読書メーターあなたの読書量を記録・管理

麻野なぎ2018年の読書メーターまとめ

麻野なぎ
読んだ本
32
読んだページ
8491ページ
感想・レビュー
20
ナイス
73ナイス
月間平均冊数
2.7
月間平均ページ数
708ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

麻野なぎ
お話としては面白く読めます。 ただ、ミステリーなのか、啓蒙書なのか、ちょっと中途半端な印象は受けました。 【追記】お話の仕掛けとして面白いのは、「彼女」はスマホ落としてないし、セキュリティ意識もそこそこしっかりしていたというところ。 今や、セキュリティ意識が雑な人のとばっちりで、(ある程度セキュリティ意識を持っていても)被害に会いかねない時代でもあります。
が「ナイス!」と言っています。
麻野なぎ
実は、読んだのは以前。 突然、この本の人たちは、世界の終わりの中で、投げやりになることなく、自分の生き方を生きたのだと思い当たる。 人生の中で、何度でも読みたくなる名作。
が「ナイス!」と言っています。
麻野なぎ
物語としてみると、作中の情報が少なすぎる。しかし、「侍女」の告白というスタイルを考えれば、むしろ、これだけの情報しか知り得ないとい、リアリティを持った内容とも言える。 だから、描写される具体的な事柄の不安を越えて、情報の少なさ、それによる居心地に野悪さ。言い換えれば、何をしたらアウトなのかわからない世界の怖さが、(個々の描写を越えて)独語の不安につながっているのかもしれない。
が「ナイス!」と言っています。
麻野なぎ
実は何度か読みました。 今から、約20年前の作品で、改めて読むと、表現に幼さも垣間見えます。 が、ラストで悠久を感じさせる、良質のお話だと思います。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

麻野なぎ

2018年2月の読書メーター 読んだ本の数:2冊 読んだページ数:470ページ ナイス数:1ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/721160/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本32elkイメージ

1月6

2月2

3月3

4月5

5月4

7月5

9月1

11月5

12月1