読書メーターあなたの読書量を記録・管理

2022年4月の読書メーターまとめ

えりっく
読んだ本
5
読んだページ
1215ページ
感想・レビュー
5
ナイス
16ナイス

2022年4月に読んだ本
5

2022年4月にナイスが最も多かった感想・レビュー

えりっく
当たり前のことだけど、それが丁寧に書かれていたから、初心に戻る気持ちになった部分もあった。表情筋と脳は直結してるから、口角を上げるだけで脳をだませる。マイナスの時ほど良かったところに目を向けて。楽しいことは続けられる。それはそう、でも続かない人がいるから。
が「ナイス!」と言っています。

2022年4月の感想・レビュー一覧
5

えりっく
当たり前のことだけど、それが丁寧に書かれていたから、初心に戻る気持ちになった部分もあった。表情筋と脳は直結してるから、口角を上げるだけで脳をだませる。マイナスの時ほど良かったところに目を向けて。楽しいことは続けられる。それはそう、でも続かない人がいるから。
が「ナイス!」と言っています。
えりっく
哲学とは「常識を疑う学問」。答えを出すのではなく"問い"を出すことが重要。前提を疑う「そもそも」。哲学の問題は全てプラトンが論じており、その後の哲学の歴史で論じている。物事は見る角度や方向によって違ってくるという考え方が主だったけど、20世紀末はいかに相対主義を超えるかということ。資本主義が終わるとしたら、その後どうなるのかっていうのも問題。
が「ナイス!」と言っています。
えりっく
ストレスに対する固定観念(ネガティブなイメージが多い)を変えたい…。ストレスには大切な役割がある。やる気スイッチ「モチベーショントリガー」をつくる、自分が高まるモチベーターを探す。そんでモチベーターと身体的動作を導入するとさらに効果的。モチベーションが高まっている状態を思い返すことは、モチベーションを高めやすくするトレーニング。…
えりっく
まず定義する。分解して比較する、モデル化する。これって数学的思考か?笑 普段から例え話を考えるクセをつける、っていうのは私ほんとうに最近ずっとやってた!これは完全に数学的思考ではないけど。問題の途中で急に自分の他の本を紹介してきたこととか、言い方が急に「〜ことがある」って保険をかけてきたところがあって、萎えた。
えりっく
大切に大切に読み進めてたの、ついに終わっちゃう〜〜でも再読できるし、したい内容だった。おもろい。『この商品を買っている人が買っている商品を買っている人は』『ピクニックの日』が印象的。

ユーザーデータ

読書データ

プロフィール

登録日
2011/03/15(4123日経過)
記録初日
2005/03/16(6313日経過)
読んだ本
1242冊(1日平均0.20冊)
読んだページ
339397ページ(1日平均53ページ)
感想・レビュー
1241件(投稿率99.9%)
本棚
0棚
性別
年齢
32歳
現住所
北海道
自己紹介

大学院まで生物寄りの化学専攻してました。
小説はミステリーがすき。
キュンとするのもすき。
知識本も読みます。
おすすめされたらとりあえず読みます。
つまり雑食読書。
図書館だいすき。
マンガはあまり記録しない

読書メーターの
読書管理アプリ
日々の読書量を簡単に記録・管理できるアプリ版読書メーターです。
新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
App StoreからダウンロードGogle Playで手に入れよう