読書メーターあなたの読書量を記録・管理

11月の読書メーターまとめ

Toyo
読んだ本
10
読んだページ
3369ページ
感想・レビュー
10
ナイス
128ナイス

11月に読んだ本
10

11月のトップ感想・レビュー!

Toyo
ようやく読んだ。とある漫才師の話、内容も知らずに読んだけど楽しめた。ただ、それ以上のものはなぁ、というのが自分の感想ではある。
が「ナイス!」と言っています。

11月の感想・レビュー一覧
10

Toyo
19世紀のアメリカでしょうか、架空の都市を舞台に高級娼館の少女が活躍するスチームパンク。追われて逃げてきた少女を助けるのは王道だけど、助けるのも少女で百合なわけ。蒸気駆動のSFっぽさはちょっとだけ。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
要塞vs要塞。その戦闘にヤンがいない。こういうシチュエーションがいいですよね。そして一巻からそうですが、文章の端々には色々とこの後の不吉さを感じさせるものが色々と出ているんですよね。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
何度読んでも二巻は心苦しくなりますね。初めて読んだときも、「え、マジで?」と思いましたもの。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
なんといったら良いのか、古い家をモチーフにしたミステリ。とはいえ主人公はゲーム会社に勤めているなど現代風。しかし主人公を含め、登場人物の殆どが個人的に気に食わないキャラばかりだったので、なんかなぁ。この女性主人公、自分勝手すぎるよなぁ。やってることも犯罪、他の作品でもこの程度やっていると言われそうだけど、行動、言動が生理的に気に入らないのでした。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
子供の頃から読むの何度目だろう。何度読んでも面白いものは面白い。今度、再アニメ化されるということでちくちくとまた読んでいこうかと。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
結婚直前に婚約者を奪われた主人公、その前にいきなり現れた女は言う「最高のカップルのフリをして彼女を取り戻そう」と。相変わらずの疾走感で突っ走る作品は、そんな中にも人生の再生を組み込んで、読む大人達に爽快感を与える。こんな人生、大変だけれど、送れたら良いだろうなあ。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
猫が出てくるSF(&ファンタシー)作品を集めたアンソロジー。個人的には「地上編」の作品の方が好みでしたが、他の作品も粒ぞろいです。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
早逝した女性をAIで復活させようとしたことで始まる事件。作品としては面白く読めたけれど、納得しづらい点もちょこちょこと。主人公の性格が良くないのもちょいと、という感じでしょうか。でも、なんだかんだと楽しく読めました。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
ようやく読んだ。とある漫才師の話、内容も知らずに読んだけど楽しめた。ただ、それ以上のものはなぁ、というのが自分の感想ではある。
が「ナイス!」と言っています。
Toyo
日本のカジノ構想の物語。カジノそのものというより、いかにしてカジノの認可を得るか、そのために動くことがメインでギャンブル小説ではない。読みやすく、官僚をやりこめるのは面白いが、外資って本当にこんな感じなんですかね。
が「ナイス!」と言っています。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/01/18(2527日経過)
記録初日
2010/12/02(2574日経過)
読んだ本
692冊(1日平均0.27冊)
読んだページ
243438ページ(1日平均94ページ)
感想・レビュー
678件(投稿率98.0%)
本棚
7棚
性別
血液型
A型
職業
IT関係
現住所
神奈川県
外部サイト
自己紹介

昔から本が好きで読んでいます。
登録しているのは2010年12月からなので、それ以前までに読んだ本は登録していませんが。。

◆小学生頃
 特にコレと決めては読んでおらず、図書館で適当に。椋鳩十シリーズとか読んでました。

◆中学生~高校生頃
 星新一、赤川次郎、辻真先から田中芳樹、藤川桂介、今でいうライトノベル的なファンタジー系もこの頃に手を付ける。
ヴェルヌやデュマもこの頃ですね

◆大学生以降
 おもにミステリー系を好んで読みますが、SF、ファンタジーも。
 笹本陵平、西澤保彦、井上夢人、小川一水、薬丸岳、高嶋哲夫、米澤穂信、小野不由美、真保裕一、貫井徳郎、等々。

漫画はカウントに入れていません。

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう