読書メーターあなたの読書量を記録・管理

10月の読書メーターまとめ

nk
読んだ本
5
読んだページ
1415ページ
感想・レビュー
5
ナイス
179ナイス

10月に読んだ本
5

10月のお気に入り登録
6

  • エドワード
  • Imax
  • そちゃ
  • のん
  • ©うめい
  • こすも

10月のお気に入られ登録
1

  • ©うめい

10月のトップ感想・レビュー!

nk
村田氏の根源的な代表的な、そして竜巻の核のような本作。ようやく読みました。他作と同様、読むことを放棄したい気持ちと、先を知らずにはいられない気持ちが入り乱れながらページを捲りました。読了感の良し悪しはタイミングと相性だと思ってるのですが、本作はそんな基準では語れないのでは。「大きい」という言葉が心に残っています。“深い”でも“広い”でもなく、限りのない超越した感覚。海外での反響も含め、本作の存在は強く根をはると思う。感想でなく印象しか、今は書けませぬ。いずれ再読したらば、感想はその時まで‥‥
が「ナイス!」と言っています。

10月のトップつぶやき!

nk

9月も良い読書ができた。自分の選定を自賛したい。と言いつつも半数程は皆さんのレビューからなのですね。活字に感化されて過ごす日々。特に今回はサンキュータツオさんとの出会いが良かった。2018年9月の読書メーター 読んだ本の数:6冊 読んだページ数:1965ページ ナイス数:208ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/743009/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

10月の感想・レビュー一覧
5

nk
初の小山田作品。芥川賞の他作「穴」が入手できず、本作を手に取った。1篇目の表題が、状況描写の嵐と捉えきれない構成のため、いっこうに読み進まらず、途中で2篇目に移行。再び1篇目に戻るも、苦しみは変わらずのなか読了。これって段落順序をパズルのように読みはめるのか?とさえ思ってしまう。そして3篇目は気分が良くなく、遂には全篇読了を放棄してしまいました。果たして「穴」のほうは、どんな読み心地なのか、という疑問を待ちました。そんなこんなで未読了ながら読了100冊目を登録‥。
みも
2018/10/31 21:18

nkさん、僕は本作は読んでいないのですが、『穴』は読みました。正直言って、僕にはさっぱり分かりませんでした。「穴」は何かの暗喩なのでしょうが、そこを汲み取れないとモヤモヤ感だけが残ります。

nk
2018/11/01 08:48

みもさん、そうなんですね「穴」。 このままだとモヤモヤ感を頂戴しそうです。  しばらく間をおいてみます。 ありがとございますー

が「ナイス!」と言っています。
nk
何でもやれる、でも迷う。歳をとればあの頃を「もっとあんな事しといたら」と思う。ハタチの学生は、まさにそんなんだ。迷いの中でも見つけるモノは必ず以後の生き方に繋がる。『よろこびの歌』からの本作。とっても良かった。彼女達の成長を目にし、生きる力や友絆の素晴らしさを強烈に頂戴しました。背筋がピンと伸びるような、心が潤うような、すごく清々しい読了感。活字を追い、表紙イラストを見るだけでこの感動。小説って、宮下奈都って、好きです。
が「ナイス!」と言っています。
nk
読み進めるうち、この子も何かのきっかけで踏み上がるんだろうと。そして最後は感動的なんだろうと。でも、そんな想定の有無ではなくて、励ます気持ちと最後の舞台に自分も一緒に立つような臨場感と緊張感。それらは期待以上であり、それらを味わえるべく練られた構成と力強い筆致がある。女子高生の色んな思いを散りばめた物語。逡巡を経た急展開が、ひとりずつの視点で日をずらし綴られる連作短篇。/音を奏でステージに上がり続けた私の20代、そして10代の高校時代に想いを馳せました。偶然手に取った本作、読めてよかったです。
が「ナイス!」と言っています。
nk
村田氏の根源的な代表的な、そして竜巻の核のような本作。ようやく読みました。他作と同様、読むことを放棄したい気持ちと、先を知らずにはいられない気持ちが入り乱れながらページを捲りました。読了感の良し悪しはタイミングと相性だと思ってるのですが、本作はそんな基準では語れないのでは。「大きい」という言葉が心に残っています。“深い”でも“広い”でもなく、限りのない超越した感覚。海外での反響も含め、本作の存在は強く根をはると思う。感想でなく印象しか、今は書けませぬ。いずれ再読したらば、感想はその時まで‥‥
が「ナイス!」と言っています。
nk
華々しい経歴から転落、足掻きながらも夢想と努力を重ね、精神的に浮上していく主人公。本著者は回想の記述が印象的。そして本作はそれが深く、ある意味豊かで、内容に反して何度も笑ってしまった。/実は自分も、元位置は高くはないけれど転落のような経験がある。その底辺的な場の空気感に、少し懐かしみを覚えました。/人生は偶然でできていると何度も記される本作を読み終え、その偶然を、人生の岐路を、どう捉えて生きてくべきか。それを生きる醍醐味として感じられるか否かが大切だと思った。中年読者へ向けた、とても優しい小説でした。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/02/05(651日経過)
記録初日
2016/10/01(778日経過)
読んだ本
101冊(1日平均0.13冊)
読んだページ
32400ページ(1日平均41ページ)
感想・レビュー
92件(投稿率91.1%)
本棚
0棚
性別
職業
専門職
現住所
大阪府
自己紹介

読本記録に読メを開始。今読みたいモノ、が軸。皆さんのレビュー、いつも参考にさせて頂いてます。私の登録などは御自由に。

色んな作品に巡り逢い、感化され、過ごせたら。

※17.10/8更新

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう