読書メーターあなたの読書量を記録・管理

読書グラフ

もっと見る

最近の感想・レビュー

データの取得中にエラーが発生しました

最近の感想・レビューはありません

新着
参加予定
検討中
さんが
ネタバレ

読んだ本
242

読みたい本
92

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/10/04(2104日経過)
記録初日
2016/12/03(2044日経過)
読んだ本
242冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
79792ページ(1日平均39ページ)
感想・レビュー
242件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
性別
現住所
大阪府
URL/ブログ
https://www.rensado.com/2020/05/introduction.html
自己紹介

本を読んで、面白かった本をまとめている時間が、最も落ち着きます。分野は主に、社会科学、自然科学、エッセイ等。

投稿は毎週1冊、その集に読んだ本の中から一番面白かった本1冊だけ投稿してます。厳選ではないですが、手当たり次第でもないといったところです。

【2020年1月から】
本好きが高じて、とうとう、新書限定の読書会を主催しはじめました。

第1、2回のテーマは「情報論」
第1回で発表された本は、
 『太平洋戦争日本語諜報戦』(武田珂代子、ちくま新書)
 『未来をつくる図書館』(菅谷明子、岩波新書)
 『流言のメディア史』(佐藤卓己、岩波新書)
 『脳が壊れた』(鈴木大介、新潮新書)
 『アリストテレス入門』(山口義久、ちくま新書)
第2回の課題本は、第1回で「最も読みたくなった本」を獲得した、
 『未来をつくる図書館 ニューヨークからの報告』

第3、4回のテーマは「労働観」
第3回で発表された本は、
 『勤勉は美徳か?』(大内伸哉、光文社新書)
 『隠された奴隷制』(植村邦彦、集英社新書)
 『なぜ、残業はなくならないのか』(常見陽平、祥伝社新書)
 『空気の検閲 大日本帝国の表現規制』(辻田真佐憲、光文社新書)
 『新しい労働社会 雇用システムの再構築へ』(濱口桂一郎、岩波新書)
第4回の課題本は、第3回で「最も読みたくなった本」を獲得した、
 『勤勉は美徳か? 幸福に働き、生きるヒント』

第5、6回のテーマは「医療」
第7、8回のテーマは「人文」
第9、10回のテーマは「進化」
第11、12回のテーマは「現代アメリカ」
第13、14回のテーマは「宇宙」
第15、16回のテーマは「キリスト教」

参加人数は現在毎回8名程度。読書会の雰囲気は、和やかでざっくばらんです。

新書好きの方、お気軽にご参加ください。
次のURLからどうぞ。
https://bookmeter.com/events/7562

次回は2021年8月9日(月祝)午前10時00分から、大阪市北区での開催です。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう