読書メーターあなたの読書量を記録・管理

7月の読書メーターまとめ

たこい☆きよし
読んだ本
10
読んだページ
2216ページ
感想・レビュー
10
ナイス
81ナイス

7月に読んだ本
10

7月のトップ感想・レビュー!

たこい☆きよし
フランスに渡った日本人画商を狂言回しに、ゴッホとその弟の人生を描く。浮世絵にインスパイアされたゴッホは広重や北斎になりたかったのか!? 「わだばゴッホになる」で、次の棟方志功に続く!?
が「ナイス!」と言っています。

7月の感想・レビュー一覧
10

たこい☆きよし
フランスに渡った日本人画商を狂言回しに、ゴッホとその弟の人生を描く。浮世絵にインスパイアされたゴッホは広重や北斎になりたかったのか!? 「わだばゴッホになる」で、次の棟方志功に続く!?
が「ナイス!」と言っています。
たこい☆きよし
図書館の新着コーナーで気になって手に取った本。伝統的な硯職人ではなく、戦後に始まった家業を継いだ4代目の著者が家業の持つ技術的な思想を新たに定義して「製硯師」を称する。伝統的な職人と異なるのは硯の修理や改良の過程で得られた素材や技術に関する広範な知識の体系化と、それを活用した学術活動(夏目漱石愛用の硯の解析と再現)なども行なっている。社会の中での立ち位置も冷静に分析して将来ビジョンを構想しながら仕事に取り組む姿勢は分野が違っても教戒できるところがある。
たこい☆きよし
第1作以来の長編。ファンタジーではありながら、SF的な要素もあり。感想は何を書いてもネタバレになりそうだが、「ぼくはにんじんの人だったのか」?
たこい☆きよし
前巻は一話完結っぽい短編が中心だったが、今回は各エピソードで話が決着せず、連続性が出てきた。対抗勢力も暗躍し始めて、先が気になる。
が「ナイス!」と言っています。
たこい☆きよし
届いた。カラーページ再現に、元のコミックスのカバー表裏も口絵で網羅の親切設計。何もかもみな懐かしい。
たこい☆きよし
バイト同僚の日常の中に紛れる思い込みや舞い上がり、コメディとしても楽しく読めるが、むしろどんな日常にもロマンス要素はあるという意味では、これはしっかり「少女マンガ」でもあるのだろう。続きも楽しみ。
が「ナイス!」と言っています。
たこい☆きよし
久しぶりに手を出してみた新し目の少女マンガ。絵は普通にきっちり描きこまれたかわいい少女マンガだが、主役二人の外しっぷりが、これはおかしい。今でも「ジャンル白泉社」は健在だったか。
たこい☆きよし
手元にある1990年の9刷、ほぼ28年ぶりくらいの再読。改めて、こんな中島敦的ペダントリーと騙りと、今でいうラノベの要素が絶妙にかみ合った小説が新人賞応募作で、日本ファンタジー大賞の第一回受賞作であるのが一種の奇跡というかファンタジーに思える。今読んでも完成度の高さと面白さに舌をまく。傑作。
が「ナイス!」と言っています。
たこい☆きよし
こんな構図、こんな表情の動物の写真、よく撮ったなあ、と思えるいろいろな動物の写真が楽しい。111の言葉は、あった方がアクセントになっているけど、読まなくてもたぶん差し支えはない。かわいい写真が見れて幸せだ(笑)。
が「ナイス!」と言っています。
たこい☆きよし
ありえたかもしれないもう一つの歴史における戦争と科学者の物語。膨大な資料で再現されたリアリティの中に、ありえそうな設定を持ち込むことで、核兵器に匹敵する細菌兵器をめぐる物語がまことしやかにつづられる。最後の2行に震撼した。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2017/12/09(254日経過)
記録初日
2015/01/01(1327日経過)
読んだ本
340冊(1日平均0.26冊)
読んだページ
83756ページ(1日平均63ページ)
感想・レビュー
340件(投稿率100.0%)
本棚
0棚
読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう