読書メーターあなたの読書量を記録・管理

9月の読書メーターまとめ

皿倉山
読んだ本
12
読んだページ
2897ページ
感想・レビュー
12
ナイス
5247ナイス

9月に読んだ本
12

9月のお気に入り登録
23

  • nanako_ionazun
  • かりんとう
  • くるま
  • ちちこ
  • カクテル
  • せっかちーぬ
  • したっぱ店員
  • marimi
  • キムトモ
  • まみちょ
  • 花梨
  • yokorin
  • 牛歩
  • なつ
  • 音姫
  • 綾
  • ゆうちゃん
  • どんちゃんまま
  • むーちゃん
  • jin
  • Prince of Scotch
  • さくら
  • ATSU

9月のお気に入られ登録
23

  • nanako_ionazun
  • くるま
  • かりんとう
  • ちちこ
  • したっぱ店員
  • せっかちーぬ
  • marimi
  • まみちょ
  • 花梨
  • キムトモ
  • yokorin
  • 海の子
  • 牛歩
  • サツキ
  • なつ
  • 音姫
  • 綾
  • ゆうちゃん
  • どんちゃんまま
  • jin
  • むーちゃん
  • ATSU
  • さくら

9月のトップ感想・レビュー!

皿倉山
現代のホロコーストである。中国人は嫌いじゃないけど、中国共産党は嫌いだ。中国共産党に洗脳され、ウイグル人迫害の先兵にされている中国人が哀れです。 このニュースはどのくらい世界に伝わっているのだろう? 日本のニュースで見た記憶がありません。 日本政府は何かコメントを出しているのか、そんなニュースを見たこともないし。中国経済に頼り過ぎるから、中国共産党に忖度しているのか。 今私にできることは、中国製品を買わないことぐらい。 
keiトモニ
2019/09/04 11:06

皿倉山さん、ナイスありがとうございます。私も中国共産党は嫌いですね。いろんな人に読んでもらって考えてもらいたいものです。

が「ナイス!」と言っています。

9月のトップつぶやき!

皿倉山

8月もナイスをくださった皆様、ありがとうございました。 9月もよろしくお願いいたします。 2019年8月の読書メーター  読んだ本の数=15冊 ( 購入相当金額=18,931円 ) 、 読んだページ数=4312ページ 、  ★先月に読んだ本一覧はこちら→ https://bookmeter.com/users/872663/summary/monthly

皿倉山
2019/09/01 09:37

お金がないから図書館頼み。 時間はあるけどお金はない。   な~んてね!

ふう
2019/09/01 09:51

上に同じ^^。

が「ナイス!」と言っています。

9月の感想・レビュー一覧
12

皿倉山
「うっそー! それって本当! そんなこと言って大丈夫?!」なんてことが書かれている、押井氏によるジブリ暴露本です。 アニメを見るときに、作品における監督やプロデューサーの意図にまで思いを馳せながら見たことはない。ただ面白いかどうかだけで見ていた。ジブリ作品で見たのは、「ハウル」までで「紅の豚は」敬遠した。 それでも「コクリコ」は作品の時代と世界観が好きで見ました。 ジブリ時代の後半の作品は、やはりジブリブランドに観客は取り込まれたのでしょうか。 どちらにしてもジブリ解説本としては最高に面白かった。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
久々に骨太の関川夏央氏の作品を読みました。とっても濃い時間を過ごせて楽しかった。後半は何かに憑りつかれた様に読んでいました。 今まで司馬遼太郎の作品は好んで読んできたが、作品の裏に潜む人間・司馬遼太郎を意識して読んだことがなっかたと気付かされた。 「憂国の士・司馬遼太郎」の思いに触れることが出来て幸せであるとともに、そこに導いていただけた関川夏央氏に感謝いたします。 今一度、司馬遼太郎とは何者かを知るために、「この国のかたち」を丁寧に読んでゆきたいと思っています。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
天神さんへ寄進する銀二貫。紆余曲折の後にハッピーエンドで終わって良かった。 江戸時代では、神社・仏閣に寄進をするという事は、名をあげるという事もあるでしょうが、報恩だったと思います。  災害にあった神社の再建に寄進したり、有力者の寄付で橋を架けたり、お上のお金を当てにすることなく、町人達が助け合って生きて行く。 まさしくお金は世のため人のために使っていた時代。 律儀な性格は日本人の美徳でしたが、いつの時代からかその美徳が薄れてきた感がします。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
やさしく書かれていてとても読み易い、けど深い。読み易いからと言って、しっかり理解できているかは別問題である。仮に理解でていたとしてもそれを実践するとなると、覚束ない気持ちになる。そんな気持ちになるという事は、血肉のごとくに理解できていない事だと思う。 実学にまで落とし込むのに、今までの人生の半分の時間がかかるとの事。 ならば時間が足らなくとも、私の寿命まで『アドラー哲学』に付き合っていこうと思っています。
marimi
2019/09/19 06:18

今、アドラーに学ぶ よく生きるために働くということを読んでます。薬で胸とお腹締め付けられるみたい。職場にしがみつきたいのでは無く、誰かを知りたかっただけでした。あー、ヤバいコレ何に討たれたんだろ?!胸に来る〜

ふなさと
2019/09/19 08:50

私も「嫌われる勇気」を何回も読み込んでいます。自分の中に落とし込むって本当に難しいですね…

が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
生物学的に考えれば、生物の存在目的は“種を残す”ことが絶対なわけですが、その意味からすれば現代社会の人類は、もはや野生生物ではないのかも。 最後の章の 「新しい家族」で語られた、性と生活の分離がそのいい例だと思います。 セックスを家庭に持ち込まない的に、共同生活のみで性関係はなかったり、女性の同性婚であっても出産は体外受精だったり。 従来の家族形態は残しつつ、この先まだまだ家族の役割や家族の絆も変わっていくのでしょう。 その変化がいかに理解し難くとも、時代を追いかけたいと思います。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
忍藩(現 埼玉県行田市)の下級武士・尾崎石城が書いた江戸末期の絵日記である。生活は楽でない下級武士だが、文才・画才を発揮した副業で生計を立てていた。 仲間内の下級武士や在所の寺の僧侶や料亭の女将など交友範囲は広く、事あるごとの宴会三昧の印象が強い。 以前読んだ『幕末単身赴任 下級武士の食日記』でもそうであったように、下級武士の気ままさが記されていて、心惹かれます。 「金は天下の回り物や宵越しの金は持たぬ」的な生きざまには憧れます。 エンゲル係数が高くても幸せいっぱいの様である。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
1937年に注目して、当時の新聞報道を主軸に、日中戦争がどの様に拡大して行ったかが記されている。 盧溝橋事件に始まった北支事変が、いかに1945年の敗戦を決定づけているかが良く分かりました。戦争拡大に伴い、政界・軍部・新聞界が挙国一致へと傾き、「国民精神総動員」で国民の意思を戦争に集中させ、「国家総動員法」ですべての反対勢力を封じ込めてしまった。 足元を注意せず、坂道に気付かないままに歩んでいたら、いつの間にか奈落の淵にたどり着いていた、その始まりが1937年だった事に納得です。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
私にとって読んでいて楽しい本は、読み進めるとともに情景を現出させてくれる本である。さらにそれが自分の認識と重なるものが多いほどより楽しい本である。でも読んでいても情景が思い描けない時や思い描けても共通認識に至らない本は、私にとっては楽しくないものになる。 様々な作家さんによるコーヒへの思いや、喫茶店や街角のひと時の情景、コーヒーが好きでなくてもコーヒー通でなくても、楽しく読めると思います。 読んでる途中でみなみらんぼうの「ウイスキーの小瓶」が頭を駆け巡りました。なぜなんだろう??
ともち
2019/09/13 07:16

コーヒーの美味しさだけでなく、コーヒーにまつわる思い出など、「コーヒー」の言葉一つで、様々な景色があり、おっしゃる通り楽しく読めますね。

が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
「嫌われる勇気」を読んだ後にこの本で順序が逆になったが、「アドラー心理学入門」を読んでみました。 哲学を専門用語を使わずに明快に誰にも理解できるように語ることが、哲学学会の反感を買うのであれば、そんな学会派哲学は私にはいらない。通ぶった哲学などは、以ての外である。 「自己受容」、「他者信頼」、「他者貢献」など頭では理解できても実践となるとなかなか難しい。相手が子供であっても、対等な横の関係で接することも、まさしく 「言うは易し行うは難し」 です。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
読んでは妄想にふけりどこまで読んだっけと後戻り、読んで-妄想-後戻りを繰り返しやっと読了。 少子化を止めたい国家と、シングルマザーでいいから好きな芸能人の子供を産みたいと宣う負け犬予備軍と、養子でもいいからと子供を望む不妊夫婦、この三者を結びつける方策を妄想していたが、そんな妄想はとても書けない。 「女は出産マシーンではない」とか「子どもの人権を考えているのか」等の批判が噴出するのは、炎上を見るよりも明らか。 負け犬女子の原因は、男性の草食化が原因でしょうか。 「男よもっと肉を食え!」ではダメか。
が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
現代のホロコーストである。中国人は嫌いじゃないけど、中国共産党は嫌いだ。中国共産党に洗脳され、ウイグル人迫害の先兵にされている中国人が哀れです。 このニュースはどのくらい世界に伝わっているのだろう? 日本のニュースで見た記憶がありません。 日本政府は何かコメントを出しているのか、そんなニュースを見たこともないし。中国経済に頼り過ぎるから、中国共産党に忖度しているのか。 今私にできることは、中国製品を買わないことぐらい。 
keiトモニ
2019/09/04 11:06

皿倉山さん、ナイスありがとうございます。私も中国共産党は嫌いですね。いろんな人に読んでもらって考えてもらいたいものです。

が「ナイス!」と言っています。
皿倉山
終戦後に初代宮内庁長官をつとめた故・田島道治氏の新たな資料が2019.8.19に公開されたのに絡み読んでみました。今後この資料をもとに新たな「昭和天皇」が出てくるでしょう。それに先駆け現時点の「昭和天皇」を復習です。 貞明皇太后や高松宮との確執や、天皇の「戦果をあげないと戦争終結は難しい」と言うお考えはどの程度だったのか。またA級戦犯の合祀とその後の靖国神社参拝の取り止めや、「謝罪詔勅」に反対した吉田茂の思いなど、いろんな知りたいが沸き上がりました。 関連本をさらに読んでみたい。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/05/19(514日経過)
記録初日
2015/01/07(1742日経過)
読んだ本
496冊(1日平均0.28冊)
読んだページ
134803ページ(1日平均77ページ)
感想・レビュー
414件(投稿率83.5%)
本棚
3棚
性別
血液型
O型
現住所
福岡県
自己紹介

はじめまして
日本史が好きです。江戸時代から1930年代までが特に。それと「日本人・日本文化」的なものに偏り気味です。 小説は敬遠気味だけど、少し視野を広げたいと思ってます。

皆様の読書データを拝見し、未知の世界を知れて、読みたい本が増えてゆきます。感謝!

感想やつぶやきが反社会的でなければ、「見ましたよ」程度で私はナイスをします。 たとえ意見が違っていても「そういう考えもあるよね」程度のナイスです。 だから私のナイスは、共感できても同意できるとは限りません。 先ずは相手の気持ちに寄り添いたい、そんな気持ちからのナイスです。

人見知りのため、あまりコメントできないと思います。お許しください

”本の登録”には、ナイスしませんので、簡単でも感想をお書きください。

無言でのお気に入りをお許しください。尚 お気に入りが不都合な方は、メッセージにてお知らせください。

来る者は拒みませんが、ナイスは挨拶と考えておりますので挨拶のできない方は、お気に入りを解除することがあります。ご容赦下さい。
                         2019.05.24更新

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう