読書メーターあなたの読書量を記録・管理

fonfonさんのお気に入り
62

  • もりくに
  • ネムル
    • ガテン系
    • 東京都

    ユーモア小説が好きです。

    久生十蘭「予言」「月光と硫酸」『魔都』
    辻原登「ザーサイの甕」『闇の奥』『許されざる者』
    津原泰水「延長コード」『バレエ・メカニック』『瑠璃玉の耳輪』
    フリードリヒ・デュレンマット「故障」『約束』
    ジェイムズ・エルロイ「マイ・マ

    ザーズ・キラー」『ホワイト・ジャズ』
    G・K・チェスタトン『新ナポレオン奇譚』『木曜日だった男』(南條竹則訳)
    ガブリエル・ガルシア・マルケス『コレラの時代の愛』『予告された殺人の記録』
    川端康成「片腕」『山の音』
    多和田葉子「韋駄天どこまでも」『雲をつかむ話』
    尾崎翠「こおろぎ嬢」「地下室アントンの一夜」
    丸谷才一『横しぐれ』『輝く日の宮』
    筒井康隆『ダンシング・ヴァニティ』『旅のラゴス』
    フローベール『ボヴァリー夫人』
    マーク・トウェイン『ハックルベリイ・フィンの冒険』
    ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』
    レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』(村上春樹訳)
    ウラジーミル・ナボコフ『ロリータ』
    ミハイル・ブルガーコフ『巨匠とマルガリータ』
    イタロ・カルヴィーノ『見えない都市』
    レーモン・ルーセル『ロクス・ソルス』
    グスタフ・マイリンク『ゴーレム』
    フラン・オブライエン『第三の警官』
    フィリップ・K・ディック『暗闇のスキャナー』
    シャーリィ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』
    ボリス・ヴィアン『うたかたの日々』
    ミルチャ・エリアーデ『ムントゥリャサ通りで』
    パトリック・ジュースキント『香水』
    イサク・ディネセン『アフリカの日々』
    イスマイル・カダレ『死者の軍隊の将軍』
    J・M・クッツェー『恥辱』
    ジム・トンプスン『ポップ1280』
    チャールズ・ウィルフォード『コックファイター』
    チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』
    アゴタ・クリストフ『悪童日記』
    コーマック・マッカーシー『ザ・ロード』
    リチャード・フラナガン『奥のほそ道』
    ジャック・ルーボー『麗しのオルタンス』
    夏目漱石『明暗』
    織田作之助『青春の逆説』
    武田百合子『犬が星見た』
    石牟礼道子『苦海浄土』
    大江健三郎『万延元年のフットボール』
    酒見賢一『後宮小説』
    古川日出男『アラビアの夜の種族』
    飛浩隆『グラン・ヴァカンス』
    殊能将之『キマイラの新しい城』
    奥泉光『モーダルな事象』
    松浦寿輝『半島』
    諏訪哲史『ロンバルディア遠景』
    エドガー・アラン・ポー「ヴァルドマール氏の死の真相」
    サキ「アーリントン・ストリンガムの警句」
    シャーロット・パーキンズ・ギルマン「黄色い壁紙」
    フリオ・コルタサル「南部高速道路」
    スチュアート・ダイベック「右翼手の死」
    テッド・チャン「地獄とは神の不在なり」
    ジョー・R・ランズデール「ステッピン・アウト」
    レイ・ヴクサヴィッチ「ふり」
    ブライアン・エヴンソン「死の天使」
    セス・フリード「微小生物集――若き科学者のための新種生物案内」
    内田百間「山高帽子」
    宮本常一「土佐源氏」
    大坪砂男「天狗」
    牧野信一「吊籠と月光と」
    小島信夫「馬」
    庄野潤三「静物」
    須賀敦子「大聖堂まで」
    山尾悠子「遠近法」
    村田喜代子「白い山」
    伊井直行「さして重要でない一日」
    皆川博子「結ぶ」
    菊地成孔「放蕩息子の帰還」

    さくせいちゅう?

  • 強い仔馬
    • 事務系

    2014年秋に、3年間住んだアメリカ、ボストンより帰国しました。今後は、仕事関係の法律の本は日本語で、娯楽のための本はなるべく英語で読みたいと思っています。

    【興味のある分野など】
    海外文学(特にイギリス)、ブッカー賞、サイファイ、アダプテーション

    もの

  • Yuko
    • おおにし
      • A型
      • 技術系
      • 滋賀県

      (2014/12/07更新)

      まいど、ナイス、コメントをいただきありがとうございます。

      読書メーターで本の感想メモと読みたい本のリストが一緒に管理できるようになり、大変重宝しております。
      おかげさまで読んだ本、読みたい本がすっきり整理でき、読

      書量も大幅にアップしました。
      また、皆さんの感想を読んで手にとった本も多く、読書の幅も広がりました。
      とても感謝しています。

      さて今まで、質より量の読書をしてきましたが自分の余命を考えると、そろそろ量から質への転換を図っていきたいと思います。
      読み終えるのに時間がかかるため、今まで敬遠してきた古典たちと今後はじっくりと向き合っていこうと決意しました。
      とは言え、誌友さんが面白そうな本を読んでいると、ついつい読みたくなって、読みたい本リストが大変なことになってます(笑)

    • じんしぃ
      • かみつきいぬ
        • 東京都
      • はぴた(半分お休み中)

        何を読んだか記録するために始めた読書メーター、感想も書くようになったら本の記憶が深く残るようになりました。これは嬉しい。
        読友さんのおかげて新しい本に出会えるのも楽しい。皆さん、ありがとうございます。

        遅れてやってきた歌舞伎ファンなので、まだまだ勉

        強中。
        いつか地方の昔ながらの劇場で観てみたい!

      • Katsuhito Wakiya

        「私は文学を愛しています。その広大さ、多様さを愛しています。(中略)あらゆる優れた小説は一つの奇蹟です。私には小さな奇蹟、中くらいの奇蹟、大きな奇蹟のどれかを選ぶことができるということ、もっぱら個別的な事柄を語る奇蹟と、普遍的な事柄を語る奇蹟との間で選択の

        余地があるということが好ましいのです。世界のあちこちで、作家にとっても読者にとっても、文学が異なる役割を演じ、異なる欲求にこたえているという状態が望ましい。自分には好きになれない本があり、それを実に多くの人たちが褒めそやしている、ということさえ、私には好ましく思われます! 文学においてはいっさい何のリミットもないというのが私は好きです」(『バイリンガリズム、エクリチュール、自己翻訳--その困難と喜び』Nancy Huston著、野崎歓訳、『新潮』2008年より)

      • 長谷川透
        • 1985年
        • O型
        • 神奈川県

        純文学を中心に幅広いジャンルの小説を読みますが、エンタメ色の強過ぎるものはあまり読みません。

        最近、読書会に参加するようになりました。
        読書メーターのユーザーの方々とも、交流できればなと思っています。読書会の企画等ありましたら、気軽にメールを下さい

        *フォロー・フォロワーユーザーに限定させて頂きます。また、面識の浅い方からのお誘いは即座に返事できない場合があります。

        混沌とした時代に我々は生きています。
        そんな中で文学は、とてもささやかだけれども、生きる糧になってくれます。
        文学は具体的な指針を示してくれるものではありません。
        でも、文学を読むことで我々は何かしらを救われているように僕は感じます。

      • 安南
        • 専門職
        • 東京都

        アナンと申します。
        読むのは好きだけど、書く方は苦手。
        稚拙な感想お恥ずかしい。

        読み終わった本は基本的に売るか、あげるか。あまり手元には残しません。
        なので読書メーターはメモがわりに始めました。
        それが、みなさんの感想を読み始めたら楽しくて

        楽しくて…読みたい本がどんどん増え続けています。

        お気に入り登録、解除、どちらもどうぞお気軽に。

        先日、全く面識のない方を手違いでブロックしていることに気がつきました。
        現在、ブロックしている方はいないはずです。もし、不可解な点があれば、どなたかを通じてお知らせください。

        進行性難病患者。
        肺の病ゆえ、時々喀血したりも。
        病気柄、タバコつぶやきは苦手です。
        本の感想もちょっと病人目線なところもあります。ごめんなさい

      • terupoterupo
        • 1984年
      • 裕
        • どんぐり
          • A型
          • クリエイター系
          • 神奈川県

          画像を変更(2016.9.25)。実家からチャリで10分、安田侃の作品が点在する公園。夏、本を読むお気に入りの場所。

        • ゆはた
          • 愛知県

          マンガばっか読んでます。好きなマンガ誌は週刊少年チャンピオン、コミックビームなど。
          他に好きなのは神話学や民俗学、西洋史、書道、創作人形やドール関連の本。
          小説を読むのは苦手。持病のせいもあり文字だけでは内容を頭で思い描く事が難しく、何度も読み返さない

          と理解できないから。でも色々と読んでみたい本は沢山あります。
          思い出しては過去に読んだ本を登録したり、買ってすぐ登録したりしているので読了日は適当です。
          元書店員。

        • 宙

          家庭文庫主宰。国語&書道講師。
          日本一の学校図書館(と思ってる)で育ちました。硬軟とりまぜて活字中毒症。絵本児童文学鑑賞&読み聞かせはライフワーク。

        • dumpty

          絵本や児童書、YA作品ばかり読んでいますが、東京オリンピックの年に生まれたおばちゃんです。

          辰年でしし座でO型とどの占いを見ても、書かれているのは「女王様」気質であるということ。実際には女王様とは程遠い小心者(笑)。女王様がお城に図書室をお持ちならそ

          こに住み着いて、誰からも忘れられた存在になりたい・・・。

          2014.2.6
          気持ちを新たに、再び本を読む人に戻ります。

        • めみ
        • チェリ
          • その他

          2020年、積読本を崩し中。文芸誌『群像』の定期購読。2019年、神田古本まつり初参戦。ハインラインはやはりイイ! 大江健三郎!!
          2018年、昨年末からの流れでコミック、詩集、パキスタン。
          2017年、文化人類学ジャンル本が楽しい。クルアーンと出会う。

          2016年、町田康にハマってしまい古代ローマが進みません。
          2015年のお気に入りは塩野七生『ローマ人の物語』、眉村卓『司政官』、保坂和志。
          2014年はジャック・ロンドンと吉村昭の文学を開拓しました。

        • はちてん
          • 東京都

          「今、ここ!」を心して生活したいと思うようになりました。人生の分岐点で読書に救われることが多かった。これからも読書の力を信じていきたいと思う。

          進行性の病気が発覚して精神的にもいろいろあって2015年の夏は暑過ぎました。読メの皆さんの言葉に励まされ癒

          やされ、感謝しています。これからも宜しくお願いしますね。

          2015年8月、大病発覚。入院することになりました。秋には読メ復活できると信じて、しばらくお休みします。☆やコメントは出来ないかもしれませんが、時々読友さんの感想拝読しますね。

          クラシック音楽と文楽(人形浄瑠璃)が頗る好き。落語も大好き。行ってみたいのは江戸時代中期と平安時代。会ってみたいのは弘法大師空海、徳川慶喜、岡本綺堂。

        • 全62件中 1 - 20 件を表示

        ユーザーデータ

        読書データ

        プロフィール

        登録日
        2010/12/18(3772日経過)
        記録初日
        2010/05/20(3984日経過)
        読んだ本
        300冊(1日平均0.08冊)
        読んだページ
        70824ページ(1日平均17ページ)
        感想・レビュー
        258件(投稿率86.0%)
        本棚
        19棚
        性別
        外部サイト
        自己紹介

        今まで読んできたのは、、マッカラーズ 中島敦 北条民雄 鶴見俊輔 富岡多恵子 岡本かの子 森茉莉 石井桃子、Jオースティン、アンタイラー ヴォネガット 金井美恵子 金庸 張愛玲 などなど。

        読書メーターの
        読書管理アプリ
        日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
        新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
        App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう