読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2月の読書メーターまとめ

じぇい
読んだ本
6
読んだページ
1917ページ
感想・レビュー
6
ナイス
123ナイス

2月に読んだ本
6

2月のトップ感想・レビュー!

じぇい
ええなあ🤗5人の高校生のそれぞれの視点から書かれた5篇のストーリー。一話めはかなり「やられた感」があって、この後この「やられた感」を4発も食らうのか!とワクワクしながら読み進めたが、後はそれほどでもなかった。でも、そこは住野さん、一人称なのに他の人物の心情が痛いほど分かり胸の端っこがチリチリする。しかも5人それぞれの視点の5篇なのでストーリーに立体感がある不思議な感覚。にしても心情を丁寧に描かれたこういう青春グラフィティー的作品を読むと、もっと丁寧に生きてくればよかったといつも反省する。
が「ナイス!」と言っています。

2月の感想・レビュー一覧
6

じぇい
ええなあ🤗5人の高校生のそれぞれの視点から書かれた5篇のストーリー。一話めはかなり「やられた感」があって、この後この「やられた感」を4発も食らうのか!とワクワクしながら読み進めたが、後はそれほどでもなかった。でも、そこは住野さん、一人称なのに他の人物の心情が痛いほど分かり胸の端っこがチリチリする。しかも5人それぞれの視点の5篇なのでストーリーに立体感がある不思議な感覚。にしても心情を丁寧に描かれたこういう青春グラフィティー的作品を読むと、もっと丁寧に生きてくればよかったといつも反省する。
が「ナイス!」と言っています。
じぇい
装丁とタイトルに惹かれて購入。SEKAI NO OWARI のキーボーディストSaoriさんの著書だということは購入後知った。楽曲はもちろん知っているが、彼女達のエピソードなどは全く知らない。前半は「天は優れた人には二物も三物も与えるのねぇ、不公平だ」と思いながら読んだ(書き上げるのに5年を要したってことなので、努力なんて知らない「天才」というのとは違うんだな、と後書きを読んで知る)。が、後半は「ひょっとしてこれ実話?」って展開になる。小説はそういう邪心を持って読むこと自体野暮なこと。いい作品だと思う。
が「ナイス!」と言っています。
じぇい
美人は大好きです。強い女性にも惹かれます。暗い過去のある女も好みです。小説の中の話ですけどね。が!本作、主人公の涼子にあまり魅力を感じない。なぜだろう🤔?貴山しかり。5篇から成る連作短編集なので、サイドストーリーを絡めて登場人物達を掘り下げるスペースがないからかな?また、短編ゆえトリックの解明や人間関係の絡め方も複雑にできるだけの余裕がないので面白みに欠ける。柚月裕子さんなのでストーリーも文章も破綻なく危なげなく作品としては良いのだろう。好きな作家さんなのでコレはコレとして次の作品に進むことにする。
が「ナイス!」と言っています。
じぇい
面白かったぁ。3編からなる短編集だがタイトル作より「天井の梁」が好みだな。若い女性なのに"アカハタの煮付け"が好きなんて素敵じゃないか。しかも"お母さんが作った"である。で、この麻里子ちゃん、だんな苦境に立たされても「そんなもの、そんなものなんだ」と自分に言い聞かせ頬が引きつりそうになりながらも無理矢理笑う。健気だ。キツい状態でもグッとこらえて前向きになろうとする、そんな人になれたらなあと思う。で、敵は神様がとってくれました。めでたしめでたしである。ガンバレ麻里子ちゃん。
が「ナイス!」と言っています。
じぇい
残念。プロットはいいのになあ。文章がダメ。言葉の選択がどうしようもなくイライラする。と思ったら作者のずいぶん若い頃の作品なんだな。ミスリードも雑だし、物理的にあり得ない箇所も放置したまま。ただ、最初から「多重人格モノ」であることを軸にして、「なんでもアリ」になってしまいがちなところを登場人物のキャラで補って、読み応えのある作品にしているのはなかなかチャレンジングだと思う。一言言わせてもらうならば「もっと文字数減らせよ」だな。
が「ナイス!」と言っています。
じぇい
タイムラインで絶賛されてる方のコメントを見て購入。「47都道府県一人旅」なんて随分アクティブな方かと思いきや、引っ込み思案で人見知りな作者が書く紀行文にニヤリ。私も年に一度10日くらいの休みを取って一人旅するが、お酒も魚介も大好きなので夜は「地元の人しか行かなそうな居酒屋」で常連さんと大いに盛り上がり、最後はハグまでして「また会いましょー」なんて調子のいいこと言って別れるが、二度と会わないと思う。私の旅とは真逆なようなのに、一人旅のまったり感や気持ちがフワッとするような感覚が共感できるのが不思議で面白い。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2018/07/05(972日経過)
記録初日
2017/10/05(1245日経過)
読んだ本
171冊(1日平均0.14冊)
読んだページ
56314ページ(1日平均45ページ)
感想・レビュー
170件(投稿率99.4%)
本棚
0棚
性別
自己紹介

2017年7月
それまで15分だった通勤時間が2時間になった。
よしっ、本読むぞ!
そしたらこれがまぁ楽しくて楽しくて。
ジャンルは雑食で、もっぱらリアル書店で前評判やPOPはあまり気にせず、平積みの本の中から「えいやっ!」って、一度に4~5冊買う感じ。そんなだから「泣ける長編小説」のつもりが「ほのぼのとした短編集」だったり「頭が疲れるくらいの本格ミステリー」のつもりが「脳死がテーマのなかなかディープはヒューマンストーリー」だったりするんですけどね(笑)
でも「ハズレ!」っていうのはさほどなくて、それぞれ楽しませていただいてます。
それでもまぁミステリーが好きかな?
読了後に記録も兼ねて感想を書き込んでます。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう