読書メーターあなたの読書量を記録・管理

やまはるかさんのお気に入られ
19

  • thayami
    • Mao Aldu

        いま、ちょっこし落ち着かない日々を過ごしています。
        お盆前あたりから、感想アップします。
        よろしくお願いします。

        オオカミ(熊、梟も好き)の踏み跡を追っているうちに冬の長い地域の本に嵌ってしまいました。(石川直樹氏のインスタで紹介される本に触発され続け

        ています。)

        ★学生時代は、絵画を専攻してました。(汗)深い挫折を味わい未だ立ち直れず(^^:)。でも、ギャラリー巡りは好きです。
         心の恩師は秋山道男さん。永遠です。

        ときどき、ここにいました。(休憩中)
        よろしくお願いします。

        shimirubon.jp/users/1673846
         (nekonomimi)

      • みも
        • 1964年
        • 群馬県

        2019年6月に、長野県から群馬県に越しました。
        今後ともよろしくお願いいたします。
         
        心酔する作家は三島由紀夫、安部公房、南木佳士、髙村薫。

         人生に多大なる影響を及ぼした5冊
           ●シートン動物記『オオカミ王ロボ』
           ●高野悦子『二十歳の原点


           ●三島由紀夫『金閣寺』
           ●安部公房『砂の女』
           ●アンドレ・ジッド『狭き門』

         最近のお気に入り
           ●髙村 薫『照柿』『マークスの山』
           ●天童荒太『永遠の仔』『家族狩り』
           ●横山秀夫『クライマーズ・ハイ』『64』
           ●南木佳士『阿弥陀堂だより』『医学生』
           ●高野和明『ジェノサイド』『13階段』
           ●桜木紫乃『起終点駅』『ホテルローヤル』
           ●鈴木るりか『太陽はひとりぼっち』
           ●貫井徳郎『灰色の虹』『殺人症候群』

         サクサク読める系
           ●井上夢人(岡嶋二人)

         若かりし頃は気に入った少数の作家を精読してました。
         ひと通り世界、日本を問わず名作と評されているものは、理解不足ながらも読んでみました。

         現在は、ジャンルにこだわらず濫読派です。想像力が乏しいため歴史物とSFは苦手です。
         流行や話題性は全く気にしません。評論、ビジネス本、ハウツー本、雑誌、漫画の類は読みません。小説限定の読者です。

         感想は極力ネタバレにならないように努めています。その為、具体性を欠いた抽象的な文章になりがちです。購買意欲を掻き立てる讃辞は専門の解説者にお任せして、個人的に感じた良し悪しを率直に書こうと思っていますので、時には辛辣な意見も述べますが、著者への敬意は忘れないよう心掛けています。

         ナイスへのお礼コメントはしておりません。悪しからずご了承下さい。
         心に響いたレビュー、コメント、つぶやき等には、できる限りコメントを入れたいと思っています。

         但し、政治的・思想的発言は控えています。よって、その話題での議論には参加いたしません。

         読メに求めるものは各人異なると思います。僕は、純粋に小説についての良し悪しを共感できればと考えております。作品についての批判は受容しますが、個人のレビューに関しての批判は好ましくないと考えています。

         機転も利かず、マンガもほとんど読まず、ユーモアに乏しく、そんなこんなで、あまり面白みは無い男ですが、よろしくお願いいたします。

      • すえ
        • 1968年
        • AB型
        • 営業・企画系
        • 埼玉県

        読書メーター始めて12ヵ月目。日々皆さんの読んだ本や感想を読んで刺激を受けています。ナイス・コメントありがとうございます。

        ★先月読んで心に残った一冊:先月は戦争をテーマにした作品を2冊読みました。ティム・オブライエン『本当の戦争の話をしよう』、ベルンハ

        ルト・シュリンク『朗読者』どちらの作品も実体験をもとにして書かれたように思いますがあくまでフィクションであり、そしてフィクションであるからこそ読み手は考えさせられ、よりリアルに戦争の悲惨さが伝わってくるように思いました。

        ★G1000:ガーディアン必読書1000冊の魅力に嵌まり、皆さんの読んだ本を参考に、入手しやすいものから手当たり次第読んでいます。現在既読51冊。1000冊読破まで読むべき本が無尽蔵にあることがうれしい。

        ★G1000既読リストは以下の通り
        1『星の王子さま』_F
        2『二十日鼠と人間』_B
        3『ノルウェーの森』_A
        4『ねじまき鳥クロニクル』_F
        5『日の名残り』_A
        6『地下室の手記』_E
        7『罪と罰』_B
        8『華氏451度』_F
        9『1984年』_F
        10『大いなる眠り』_B
        11『宇宙戦争』_F
        12『存在の耐えられない軽さ』_A
        13『マルタの鷹』_B
        14『太陽の帝国』_G
        15『動物農場』_E
        16『三つの棺』_B
        17『緋色の研究』_B
        18『四つの署名』_B
        19『家族の終わりに』_A
        20『コレラの時代の愛』_A
        21『オリヴァー・ツイスト』_E
        22『人生使用法』_C
        23『われら』_F
        24『サンキュー、ジーブス』_C
        25『ブランディングズ城は荒れ模様』_C
        26『ペスト』_E
        27『ソラリス』_F
        28『ペンギンの憂鬱』_C
        29『ボートの三人男』_C
        30『血の収穫』_B
        31『贖罪』_A
        32『狭き門』_A
        33『サイラス・マーナー』_E
        34『スタイルズ荘の怪事件』_B
        35『そして誰もいなくなった』_B
        36-1『ガラスの街』_B
        36-2『幽霊たち』_B
        36-3『鍵のかかった部屋』_B
        37『ザ・ロード』_F
        38『ゴリオ爺さん』_D
        39『香水』_B
        40『城』_C
        41『老人と海』_D
        42『野生の呼び声』_G
        43『ティファニーで朝食を』_A
        44『シャイニング』_F
        45『本当の戦争の話をしよう』_G
        46『ファイト・クラブ』_F
        47『高慢と偏見』_A
        48『朗読者』_A
        49『カンディード』_G
        50『嵐が丘』_A
        51-1『ジェーン・エア』_A
        ※1~6は読メ未登録
        ★分類
        A「Love (ロマンス系)」
        B「Crime (犯罪系)」
        C「Comedy (コメディ系)」
        D「Family and Self (家族・私小説系)」E「State of the Nation (社会派系)」F「Science Fiction and Fantasy (SFおよびファンタジー系)」
        G「War and Travel (戦争および旅行記系)」

      • hagen
        • 大阪府

        最近になってようやく
        纏まった読書時間が確保できる様になりました。
        海外小説を中心に読み進めていますが、
        もう少し食指分野を広げればと思ってます。

        文学の迷宮に迷い込み
        抜け出し難いままに
        ゆったりと生きていければ
        これ程、素晴らしい事はありませんね。

      • 蘭奢待
        • IT関係
        • 東京都

        音楽、美術、人文、世界史、海外文学多し。日本の文学、文芸書や技術書、実用書、ビジネス書等も読むが読メには登録しない。
        紙とインクの香りが好き。書店では青木まりこ現象を発症。
        読書は非娯楽。装幀はアート。良書で良装幀本は嬉しい気持ちになる。それを納めた書棚

        もまたアート。現実の書棚に収めるのが夢。
        職業上の反動でアンチデジタル、アンチ電子書籍。INFP

        未読積読本の幸福な山に囲まれ、果たして生涯で消化できるのか疑問。故に、追加購入と、読み始めの本選びには吟味を重ねる。
        触ると崩れる本の山に家人に叱られ、断腸の思いで蔵書の整理に格闘する毎日。

        自前の読書データベースに長年記録。気が向いた時に興味深かった本を抜粋して読メで紹介します。長年の読書遍歴を見ると、その傾向の変化に我ながら興味深い。

        趣味、あるいは好きなことは、酒を飲むこと(ウイスキー、ワイン、スピリッツ系)、音楽を聴くこと(主にクラシック)、オートバイ(SR500)、アウトドア(野宿、野営)。

        ナイスしてくれた人の書評読ませて貰ってます。思想信条、意見は違えども、読書傾向が似ている人の書評を読みたいのでフォローさせてもらってます。無言フォローにつき御容赦を。

        映画関係はこちらに移りしました。
        https://filmarks.com/users/Baterenko

      • natsuko

          8月は「短篇小説」「知らない世界」「皆川博子」

          ⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂⁂

          能に興味があります
          よくベンチで本を読みます

          一読では理解できない、幻想的で多面的なものを探りながら読むのが好き。読みながら迷子になるような、霧の中を歩くような、夢と現実の境い目があ

          やふやな物語に惹かれがち。好きな本は繰り返し読みます。

          好きな作家。タブッキ、フリオ・コルタサル、ボリス・ヴィアン、パスカル・キニャール、内田百閒、古井由吉、日野啓三、堀江敏幸、多和田葉子、山尾悠子、金井美恵子、小川洋子、中上健次。ジュール・ヴェルヌ、幸田露伴、泉鏡花、須賀敦子。

          特別な作家。吉行淳之介、芥川龍之介、安部公房、尾崎翠、フランツ・カフカ、レイ・ブラッドベリ、リチャード・ブローティガン、ジュンパ・ラヒリ。

        • どんぐり
          • A型
          • クリエイター系
          • 神奈川県

          画像を変更(2016.9.25)。実家からチャリで10分、安田侃の作品が点在する公園。夏、本を読むお気に入りの場所。

        • メルコ
          • 自営業

          仕事の都合で、冬にしか本を読んでいる時間がありません。
          なので冬の間は、読書漬けの日々を送っています。

          他の方の感想を見るのを楽しみにしています。
          自分の知らない本を知り、新たな世界を発見できるのを楽しみに
          しています。

          ここ数年のベストセレクトは、

          2011年は、「楽園への道」(バルガス=リョサ) 
          2012年は、「蜘蛛女のキス」(プイグ) 
          2013年は、「ブラック・ダリア」(エルロイ)
          2014年は、「アンネの日記」
          2015年は、「ヘルマンとドロテーア」(ゲーテ)
          2016年は、「アンダーグラウンド」(村上春樹)
          2017年は、「こころ」(夏目漱石)
          2018年は、「掏摸」(中村文則)
          2019年は、「ヘヴン」(川上未映子)
          でしょうか。以前は海外文学中心でしたが、最近は日本のものが多くなってきています。

        • しんすけ
          • 1946年
          • 技術系
          • 東京都

          墓場に縁がない耄碌人間。何故か、読書中だけ生きている。

          12歳までは噺家になりたいと思っていたけれど、
          なぜか、15歳ころは音楽家を志し
          17歳のころは小説家に憧れ
          18歳にしてマルクスの衝撃に感電してしまった。
          ところが気がついたら電子回路屋になってい

          た。

          ってわけで生涯貧乏、墓を造るような金を残せるわけがない。
          遺言書には「死んだら塵箱に捨てもらうように」と書いておいた。建前社会では迷惑な遺言であると思うが、個人は建前のために生きているのではないから、考え方を曲げる訳にも行かない。

          面白くない喜劇を演じる役者が人間なのだと、最近強く思うようになってしまった。

          2020年2月13日 上記を変更しなければならなくなった。
          妻が亡くなり一人暮らしの身になってしまった。こうなればお迎えが来たら自動的に塵回収されるに違いない。

        • おおた
          • A型
          • IT関係
          • 東京都

          趣味は読書・苔観察。

          海外文学を対象にした読書会を2ヶ月に1回のペースで開催しています。次回は2018年8月25日、課題図書はリチャード・パワーズ『舞踏会へ向かう三人の農夫』。場所は東京都内某所、参加者にのみお知らせしています。興味のある方はメッセージを

          お送りください。

          スティーブン・キングは『グリーン・マイル』までものすごく好きで、特に扶桑社の短篇集は何度も読み返した。ラブクラフト全集もたくさん読んで、4巻がベスト。ファンタジーや怪奇小説に目覚めた中学時代。

          高校で演劇に転向し寺山修司・橋本治の影響を受けました。大学ではのらくらと麻雀しながら大島弓子先生や内田善美先生、成田美名子先生を中心に少女漫画ばかり。

          大人になってからはSFを経てラテンアメリカ文学を中心として海外文学、民俗学、短歌、哲学などを中心に読んでいます。安月給の編集・校正を経てWEB業界にもぐりこみましたが、月給はさほど変わらず。

          とにかく苔。特に苔類の規則正しさが好き。

          2018年時点で人に勧める本は、以下の通り(順不同)。
          ・ガルシア=マルケス『族長の秋』
          ・ウィリアム・トレヴァー『聖母の贈り物』
          ・ピエール・クリスタン『着飾った捕食者たち』
          ・キリル・ ボンフィリオリ『深き森は悪魔のにおい』
          ・フリオ・リャマサーレス『黄色い雨』
          ・アラスター・グレイ『哀れなるものたち』
          ・ロバート・アーウィン『アラビアン・ナイトメア』
          ・フリオ・コルタサル『悪魔の涎・追い求める男 他八篇』
          ・アレクサンドル ジノビエリ『酔いどれロシア 戯画詩集』
          ・ジーン・ウルフ『デス博士の島その他の物語』
          ・国枝史郎『神州纐纈城』
          ・ミラルド・パヴィッチ『ハザール事典』
          ・ウラジーミル・ナボコフ『賜物』
          ・アート・スピーゲルマン『マウス』
          ・プラトーノフ『土台穴』
          ・マーク・ヘルプリン『ウィンターズ・テイル』
          ・石牟礼道子『苦界浄土』
          ・宮本常一『塩の道』
          ・デニス・ジョンソン『ジーザス・サン』
          ・アーサー・ブラッドフォード『世界の涯まで犬たちと』
          ・ピョートル・ワイリ,アレクサンドル・ゲニス『亡命ロシア料理』
          ・ジョン・クロウリー『エンジン・サマー』
          ・ウラジーミル・ソローキン『ロマン』
          ・ウィリアム・フォークナー『八月の光』
          ・リチャード・フラナガン『奥のほそ道』

        • みあ

          はじめまして。みあと申します。人生で影響を受けた100冊です。

          https://bookmeter.com/users/588596/bookcases/11551254

          今年中にハンナ・アーレントとベンヤミンと夏目漱石を読破します(最近は南米文学には

          まっていますが)。頑張ります。

          つぶやき多めですが、それでもよければお気に入り登録お願いします♪♪♪

        • AN

          2018年に読書メーターを始めて以来、読書の幅が広がったように思います。読友様達からとても良い刺激を受けていると思います。
          主に洋書と和書の時代物、その他に肩の凝らない軽めの小説やエッセイを読んでいますが、今年はミステリーやファンタジーにも手をつけたいと考

          えています。
          ガーディアン紙推薦の1000冊のコミュニティーに入ってから、思いがけない本との出会いがありました。

          のんびり楽しみたいと思います。
          よろしくお願いいたします。

        • lily

            愛書狂。岩波とその周辺を偏愛。私の未来に期待出来る事があるとすれば、残り5万冊読了の果て。読書好きしかいないここは楽園か、素晴らしい。どれだけ慰めになっていることか。そういう島があれば、移住したいほど。(韓国には「パジュ・ブック・シティ」という出版社が25

            0社、1万人以上が本業界の人という「本の街」があるみたいだけれど。神保町も負けてないのかな。)みなさんの本棚や感想をこそっと覗き見するだけでも愉しい。年間1000冊は読みたいけれど、現状は、月間50冊もいかない。シクシク。読書だけして生きていければ最高だけれど。そうもいかないジレンマと日々闘っていて、優先順位は勿論、読まない本を決めることも大切だなって思ってる。なるべく言語アートと思える本に出会いたいから、世界の古典的名著は最優先。と言いつつ、科学本も読んでしまうという、好奇心だけは何処までも旺盛だから、人生何回あっても読み足りたくて困ってる。私の悩みもここでは共感してくれる人が集まってくれてるんだろうなぁ。好きな作家は感受性の高い人に集中する傾向があるんじゃないかな。シェイクスピア、ルソー、ソロー、ポール・セロー、ショーペンハウアー、セネカ、ニーチェ、三浦綾子、三島由紀夫、中島義道、ゾラ、ヘッセ、カフカとか。私みたいな読書廃人かこれら周辺の貴重な仲間達、(まさかね、ここに読書が嫌いって人はいないでしょ?)大事な読書時間の1分を割いて、どうでもいい私の独り言を読んでくれてありがとう。キミは今、何を読んでるのかな?

          • chanvesa
            • A型
            • 営業・企画系
            • 千葉県

            町田康、武田百合子、ゼーバルトが好きな作家、ナボコフ、ウルフ、フォークナーが気になる作家です。

          • あしぶえ
            • これらの時代
              • 神奈川県

              横浜在住

            • かぜふけば
              • haruka★
                • A型
                • 京都府

                読んだ本を記録したくて始めました。
                自然科学、特に宇宙や人類・世界の歴史に関する本が好きです。
                小説は、現実逃避したいので海外のものが好きなのですが、2ページ目で挫折してしまうことが多く、読み進められる本がなかなか見つかりません。
                でも、好きなので ここで

                色々と参考にしたいです♪

              • 全19件を表示

              ユーザーデータ

              読書データ

              プロフィール

              登録日
              2018/05/15(818日経過)
              記録初日
              2018/05/17(816日経過)
              読んだ本
              217冊(1日平均0.27冊)
              読んだページ
              70364ページ(1日平均86ページ)
              感想・レビュー
              201件(投稿率92.6%)
              本棚
              1棚
              性別
              現住所
              岐阜県
              読書メーターの
              読書管理アプリ
              日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
              新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
              App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう