読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

timeturner
読んだ本
78
読んだページ
15768ページ
感想・レビュー
78
ナイス
494ナイス

9月に読んだ本
78

9月のお気に入られ登録
1

  • 愛

9月のトップ感想・レビュー!

timeturner
現代エンタメ作家による家をめぐるホラー短編のアンソロジー。サイコホラーからゴシックホラー、幽霊から怪物と、趣向を凝らした質の高い作品ばかりで、読み終えたときの満足度がとても高かった。
が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

timeturner

ひと晩の間に大量のコメントがついてて何事かと思ったら、オンラインセックスを餌にフィッシングサイトに誘導しようとするスパムだった。「読書メーターへのご意見をお聞かせください」にアカウント名を知らせ対処してくれるよう要望し、コメントは自力で削除したけどすごく面倒だった。

timeturner
2020/09/18 11:08

ご指摘ありがとうございます。まだやってるんですね、あのスパムコメント。削除しました。運営はコメントやメッセージを削除するだけでなく、アカウントそのものを停止してほしいなあ。

あたびー
2020/09/18 18:10

矢印の上にあったクソコメは無事消えたようでヨカッタヨカッタ。運営には更なる完全対策を打ってもらいたいですね。

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
78

timeturner
イタリアのモンフェッラートに伝わる民話をカルヴィーノが再話したもの。梨の子のイメージと酒井駒子さんの絵がぴったり合っていて、夢のように美しいと共に、お伽噺につきものの不気味さもしっかり味わえる。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
さりげない日常の幸せを描く小説かと思っていたら、生命の連鎖をテーマにしたファンタジーだった。風里の世界と、葉の世界が少しずつ重なってひとつになるところでは「うわあ」ってなる。夢の中の建築物は迷宮のようだ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ表題作はこれまでのキャラクターが総出演のSFホラー。段夫人ときとらさんが強い。迷路の奥の庭と屋敷の話はファンタジーっぽくていい。ジョンの飼い主の家なのか。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ハイキュー!特集。現役選手たちのコメントが熱い。ふつうはおざなりに褒めるだけになりがちだけど、みんなしっかり読み込んでるのがわかって感動する。学生時代から読んでるんだものなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレこの巻、本に関する話が多くて楽しーい!ブック・フィッシュ、古本地獄屋敷、立ち読み幽霊(退治法!)。表題作はすごいSF冒険大作だった。死んだら古本地獄に行きたい。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレぶやらん、ぶよろん――殺戮詩が面白すぎて笑った。長姫の話、しちめんどくさい薀蓄が多いなあと思っていたら、段先生の顏が妖怪ハンターに(^^;)。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレこんなふうにうまく進むわけはないと思いながらも、理想的な借家や植物園でのアルバイトで風里がほっと息がつけたことに安心する。でも、折々に現れる不思議な夢からしてこれから色々起こりそうだな。風里の刺繍作品、実際に見たい。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
クトルーちゃんもムルムルも最初に見たときには不気味だったけど、かわいく見えてきた。段夫人もいい人だ。考えてみると、異文化体験を大仰に書くとこうなるのかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ珍しいものをみつけると生首でも幽霊でも持って帰る栞と、何があっても動じないクールな紙魚子のシュールでコミカルな怪異譚シリーズ。女の子二人のリアクションがあさっての方向なのが愉快。栞が新刊書店の娘、紙魚子が古本屋の娘という設定もいい。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレファッションデザイナーを目指す天然少年と地球外知的生命体が乗り移ったリナちゃん人形「苺田アン」の不思議生活。SF的な設定なのにまるで切迫感のないのほほんとした二人のやりとりが面白い。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ちょっと作りすぎでは?と思うほどドラマチックな小説風エッセイ集。最初にモンテレッジォとユダヤ人女性の話が出てきて一気にもっていかれた。どの作品も町や旅先で知り合った人から話が広がっていく。内田さんて、人懐こい人なんだな。外国人だから興味をもたれるという面もあるだろうけど、逆に外国人だから警戒されることも多いだろうに、軽々と相手の懐にとびこんでしまう
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ数世代を経て、町で最後のひとりになった女性の話で終わっている。1巻の最初のエピソードの意味がわかってじわじわきた。このラストは限りなくハッピーエンドに近いものと信じたい。すごいものを読んでしまった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
地味なタイトルなのに波乱万丈のゴシック風冒険物語だった表題作が出色。お伽の国に迷いこむ妄想ファンタジーと、近代の警察組織が成立する前に起こった失踪についてのエッセイも面白かった。さすがシェヘラザード。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレつらい話が増えてきた。どんな限界集落だって若者には外に出ていくという選択肢があるけど、ここにはそれがないんだものなあ。配給や給付金で養われているだけでは生きる気力が衰えるよね。そんな中で小説家とパン屋のエピソードに胸が熱くなった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
現代エンタメ作家による家をめぐるホラー短編のアンソロジー。サイコホラーからゴシックホラー、幽霊から怪物と、趣向を凝らした質の高い作品ばかりで、読み終えたときの満足度がとても高かった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
囲碁の世界ってそんなに女性が多いのか。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
シェルター開発中の事故で「生命反応のある有機体は通さない見えない膜」で覆われた小さな町の住人たちをスケッチ風に描いた作品。こんな設定よく考えたなあ。原発事故後の福島みたいでもある。事故の後に生れた世代と「前」の世代との考え方の違いなど、すごくリアルで興味深い。重くなりそうなテーマを軽やかに、でも切なく描いている。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
周囲の人間と違っているために生きづらさを感じている子供たちが友達の助けを得て暗い場所から脱出する話。フィリピン民話や霊感少女も登場し、ちょっと幻想的でユーモラスな読み心地。それにしても、良きにつけ悪しきにつけ親の存在って重大だなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ杏との関係があまりにも不自然。放射線技師と放射線医が緊密に連携して働く必然性を出したかったんだろうけど、恋愛でつなぐのは安易すぎる。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ医療の世界は漫画ネタの宝庫みたい。今度は放射線技師か。医師免許も持ってるってのはズルい気もするけど説得力をもたせるためには必要なのかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ女性の時代小説作家が書いた猫にまつわる短編を集めたアンソロジー。不思議な力をもつ猫が長屋を牛耳っていたり、猫語を解する女絵師が猫達と協力しあって殺人事件を解決したりと様々な趣向の話が並ぶが、やはり宮部みゆきのホラーが圧巻。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
いくら適性があるからって本人の意志に反してこれはないんじゃないの。一度や二度ならともかくストレスやトラウマが半端ない。根性論でしごく運動部みたいだ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
えーーっ?! これってハッピーエンドと言えるのか? 鯉の立場は?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
自由気儘な女と、ハードボイルドな猫の勝手なひとりごとは、くすりと笑わせたり深く考えさせたり。モノトーンの銅版画で、勢いのある線が女と猫の「瞬間」を見事にとらえている。佐野さんは絵でも文でも天才的な表現力の持ち主だな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
トモトモと初音の関係は普通の女友達とは違ってて、それがいい感じ。無定さんはいいように使われてるね。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
家庭裁判所調査官の仕事内容を知ることができ、興味深く読んだ。貧困、ストーカー、モラハラ、不倫など現代社会の暗部に関わることばかりなので読むのがつらい部分もあるが、人生に躓いた時にこうして力になってくれる存在がいると思えるのは心強い。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
前巻では出番がなかった小八汰が相変わらず無愛想なのがうれしい。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレウクライナの民話。けっこうな冒険なのにバレリー・ゴルバチョフの絵の効果か、全体にのんびりした雰囲気が漂っているのがいい。大食漢や呑み助にも活躍できる場があるっていうのもいいよね。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
題材といい話の筋といい、モーパーゴなら目をつぶってても書けそうだね。カマルグの風景が堪能できたのはうれしかったし、ナチスのフランス占領やロマの迫害を若者に伝えることには意義があると思うけど、ちょっと予定調和すぎるかなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
人魚の話怖いんだけど、むだに登場人物が多くて怖さが薄まってる感あり。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「王権と議会」をキーワードにブリタニア誕生からエリザベス朝に至るまでの政治史を簡潔に解説。イギリス史をひとつながりの流れとして把握したいと思って読んだんだけど、ヘンリーとエドワードの多さにちょっとひるんだ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
辺鄙な農場ばかりを狙う強盗事件が頻発し、500エーカーの荒地に引きこもっていた男が殺された。今回のリトルジョンは少しだけ強面だった。相手をいい気にさせて話を聞きだすより、厳しく容赦ない態度で追究する。あえて新境地を試したのか?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
えっ、好きなときに呼び出し可能なの? ハリポタでもそこまではやらなかったのに……。トモトモが立派な大人になっていて安心した。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
無山はあんなことをしていたのか。時間かかりそうだなあ。テンテンも小八汰も元気そうでなにより。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
動物界における親子関係は短い時間にぎゅっと濃縮されていて教育にも無駄がない。それだけにひとりだちしたあとは、何がなんでもひとりで生きていかなくてはならないわけで、人間は甘ったれてると思う。手島さんの版画はあいかわらず素晴らしく、今回は刷り残した白の使い方が巧みだと感じた。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ金沢の古い町並みで少年が出逢う夢か幻のような出来事、陰惨な昔話、洪水の話。幻想的なエピソードが織りこまれた作品が独創的な美しさをもつ挿絵で魅力倍増。蛇がキモ可愛い。でも、鏡花の文を横書きってどうなの?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
「魔法使いの娘」の最後がああだったから予想はしていたけど、もう既成事実になっちゃってるのか。無山がどうしているのか気になる。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ハクトウワシの抱卵から巣立ちまでを写真で見せる絵本。ニューファンドランド島の断崖絶壁の上にある巣を長期間に渡って観察・撮影した努力の結果だけあって、写真の迫力が素晴らしい。ハクトウワシの脚ってたくましいなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
冒頭の絵画的な構図がすばらしい。ド・ラ・トゥールの絵のように脳裏に刻まれ、一気に引きこまれる。登場人物たちの性格づけも巧い。3作目にしてようやく、マクドナルド警部に親しみを感じてきた。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレきちんとアニメの隙間を埋めているエピソードが楽しいのはもちろんだけど、思いがけない方向からくるオリジナル・エピソードが妙にうれしい。二口と鎌先の突っ込みあいとか、赤葦と宇内のゾビッシュ打ち合わせとか。次巻はコミックの45巻と同時発売にならないかな?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
表紙がいつもより遠景なのであれっと思ったら、中身もこれまでのつながりとは完全に独立してた。山荘が舞台のせいか、古典ミステリーと室内劇を合体させたみたいな息詰まる感じがあって良かった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ同情を引いて商売しようとする相手をあしらうお草さんのクールネスがかっこいい。彫刻家のナオミさんも素敵だけど、再登場はなさそうで悲しい。後半の巨悪に立ち向かう話はこのシリーズには合わない気がした。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
漢語のように抽象的ではなくすっと胸になじむ大和言葉をできるだけ使いたいけれど、必要なときにさっと出てこない。時々これをパラパラ見ると役に立つかな。対応する英語も併記されていればいいのに。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ビーグル号に乗ることがなかったら、ダーウィンは怠け者のごくつぶしで終わっていた可能性が高いと思うと、神の存在を信じたくなるのが皮肉だ。『ビーグル号航海記』、ちゃんと読んでみようかな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
古いカントリーハウスを巡る一族の確執や、秘密の通路や地下室を使った場面は面白いけど、説明がくどい。どこから突っ込まれてもいいようにと用心しすぎている? 一種の強迫観念? OCRのせいと思われるタイポが多いのは安いKindle版の宿命かな。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
この世のものとは思えないカラフルな恐竜の造形は楽しいんだけど、子供にモラルを教えるために恐竜を使ってるだけのような。ジェイン・ヨーレンに書いてもらう意味ある? 原文は詩になってるんだろうか。
グーグー
2020/09/11 00:23

恐竜たちのシリーズ How Do Dinasus……? Book Seriers のサイト: https://www.thriftbooks.com/series/how-do-dinosaurs/37539/

timeturner
2020/09/11 11:53

『ペットをかいたい』『かぜひいた』あたりは面白かったんですが、どんどん凡庸になってきている気がして、『月夜のみみずく』の作者が書くほどのものじゃないなと、妙にもやもやするんですよね。読まなきゃいいんだけど新刊が出るとつい手にしてしまう。でも、これだけ続いているってことは子供たちには支持されてるってことですね。

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
これは怪談というよりサイコ・ホラー。幽霊でも妖怪でもなく、貧しい農村の寒々とした現実が語られるだけなのに怖い。ぎゃっ!と叫ぶような恐怖ではなく、背筋をじわじわ這いあがってきて全身にからみつくような怖さ。
あたびー
2020/09/08 20:55

方言が怖さを醸す良きサンプルですよね〜

timeturner
2020/09/08 20:58

そうそう。岡山(しかも津山)出身の友人がいて、これまでずっと「おっとりしていて上品な方言だなあ」と思っていたのですが、これを読んで怖くなりました。(その友人には言えませんが)

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ユーリのシスコンが凄すぎて引くけど、苦労させられただけ愛情が深まる法則か?
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
科学を学ぶ学生達(朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹)が暮らす「ともきんす」寮での日々を描きながら、自然科学の本を紹介。漫画でこんなこともできるのか! 理系苦手の私も紹介されてる本を読みたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
いやあ、最高のハッピーエンドだね。わっそい。
Susumu Kobayashi
2020/09/06 22:46

これ、本当に傑作だと思います。

timeturner
2020/09/07 07:17

Kobayashiさんのレビューを見て存在を知りました。恋愛要素よりコメディ要素が大きいところがいいですね。テレパスの使い方も巧い。最初から最後まですごく楽しめました。ありがとうございます!

が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ虐待、援交、老人を狙った犯罪、ドラッグ。現代的なテーマが並んでいるが、作者はテーマそれ自体より、そういうもので溢れた社会で人はどう老いていけばいいのかを考えたかった(読者にも考えてほしかった)のかな、という気がした。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレとうとう結婚式までたどりついた。意外に早かったかも。金太郎、笑った。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
冷蔵庫の残り物を使ってごはんを作ったら予想外においしいものができた、みたいな感じ。気軽に読めるのに、ためになることも書いてあって、翻訳について何かがわかったような気にさせてくれる。でも、文字の量、少ないよなあ。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
漁師がおかしすぎてお腹がよじれた!
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ノーベル文学賞受賞者であり数少ないサルデーニャ島出身者なのに、日本ではあまり紹介されてこなかった作家の短編集。貴重な一冊なんだけど翻訳が私には合わなくて作品を味わうことができなかった。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ光正の両親はこんなふうに結ばれたのか――母親もなんとかなりそうで、まずはひと安心。変なライバルが現れないといいんだけど。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
ネタバレ古書店主ほか書物に関わる人々の造形にリアリティがあるし、稀覯本コレクターの実態や偽書作りのノウハウなど、マニアックな部分はとても面白いのだが、犯人にも被害者にも納得のいく理由がないのが難。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
こんなに愉快な妄想をする人となら一生楽しく暮らせそう。だがしかし、この母親では・・・。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
マクドナルド警部物。伏線やミスディレクションを散りばめ、最後にきちんと回収する探偵小説のお手本のような作り。ただ、あの犯人にあの犯行ができたとするのはちょっと現実離れしているような。灯火管制下のロンドンの暮らしが克明に描かれているのが興味深い。
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
★★★
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
うわあ、人の気持ちが読めちゃうだけで生きにくいだろうに、きょうだい3人ともだなんてこの世の地獄じゃないか!
が「ナイス!」と言っています。
timeturner
楽しい~! こんな書き方もあるんだなあ。伝記的評論エッセイとでもいうのか。これまで知らなかった生のカフカの姿が生き生きと浮かび上がってくる。写真もたくさん挿入されていてミーハー魂も満足。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2010/11/17(3633日経過)
記録初日
2005/04/11(5679日経過)
読んだ本
10841冊(1日平均1.91冊)
読んだページ
1506762ページ(1日平均265ページ)
感想・レビュー
10550件(投稿率97.3%)
本棚
40棚
自己紹介

面白そうな本は無節操になんでも読んでみます。文字制限内で書ききれないことはブログに書いています。http://timeturner.exblog.jp/

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう