むごとに作品の中の時間も進んでいって、最後の章は悦子さんもだいぶお年を召していらしてて、、、悦子さんの「弱さ」も知れてよかった。とてもあったかくて「ふつう」の物語。心が洗われて元気になる。森沢作品、今後大事に読んでいこう。
しんたろー
2017/11/01 21:44

mincharosさん、仲間が増えて嬉しいです(^-^)v『海を抱いたビー玉』や『夏美のホタル』もオススメですよ♪

ゆきみ
2017/11/01 22:21

うんうん♪かなりオススメですね~!というか、全部♡(笑)

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
娘は立て開きの絵本に違和感ありまくりだったようで、途中何度も「こうやって!」って横にして読んで欲しがった。最近息子は数をいくつまで数えられるか?に日々挑戦しているようで(お昼寝の時間にお昼寝しないで、ひたすら数を数えているらしい。。。)、この100かいだてというのも、10×10で100みたいな概念が少し分かってきている様子。「そら」が予約でいっぱいだったので、その前にこっちから。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
からかさおばけとちょうちんおばけとのっぺらぼう!やはりのっぺらぼうが一番怖い様子。息子「結局ほんとのおばけだったのかなぁ?」だって。今回はどこにもワープしなくて、なんだか拍子抜けしたようでしたが、おばけ好き(でも怖い)な子供たちは何度も「読んでー!」と持ってきます。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
出てくる服全てにショップ名が書いてあって、しかもプチプラ店ばかりで参考になったー!GUのパーカー、いいんだ!でも絶対人とかぶるな~って思って買えない。笑 柄モノのAラインスカート&とろみトップスを買いたくなった!でもとろみトップス、冬には向かないよな、、、冬のファッションはアウター第一にどうしてもなってしまうし、アウターこそプチプラじゃ買えないからさ、アウターだけいいもの着て、中はどうでもよくなりがち。手首足首出すのがおしゃれに必須なんだろうけど、冬は冷えちゃうから無理ー!冬のおしゃれの本が読みたいな。
ふぅー
2017/10/30 17:59

同じ著者の「暖かいのにおしゃれになれる」が参考になります。三首出さなくてもおしゃれに見える方法が載っていますよ。

mincharos
2017/10/31 10:43

ふぅーさん。ナイスな情報ありがとうございます!早速チェックしてみます♪

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
あんまり頭に入ってこなかった・・・読みながら気付いたけど、私「睡眠」に関しては今全く悩んでないや!笑 まだ子供が寝かしつけが必要なので、毎晩一緒に早くに寝ちゃって、早朝に起きる毎日。毎日7時間はしっかり寝れてるかな!この本ではないけど、二度寝は無意味だ(むしろ余計にだるくなる)ってのを知ってから、一度目のアラームでしゃきっと起きる習慣がついた。お酒がいい睡眠にとってはよくないと分かりつつも、飲んじゃうんだよねーー。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
来年小学校へ行く息子へ。男の子の強さと弱さがよかったなー。不安だけどがんばらなきゃ!って、自分に言って欲しい言葉をクマのぬいぐるみに言い聞かせてるんだね。息子は上野動物園で1歳のお誕生日に買ったゾウのぬいぐるみをずっと大事にしてたけど、最近はなんでもにーにの真似をしたがる娘に取られちゃってる。この週末に「もうすぐ小学校準備セミナー」なんかを聞きに行っちゃったりして、親の私の方が来年に向けて既にドキドキだよーー
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
息子気に入っちゃって、図書館に返しに行ったら、すぐさまもう一度借りてた。どの部屋に住みたい~?って話で盛り上がる。こんな個性豊かな、バリエーションに富んだマンションだったら、毎日がワクワクだろうなぁ~。お花屋さん、お菓子屋さん、洋服仕立て屋さん、、、生活して行くのにも便利そう!とにかく表紙からワクワクに溢れていて、眺めていても楽しい夢のある一冊でした。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
6歳になった息子に読もうと借りたら、娘が選んでた。笑 読みながら泣きそうになったよ。大変だったな~イヤイヤ期!と思い出しながら。娘はイヤイヤ期まっさかりだけど、2人目の余裕か?女の子だからか?そんなに大変に感じない。「きみは6さい。かぞくのたからもの」息子がまだ小さくて言葉を話し始めた頃、私が「○○はママのたからもの」ってよく言ってたら、その台詞を気に入った息子が人前でも嬉しそうにずっと言ってたことを思い出した。最近言ってないな。言ってみよ。
ゆきみ
2017/10/27 13:08

ホント宝物ですよね♡私もよく「宝物」って言ってます。いつもいつも叱ってばかりでも、「宝物」と言われると小2の息子でもまだ喜んでいます。

mincharos
2017/10/27 14:36

ゆきみさん。3人も子供いると、それぞれに愛を伝えるの大変じゃないですか?「たからもの」って伝えることができる、心の余裕を大事にしたいですねー!

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
西村さんの絵って大好きー!どの動物も可愛い。息子はこの絵本、保育園で読んでるらしく、ブタさん登場のシーンでネタバレしてくれた。ライオンの火の輪くぐりでは、あつそう・・・こわいーとビビってる娘。まだ下の子を妊娠中に、大きいお腹でサーカス連れてったんだけど、途中でこわーーいって泣き出して外に出たなーと思い出した。今なら楽しんでくれそう!!
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
引き込まれて一気読み!関係ないけど、最近娘がコップのお茶を飲み干した後、ドヤ顔で「一気飲み!」って言うのが面白い。かなり私好みな小説だったなー。人間の(特に女の)嫌な部分がこれでもか!って出てきて、かなり読みやすかった。笑 恋愛の駆け引きとかね、昔を思い出して懐かしいし。結局最初から最後までインタビュアーの各人へのインタビューだけで語られるんだけど、最後の方「もうページ数少ないけど、大丈夫?ちゃんと終わるの?」って思いながら最後まで読んで、へぇー!!と爽快な気持ちで本を閉じたのでした。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
願い事を叶えてくれるものが「魚の骨」ってところが面白い。絵がステキだったなー!細部まで細かく描かれていて、ページを隅々まで見てるだけで楽しかった。動物たちがみんなステキな洋服を着ていて、この世界に紛れ込みたくなる。シルバニアファミリーみたい。しっかりもので優しい長女の猫。私も長女だったから、彼女にすごく共感できた。いつも妹たちを優先してあげてるから、たまには自分がほんとに欲しいもの(ドレス)が欲しかったんだね~
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
うちの子供たちに大ヒット!見た目は怖い幼稚園バスの運転手おおやまさん(ゴルゴみたい)が、実はお花も子供も大好きで、心は優しい人だってのを子供たち自身で発見するところがすごい!節分の鬼役もやってたおおやまさん。年長の息子は、数年前まで先生が扮した鬼だの獅子舞だのを本気で怖がってたのに、最近は「大丈夫。足が出てるから人間だよ」と小さい子に教えてあげたりしてるらしい。そう言えば、娘は息子のことを「にーに」と呼んでるんだけど、娘の同じクラスの子たちもうちの息子のことを「にーに」と呼んでると、昨日初めて知ったよ。
ゆきみ
2017/10/27 19:16

今も、きょうだい3人してドラえもんみてテレビに釘付けです。

mincharos
2017/10/27 19:45

うちはまだ妖怪ウォッチー。帰るのが遅いので、録画を順番に見てまーす。子供がTV見てる時に読メする母親たち。笑

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ネタバレ切なくて奇妙な物語。薫子が娘を想うあまりにどんどん狂っていく様子が恐ろしかった。実の母親や、夫の部下の星野を自分の片腕として使い、夫の金もどんどん使って。外から見れば、二度と起きない娘を機械を使って体や表情を動かし、毎日洋服を着せ替えて髪型も変え散歩に連れ出して、、、周りから見れば奇妙な家に映るのも仕方ない。長い年月がかかったけど、現実の世界に戻れてよかった。あんな生活を続ければ続けるだけ、生きてて成長するイクトがものすごく可哀想。この夫婦はこの後どうなるのだろう。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
かぶとむしとクワガタがどっちが強い!?ってプロレスをする!私は格闘技を見ないので、実況の読み方?があんまり分からなかったんだけど、なんとなく臨場感を出して読んてみたら楽しかった。笑 うちの子たちは今はまだ虫嫌いだけど、小学生にもなれば大好きになるのかな?私は田舎育ちなので、みみずを千切ったりして遊んでたのに。笑 これまた寝かしつけには適してませんでした。でも男の子なら誰でも大好きになりそうな絵本!
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
「おいしそうなしろくま」の続編。今回のテーマはおやつ!相変わらず可愛くて美味しくて癒された!甘い物大好きな子供たちなので、今回もどれ食べたい?これー!これもー!ぜんぶー!!って盛り上がる。相変わらず寝かしつけに向かない絵本だわ。笑 私は甘い物は最近あんまり得意ではなくなってきたので、食事編の方が好き。でも相変わらずシュールで幸せそうなしろくまの表情に癒されましたー。久しぶりに「白くま」(アイス)が食べたいな。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ストーリーも二転三転して面白かった!うちの子たちはお魚大好き!「今夜何食べたい?」って聞くと「おさかな!」と言うくらい。だけど、そう言えばこういう「一匹丸ごと焼き魚」ってのを食べさせてないかも~?と。骨も取ってあげてるし。最後あっさりと焼き魚が大好きになったのは、ちょっとうまくいきすぎ?って思ったけど、上手な食べ方が分かったせいかな?確かに内臓部分は子供は苦手だよね~。「呪い」という言葉と、表紙の迫力ある大きい魚の絵で怖がるかな~?と思いきや、二人とも気に入ってくれた様子。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ほとんど育児本は読まないんだけど、評価がすごくよかったので読んでみたら、とても勉強になった!上の子が6歳になったばかりで、成長したなーという面は大いにあるんだけど、怒りっぽいことに悩んでた。その対処法がずばり!書いてあった。子供のしつけをするのに、愛情だけでは足りなくてスキルを身に付ける必要がある。大人目線ではなく子供の気持ちに寄り添って、気持ちを理解するような声掛けをすること。子供の負の感情を認めてあげる。注意する時は決して人格を否定するようなことは言わず、簡潔に事実だけを言う。読み込みたいので買おう!
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
やっぱりいいねー、いしいひろしさん。今回はカピバラが主人公!カプバラ好きー!癒される~。おサルさんのお話会をみんなで聞くカピバラさんたち可愛い~。「白くて赤くて黄色で、一人で食べるよりみんなで分け合って食べるともっと幸せになっちゃう、ゆめのようなたべもの」が食べたいカピバラさん。途中ワニとジャガー(怖い!)を連れて、「ゆめのようなたべもの」探しの旅に出かけます。無事に食べられて「うほ!」のページが一番好き。かがくいさんのがまんのケーキに通ずるところがあるねー
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ちょっと季節外れで読んでしまった。恥ずかしかったり素直になれなかったり、、でもふとしたきっかけで気持ちがほぐれて前に進むことが出来る、、、そんな子供の心の変化をとてもよく表した絵本。みみこちゃんのもんちくんへのまっすぐな愛情が可愛らしかったなー。素直で自分の気持ちをはっきり言えるみみこちゃん。恥ずかしがりやのもんちくん。息子はどっちに共感したかな。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
「片づけ」に続いて読んだ。どちらも軽く読めるんだけど、生きていく上で大事なことが沢山書かれていて、すごくよかった!私は今でこそ「もう少し太れ」と言われるくらいだけど、学生時代はダイエットに勤しんでたなぁ。なぜかダイエットを意識すればするほど痩せないんだよねー。「痩せたい」=「(潜在意識)食べたい」だからかも。私ももう少し子供が大きくなったら、家族に家事を分散させたりして、自分の時間を増やしたい。そして子供に料理を教えよう!ごはん炊いて豚汁くらいは作れるように。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ずっと前に「もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう」読んだなー。ひでくんがおばあちゃんにアイスクリームを届けようと、おばあちゃんのマンションのエレベーターに乗ったらば!びっくり仰天な色々なものが乗ってきたり、ひでくんを別世界に連れてってしまったり。ガイコツとお墓のページでは子供たち怖がってました。最後のオチは、、ひでくんハワイに行きたいだなんて、なんだか大人みたいー!って思ったよ。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
小林正観「そわかの法則」をずっと前に読んで以来、人生における掃除&片付けの大切さは充分に分かっているつもりだし、整理整頓や掃除が大好きな私。なので大庭十萬里さんの顧客たちの成長っぷり&人生が開けてくる様子を気持ちよく応援して読みました。単なる片付け指導ではなく、片付けが苦手な彼らの考え方の元となっているところまでを暴いて、彼らの周りの人たちまで巻き込んで改善していく様子はほんとにあっぱれ!コーチング的でもあり、十萬里さんに出会えた彼らは幸せだな!と思えた。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
可愛い絵本だったー!娘かなりお気に入り。色んな色の温泉に入ると、それぞれの色んな動物たちが温泉の色に染まってしまう。パパは「パンダの黒い部分だけが赤くなるっておかしいだろー!」って茶々を入れてましたが。カラスがピンクになるのがよかったなー。楽譜読めないので、メロディで歌ってあげられなかったのが残念、、。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
つい言っちゃう「あとでねー」「ちょっと待っててねー」。自分の反省の為に読みました。読み終わって息子に感想を聞いてみたら、「別にー!」だって。なんだそれ。「ママみたいー」って言われるかな?とドキドキしてたよ。子供といっぱい遊んであげたいけど、やらなきゃいけないこともある。いつも心の中で葛藤しています。長い人生の中で子供と遊べる期間なんて貴重なのにねー。明日はお休み!平日あんまり遊んであげられない分、いっぱい遊ぼうね!!
ゆきみ
2017/10/20 13:12

すごくすごくすごーく共感です!

mincharos
2017/10/20 14:47

ゆきみさん。共感嬉しいです!子育て終わった人がよく「家事なんてせずにもっと子供といっぱい遊んであげればよかった」って言うやつ、そうなんだろうなーと思いつつも、掃除もしたいし、料理もしたい!ってなっちゃいます。その結果自分の睡眠時間を削ってしまうんですけどー。私が今読んでる「子どもの話にどんな返事をしてますか?」すごく勉強になります!読み終わったらレビューするんで、ゆきみさんも未読であればぜひ!!

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
高畠さんが現代のナンセンス絵本作家だとしたら、長新太さんは一昔前のそれ?!頭がゴムで出来ているなんて、もう発想が面白い。ゴムあたまポンたろう、あちこち旅して面白そうだなー。ハラハラする展開もあったりして、でも最後はゴムの木でおやすみなさい。ゆっくり休んでねー。そしてまた明日からもゴムあたまポンたろうは跳びまくるのでしょう。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
「望み」から期間置いて読もう!と思ったけど、結局すぐに読み始めてしまった。色んな事件が絡まりあって、被害者or加害者として登場人物も絡まりあって、、最後は「え?これ誰だっけ?」となりつつも、そう来たかー!とびっくり。少年法について考えさせられるけど、一概に「少年」と言っても本人や事件の経緯も色々で、法律で一緒くたに守るべきものではないと思うなあ。いくつもの事件と何人もの加害者・被害者が出てきたので、ちょっとまだ頭がこんがらがっています。
mincharos
2017/10/16 13:15

東野さんの「さまよう刃」ではただただ主人公に寄り添って読書できたけど、こっちでは仕方のない犯罪をしてしまった加害者の気持ちまで考えさせられたりで、心が忙しかった、、、

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
「だるまだ!」の続編。読み終わって、息子は「ん?どういうこと?」って言ってたけど、うん、意味なんてないんです!笑 この世界観を楽しめばそれでいーんです!分かりやすい話でも何か教訓があるわけでもないので、繰り返して何度も読みたくなる絵本。大人向けなのかもなー?やっぱり絵が独特でいい!
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
またシゲタサヤカを読んだー!これがデビュー作だったんだね。キャベツの方が好みではあったけど、これも面白く読みました。息子もすっかりシゲタさん独特の絵を覚えていて、「キャベツの絵本の人だー!」って嬉しそうに選んできたよ。設定がそもそも面白いし、まな板がどんどん大きくなってくるのも、コックさんが一人だけじゃなくみんな、まな板にこっそり料理をあげていたってところも面白かった。まな板の食べる音が「ムシャリ!」ってとこも好き。シゲタさん、食べることが大好きなのかな?食べる関連の話が多い気が。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
またまたわんぱくだんシリーズ。もうすっかり秋なのでこれをチョイス!昨日よこはまズーラシアに行ってきたんだけど、子供たちはどんぐり拾いも楽しんでいて、寝る前の絵本はこれを選んでいました。わんぱくだんの3人は、身体が小さくなってどんぐりたちのお祭りに!木もお喋りする!そんなファンタジーな世界も楽しいけど、最後はどんぐりの命の繋がりの話にもなって、、、シリーズものでこんだけ数が出てると、どの季節やイベントにも合わせた絵本選びができるからいいね!
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
来年小学校に上がる息子に。具体的に一日の流れを想像できたかな。つい先日保育園で、小学校に体験給食に出かけたばっかりだったので、そうそう!こんな感じだったよ!と言っておりました。働く母としては、「下校後に学童に行かねばならない(遊びたいお友達と遊ぶ約束ができない)こと」を不満に思うようにならないかなあというのが一番の不安。でも今のところ「小学校って楽しそう!」と思ってくれている様子。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
クレイジージャーニーで出てきた高野さん。独身時代にフルマラソンを何度か走ったこともあって、このタイトルに惹かれて読んだ。練習不足で灼熱&足場の悪いサハラ砂漠のフルマラソンなんて、無謀過ぎるー!!でも現地の人たちの応援や給水所でパワーが蘇る感じ、すごくよく分かって楽しかった大会を走った時を思い出した。またいつか走りたいなー。(注:練習はしっかりした状態でね)他の章もどれも面白く、特におじさんにやられそうになる話、めっちゃ面白かった。男同士の世界、、興味深いなーー。笑
橘 由芽
2017/10/12 15:36

mincharosさん、ナイスを有難うございました。高野さんは本当にナイスガイですね!

mincharos
2017/10/12 20:30

橘 由芽さん。高野さんの奥さん、どんな人なんだろうなー?と気になりました!奥さんだったら、色々大変そう、、、

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
これまた娘に借りた絵本。大きいいちごと小さいいちごたち。大きいいちごはいつも一人で暮らしていて、小さいいちごたちは沢山の小さいいちごたちみんなで暮らしている。ある時小さいいちごの中の一人?がいなくなって、大きいいちごがその子を見つけてくれた。それからは大きいいちごと小さいいちごたちはみんなでかくれんぼをして遊びましたよ。単純なストーリーだからこそ、娘も気に入って自分でも何度も読んでおりました。可愛い女子とイチゴって合うよねー!
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
「ホイッスル」の続編。弁護士芳川と事務員涼子のその後が気になって読みました。相変わらず暖かく優しい物語。ハッピーエンドで安心した。とんかつ屋の大将のアドバイスが素敵だったなー。あんな告白、されたい。笑 私がSEやってるので、労災認定の章はとてもリアルに想像出来て、心が痛くなった。私はゆるーいSEで、死にたいなんて思ったこともないけれど。シングルで子供を育ててきて、子供が独立するまであと少し!というところな涼子なので、これから第二の人生を芳川さんと楽しんでいって欲しいなー。
mincharos
2017/10/14 10:41

そうですよー!ぜひ読んでみて下さい!そちらは、脇役で芳川さんと涼子さんの事務所が登場します。

papako
2017/10/14 11:18

わ、さっそく買わなきゃ!

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
おお、初レビュー!ちょっと文章多めだったけど、飽きることなく聞いてくれて、寝かしつけに読めました。愉快な5人組のベイビーサーカス団。主人公のベイビー王子は問題にぶつかると、仲間と一緒に試行錯誤して問題解決に取り組みます!イルカに頼まれて、どんな病気も治るという幻のフルーツを探しに来た5人は、恐ろしい海賊を愉快なフルーツダンスで笑わせます!しかめっつらばかりしてると笑い方を忘れちゃうよー!すごく楽しい絵本でした◎
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ガーリーな絵本。息子「げーー!こんなの読むわけないじゃん!」、娘「おひめさま読むー!!」と。男女の子供を育てていると、二人の好みを同時に叶えるのが難しい場面も多々出てきます。女子としての自我が芽生えるまでは、兄のお下がりの洋服やグッズ、喜んで着てたのに、最近はもうだめ。ガーリーなものがあんまり得意ではない私は、ボーイッシュな女子に育てたかったのにな。絵本だけでもガーリーな世界を楽しんで欲しくて借りてみたよ。話はそれるけど、自分のことを「あたし」っていう女の子に憧れてる私です。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
子供が行方不明になって帰ってこなくて、殺されてるのか殺した側か分からない。母親は加害者であることを望み、父親と妹は被害者であることを望む。加害者であっても生きていて欲しいという母親の気持ちも分かるし、自分の息子は人殺しなんかするわけがない!と信じる父親の気持ちも分かって辛かった。今はまだママママと甘えてくる子供たちだけど、こうやって子供が親に自分のことを何も話さなくなった時、どうやって子供のことを信じたらいいんだろう。辛くなったので、薬丸さんの「天使のナイフ」を読むのはちょっとお預け。
mincharos
2017/10/06 20:34

おぉ、それは是非読まねば!!レビュー見てるだけで、私も好きな作家さんになる予感しかないです•̀.̫•́✧

しんたろー
2017/10/06 22:03

ゆきみさん、ナイス・アシストです(^_^ゞ

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
竹内真さん、昔「カレーライフ」を読んだきりの本作。主人公の詩織は旦那さんが失踪しちゃって離婚したばかりの女性。ちょっと特殊な能力を持ってるんだけど、その能力がこの物語のキーになってるわけでもなく。本好きならば読んで絶対に心地よさを感じるはず。思い出の本だったり、本好きになったきっかけの本だったり、みんなそれぞれあるはずだから、私もそういうのを誰かと共有できるブックトークをやってみたくなった。元旦那さんからの再婚の申込をはっきり断った詩織がかっこよかったなー。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
かもめたくはいびんは大忙し。あまりの人手不足で、店長が長く働いてくれるかもめを募集していると、鋭い目で厳しい顔をした一枚の写真に目が留まる。このかもめならしっかり働いてくれそう!と雇うことに。しかしやってきたのは怖い顔したペンギンだった!ペンギンは飛べないけれど、泳げる!泳いで配達するペンギンに子供たち、「中の荷物が濡れないのかなあ?」と心配してました。ペンギンとかもめ店長のそれぞれの衝撃!のページも面白かったし、怖い顔して真面目に働くペンギンのキャラがとにかくよかった!
まめけん
2017/10/06 12:06

表紙の猫の表情、目付き。うさんくさそー(笑)。手に取ってみたくなりました。

mincharos
2017/10/06 12:59

まめけんさん。表紙の猫と犬、作中には出てこないんですよね。なんなんだろ。さくっと読んでみてくださーーい。

が「ナイス!」と言っています。
mincharos
私も名前(読みではなくて漢字)が男の子っぽくて、小学生の頃名前のせいで男の子に間違われた経験があるので、少し共感しました。今ではすっかり自分の名前が好きになったところも一緒!今話題の?キラキラネームだとか色々あるから、ちょっと変わった名前をつけられた子供が読むと、なにかしら感じるものがあるんじゃないかな。うちの子たちは自分たちの名前について、どう思ってるんだろう?なんて、親目線でも考えさせられた作品でした。
が「ナイス!」と言っています。
mincharos
ある日ソフィーとお母さんがお茶しようとしていると、大きなトラが「ご一緒してもいいですか」と入ってきます。「もちろんいいですよ」とお母さん。そして家中の食料を食べ尽くして、帰って行きます。お母さんが「どうしましょう、お父さんの夕飯を作れないわ」と困っていると、そこに帰ってきたお父さんが「ではこうしよう。コートを着てレストランに行こう」と。トラは見かけとは違って、とても丁寧で紳士な物腰だし、出てくるみーんなが優しくて、いい気持ちになれた絵本でした。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/05/19(554日経過)
記録初日
2005/05/20(4571日経過)
読んだ本
1254冊(1日平均0.27冊)
読んだページ
359917ページ(1日平均78ページ)
感想・レビュー
315件(投稿率25.1%)
本棚
134棚
性別
血液型
A型
職業
IT関係
現住所
東京都
自己紹介

*★*―――――*★*―――――*★*

はじめまして、mincharosです。
トップ画はスカイツリーの水族館で撮ったチンアナゴ。
(ドット柄が素敵だった~)

読書は大好きで、小さい頃からずーーっと本と共に生きてきました。
「悩んだら本屋に行こう!」が私のモットー?です。
出かける時、携帯を忘れても「ま、いっか」で済むのですが、
本を忘れると途方に暮れてしまいます。

今は通勤時間と昼休みにしか読めてないので、
平日に1日1時間程度しか読書時間がなく、
かなり物足りなさを感じています。
子供がいるので、子供と一緒に読む絵本も楽しみ。

★読書以外に好きなモノ、コト
掃除、料理、ファッション、早起き、お酒、日記をつけること(Excel)

★好きな作家さん(敬称略)
東野圭吾、恩田陸、角田光代、重松清、辻村深月、江國香織、湊かなえ、吉本ばなな、梨木香歩、奥田英朗、伊坂幸太郎、桐野夏生、橋本紡、西加奈子、天童荒太、吉田修一、宮部みゆき、有川浩、三浦しをん、瀬尾まいこ、五十嵐貴久、森絵都、貫井徳郎、桂望実、川上弘美、加納朋子、吉田篤弘、他

★最近好きになった作家さん(敬称略)
柚月裕子、宮下奈都、薬丸岳、彩瀬まる、誉田哲也、芦沢央、藤岡陽子、等

お気に入り登録、ナイス、メッセージ、大歓迎です♪
読書メーターでどんどん読書の幅を広げていきたいと思っています。
みなさんのお勧め教えて下さい!
よろしくお願いします!

*★*―――――*★*―――――*★*

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう