読書メーターあなたの読書量を記録・管理

5月の読書メーターまとめ

ひなこ
読んだ本
10
読んだページ
3156ページ
感想・レビュー
10
ナイス
104ナイス

5月に読んだ本
10

5月のトップ感想・レビュー!

ひなこ
本屋さんを舞台にした日常の謎。こういうの、すごく好き。続きも読みたくなった。
が「ナイス!」と言っています。

5月のトップつぶやき!

ひなこ

【読書メーターの本のプレゼントに応募しました】笑えて泣けるエンタメ小説!『ただいま神様当番』を10名様にプレゼント。宮崎本大賞受賞した青山美智子の最新作です。応募受付は5月28日(木)正午まで。応募はこちらから→ https://bookmeter.com/giftbooks/351?track=share

が「ナイス!」と言っています。

5月の感想・レビュー一覧
10

ひなこ
合併やら、周囲の結婚やら、色々落ち着かない森若さんだった。癖の強い社員に囲まれながらも、森若さん、実際に居たらなかなか怖い存在かもなぁと思う。今回も面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
ネタバレ最初から最後まで理不尽な気持ちが付きまとう。最初は退職が受理されていない事の理不尽さ。それからは事件にまつわるいろいろな出来事だとか。莉子は急に仲間みたいに出演し始めたから違和感あるなぁと思ってたけどまさかそこまでやる?って感じ。空き家になった葛西宅、さすがに普通だったらそのまま出て行きはしないんじゃない?というのは読んでて感じた違和感。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
ネタバレふたつのシリーズの登場人物が次々登場。やっぱり刊行順に両方読んで良かった。書店大賞を軸に事件があちらこちらへ。多くの人と場面が出てくるのでこれは一気に読まないとわからなくなりますね。最後は少し痛みを残しながらもあたたかい読後感。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
帯の掛け替え、営業さんがやったりしてるのか…確かに、ノミネートが発表になってすぐに帯が替わってるし書店で作業してるんだろうなと思うと納得できる。今回は新しく別の営業さんなんかも出てきてどの人も個性的。取次のデビルの人は関わりたくはないけど、いるなー…って思ってしまう。続きは出ないのかなぁ
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
書店営業のひつじくん。作中に別シリーズの書店の話も、ミステリ作家のあの人の名前も出てきて、こういう繋がりはやっぱり楽しい。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
やっぱり長編より短編の方が面白いな。特にバイト金森くんとヤギさんが好きでした。次の巻は別シリーズの人が出てくるとの事で、そっちを先に読もうかな
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
なんとポジティブ解釈なBL論。鉛筆と消しゴムの定番CPから始まって、何の講義なのだ?この本は教科書なのか?と思って読み進めて行ったら、後日、開花した春日さんの話がめちゃくちゃ面白かった。特に、昔の時代劇をやおい的に解釈してる所がサイコーで、そんな話だったら見てみたいかも…と思っちゃうレベルだった。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
ネタバレ杏子が多絵に渡した本とやらは、バーネットの秘密の花園だということでいいのかな?もっと読者がワクワクする感じに話されると思ったけど、それもまた秘密ってことなのかな。今回は27年前の殺人事件を追う長編ミステリ。これもいいけど、やっぱり一作目のような日常の謎の方が自分は好きかな。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
本屋さんを舞台にした日常の謎。こういうの、すごく好き。続きも読みたくなった。
が「ナイス!」と言っています。
ひなこ
マツリカさんが出てこない方が面白い。増えた友達と一緒に密室の謎を解き明かそうとする様子が面白かった。マツリカさんは…どうしても読んでいて不快だなと感じてしまう。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2008/11/03(4229日経過)
記録初日
2007/10/31(4598日経過)
読んだ本
1093冊(1日平均0.24冊)
読んだページ
331431ページ(1日平均72ページ)
感想・レビュー
791件(投稿率72.4%)
本棚
6棚
性別
血液型
A型
現住所
東京都
外部サイト
URL/ブログ
http://strawberry-heart.org/
自己紹介

桜庭一樹作品が大好きで、影響を受けてあれこれと読書をしています。
ヨーロッパを中心とした海外文学作品がスキです。…と言いつつ、主軸はライト文芸。
古典文学はゆーーーっくり時間をかけないと読めない。
SFが読めない体質。

年間100冊が一応目標。
図書館バイトしてます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう