読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

megyumi
読んだ本
7
読んだページ
1658ページ
感想・レビュー
5
ナイス
13ナイス

7月に読んだ本
7

7月のトップ感想・レビュー!

megyumi
羽原健太郎と九連内朱巳。炎の魔女の元同級生/相棒である二人が、そうと知らずお互いの顔も見ないまま頭脳戦を繰り広げる。粗筋から想起されるイメージを裏切らない出来。
megyumi
2017/07/07 21:13

レインのフォルテッシモ評が辛辣すぎて吹く。そして彼女の中ではリセットも同列らしい

megyumi
2017/07/07 21:13

長期シリーズでは、読者の脳内補完が進んで、あれ? この二人って面識なかったっけ? ってなることはお約束だけど、上遠野サーガは特にそれが顕著よな。最早誰と誰が知り合いやら。ハバケンと朱巳の、凪を通した距離を思うとお互いの顔も知らないとは思わなかった

が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
5

megyumi
自他共に認める外れ者、無頼の著者だけど、本書に関しては、おおかたの日本人が旧約読んだらこういう感想になるのでは、といった内容で、逆に言えばとっつきやすくはある
megyumi
京から国司として下った先で、元カノ現人妻だったり地方領主の使用人だったりする人に権力に物言わせてお酌させたり夜伽させたりという展開に、色男とは……ってなってる
megyumi
2017/07/13 23:06

平安時代の高貴な女性は人前に滅多に顔を見せなかったと言うけど、男が影から覗くのは半ば公認されてたわけで、覗かれた上に侍女の手を借りず自分でしゃもじ使ってから幻滅されたとかたまったもんじゃないな。「源氏」でも不用意に外に出て覗かれたお前が悪いみたいな話あったっけ

megyumi
2017/07/13 23:06

「なめし」は現代語の「なめてる」と同じ語源で、そのままでも通用しなくもなさそうだけど「無礼だ」と翻訳してるのがいとおかし

が「ナイス!」と言っています。
megyumi
閨をともにした女たちばかり、正体が露見するかもと恐れてるのが面白い
megyumi
羽原健太郎と九連内朱巳。炎の魔女の元同級生/相棒である二人が、そうと知らずお互いの顔も見ないまま頭脳戦を繰り広げる。粗筋から想起されるイメージを裏切らない出来。
megyumi
2017/07/07 21:13

レインのフォルテッシモ評が辛辣すぎて吹く。そして彼女の中ではリセットも同列らしい

megyumi
2017/07/07 21:13

長期シリーズでは、読者の脳内補完が進んで、あれ? この二人って面識なかったっけ? ってなることはお約束だけど、上遠野サーガは特にそれが顕著よな。最早誰と誰が知り合いやら。ハバケンと朱巳の、凪を通した距離を思うとお互いの顔も知らないとは思わなかった

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/09/12(2535日経過)
記録初日
2014/01/01(1328日経過)
読んだ本
413冊(1日平均0.31冊)
読んだページ
113511ページ(1日平均85ページ)
感想・レビュー
248件(投稿率60.0%)
本棚
1棚
現住所
東京都
外部サイト
自己紹介

ラノベ中心、だったはず。好きな作家は秋田禎信、石川博品、野村美月など。使い方を試行錯誤中。適当に登録したりしなかったり。
Twitterが現在の活動拠点。 http://twitter.com/megyumi