読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年8月の読書メーターまとめ

むささび
読んだ本
28
読んだページ
5213ページ
感想・レビュー
28
ナイス
201ナイス

2022年8月に読んだ本
28

2022年8月にナイスが最も多かった感想・レビュー

むささび
ネタバレ面白いショートショート。恐くない。絵が可愛い。絵柄のパターン変えるけど、ゴツくしてるの以外、どれも可愛いさがあって好き。カバーのこまくして全員集合絵が好き。うーむ、今選ぶなら春陽、パーフェクトコミュニケーション、スペースお尺度が良かったかな。そして、この3つを選んだという事は恋愛について気になっているんですね、とか占われるんだ。きっと、女性に幻想を持たず、相手を傷つけずに、素直に色々と会話をしてみなさい、とか言われそう。オチはこれからリアルで起こすのです。
が「ナイス!」と言っています。

2022年8月の感想・レビュー一覧
28

むささび
ネタバレボリューム有るが2/3くらいは他者からの話。松原タニシの話が読みたかったが他者からの話も面白かった。物件ホラーかと言うとそうとは言えないと思うのもあるが、言い回し的であったり何事にも建物はあるわけで汎用性を拡げたゆえのボリュームでもあったなって思う。黒いタニシは結局大丈夫だったようで良かった。無いと思っていても指摘されると不安とかで気になっちゃうもの。わざとらしさを受けてしまうので良い感じにしようとしなくてもって思うがホラーとはいえネガティブよかポジティブな促しがあった方が良いのだろう。文章作法はわざと?
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ話題になった新書の漫画化でサッと読みやすい。デリケートな内容でもあると思うから、絵柄の淡白さというのか、真面目に見せていくバランスが難しそうって思った。バカにしたり排除するといった蓋をするのではなく、理解や周知からの改善が理想なのかなと思う。質問の答えが返ってこない、評価に飢えている、表情や語彙の乏しさなど。自分もあったなと振り返る。慣れた人以外との他人との関わりや知らない店や乗り物に乗ったり、やりたい事をするとか興味関心の広がりなどひっくるめて社会的経験値の少なさが要因かと、自分にとっては思う。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ2年半位かけて読んだ。歴史、文学、視覚芸術、科学、音楽、哲学、宗教の分野から1つずつ順番に読んでいく。歴史は月曜、文学は火曜と曜日で分けていたが、自分は読むときは1つとか気にせず読むし、読まない時は積読だから1年で読み切らなかった。コラム集なので続き気になるとかじゃないのもいつ止まっても別に大丈夫というのはあったかな。普段興味持たないジャンルやチョイスがあるから、面白そうってなると関連書籍が積読リストに加わる。音楽では、人は興味出るが楽譜とか技術的な物はあまり興味そそられなかった。自分の関心が分かる本。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレまさかあんなに身体はった激しい展開になるとは。あと次巻予告にびっくりな台詞。口内に綿詰って変装ネタで見る事あるけど違和感どれほどなんだろ。多少のすれ違いや勘違いと、両者にある深いマイナス過去が出てきた。これまでの事件も実はもっとデカい事への伏線だったのではと、とにかく身体を張りに行ったのはたぶん脳裏に壬氏が掠めたからじゃないかなとは憶測か。養父の忠告は、何か謀られた事あるなと思わされる。今のところ羅漢の策略感パネェ。羅漢と猫猫の関係はハッキリ言わない慣習からの壬氏的早とちりも有りそうで分からん。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ表紙が巻ごとに別々な色の衣装でカラフルなのが素敵。聡明だけど、興味ある分野に特化にとどめる感。絵が綺麗に描いてるので惜しい化粧が分からない。新入りに対する攻撃があるのも当然という事で、そこら辺も示していく。餅は餅屋。医学と花街の知識と技術で国の上級人にメリットを見出されていく。4人の妃中すでに3人と好感触ゆえ、新しい4人目の妃とどうなっていくのか、もといどう好感得ていくのかに期待。帝の気分次第で命すらだからプレッシャーのやばさ。一矢報いたい気持ちは生まれるものか。軍師のウザさと敵にしたくない危うさが良い。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレボルグ36人衆との戦いでゾフィーのライバル、シーザー登場。全宇宙格闘技大会に参加した経歴があるゾフィーと闘ったコズマとダイカー。ゾフィーの技、カラータイマー自爆、M87光剣、プラズマ発光、ウルトラビッグ、レインボー光線。ゾフィーにレインボー光線を教えたレッドファイター。ウルトラ戦史上最大最強のウルトラ56部隊を操る精神コントロール生物超生命ゴラム。放浪惑星ソドムのキノコで狂うウルトラ族。ウルトラの国にあるスポーツでアメフト的なウルトラボール。アンドロ星人のセザル、ブノワ。マルスは宇宙の独裁者ソドムと戦う。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレリアル漫画家家族の話。世代じゃなくても知ってる漫画やキャラっているわけで、あの人は今的な野次馬的関心をそそる。どうしようが同じ境遇を体験をしてないので、ガチ大変な時期を乗り越えた後を知ってしまうと作中インタビューにもあるが、自慢とかでも結果良い生活してるじゃんとか冷たい感情を引き起こしてしまうのが難しいバランスなんだなと分かった。良くも悪くも他人の生活や人生って面白い。弟さんが一番世間一般的感。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレあらゆる介入から戦争を選択してしまったのか。実家に帰って主人公の深掘りしてからのインドのカーストきた。人数や面積的にか、対応しきれず進んでしまうのだな。日本はどうなんでしょう。差別意識無いわけじゃないだろうし、男尊女卑やルッキズムはあるか。普通に暮らしてるというのは幸運なんだなと思わされる。経済発展で国が安定できるからの経済優先なのに、給料上がらないというのは、経済発展では無いなとは思う。店潰れてるし。勿論、福祉も発展してないからね。投票しない、ストライキしないしって、かなり好き勝手できるなって思う。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレウクライナ出るからKindleで無料読中なのか。チセイは地政と知性なのね。win-winな仲介が主人公で、搾取的な仲介が謎の青年チャリダーか。どんな価値観や立場にも優秀なのがいるから陣取りゲームになってるリアルワールド。今の奴らはって言う人、必ずいるよね。昔と今は状況が違うっていうのを知らないし理解できないの。昔は冷房なんか使わんかったって昔と今の気温が違うじゃねーかーみたいな。過激派と穏健派って協力できないもんなんだね。1巻で交渉と武力はワンセット言ってるし、どっちも必要なんだろうに。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ地政学って言うんだ。面白。各地の危ない面と理由を見せる。スラングや暴言暴力が基本。なんでそんなに怒ってるのかってぐらいな世界。愛国心や同族意識の高さでもあるのかな。それがレイシスト化とか悪い方にいっちゃうみたいな。むしろ日本が異常というか特殊なのかも。領土や権利を取られても暴動広がらないし。危機感知感覚の差なんだか無関心や余裕があるんだか。滞在外国人の方から平和だよって言われるわけだなって思う。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレボリス星人大王の息子ジュダ・プリンス。ゾフィーの師匠ウルトラ勇士ウォーリアン。80が8000才の時の活躍。ウルトラ兄弟と肩を並べる宇宙警備隊、その宇宙警備隊最高指揮官ウルトラマンレッド。宇宙警備隊が守るウルトラ前線基地エンタープライズと銀河帝国の戦いはどこぞの超メジャー作品を思う。銀河帝国の超巨大母艦の名がミルキー・ウェイってんだからラブリーじゃねぇか。サタンキングどっかで出た気がするが本巻活躍なしで銀河七兄弟が80達と戦う。これはウルトラ歴1941年の第ニ次ウルトラ大戦争だ。グレートザルザードが帝王。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ面白いショートショート。恐くない。絵が可愛い。絵柄のパターン変えるけど、ゴツくしてるの以外、どれも可愛いさがあって好き。カバーのこまくして全員集合絵が好き。うーむ、今選ぶなら春陽、パーフェクトコミュニケーション、スペースお尺度が良かったかな。そして、この3つを選んだという事は恋愛について気になっているんですね、とか占われるんだ。きっと、女性に幻想を持たず、相手を傷つけずに、素直に色々と会話をしてみなさい、とか言われそう。オチはこれからリアルで起こすのです。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ特に余計な事なく、仲良く明るく頑張っていきまっしょいな安心感。アレはカタツムリの寄生虫のやつではって思うくらいには、あの寄生虫のインパクトは強い。船長とミカが似すぎなので繋がりがあるのかもね。あと、死んでなさそう感。捕るのと滅ぼすのは違うという視点を見せつけて欲しい。自然や生物あっての土台。その上に自分達は歴史を残していっている。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレここまでノベル1巻分だった。そういつ結末になるんか。複数の事が起こると別なのか違うのかが分からなくなる。皇帝や主人が神みたいな存在だからゆえの命のかけかた感。ルールによる縛りで自分の命を捧げられてしまう辛さもまたあるという心情か。立場整理したところでまた一新のスタート。すっきりさっぱりしといた方が良いねーという見せ方感。まぁそうだよなぁと思いつつ。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ同国でも同盟国でも敵対国でも糞は糞というのをオブラートに包んだり、友好的そぶりしたりで隠すのが上手いゆえ陣営を理解した上で否定してんだっての分かんないと陣営が分かんなくなる。イレギュラーは面白さ。ニュースやSNSじゃ翻弄されるだけだなって思うとともに、胡散臭さ過ぎるという不信感は強い。それに、たしかに同じ職場でもあの上司なり職員は糞っていう一致はあるな。ストレートに明確に見ないと周りの本心分からなくて、おかしい事を理屈的に何故そんなおかしい事をって聞いちゃうからだいたい黙られて質疑がフェードアウトする。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ面白。前巻の数学解説おまけページで読んだ展開で予習で出たとこだってなった。平行は交わるという現実にも見える景色が凄い。数学は現実を示してるんだって思う。4次元超えちゃうと景色分かんないけど見えない景色も探れる手法が数学なのかも。トポロジーは最近科学雑誌で見て分かんなかったやつや。同じの括りが広いんだな。可愛い女の子がまた増えた。たしかに恵まれた環境だわ。後藤くんみたいなキャラ好きだわ〜。俺なんかとか、あいつめ〜とか思っちゃうけど、謝ったりチョロいんなったりが良いし、めっちゃ良い人生になって欲しい。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレやっぱりこの世の事は知りたいな。アニメでも芸能でもそうなんだけど、心理や社会といった人の事、自然や化学といったサイエンス、歴史に芸術、何でもなるべく知りたい。知ったところで実行せねば現実にはならないけど、フィルターの質は変わるはず。未来観な世界も興味深い。こーなりそうだなって思わされるし、未来的技術や社会性が興味深い。あとがきて音楽まで面白く解説してくれるとは。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ編集者のやっちまった大ミスがリアル漫画で面白いし、それでどうしたというせざるを得ない事象の展開が面白い。シンプルな台詞回しが分かり易くて良いなと毎回思う。枠外の徹夜してませんが笑った。理不尽させる側とさせられる側の強要と自分に甘くがどっちも共感で、ぐぬぬってなるが、結局は自分の立場優先で思考言動するになっちゃうんだよ。自分なんだから。好きな本代がでるのはモチベ上がるなぁ。何でだよってなるのが面白いのかな。ホノオの切替の早さが凄い。ギャグ否定派編集者をギャフンとなるのが良いし最近人気な流れ感。間取は楽しい。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ表紙のニューキャラはどんなかと期待で、そんなキャラかーっとよく見つけてくるなと思う属性。適度にウザいのと、無理してる感だがそうでもなさそうな最近生まれた人種感。主人公組のガチ勢っぷりが披露されるとこはイケイケーって感じで楽しい。部長と邦キチが普通に彼氏彼女してる感なのだがハッキリさせんとこもまた一昔前のラブコメ感でもあるなと思った。実写版魔女宅は映画館で見てしまったぜ。プペルってそういう制作背景だったんか。そこは知らなくて良かったかも。だが紹介としては面白い。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ高尾山の漫画。ミドリの前にハイヒールがあった。何度もハイヒールで登るとこになぜっていうイラッと感がわいてしまった。だが、高尾山に好感があるからこそ何度も来るわけだし、受け入れられるような関わり方をする必要もあるのだと、ナチュラルに出来ている天狗達に学ぶ。人が沢山くるから潤う面があるが、沢山くるから大変だったり気が合わない事も増える。大学時代からトレッキングシューズ履いてるが、最近初めてお店の人に足合わせて貰ったら使ってきたのより3㎝も足が小さく、男性用には無いって言われたのがビックリだった。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ連邦、共和国、王国の主人公みたいなポジションのキャラをまずは頭の中に配置しておかねばバランスが分からず、状況も分からなくなってしまう。主人公はとにかく共和国な少佐で、連邦の同ポジっぽいのが大佐なんだと思う。そして王国にはシスターがいて、めっちゃかき回すキャラ感がすごい。数が多い方を人は信じる。綺麗すぎるは、単純化された物語。世論指導や尻尾切り。うーむ、表にある情報しか知らないし、どれが裏の情報かも判断できないくらいに一般人だと理由や真実は分からないものな印象だな。戦争は糞だけど、やった事の無い者には甘美。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレヴォルフガングの理解力と胆力が凄い。物質的に肉体を補修しても戻らないのはなぜか。フランケンシュタインの怪物が有名ながら、生物の不思議さと、死から戻らないのは何か足りないからというパーツに命がくる。犯人捕まえるまでの間に腹の術後痕ができたんだね。ファウストの復讐劇と虚しさの次に手に入れてしまう能力。血筋あってもシャーマン環境無かった独学での強さの素地を見ているんだな。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ開催日と場所の情報はどこからだ。月に対するエックスロウズのイメージを知る。ブラックメイデンの操られ感がすでに不憫なんだが、それほど迄に現世の中の支配力の強さを思う。金や権力を持ち、政府や警察や裁判すら影響できるとしたら市民は仕方ないで生きるしかないのか。蘇生あるの知るとやはり気持ちが違うが、死ぬ気感漂うテルコ。分け隔てない見下しをするにも強靭な精神がいるわけだが、それは強靭な傲慢さでは。豊かさをはき違えた大量生産と大量消費。民衆のコントロールには恐がらせるが基本とはいえ、時代と共なに変化がありそうな部分。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ電書。なんで、は置いときそんな事よかヤバい状況でどうするどうなるという緊張感と勢いが面白さなストーリー感。キャラ達の行動が進むのと、会話による説明も状況的に自然に感じるのが凄い。窮鼠猫を噛む的なやってやる感が良い。もう1話も勢いよく、デビューからあるんだなって知った。己がやりたい事やなりたい者に熱意を燃やす。どう触発されるか。会社でよくある不満なシステムや人間が分かる。そこでグズグズするよかやりたい事で目指す目標定め、そこに一点集中で生きる方がすげぇし充実する。明確だが実行する者は少ない理想を読ます。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレ明確に一撃で事が済む場合は、理解できる者がいるかつ答えにそって進めてくれる者がいる場合というのを職場で理解し、そんな理不尽さが不満の種。続ける為には楽しむ気持ちが必要を早くも掲示。熱意としては同じでも種類の違いもあるわけで、キャラとして見せるし、依存感あるまた別のタイプも出てきて面白そう。よっちゃんがフラれる要素ってなんだろ、重いって言ってるけどサブストーリーな気にさせ。数学といえば思いついちゃう博打を軽いうちに体験。分野の壁が興味深い。昔の博物学者が何でもできた時代という世界観がまた来るのかも。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレおもしろ。数学の世界の漫画。閃きが頭の中で起こっているような学門的天才は静なイメージながら、2人とも攻撃的な熱さがあり数学の力強さを思う。まだ出だしな状況の地盤固め。全てを数式化するイメージをもらった。具体的や簡略化などといった形にする為には何重も考えを浮かばせないといけなさそうな広大な頭の中をどう読めるか楽しみ。数学とは考え方を学ぶ学問だと、大学時代に読んだ一般向けの本を思い出した。数式を使う使わないではない。それが本質じゃないのに複雑な数式なんか使わないから意味ないと考える影響力ある人がいる事が残念。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレタイトルは知ってたがこういう内容だったのか。よくありそうな陥る自己中な思考を理解できるストーリー。償い立ち直れる希望も示しているのか。リアルニュースでもショッキングな事件で見るような気がするが、構成的にあえて似せてるのか、類似な事件というのはいつも定期的にあるという事なのか、本の内容とリアルの事件が似ている・同じだと自分が勝手に解釈なり関連させてるだけなのか。殺人がメインな出来事に見えるが、自分の都合と周りの人間関係の関わり方で頑固になったり、恵もうとしたり、気が強くなったりと情緒の不安定さを一気に見た。
が「ナイス!」と言っています。
むささび
ネタバレアニメの2期が放映中で楽しんでる。漫画は未読だった。同人予定の作品だったのか。そうか、穴に入る前のキャラたちを忘れていた。謎ロボのレグが読者と類似視点でめぐっていく。好奇心をそそる話だと言ってるや。この可愛い絵柄でほんわか雰囲気ながら、すでに体調不良やおかしくなっちゃうよや死ぬからねと掲示している。ヤバいんで潜るの遠慮したいけど怖いもの見たさもくすぐられるのが凄い。深淵の階層が、大気や深海の階層を想起させつつ、どんな影響や環境があり攻略していくかの探検譚がまさかガッツリSAN値チェックな展開になるとはな。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/02/12(1691日経過)
記録初日
2018/02/15(1688日経過)
読んだ本
2213冊(1日平均1.31冊)
読んだページ
408420ページ(1日平均241ページ)
感想・レビュー
2210件(投稿率99.9%)
本棚
6棚
性別
自己紹介

アウトプットしようと思い、読書メーターを始める。記録はけっこう好き。

巻数順に読みたい。途中巻から感想書いてるのは読メ始めてからの読書巻の為、もしくは前巻前作を知らなかった為。

資源的や空間的に電子書籍にしようと思うも、今まで紙で買ってたシリーズや個人的な括りの本は紙で揃えたい。Kindle使用。けっこう無料本があるんだなぁと、とりあえずで取ってしまう。

もっぱら漫画が多い。すぐ読み終わるので。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう