読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

suzuro
読んだ本
15
読んだページ
5156ページ
感想・レビュー
15
ナイス
1625ナイス

2月に読んだ本
15

2月のお気に入り登録
1

  • 望月麻衣

2月のトップ感想・レビュー!

suzuro
ネタバレ一気読みでしたー♪今作は3章からなる連作短編でしたが、一作目からも繋がっています。今作のテーマは「本当の願い」満月珈琲店のマスターといつもの面々による星詠みによって、迷ってる人に道を照らすストーリーも健在。「前世の縁と線香花火のアイスティー」が好きです♪ペットロスの気持ちもわかるし、親と不仲な気持ちも痛いほどわかるので物凄く感情移入してしまいました。愛由ちゃん…泣ける…(´;ω;`)ブワァ ヴィーの前世力占い…自分もしてほしい…星詠みも…満月珈琲店に行きたーい!今作もとっても良かった。おすすめです♪
が「ナイス!」と言っています。

2月のトップつぶやき!

suzuro

例年思うのだが1月って正月休みとかもあって短いはずなのに一ヶ月経つのがすごく長く感じるのはなぜだろう・・・・2021年1月の読書メーター 読んだ本の数:19冊 読んだページ数:5980ページ ナイス数:2178ナイス ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/781057/summary/monthly

が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
15

suzuro
ネタバレああ…終わってしまった。ニザマ、アルデシュ、一ノ谷三国の円卓会議から、マツリカの左腕を奪った双子座との対決まで盛りだくさん。600ページ超えの分厚さですが全く気にならず読了です。これだけの世界観のファンタジー、ミツクビは落ち延びてるし、ハルカゼの活躍の場は少ないしまだまだこれからも続いて色んなお話が読みたいところです。図書館の面々の中でやっぱりイラムが出てくるとホッとします(笑)続けて「鳥の伝言」へ!面白かったです(*^^*)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレシリーズもいよいよ後編へ。一ノ谷への策略を事前に防ごうと画策する図書館の面々。ニザマからの刺客によってマツリカ、言葉の源となっていた左腕が狙われ、その呪いにより左手が封じられてしまう。そして、物語は敵国ニザマの王宮へと舞台を移していく。結構な厚さのある3巻ですがあっという間に読了です。ニザマの天帝とマツリカのやり取りが緊張感もあり面白かったです。言葉を封じられる事をキリヒトの存在により辛くも逃れられているマツリカ。いよいよ最終巻。楽しみです♪4巻へ。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレネタバレ含みます!竜泉家の一族シリーズ第2弾。前作に引き続き読者への挑戦状があるミステリーです。 タイムトラベルに続き、今作はクリーチャー物です。真っ先に思い出したのはチュパカブラでしたね。マレヒトの正体も近いものがありました。挑戦状については完敗です(ó﹏ò。)複雑怪奇な上に二段構えで解けませんでした。マレヒトが二匹の可能性は考えていたのですが… 今作のホラは観察者としての立場だけでしたので本編には全く登場しませんでしたが、2作に引き続いて竜泉家シリーズは続いて欲しいです。面白かった(*^^*)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ実話怪談系の連作短編5編。 お気に入りは「よびにくるもの」と「予告画」かな。 「よびにくるもの」はこれが一番おどろおどろしい感じで良かったです。「予告画」は最後の落ちが後味悪くて好きですね。 実話系なので、怪異の理由も結果も謎のままであるが「逢魔宿り」までが一連の流れとなっており、三津田さん自身が引き寄せた怪異譚なのかな。 どれもそれほどは怖くないですし、短編なのでさらっと読めて、気軽に楽しめました♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレタイトル通り、新卒でタクシー運転手となった夏子のお仕事小説です。 自分はタクシーを使う事が全然無いので、それは新鮮でした。ストーリーとしてはほんとに新人ドライバーの夏子の日常を追っているだけなのでやや平坦な感じ。その分会話も多くさくさく読めますね。大変な仕事なんだろうと言うことはわかりますしストレスが溜まりそうなお仕事ですね(^_^;) 夏子の人間関係も含めて、なんかドラマとかで映像化されそうな感じでした。 姫野さんのキャラが良い味してて好きです(笑)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレいやー面白かったです…。前巻から井戸の探検行にマツリカとキリヒトの絆が深まっていくのに心温まり、姫様がお忍びで城下町を楽しむようだなぁとのんびり構えていましたが、策謀渦巻く一ノ谷とニザマの陰謀。そしてわかっていくキリヒトの本当の姿にあっという間に読み終わりましたよ(^_^;)やっぱりファンタジーは剣ありきと思っていたけれどそうはならない所が良いです。ミツクビの邂逅の裏にそんなに色々な思惑が蠢いていたとは…。マツリカ含む図書館の面々も魅力的ですし、第三巻へ!
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレシリーズ第5弾。吉川さんの警察シリーズの中で、新東京水上警察はアクション物と位置づけられているのね(^_^;) コロナが蔓延しオリンピックが延期になりそれに伴って五港署も存続することとなった水上警察。今作は碇の長女瑞希の物語です。重い傷を負ってしまった瑞希と、突然離婚することとなってしまった礼子。碇と礼子の経緯が気になって事件の印象が薄まっちゃったよ(^_^;)色々な性的被害の描写に胸糞が悪くなります。シリーズ通してのスピード感は圧巻です。ラストまで一気読みでした。元サヤに収まりとりあえず一安心。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ久々のファンタジー。最初は当然と言うかその世界の説明やら国、人の名前が浸透するまではなかなかに慣れないが、中盤以降はすらすらと。「高い塔」と呼ばれる図書館の魔女マツリカと山育ちで鋭敏な身体能力を持つキリヒトのお話。声の無いマツリカが司る言葉と言う世界観に翻弄されるも、通して面白かった(*^^*)4巻あるオープニングでこれからどうなっていくのか楽しみです。ファンタジーというと剣や魔法がメインになりがちですが、今の所その気配が無いのが新鮮でした。井戸の続きも気になるし早く次が読みたいなぁ♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ最初のおじいさんと桜茶のお話どっかで読んだなぁ…と思いながら読みすすめてました。「猫ミス」に載ってた短編だったんですね…忘れてた(^_^;) それの続きの連作短編。神さまの推理力が凄すぎる(笑)小学五年生ってうちの3女と同い年なのに、大人顔負けです。小学校を舞台にした謎解きミステリーなので、どこかしら子供向けな所もあるけれど川上さんのお話以降は水谷くんの実行力に驚かされます。すげぇなこの子… 想像してたのとはちょい違いましたが面白かったです(*^^*) 今度は完全新作読みたいなぁ。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ一気読みでしたー♪今作は3章からなる連作短編でしたが、一作目からも繋がっています。今作のテーマは「本当の願い」満月珈琲店のマスターといつもの面々による星詠みによって、迷ってる人に道を照らすストーリーも健在。「前世の縁と線香花火のアイスティー」が好きです♪ペットロスの気持ちもわかるし、親と不仲な気持ちも痛いほどわかるので物凄く感情移入してしまいました。愛由ちゃん…泣ける…(´;ω;`)ブワァ ヴィーの前世力占い…自分もしてほしい…星詠みも…満月珈琲店に行きたーい!今作もとっても良かった。おすすめです♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレたまたま図書館で見つけて手に取った本書。大門さん二作目です。 イケメンの姉、寧々とちょっとずれているけど推理力が抜群な妹の小雪。二人の弁護士コンビが日常のほっこりするような謎を解いていく6話からなる連作短編ミステリーでした。お気に入りは「レジ待ちオリンピック」かな。お題については見当がついてしまったけれどその情景を浮かぶと笑えた(笑) どのお話も力を抜いて読めるし、小雪のキャラもなんか良い感じだった。とても抜けているのに洞察力と推理力がすごい!シリーズ化はされてなくこれ一冊だけかな? 楽しめました♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレあやかしホテルももう9巻目。長いなぁ。一冊が短いのであっという間に読み終わるというのもあるけれど(^_^;)今回は4編+番外編2編の構成でした。全巻より今作の方が面白かったです。妖怪が絡む話なのでやっぱりちょっと切ない感じのお話が好きです♪従業員達の日常のお話も面白いんですけどね。伏線もいくつかありましたし今後どうなっていくのやら。永遠子の謎と見初の力の変化と続編が楽しみです。しかしまた新キャラ増えちゃったし、冬緒との三角関係になっていきそう…そっち系の話よりは妖怪の話がいいんだけどなぁ(笑)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレオーパーツという特殊な至宝を題材にしたミステリーということで楽しみにしていたのだけれど…ちょっといまいちだったかなぁ(^_^;)オーパーツじゃなくても全然いいし、トリックとしてもそこまでこった仕掛けはなくてちょっと平坦だった。少女アサシンとかでてきちまってどーしましょうって感じだったし。オーパーツの特徴というか特性が全く生かされていないような。 恐竜の話の薀蓄は面白かったです(笑)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ学校を舞台にした5つのアンソロジー。似鳥さんと相沢さん目当てでしたが、どれも面白かったです(*^^*)お気に入りは梓崎さんの「スプリング・ハズ・カム」甘酸っぱくて切ない感じが良かったです♪自分は同窓会というものに一切出たことがないので(笑)そんな感じなのかなぁと思いながら読み進めました。梓崎さんの他の本も読んでみたくなりました(*^^*)相沢さんは「マツリカ」シリーズかなぁと思ってましたが別シリーズのお話でした(笑)「サンドリヨン」も読んでみようっと♪ 面白かったです(^-^)v
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ辛口です。 渡辺さん二冊目。 ううーん…正直ここまで長く書く内容だったのかな?(^_^;)帯に釣られて期待してたのだけれど… 高校生の凛と麻友。姉の凛の性格がクソ悪く、その姉を嫌う麻友の話。 結局は麻友が姉の存在を見限って、独り立ちする迄のお話であんまりストーリーに起伏もなくだらだらと…な感じ。 もっとサスペンス的なお話を期待していただけに拍子抜けでした(^_^;)
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/07/19(1325日経過)
記録初日
2017/07/17(1327日経過)
読んだ本
835冊(1日平均0.63冊)
読んだページ
274018ページ(1日平均206ページ)
感想・レビュー
656件(投稿率78.6%)
本棚
4棚
性別
血液型
A型
現住所
神奈川県
自己紹介

小説のみ 読み始めるととまらないので週末に一気読みするタイプ
読書量と置き場所・財力が釣り合っていないので、ほぼ図書館で借りてきます。
昔読んだシリーズ物は一巻のみの登録です。

ダーコーヴァ年代記がベストオブベスト 復刊して欲しい。
ミステリとホラーが好物ですが、なんでも読みます。

気に入った読書家さんは無言お気に入りしちゃいます。ご了承頂けると嬉しいです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう