読書メーターあなたの読書量を記録・管理

12月の読書メーターまとめ

chantal(シャンタール)
読んだ本
13
読んだページ
4850ページ
感想・レビュー
13
ナイス
4894ナイス

12月に読んだ本
13

12月のお気に入り登録
9

  • しいたけ
  • 音姫
  • 都わすれ
  • ブルちゃん
  • まさ
  • クプクプ
  • 秋風
  • rueshe
  • ねむねむあくび♪

12月のお気に入られ登録
10

  • しいたけ
  • デブ猫
  • 音姫
  • 都わすれ
  • ブルちゃん
  • まさ
  • クプクプ
  • 秋風
  • rueshe
  • ねむねむあくび♪

12月のトップ感想・レビュー!

chantal(シャンタール)
ワールドカップであれだけラグビーの試合を見た後なので、ゲームの場面は映像が見えるようで楽しかった!これはあのチームがモデルなのかなとか、横浜が舞台だったのであそこのことかな、とか想像しながら読めたので楽しさ二倍。本物のラグビー協会はこんなに腐ってないと信じたい😅企業スポーツもどんどん先細りしていて、これから人口の減って行く日本で、様々なスポーツをどう振興させて行くのか、ほんとに難しい時代になるのだろう。でも、スポーツ観戦の好きな私はどんなスポーツ界にも頑張ってもらいたいし、出来る限り見守りたいと思う。
カーミン
2019/12/10 09:14

池井戸潤さんは、陸上競技、ラグビーなどなど、銀行以外でもいろんなことに精通していると、改めて感動してしまうわ。

chantal(シャンタール)
2019/12/10 10:48

カーミンさん、ほんとにそう思いました!ラグビーのゲーム、分かりやすく書いてありました!やっぱり池井戸さんの作品は面白いですね!

が「ナイス!」と言っています。

12月のトップつぶやき!

chantal(シャンタール)

読友の皆様、メリークリスマス🎅🎄🎁私は特に何もない普通の一日でしかないクリスマスイブで、普通に仕事ですが、朝ごはんは洋中折衷にしてみました。「心に思う人」と言う名の、いつもより甘く、この人がついてるだけで普段より5元(約75円)高いラテを買いました。気持ちだけでも、と思って😞でもなんか、🛁に浸かってるおっさんみたいでね。見てよ、この気持ち良さげな表情。そんなわけで、今日も一日頑張りますよ!皆様からの暖かい励ましを待ってます*\(^o^)/*

読友の皆様、メリークリスマス🎅🎄🎁私は特に何もない普通の一日でしかないクリスマスイブで、普通に仕事ですが、朝ごはんは洋中折衷にしてみました。「心に思う人」と言う名の、いつもより甘く、この人がついてるだけで普段より5元(約75円)高いラテを買いました。気持ちだけでも、と思って😞でもなんか、🛁に浸かってるおっさんみたいでね。見てよ、この気持ち良さげな表情。そんなわけで、今日も一日頑張りますよ!皆様からの暖かい励ましを待ってます*\(^o^)/*
ざるこ
2019/12/25 00:43

シャンさん、メリクリ~!ケーキ添えてあげる🎂ハイ!(^o^)私もクリスマスどころじゃなく仕事忙しかったです。今日は読書やめて気分だけでも、とお気に入りの映画観てました!雪の夜に出会うラブコメ❤遅くなっちゃった💦明日もお互い頑張りましょ♪

chantal(シャンタール)
2019/12/25 00:54

ざるちゃん、クリスマスなんか関係ねェ!仲間ね!嬉しい😆 ざるちゃんもお疲れ様でした!ケーキとかチキンは食べた?明日もお仕事頑張りましょう!メリークリスマス🎄🎅🌟

が「ナイス!」と言っています。

12月の感想・レビュー一覧
13

chantal(シャンタール)
村上さんと全く同じことを思っていた。どんなに美しいと思った風景も、写真に撮ると実際に見た美しさとはどうしても違うものになってしまう。記憶の中に残っている風景こそが一番美しいのだろう。旅行先で見る風景、普段からいつも目にする風景、どちらも永遠ではない。だからこそしっかりと心に焼き付けておきたい。「人生においてもっとも素晴らしいものは、過ぎ去って、もう二度と戻ってくることのないもの」この言葉に私が村上文学の全てだと思っているものが込められている。そう、それは「喪失の美学」。去りゆく2019年を慈しみつつ読了。
が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
今回は「ゴールデンガイド篇」と銘打ち、マニアックでない見仏をしようと旅に出たお二人。まず行った先が長谷寺に文殊院と、ついこの間行って来たばかりの場所だったのでもう興奮!渡海文殊、本当に迫力あったなあ。そして「あ、その写真『アイノカテゴリー』で見たあれのことだよね!」なんてのも飛び出して、読みながらウキウキしてしまう。思わず吹き出してしまう会話に溢れ、会津では感慨に耽り、いつも楽しげな二人旅。仏像の前でお経をあげる女性を見て「仏とコミュニケーションしてるね」と囁くみうらさん。私も今日も仏様とお話しましたよ!
ひさしぶり
2019/12/30 21:54

読中に感動を共有すると「そーそー」とか合いの手入れたくなりますよね

chantal(シャンタール)
2019/12/30 21:58

ひさしぶりさん、そうなのよ!私もだいぶ見仏が進んできたので、今まで以上に共感しながら読んでました😃

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
「無無明亦無無明尽」京極さんはこの極意を悟っているとしか思えない。捨てるべき煩悩もなければ取るべき悟りもない。従って厭うべき娑婆も無ければ往くべき浄土もない。これは般若心経の小説版だ!何もかもを失い、自分はまともな感情も持てない人でなしだと気付いてしまった慎吾は、そうしたいわけでもないのに、いつの間にか問題を抱えた人たちに心酔され救う羽目に。慎吾の言う事は一々正論だが、感情を持つ人間である私には素直に受け入れる事が出来ない。苦しみたくなければ人でなしになるしかない。でも、私はそれでも人間でいたいと思った。
chantal(シャンタール)
2019/12/29 17:13

ぶちこちゃん、是非是非!ぶちこちゃんがどんな感想持つかも興味あります😃

ぶち
2019/12/29 17:27

hahaha....読んだら感想アップしますね。(^o^)

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
ネタバレ約一年かけて読んできた「赤毛のアンシリーズ」最終作は、アンの末娘、リラの話。物語の最初にさらっとマリラがすでに亡くなっていることが語られ、「ナレ死かよ!」と呆然となってしまった。これまでの楽しいお話と打って変わって、第一次世界大戦が始まり、兄や友人たちが次々と出征して行く、暗く悲しい時代のお話で、欧州での戦況に残された人々が一喜一憂する内容で、途中かなり中だるみしてしまった。「赤毛のアン」の頃と比べると電話や自動車まで登場し、ああ、随分長い時代の話を頑張って読んだなあと、感慨深く読了。
が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
蓉子の祖母が残した古い日本家屋に蓉子と共に下宿する三人の女性と人形のリカさん。草木染めや機織の研究をする彼女たちの自然に親しむ丁寧な生活。それは便利さを追求し、私たちが遥か彼方に置いて来てしまったもの。様々な思いを抱えながら理解し合い、彼女たちが家族のような絆を育む過程が胸を打つ。結界のようなものに守られて来た祖母の家もリカさんも昇華した後、彼女たちがどんな人生を歩んでいくのか、まるで唐草のように色んな想いが絡まったこの物語の続きを読みたいと思った。
が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
悪(読)友ペンくんから教えてもらった名作!体調が悪くて本が読めないのでこれを眺めて見たんだけど、ほんとに見ていて幸せになる写真集!ほんとに愛に溢れてる!みうらさんのように世の中の全てのものに愛を以って接すれば、きっとすごく幸せに楽しく生きる事が出来るんだろうと思う。一つだけ、私も実際に見た事のある場所が撮影されてて嬉しかった😆 ステキな写真集を紹介してもらいました、ありがとう!
わたお
2019/12/22 23:20

元気にお正月迎えられるように。お大事にね😊

chantal(シャンタール)
2019/12/22 23:54

わたおさん、ありがとうございます😊ほんと、もういくつ寝るとお正月、なんですね!明日に備えて、もう寝ることにします、おやすみなさい😴

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
幕末の殺伐としたの世の中、それでもそこには人々の生の営みがあり、愛があった。火影に咲く花のように、ひっそりと、しかし力強く咲く花。明日をも知れぬ志士たち、そして彼らを慕う女たち。誰もが自分の信じる新しい世の中のために必死に生き、散って行った、悲しい時代に咲いた花たちが唄う哀歌のような短編集。
ち~
2019/12/14 13:32

この作家さんの本では、「新撰組・幕末の青嵐」も読んでみたいのです。(なら読めって話やけど・笑)

chantal(シャンタール)
2019/12/14 14:57

この作家さん、幕末のお話多いみたいですね。私ももっと読んでみたいって思いました!

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
ネタバレ夫の不倫が原因で幼い娘を連れて欧州へ飛び出したアユミはコミュニティで、残された夫林太郎は日本でそれぞれ文明から一線を画したパーマカルチャーに触れる。自給自足の生活、私の究極の夢。文明のおかげで便利に生活しているがその文明が地球を蝕んでいる。溢れるモノやお金に振り回され汲々と暮らす事にもう疲れ始めている人はきっと多い。誰かと競うことも無く、緩やかに暮らす、そんな生活が出来たらどんなに幸せか。農業に回帰した家族が再生出来ますように。
が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
ワールドカップであれだけラグビーの試合を見た後なので、ゲームの場面は映像が見えるようで楽しかった!これはあのチームがモデルなのかなとか、横浜が舞台だったのであそこのことかな、とか想像しながら読めたので楽しさ二倍。本物のラグビー協会はこんなに腐ってないと信じたい😅企業スポーツもどんどん先細りしていて、これから人口の減って行く日本で、様々なスポーツをどう振興させて行くのか、ほんとに難しい時代になるのだろう。でも、スポーツ観戦の好きな私はどんなスポーツ界にも頑張ってもらいたいし、出来る限り見守りたいと思う。
カーミン
2019/12/10 09:14

池井戸潤さんは、陸上競技、ラグビーなどなど、銀行以外でもいろんなことに精通していると、改めて感動してしまうわ。

chantal(シャンタール)
2019/12/10 10:48

カーミンさん、ほんとにそう思いました!ラグビーのゲーム、分かりやすく書いてありました!やっぱり池井戸さんの作品は面白いですね!

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
ネタバレ人を殺した人間は死をもって償わなければならないのか?非常に重いテーマだ。その立場に立ったことの無い私には何も言う資格はないけれど、正論だけでは何も解決しない場合も、正論が暴力になる場合もあるのではないかと思った。悲しい話だった。
が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
元々龍馬に強い思い入れはない。何をした人なのかも断片的にしか知らない。イメージは玉木宏、だから本書で紹介された写真には違和感。しかしそれが正真正銘の龍馬なんだけど😅郷士株を買って分家し武士になった家系で生家はお金持ち。鷹揚な性格もそれ故か。武士とは違う屈託のなさや義や体面などにもそれほど頓着せず、新政府の経済基盤などに思いをはせる。だからこそ一介の下級武士でしかなかった彼にあんなすごい事が出来てしまった。暗殺の黒幕云々についても妥当な推理だと思う。彼の功績とあの時代の大まかな流れをつかむのには良い本。
わたお
2019/12/06 21:53

竜馬好きです!というか、司馬さんの竜馬がゆくが大好きです😄犯人は、薩摩人のような気が。個人的な意見ですけど。

chantal(シャンタール)
2019/12/06 22:07

わたおさん、やはりそこから入る人が多いですよね。磯田先生は「司馬さんの小説をそのまま史実と信じてはいけない」と言ってましたよ😅小説は読んでないのですが、やっぱり面白いんだろうなあ。黒幕は誰なのか?いろんな憶測があるそうですが、私は磯田先生の説が有力だと思います!

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
「文化」と「文明」は似て非なるもの。ある土地に定着し、そこでの暮らしから生まれる習慣やさまざまな営みの総体が文化。異なった習慣や文化を持った人たちが効率よく合理的に営める普遍性を持った社会システムの総体が文明。しかし文明は時に紛争を起こす。なるほど。「文化を大切に」なんて良く口にするけど、日本人って、自分たちの文化を本当に大切に守り育んできたのだなあと、つくづくと思う。文化財の保護にはお金がかかる。それでもやはり大切にしていかなければならないものだと思う。私も穏やかな心で仏様と対話したい。
chantal(シャンタール)
2019/12/05 18:12

ちなぽむ嬢、香水よ香水!高貴な香りを思い浮かべてちょうだい!

チェリーニ
2019/12/06 09:30

ちなぽむさん別に笑かそうと思った訳ではないです。ただ、ヤホーで検索すると「シャンタール ケトル」と一番目に出てきたからです。その時頭の中はシャンタールさんの頭の上にやかんがのっかてる光景が・・・(マイケル富岡みたい)

が「ナイス!」と言っています。
chantal(シャンタール)
何、この小説!と言うか小説?作家ネムオのツイッターで言葉遊びに興じる人々。彼らの視点が章に関係なく目まぐるしく変わり、誰の話だったか、混乱してしまう。でも段々とそれが自分の知り合いの日常のように思えて来て、アイコンで誰かを認識しているのは私も同じだなあと、話の中に自分の読友さんを思い浮かべてしまう。舞台は3.11の後、全体的に何となく虚無感というか、だからこそネットの世界に耽溺してしまうのかな?とも思えるような、全体的にうっすらと膜がかかったような、それは寂しさなのか?でも大人は寂しくてもいいらしい。
chantal(シャンタール)
2019/12/03 00:16

不思議なお話すぎて全然うまくレビューが書けないんだけど、でもとっても好きでした!ずっと読みたい登録してて、やっと入手して、その後も読み惜しみしてた甲斐がありました。なんかほんとに、すごく好きでした!

が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/08/23(886日経過)
記録初日
2017/01/17(1104日経過)
読んだ本
1012冊(1日平均0.92冊)
読んだページ
338705ページ(1日平均306ページ)
感想・レビュー
483件(投稿率47.7%)
本棚
21棚
性別
血液型
B型
職業
事務系
自己紹介

15年以上、上海で暮らしています。広島カープと読書をこよなく愛しています。

どんなジャンルも読みますが、昔からよく読んでいたのはミステリーや歴史物、村上春樹さん、最近特に好きなのは原田マハさんや葉室麟さん、桜木紫乃さん、梨木香歩さんです。

最近は見仏にも目覚め、仏教関連の本も良く読みます。専門的な、学術的なものではありません。あくまでも趣味の範囲を出ません。みうらじゅん教の信者です😅 アイコンは高野山のマスコットキャラクター、こうやくんです。私の空海愛を表しています。
「仏友さんと行く心の旅路」と言うコミュを管理しています。よろしければのぞいて見て下さい😃
https://i.bookmeter.com/communities/337222
「みうらじゅん教の布教」と言う使命も負っているコミュでもあります😅

普段あまり日本語を喋る機会がないもので、面白いなあと思ったものにはついつい不躾に、あちこちにナイスやコメント残してしまいますが、悪しからずm(._.)m

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう