読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年4月の読書メーターまとめ

K
読んだ本
9
読んだページ
2185ページ
感想・レビュー
9
ナイス
44ナイス

2022年4月に読んだ本
9

2022年4月にナイスが最も多かった感想・レビュー

K
52ヘルツのクジラの声を聴きながら眠った夜がきっとある。
が「ナイス!」と言っています。

2022年4月にナイスが最も多かったつぶやき

K

2022年3月の読書メーター 読んだ本の数:5冊 読んだページ数:1181ページ ナイス数:22ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/682717/summary/monthly/2022/3

が「ナイス!」と言っています。

2022年4月の感想・レビュー一覧
9

K
本当に怖いのは誰でも「神原家」になりうるってことだと思った。
が「ナイス!」と言っています。
K
リアルタイムで知りたかったワクチン、関連サイトと有意義な情報が得られた。 健康を維持する為には少なくとも7時間睡眠が必要。1.5時間周期は嘘。日本の妊婦は痩せ過ぎ。低出生体重児増加。出生体重が少ないと、成績・学歴・収入・健康状態がよくない。サプリメントは基本的に無意味。日本は他国と比べるとワクチンに対してかなり慎重。
が「ナイス!」と言っています。
K
52ヘルツのクジラの声を聴きながら眠った夜がきっとある。
が「ナイス!」と言っています。
K
52ヘルツのクジラの声を聴きながら眠った夜がきっとある。
が「ナイス!」と言っています。
K
見聞きしたことある内容だけど、サクッとポイントを抑えるにはちょうどいい。大人の勉強は経験記憶。不快なストレスは脳の機能を低下させ、記憶力や学習能力も落とす。休憩時間は何もしない。40分やって、5〜10分休憩。体を動かすと記憶力も上がる。水分が不足すると能力が落ちる。忘れるスピードに個人差はほぼない。復習するのに最適なタイミングがある。同じテキストを繰り返し使う。問題を解いたり話したりする方が忘れにくい。間違えることで、思い出しやすくなる。読み応えのあるテキストを選ぶ。空腹、歩く、寒さ。スモールステップ。
が「ナイス!」と言っています。
K
第二章子どものことばを育てられる親 育てられない親は、母親ばかりが責められている気がして読むのが辛かった。そのため、興味がある箇所だけの流し読み。子どもから言葉の意味を聞かれることが増え、辞書を探しをしていたこともあって、辞書選びは参考になった。おすすめブックリストも!
が「ナイス!」と言っています。
K
第二章子どものことばを育てられる親 育てられない親は、母親ばかりが責められている気がして読むのが辛かった。そのため、興味がある箇所だけの流し読み。子どもから言葉の意味を聞かれることが増え、辞書を探しをしていたこともあって、辞書選びは参考になった。おすすめブックリストも!
が「ナイス!」と言っています。
K
格差をつくる、困窮する人を放置するということは、巡りにめぐって富める人が狙われる社会を生み出すことになる。 自己責任論は一理あるが、本人の努力ではどうにもならない境遇で生きる人たちが置かれる状況を理解できていない。一方的に相手を批判するだけでは根本的な解決にならない。 ・格差の構造と、そこから起きる問題を認識する。 ・問題を根本的に解決するために取り組むべきことを明らかにする ・自分がどの部分にかかわり、何ができるか見極める
が「ナイス!」と言っています。
K
軸を持って関わる 関わりを切らない ・子どもを常に◯◯するのが自分の役割だ ・子どもに◯◯な人と思われたい。◯◯な人とは思われたくない。 ・私が憧れるお父さん像、あるいはお母さん像は◯◯で、それは彼・彼女がいつも◯◯しているからである。 ・私の、親としての軸はまた◯◯である。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/06/04(2180日経過)
記録初日
2016/06/01(2183日経過)
読んだ本
868冊(1日平均0.40冊)
読んだページ
237434ページ(1日平均108ページ)
感想・レビュー
569件(投稿率65.6%)
本棚
27棚
性別
職業
主婦
URL/ブログ
http://girl-book.hatenablog.com
自己紹介

1年で本を100冊読むことを目標にしてます。
2018年達成出来ました。
今度は1年で本を200冊読むことを目標にします。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう