読書メーターあなたの読書量を記録・管理

4月の読書メーターまとめ

綾
読んだ本
13
読んだページ
5143ページ
感想・レビュー
13
ナイス
788ナイス

4月に読んだ本
13

4月のお気に入り登録
6

  • mew♪
  • Nori
  • hana🌼
  • 紗綾
  • kiki
  • けんさん

4月のお気に入られ登録
6

  • mew♪
  • Nori
  • hana🌼
  • 紗綾
  • kiki
  • けんさん

4月のトップ感想・レビュー!

綾
読みやすい方の伊坂幸太郎さん。珍しく全体が恋愛モードになっている連作短編集で、登場人物の繋がり&重なりが存分に味わえる。最後の「ナハトムジーク」では、そこも繋がってたんかい!って驚く場面もあった。すごく楽しい作品だったけど、ここまで周りが繋がってるとなると下手に喋れないかもなぁ。とは言え、田舎ではあるあるなんですがね。
が「ナイス!」と言っています。

4月のトップつぶやき!

綾

3月もナイスやコメントありがとうございました。伊坂幸太郎祭りをしたいのに、本屋さんで買っちゃった本を優先した3月でした。今月もよろしくです。 2021年3月の読書メーター 読んだ本の数:16冊 読んだページ数:7241ページ ナイス数:885ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/728268/summary/monthly

綾
2021/04/01 19:30

かりんとさん、いつもありがとうございます。今月もよろしく~。

が「ナイス!」と言っています。

4月の感想・レビュー一覧
13

綾
前作から9年?雪子の子供が大きくなってる~。1作目のはちゃめちゃ具合は薄れてきている感じもあるけど、やっぱり面白い。陽気なギャング4人組のやってることがバレそうになったり。悪徳記者……イラつく。かっこいい成瀬と、なんとなく親近感がわく久遠(笑)これで終わりと言わず、また続きを読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。
綾
ネタバレ7つの短編集。自分的には『if』『一人では無理がある』が好きだなぁ。他の作品も面白いし、7編目の『後ろの声がうるさい』に至っては集大成じゃないのー!と嬉しくなってきた。最後に入ってた伊坂幸太郎さんのインタビューを読むと、え?そんな感じで書いてたんですかっ?と思うようなところも多々あったり、他の作品についても触れられていたので興味深く読んだ。伊坂作品の変遷についての話が特に良かったし『マリアビートル』のところで笑った。
が「ナイス!」と言っています。
綾
最初のうちは登場人物の多さに混乱していた。魔女狩りのような、密告されたら拷問か死刑かというめちゃくちゃなシステムのある日本。「平和警察」が全く平和じゃないところが恐ろしかった。登場人物が少しずつ繋がっていくと、俄然読む気が出てくる作品(伊坂作品ではいつもこの感想になってしまう)「正義の味方」は勝つのか、魔女狩りに合うのか、ハラハラさせてくれる。途中で出てくる鷗外くんの名字が出てきた時には爆笑するかと思った。すごい発想だよなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
綾
この作品が平成26年に書かれているということにびっくりする。作中では「村上病」という感染症があり、ワクチンの話やらマスクの性能の話もちょこっと出てきたり。2年前とかでなく、今読んで良かったなぁと思う作品だった。新装版には、書き下ろし短編もあるし共著の阿部和重さんとの特別対談もあるしで、ボリューム満点だった。本編ももちろん面白かったしハラハラしたけど、特典がすごいなぁと。
が「ナイス!」と言っています。
綾
『ロングレンジ』『アイネクライネ』の2編が収録された電子書籍。『ロングレンジ』は書き下ろし、『アイネクライネ』は『アイネクライネナハトムジーク』の1編目に収録されているもの。ロングレンジのために電子書籍を購入したけど、買って良かったなぁ。番外編的な話で、父・母・姉・ひきこもりの弟という4人だけで進んでいく。姉の心の武士も面白かったし、父の謎の行動やら母の秘密みたいなものやら、最後まで読むと納得できる。アイネクライネは何回読んでも面白い。織田一真のキャラがいい。
が「ナイス!」と言っています。
綾
読みやすい方の伊坂幸太郎さん。珍しく全体が恋愛モードになっている連作短編集で、登場人物の繋がり&重なりが存分に味わえる。最後の「ナハトムジーク」では、そこも繋がってたんかい!って驚く場面もあった。すごく楽しい作品だったけど、ここまで周りが繋がってるとなると下手に喋れないかもなぁ。とは言え、田舎ではあるあるなんですがね。
が「ナイス!」と言っています。
綾
首折り男って、例のあの人?って思ってたら違っていた。短編のようだけど、少しずつ繋がっている人も出てきたりで、連作短編集?と思いつつ読み進めるとそうでもない。いろんなパターンの話があって面白かった。黒澤さんが登場する話はやっぱり楽しいんだよなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
綾
『死神の精度』は連作短編集だったが、こちらは長編。千葉さんの出てくる長編ということで期待値は高かった。読了するまでに時間がかかったせいもあるのか、もうちょっと短くても良かったかなぁと思わなくもない。サイコパス・本城にはイラつきっぱなしで『マリアビートル』の王子を思い出してしまった。千葉の会話で笑えるシーンも多々あるし「浮力」についてのセリフは納得できるしで会話に助けられながら読んだ。
たか
2021/04/25 09:09

このシリーズは、やっぱり短編でこそ、良さが発揮できるのかな。なんだか間延びしてしまった感じを受けましたね😊

綾
2021/04/25 15:01

前作のイメージが強すぎたのかなぁと思ってましたが、たかさんの感想と似ていて笑ってしまった。やっぱり長すぎましたよね、これ。(話はいいんだけど…)

が「ナイス!」と言っています。
綾
視点は「僕」。と書くと人物のようだけど、望月家の車・緑のデミオ視点というちょっと変わった作品だった。事件の謎を解明していく話が軸になっている。が、車同士の会話や、自転車とは会話にならないとか(でも挨拶はしてるらしい)想像すると面白い。自分の車は「うちのご主人は全然洗ってくれないんだよねー」とか言ってそうw 望月家の次男・亨は小学生ながら「人生何回目?」のような言動だらけなのに、急に子供らしい所も出てきたりですごく好き。あと、ちょいちょい他の作品の人が登場してきたりするのも嬉しいんだよねぇ。
が「ナイス!」と言っています。
綾
何回読むんだ!と自分でも思うけど3回目。映画の「映像初解禁!」を見てしまい、キャストも調べて頭の中で動かしてみた。何回読んでも「四 家族の死」から後がたまらなく辛くて、結末がわかっているのにいろんな感情が喧嘩するくらい溢れてくる。怒り、もどかしさ、悔しさの方が大きいかなぁ。貧困をテーマにした社会派ミステリ、未読の方は是非!これはKindleだけど。早く文庫化されないかな。
が「ナイス!」と言っています。
綾
ネタバレ読みやすい方の伊坂さん作品だった。表題作はアンソロジー『Re-born はじまりの一歩』で既読で、その他は初読。2章目からは少しだけ登場人物がかぶっていたり、過去の話もあったり。ラストに向けて、そこ伏線だったのか!って所が判明すると戻って確認したくなる。当たり屋だとかあくどい仕事をしている人たちの話なのに、なんでこんなに面白くて愛らしいんだろう。第四章の「小さな兵隊」は過去の話でかわいかったなぁ。携帯電話の事を「電話持ち歩いてどうすんだって話だ」ってある男が話すところあたり、笑えた。
が「ナイス!」と言っています。
綾
最初はガリバー旅行記かな?って感じの始まりで、面白くなりそうだと思ったところに猫が話しかけてくる。なにこれ面白い!でも話の内容は戦争だったりしてちょっと重い。途中でちょっと飽きたなぁと思ってしまったけど、最後まで読むとやっぱり面白かった。『オーデュボンの祈り』っぽい感じ。もう1回読んだらもっと理解できるかなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
綾
最近読んだ本の中ではページ数が少ないのに、なかなか読み進められなかった。難しい。時間軸や年齢がよくわからなくなったりして読み直したり。部分部分では面白いんだけどなぁ。解説を読んでもまだわからない。文芸誌『群像』に掲載されていたということで、純文学系の話にしたのか。エンタメ以外は読み慣れていないので、苦戦した。メモしながら再読しようかとも思ったけど、ネタバレ解説を読んでもよくわからないので、これはこれで終わりということで。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2016/12/16(1613日経過)
記録初日
2016/12/16(1613日経過)
読んだ本
627冊(1日平均0.39冊)
読んだページ
210903ページ(1日平均130ページ)
感想・レビュー
520件(投稿率82.9%)
本棚
13棚
性別
年齢
49歳
血液型
A型
現住所
愛媛県
自己紹介

読書メーターに登録してから、読みたい本がどんどん増えて、図書館も利用するようになりました。
……と書いていましたが、文庫派になったため図書館に行かなくなりました。
読みたい本、図書館にあるんですけどねー。
重くて(←物理)
最近は新刊本を買うこともあるけど、古本を買うことも多いです。
今はとにかく乱読してます。


アウトプット下手なので、感想を書いてもピントがズレてたりすると思いますが、生暖かく見守ってください。

好き。
石持浅海さん
田井ノエルさん
中山七里さん
天祢涼さん
松岡圭祐さん
その他たくさん。


・『新潮文庫の100冊2020を読破しよう!』というイベントに参加中。
2020年9月23日 100冊(既読本含む)
全部読み終わりました。

・『新潮文庫の100冊2019を読破しよう!』
2020年6月6日 100冊(上下巻のものもあるので実は110冊)
全部読み終わりました。


共読の感想に、突然ナイス!押したりしちゃってますが、お返しとかはお気遣いなく。
勝手に押してごめんなさいねー。

お気に入りは挨拶なしでもどうぞ。
よろしくお願いします。

2020年9月24日

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう