読書メーターあなたの読書量を記録・管理

6月の読書メーターまとめ

nk
読んだ本
5
読んだページ
1657ページ
感想・レビュー
5
ナイス
128ナイス

6月に読んだ本
5

6月のトップ感想・レビュー!

nk
初の桜木作品。釧路を舞台とした多くの作品があり、別名義で詩人としても活動されているんですね。本作は決して明るい作風ではなく、6人の女性から語られる葛藤や嘆き、気付きや決断など、それらの蛇行する様が描かれている。/詩的表現のアクセントが良い。また、解説で書店員さんが言うように、鋭く強い一文が幾度となく出てくる/静かで(良い意味で)冷たく読了し、心に残るのは、微かな温もりと不思議さ。また何か新しい雰囲気を得れた気がする、そんな読書でした。ぜひ他作も手に取ってとみたい。
nk
2018/06/17 23:37

個人的には「弥生」の篇がいちばん良かった。

が「ナイス!」と言っています。

6月のトップつぶやき!

nk

どんなのを読みたいかアンテナ。先月は良い感じに機能したと思う。2018年5月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1565ページ ナイス数:138ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/743009/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

6月の感想・レビュー一覧
5

nk
2つ目の三羽作品。前作を凌ぐ面白さでした。読み終えて漂うのは、少しの寂しさと人々の温かみ。雑居ビルの各階で働く各人を主人公とする連作短篇。どの篇も濃厚であるがゆえ、別篇の主人公が登場する場面では、彼らの言動の背景が読み手の心に浮かび上がってくる。終盤の篇あたりなんかは、オールスター戦を観ているような贅沢感。笑える要素の散在もGood!!/どの階の仕事も、実は個人的にゆかりのあるものばかりで、頷きまくり。一方で、人生観や仕事観の描写には、唸らせられまくりでした!
が「ナイス!」と言っています。
nk
昭和の西東京、父と娘を中心に描かれる家族。時間を遡る構成が、登場人物の成長を逆に浮き立たせている。また、ホンワカしたその後を知った上で、それ以前の色々を読み進めるということの、何というか、温かみみたいな。そして、そんな登場人物をユーモアたっぷりに描く。わりと余裕ある家庭および優秀な子、てなトコに相性が分かれるかもですが、初の山本作品、とても面白かった。図書館本ですが手元に置き再読したい、そんな1冊に出会いました。
が「ナイス!」と言っています。
nk
初の桜木作品。釧路を舞台とした多くの作品があり、別名義で詩人としても活動されているんですね。本作は決して明るい作風ではなく、6人の女性から語られる葛藤や嘆き、気付きや決断など、それらの蛇行する様が描かれている。/詩的表現のアクセントが良い。また、解説で書店員さんが言うように、鋭く強い一文が幾度となく出てくる/静かで(良い意味で)冷たく読了し、心に残るのは、微かな温もりと不思議さ。また何か新しい雰囲気を得れた気がする、そんな読書でした。ぜひ他作も手に取ってとみたい。
nk
2018/06/17 23:37

個人的には「弥生」の篇がいちばん良かった。

が「ナイス!」と言っています。
nk
初著者作品。ここのところ成長物語ばかり手に取っていました。そんな時期なんですね、自分。本作は、何となくアニメ的な読み心地。少々突飛過ぎる流れと、ゴツっとした文体。語り手が入れ換わることで、1人の成長というか設定ありき感が否めなく、この手の物語には新緑のよな力強さを勝手に求めてしまう自分としては、若干酸欠気味でした。主人公達と同年代の読者なら、外的な刺激を欲するときならば、違った読了感なのでしょうか。ただ、卒業式の企てには個人的な思い出もあり、最後の場面は良かったかな。
が「ナイス!」と言っています。
nk
小学生から高校卒業までを振り返る主人公(岸本紀子)のシンプルな成長物語でありながら、中学生の母の手紙と絡めた流れとオチ、高校生の恋に振り回される心情とその恋の始まりかた、また不意に著者の思いが名曲の歌詞のように一気に綴られる部分、そしてトドメは高校卒業から現在に至る経緯など、とても面白かった。いやー、好きですね森絵都作品。シンプルな表現のなかに秀逸な言葉を選ぶ、そんな筆力は圧巻。娘の今後の成長を思い描きながら、読了。つには何を手に取ろうか、とても楽しみです。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/02/05(532日経過)
記録初日
2016/10/01(659日経過)
読んだ本
81冊(1日平均0.12冊)
読んだページ
25799ページ(1日平均39ページ)
感想・レビュー
72件(投稿率88.9%)
本棚
0棚
性別
職業
専門職
現住所
大阪府
自己紹介

読本記録に読メを開始。今読みたいモノ、が軸。皆さんのレビュー、いつも参考にさせて頂いてます。私の登録などは御自由に。

色んな作品に巡り逢い、感化され、過ごせたら。

※17.10/8更新

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう