読書メーターあなたの読書量を記録・管理

らくだ2018年の読書メーターまとめ

らくだ
読んだ本
76
読んだページ
13345ページ
感想・レビュー
76
ナイス
684ナイス
月間平均冊数
6.3
月間平均ページ数
1112ページ

読書メーターまとめ

トップ感想・レビュー

らくだ
何度も涙ぐんでしまった。アミルとカルルクの年の差カップルはホントにいいねえ。アミルが姉さん姉さんしないところがとてもいい。最後のあの人を送り届けてくれた男性もすごくいい人で、ちょっとしか出てないのにじーんと来た。しかしアミルのいとこジョルクはとても好み。三白眼なのに愛嬌があるなんて素晴らしい。力強く淡々と生きている19世紀中央アジアの人たちに、本当に惹きつけられる。
えのころ
2018/02/19 21:21

私もジョルクはお気に入りです。良い雰囲気持ってますよね( ・∇・)

らくだ
2018/02/19 22:15

えのころさん いいですよね(^^)気の抜けた感じがよい。

が「ナイス!」と言っています。
らくだ
ネタバレ面白かった。ライオスなりに、空気読めなくてみんなからバカにされたりしてそれが嫌な思い出だったりするのだなと夢魔で思ったり。それでも心が頑丈すぎて、狂乱の魔術師を倒せるのではと思える。シェイプシフター編とおまけマンガのマルシルのエンドレスの夢上映が笑えてよかった。
が「ナイス!」と言っています。
らくだ
中国人作家のSF多めの短編集。最後の「文字占い師」のラストのせいで、変な汗が止まらないんですが。価値観の違い、あの人の価値観とわたしの価値観の違い、というものを豪速球で投げつけられた気分。価値観なんて生易しいものではないな。何だろう。表題作の「紙の動物園」が中国人の母とアメリカ人との混血の息子の親子の話で泣けてくるような内容なので、そういう作品集だと勘違いしてしまったけれど、初めて読む中国人作家が表現するものは、何とも強烈で衝撃的だった。面白かったです。「もののあはれ」も楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
らくだ
何となく読み始めたらとても面白かった。紙面がごちゃっとしてるのでわかりづらい気がして途中でやめようとしたけど、読み続けたらいい作品。家族を二度も失った桐山零が、やむを得ず自らの道とした将棋に関わりながら、ずっと人間関係などで悩み続けていく話。零は暗いし笑わないけど、何だかとても共感してしまう。辛いだけの人生を歩んできた零が、幸せになれるといいなあ。他の登場人物も色々と訳ありで気になる。
が「ナイス!」と言っています。

トップつぶやき

らくだ

さっき注文してた「ぼのぼの」文庫セットを買いに行ったら、「いつもお世話になってるから言うんですけど、今月一杯でこの店を閉めることになりました」と言われ、ショックすぎて「エーッ!」と叫んでしまった。子供のころから通っていた地域の書店…。なくなったらチェーン店以外は一店しかなくなっちゃうよ!物静かな店長さん、わたしが奥さんと話している間顔を上げなかった…。辛いのだろうな。

らくだ
2018/02/07 18:16

toridoriさん

らくだ
2018/02/07 18:18

すいません中途半端に送信しました。パン屋さんでもなくなったら寂しいですね。わたしは大きめの書店でも置いてないような本が好きなので、注文派だったのですが寂しいです。

が「ナイス!」と言っています。
らくだ

わたしの感想は思ったまんま書いているのだけど、これは中学時代に読書感想文を書かされまくったせいだと思う。美辞麗句と嘘で賞を取っても、作品自体は今でも何も記憶に残ってない(あんないい加減な作文をよいとする大人の世界は子供にとってよくないと思う)。今こうして感想を自由に書けるのはとても幸せだしますます本が好きになった。ありがとう読メ。

が「ナイス!」と言っています。
らくだ

読書メーターを見ていたら、むらむらと読みたい気分になり、「ぼのぼの」文庫11〜15巻セットを書店で注文しました。1〜10巻までは大学生のころに買って、ずっと文庫が出るのを待っていたのでした。話数多すぎだしもういいかな、と思ったこともあるけど、ぼのぼのたちがどうなったのか気になって気になって、気づいたら行きつけの書店に飛び込んでいました。単行本はもっと進んでるだろうけど、とりあえず文庫で。楽しみ。

が「ナイス!」と言っています。
らくだ

ますむらひろしの「アタゴオル」シリーズ、いがらしみきおの「ぼのぼの」、藤子・F・不二雄の「エスパー魔美」は、何度も読んでもはや自分の血肉となった最強の漫画なので、文庫本で手軽に読めるのはとてもありがたいなあと思います。それぞれ空想、哲学、倫理界隈の脳みそが鍛えられる気がする…。

らくだ
2018/02/04 22:26

「アタゴオル物語」を読んだときは、脳みその中にある半分しか開いてなかった目が、くわっと開いた気がした。ここまで想像力を自由に働かせていいの!?という驚き。

が「ナイス!」と言っています。

読んだ本76elkイメージ

1月1

2月4

3月11

4月5

5月5

6月3

7月6

8月25

9月2

10月4

11月5

12月5