読書メーターあなたの読書量を記録・管理

3月の読書メーターまとめ

suzuro
読んだ本
15
読んだページ
5095ページ
感想・レビュー
15
ナイス
1479ナイス

3月に読んだ本
15

3月のお気に入り登録
2

  • もぐ
  • hide

3月のお気に入られ登録
3

  • mi.
  • もぐ
  • hide

3月のトップ感想・レビュー!

suzuro
ネタバレ青山さん5冊目。これもすきだなぁ…。色んなものを探している5人の連作短編です。それぞれの章で登場人物の重なりもあってそこも楽しいです♪青山さんの着眼点て凄いなぁ。こんなにも優しい気持ちになれるお話が書けるのに素直に脱帽です。今回の表紙は登場人物では無くてさゆりさんがくれる付録だったんですね(*^^*)5話ある中でどれも好きなのですが、最後の定年退職が身近に感じられて一番ズシンと来ました。自分も会社勤めですが定年後はちょっと想像できないなぁ。一体何をしているんだろう…ささくれた心にとても優しく響きました♪
が「ナイス!」と言っています。

3月のトップつぶやき!

suzuro

綺麗な🌈が、くっきりでてましたー♪

綺麗な🌈が、くっきりでてましたー♪
suzuro
2021/03/13 19:38

キンモクセイさん。こちらも昼間は🌩付きの雨でしたね。そんな天気だったので自分は家にこもってました(^_^;)明日はこちらは天気良くて暑くなるみたいです。

suzuro
2021/03/13 19:39

miraiさん、今日の虹はくっきりでかくて得した気分でしたよー♪

が「ナイス!」と言っています。

3月の感想・レビュー一覧
15

suzuro
ネタバレ何度目の再読だろう(笑) 時々無性にアリクイさん欲が湧いてきます。 テーマが離別なのでちょっと物悲しくもありますが、そのはアリクイさん達のお話なのでやっぱり癒やされます。 ムロさんが加わった新たな印房の話の続きが早く読みたいなぁ。 フォカッチャの方からも麦さんがいい味出してますし、出来ればその後の話が読んでみたいです。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ岬洋介シリーズ第5弾。洋介が高校生の頃のお話です。 久しぶりだったせいか前までの内容が朧げだったのですが前日談だったのでそこまで違和感なく入り込めました。 洋介の突発性難聴が発覚した経緯もわかりましたし、あの岬洋介が出来上がっていく過程がわかります。 結構なページ数でしたが、読み始めたら一気に読み切ってしまいました。 おまけとして「コンチェルト」で岬検事と洋介のお話も面白かったです(*^^*)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ八係シリーズ第2弾。このシリーズでの宿敵、椿教官との対決が進んでいきます。今作は麻希さん側の敗北かな。 達也と麻希との馴れ初めが晒されています。秘匿捜査官時代の話も出てきて懐かしく思いましたね。また最初から読み直したくなった(笑)読み終えた後に表紙の江ノ島のショットを見ると泣けてきますね。麻希さんの人生はホントに波乱に富んでます。椿教官VS原麻希この決着はいつになるのか…この先の展開も楽しみです。腹黒麻希さんにも期待しています。復讐の鬼と化した麻希さんは怖そうですが…面白かったです(*^^*)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ初読みの作家さん。面白かったです(*^^*)主人公の瞬は自分でも気づかない超能力者。その能力は「無効化」。超能力がテーマのSFですが瞬のその能力の故に超能力を使うシーンはほぼないです(笑)出だしからしてコミカルなお話なのかと思い読みすすめましたが、中身は結構なハードボイルド使用です。登場する能力者達の能力も面白いし、それを使ったストーリーも良かったです。面白くて一気読みしてしまいました。終わり方からして続編がでそうな感じですし楽しみにしてます♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ木皿さんのほっこり連作短編集。 とある家族とその関係者それぞれの視点で日常を描いている。お気に入りは「夕子」と「一樹」朝ドラにでもなりそうなちょっと昔の人達の日常が懐かしいです。テツコとギフの関係や、その人達を取り巻くちょっとしたエピソードが微笑ましい。テツコと一樹のなれそめがいい感じです。そのまま夫婦として続いていたらきっとずっと良い関係で居られただろうな。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ初読みの作家さん。「後宮の烏」の作家さんとは知らなんだ(^_^;)図書館でたまたま気になって借りてみた本書。 不思議な庭を持つ三日月邸の主。光一が主人公。その庭で不思議な少女咲と出会う。探偵の設定だが、探偵要素はほぼない(笑) 咲に頼まれてちょっとした謎を解くところから始まり、庭の城と咲の正体までのお話でしたが面白かったです。 登場人物は数人で謎はほんの軽いものでミステリーと呼べる感じではないが、庭と咲の謎が最大のミステリーでした。 結構なボリュームでしたが一気読みです。(*^^*)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ初読みの作家さん。病院の警備員でアルバイトをしている主人公。 その病院でであった人達の体験を綴った10編からなる短編集。 いや、予想に反して結構怖くて面白かったです。 河童や狸など妖怪系の面白いやつもありましたが、ホラー仕立ての話は結構怖くて良いです。ラストの落ちは予想通り。 お気に入りは「安心毛布」と「隙間」怪異に出会ったが故に…の結末。 後書きみると続編も執筆されているようなので楽しみにしてます(*^^*) 夜一人で薄暗い部屋で読むのに良かったです♪ 面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ表題の通りの七編からなる短編集。 「永遠の恋敵」と「二十五時の箱」が面白かったです(*^^*) どれも女性の執念深さとか怖さを綴っていてそら恐ろしい…読者のミスリードを狙った作品が多かったですね。ミステリーとしては短編集なのでそこまで複雑ではないですが、軽く読むにはさらっと読めて良かったです。 まぁ夫の立場で読むのはなかなかにイヤなもんですが…(笑)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ月村さん二作目。凄い、どの登場人物も好きになれない(笑)中学教師である主人公。勤める中学校で読書コンクールに推薦された作品が盗作であるとSNSに投稿された所から事態は転がり始める。中学を舞台にし、登場人物も少なめなのにそこで起こる一連の事態がホントに胡散臭くて疲弊します(笑)いじめやスクールカーストを扱った作品では無いのでそういった闇は無いですが、人の醜さはちょいちょい顔を覗かせます。 中学生ならではの感受性と無謀さ一途さが突っ走った結果ですね。救いのない感じも好きな作品でした(*^^*)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ青山さん5冊目。これもすきだなぁ…。色んなものを探している5人の連作短編です。それぞれの章で登場人物の重なりもあってそこも楽しいです♪青山さんの着眼点て凄いなぁ。こんなにも優しい気持ちになれるお話が書けるのに素直に脱帽です。今回の表紙は登場人物では無くてさゆりさんがくれる付録だったんですね(*^^*)5話ある中でどれも好きなのですが、最後の定年退職が身近に感じられて一番ズシンと来ました。自分も会社勤めですが定年後はちょっと想像できないなぁ。一体何をしているんだろう…ささくれた心にとても優しく響きました♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ忌み地二作目。コロナ禍における中取材もしにくい様子がわかりますね(^_^;)前置きにもありますが今作は上記の理由から土地に纏わるものだけでなく単なる怪異譚も収録されてます。やっぱり写真付きの土地の話の方が盛り上がりますけど、このご時世なかなか怪異譚収集もままならない。こんな所にもコロナの影響がありコロナ憎しって所ですね。実話系の怪異譚なので経緯も落ちも全く無い不可思議なお話が多いです。有名なS霊園のお話も収録されてます。 それぞれ短いお話ですしページ数も少ないのであっという間に読了です。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレなかなか軽妙で楽しめました(*^^*) 昭和感漂う雰囲気で学生の下宿で繰り広げられるドタバタ劇。気軽な感じで読めるので息抜きに良い感じ。 突然現れたタイムマシーンにに載って一路昨日へと(笑) タイムパラドックスやらなんやら…確かに全てが起こったことをなぞる様に決められているのならばバラドックスなんて起こりようもないもんな(笑) 田村くんの正体はまぁうすうす。他に可能性がないもんね。(笑) 楽しめました♪
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレあれあれ?怖さが無くなってしまったよ(^_^;)前作は結構なホラー感があったのに今作は心霊現象というよりはESPのお話がメインになってました。それプラス呪術関係かな。 うーん…ホラー路線でいってほしいのだがなぁ(笑) ナルの正体がまたまた謎に戻ってしまった。それも続刊で解き明かされていくのかしら?? 今作読んでいて特に気になったのは、麻衣…自分の学校はどうした…(^_^;) ちょっとホラー好きとしてはパワーダウンでしたが次作に期待します。
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ最初に言わせてもらうと…三作目は?!早く続きをー!! 図書館の魔女シリーズ第2部完結です。いやー面白かったです。下巻の途中まではクヴァングヮンの港町を舞台にした冒険談で剛力や近衛兵に鼠、ヴァーシャ達の姫君奪還劇でワクワクします。下巻途中からは一ノ谷からマツリカとハルカゼに加え高い塔の随身達も参加し、前巻からのニザマのメテの話へと続く。キリヒトは登場しませんがキリヒトのライバル?になりそうな牛目も登場しこれからどうなっていくのか…あーもー早く続きー!!(笑)
が「ナイス!」と言っています。
suzuro
ネタバレ前作からの続編です。今回の舞台は一ノ谷ではなくクヴァングヮンという港町。マツリカが成し遂げた三国和睦こ影響で2つに割れたニザマ。その高級官僚の姫様と衛兵。荷運びに雇われた剛力達の物語。他国に流布する図書館の魔女噂の怖いこと(笑)前作からの登場人物は出てきません?カロイが隻腕ですし(ヴァー…おっと)なのはわかりますけれど(笑)剛力達や鼠も魅力的ですし、ユシャッバ姫のキャラも良くて、前作とは違った冒険談を楽しんでいます(*^^*)今後マツリカの登場はあるのかな?下巻へ!
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/07/19(1364日経過)
記録初日
2017/07/17(1366日経過)
読んだ本
853冊(1日平均0.62冊)
読んだページ
279777ページ(1日平均204ページ)
感想・レビュー
674件(投稿率79.0%)
本棚
4棚
性別
血液型
A型
現住所
神奈川県
自己紹介

小説のみ 読み始めるととまらないので週末に一気読みするタイプ
読書量と置き場所・財力が釣り合っていないので、ほぼ図書館で借りてきます。
昔読んだシリーズ物は一巻のみの登録です。

ダーコーヴァ年代記がベストオブベスト 復刊して欲しい。
ミステリとホラーが好物ですが、なんでも読みます。

気に入った読書家さんは無言お気に入りしちゃいます。ご了承頂けると嬉しいです。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう