伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。

伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。
189ページ
368登録

伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。はこんな本です

伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。を読んだ人はこんな本も読んでいます


伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。の感想・レビュー(234)

伊藤まさこさんのおしゃれな読書エッセイでした♪伊藤さんがお住いの松本市や本の町・神保町などを散策されて書店や図書館なども紹介していましたが、この方はどこにいてもおしゃれなだなあと思いました。また読みたい本がたくさん見つかってしまいました☆
★5 - コメント(0) - 3月19日

【図書館】本と場所や催し物など本にまつわるエッセイ集。著者の読む幅広い本の種類はまさに雑食と表題されているだけあるなと思うほどで、豆本や自費出版本、雑誌や児童書などジャンルは様々。神保町の古本屋巡りや松山、ツタンカーメン展等にまで発展、神保町は一度いってみたいですね。空気がふんわりとしてて読んでて心地よかったです。あとは、本所深川ふしぎ草紙と名所巡りの回はテンションが上がってしまいました。しかし、これが実は続き物と知ったのは読了後本の最後の既刊を見てから…1巻も読んでみたいです。
★4 - コメント(4) - 3月16日

★★★★☆
- コメント(0) - 2月1日

 古本屋さんや古本にはすごく魅力的な成分があると思います。神保町とかさぞやたくさん掘り出し物があるんだろうなと想像したり。でも、この本を読んで、松本のほうが行きたくなりました。
★11 - コメント(0) - 1月22日

本、食べ物、街歩きがうまく溶け合っていて楽しい。次回、神保町に行った時はいつもとは違う店舗をのぞこうと思った。
- コメント(0) - 2016年12月21日

以前、同タイトルの別の本を読んだが、著者はあまり活字を読むタイプではないし、本そのものよりも自分語りや持ち物自慢的なページが多く、分類的に図書でいいのか?とは、思う。もっとこの内容を求めている読者が見つけやすいところに置いたほうがよいのでは…?あと、美術館の展示のガラスに手をつくのってだいたいの施設で禁止されているので、おしゃれ写真としてそういうのが掲載されちゃうのはちょっとなあ…と思う。暮らしかえの本でいろいろあったモーネさんとお義母さまの個展、お義母さまが元気でよかった。わんちゃんも元気かな?
- コメント(0) - 2016年12月16日

伊藤まさこさんの本を何冊か読んできたが、やっぱり関心が似ているから、つい読んでしまうんだろうな。ライフスタイル、食、衣、と幅広く活動している彼女の知識やエネルギーの源はここに!神保町の古本屋さん巡り、憧れるなぁ。自分の好きなことで本を出版できるって、うらやましい!
★9 - コメント(0) - 2016年11月6日

図書館も楽しいのだけど、お気に入りの本屋さん、見知らぬ土地でふらりと立ち寄る本屋さんもいいなと思う。本を並べて売るという目的は同じなのに、店ごとにこうも個性がある空間となっているとは! 神保町へ行ってみたい。そして、あちこち本屋さん巡りをして、憧れの「さぼうる」でコーヒーとおいしそうなものを食べたい。伊藤さんの紹介されている本は、みんな表紙がおしゃれで、年月を経たからこそ味わい深さが加わったものも沢山あって、羨ましくなった。さまざまなお店の包装紙を集めた『京都を包む紙』という本が、とても気になった。
★28 - コメント(0) - 2016年10月23日

タイトル通りいろんな本が紹介されていておもしろい。ところどころにある伊藤さんの写真、お洋服や籠バッグがかわいくてそれもよかった。神保町に行ってみたいなぁ。本だけでなく、レストランや喫茶店も魅力的。
★26 - コメント(1) - 2016年9月10日

図書館本。20年来大ファンの伊藤まさこさんの本。月刊誌「ダ・ヴィンチ」の連載で毎回読んでいました。かなり書き下ろしが加えられていて、新たに楽しむことができました。まさこさんお勧めにはすぐ従う性質ですので、秋の楽しみがまた増えました。
★64 - コメント(0) - 2016年8月20日

2016.07.17 おしゃれな人のカバンの中身特集が好き。同じようにおしゃれな人の本棚も、見てると知的好奇心がかきたてられます。♡松本城に神保町...この夏は本を求めて旅に出るのもいいかもしれない。読み返したくなったのはムーミンシリーズ。"自分の好きなことがわかっていて、自由に自分らしく生きている人物"が大勢登場する物語。スナフキン「人間はものに執着せぬようにしなきゃな。すててしまえよ。小さなパンケーキ焼きの道具も。」
★7 - コメント(0) - 2016年7月18日

著者の本は、初めてですが本の紹介や本の街、神保町の散歩、松本での本のめぐりなどとても読んでいて写真も多く楽しめました。神保町の本屋めぐりは参考になります。オシャレなカフェやレストランまで載っていて、是非行ってみたい。そして、著者のオススメ本は自分でなかなか手に取る本ではないのでチェックして読みたいです。
★71 - コメント(2) - 2016年6月19日

代官山蔦屋書店 zipで時々出てくるので存在は知っていましたが、すごく面白そう!神保町にも行ってみたいし、松本も行ってみたいな。
★12 - コメント(0) - 2016年3月18日

ムーミンシリーズ、一度本を読みたいと思ってたのを思い出した。読もう。神保町をぶらぶらお散歩したいな。本はいいですね。
★2 - コメント(0) - 2016年3月13日

癒しの本。時間がある時にのんびり書店巡りの旅なんて、できたら最高だろうなぁ・・・なんてら夢を見ながら読了。
★5 - コメント(0) - 2016年3月6日

図書館本 サラサラ読みでご返却させていただきました。 ムーミンの本は読んでみる価値ありそう。 古本屋巡り、いつかひとりのんびり是非行きたいです
★8 - コメント(0) - 2016年3月4日

優しい語り口で大好きな本や図書館、古書店などの紹介がたくさんされている心地よい一冊。料理本と一緒に食べ物もたくさん出てきてお腹がすいてきました(笑)ムーミン、ちびくろさんぼももう一度読み返したいな。船越英一郎さんの京都案内も(笑)ああ、読みた本がまた増えてしまった♬仕方ないか、「本には持ち主に喜びを与えるという、一種の『人格』があります」からね。明日もお湯が沸くのを待ちながら。お風呂の中で。電車の中で。ほっと一息お茶の時間に、何気ない日々の中、読書を楽しみましょう♡
★31 - コメント(2) - 2016年2月21日

★★スタイリストである著者のお気に入りな本、古書店巡りの様子をオールカラーの写真付きで紹介。シリーズ2作目。 *2作目から読んでしまいましたが、特に問題なし。スタイリストである彼女のこだわりが垣間見えて面白かったです。ムーミンが読みたくなりました!せっかく都内に住んでるので、神保町に行ってみようかな。予備校が御茶ノ水だったので土地勘はあるのに行ったことがなく、もったいない気持ち。児童書が好きなので、みわ書房さんに行きたいです(^O^)
★21 - コメント(0) - 2016年1月19日

読み終えて、この本を持って思わず神保町めぐりをしてしまいました。古書はあまり好きではなかったけど、確かに本棚にすとんとなじみました。前作よりは本そのものの紹介は少ないけれど、本を軸にこんなふうに愉しむのもいいものだな、と世界が少し広がりました。
★7 - コメント(0) - 2015年12月9日

今回も楽しく読了。私もいろんな本、読みたいわ。
★3 - コメント(0) - 2015年11月28日

オールカラーでとても贅沢な本。大きい本棚に本がぎっしり詰まっていて、どこにいても本の匂いがして、なんでも聞けそうな店主さんがいらっしゃって・・・あーこういう所にもう長いこと行ってないなぁ。こんど東京へ行くときは、ぜったい神保町だ!
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

わたしは地方に住んでいる。負け惜しみでもなんでもなく、都会、とくに東京に対する憧れはない。いまどき、東京でないと手に入らないものなどほとんどないだろう。美味しいものも、可愛らしいものも、地方でもたやすく手に入れられる時代だから。ただ、都会が羨ましいと思うのが美術館や博物館、大きなライブができる会場など。そして、この本に紹介されている神保町の古本屋街も、やはり地方にはない数少ない「都会ならでは」だと思う。伊藤氏の本のセレクトは、わたしがなかなか手に取らないようなものばかりで、それはとても新鮮だった。
★11 - コメント(0) - 2015年11月14日

『古い本は、購入後、すぐに家の本棚に馴染むところもいいのです。本が「前からここにいましたよ」っていう顔をする。』
★3 - コメント(0) - 2015年10月20日

伊藤さんの本は今まで何冊か読んでいますが、文章がやわらかくてすっと入ってきます。前作よりも本そのものの紹介は少なめで、本に関する展覧会や町のことなども。神保町の紹介がとてもよくて、東京に住んでいるときにもっと隅々まで歩いておくんだったなと後悔しました。
★11 - コメント(0) - 2015年10月1日

作者とタイトルで料理系の本のみかなぁ、とも思ったのですが、思った以上に雑食気味な本で、面白かったです。本だけでなく、古本屋、本屋、カフェなど色々なお店やさん、スポットも紹介しててて賑やかな内容です。写真もおしゃれでとても素敵です。
★11 - コメント(0) - 2015年9月21日

u
食やアートの本や本屋などの紹介本。それぞれの説明が柔らかく、写真も可愛く、読んでて心地良かった。紹介されたいくつかの本は読みたくなった。
★7 - コメント(0) - 2015年8月20日

乱読で、本が大好物な自分には、伊藤さんの本はとても共感できる。荒む気持ちを宥めるために、暴走買いした本の中の1冊だが、おかげで癒された。
★4 - コメント(0) - 2015年8月14日

神田の古書店の案内とか参考になります。松本のお店も巻末に出てたね。ちゃんとランチのお店もカバーされてるところさすが。さぼうるのナポリタンがなんだかおいしそう
★5 - コメント(0) - 2015年8月2日

最近、小説に入り込めず、なんとか読めた一冊がこの本でした。気軽な気持ちで、らくーに読めました。人が読んだ本を書いた本は、やっぱり好きです。早速影響されて、大人ですけどムーミンを借りてみました(笑)。
★35 - コメント(0) - 2015年7月23日

児童書専門の古書店に行きたい!遠い夏休み、あのシリーズ貪るように読んだわ!!と鼻息も荒く読了。書籍のことだけでないエッセイだから楽しかった。かこさとしさんもよく読んだなぁ。勿論、出てきて興味があるものは書き出してまた図書館で予約かけておくつもり。
★3 - コメント(0) - 2015年7月18日

前作があったなんて…まさかの2冊目から読んでしまうという。1冊目も読みます。読んでいて真似したくなるようなおしゃれな暮らし。好きな本と美味しい食べ物。幸せやなぁ。豆本がめっちゃほしい!本が読みたくなり、美味しいものが食べたくなる。作りたくなる。
★16 - コメント(0) - 2015年6月26日

前作のほうが面白かったな。本屋さんは行きたいな、と思ったけど。今回のは本の紹介って感じではなく、、、。それよりもまさこさんの服が、「ザ、まさこスタイル」に載っているご自身の私服というのが気になった。そちらの本で着用写真があまり載っていなかったので、着るとこういう感じなのか〜と思いながら。
★5 - コメント(0) - 2015年6月13日

2015-27 神保町散策のページが楽しい!次にいくときは私も「ランチョン」でランチとビールを楽しみながら、買ったばかりの本を楽しむ、というのをやってみたい!
★9 - コメント(0) - 2015年6月4日

2013年10月刊。初出 ダ・ヴィンチ。読みながらそうそう連載されていたなあと思い出しました。う~ん、あまりにもおしゃれに構成されていて・・・。舟越サスペンス作品が好みの娘さんのお話、京都の包み紙のお話が楽しめました。
★9 - コメント(0) - 2015年5月18日

雑食よみ第2弾。神保町の古本屋めぐり、行ってみたーい!さぼうるで休憩したい!あいかわらず紹介してるお店や本が「センスいいですね」と言われるようなものばかり。
★9 - コメント(0) - 2015年5月10日

Ai
優しい文章で綴られた本の紹介。どの本に対しても愛おしさが感じられて、読んでいて心が柔らかくなる。こんな風に自然体で本を読んでみたい。
★4 - コメント(0) - 2015年5月9日

悪く書くレビューも見受けられたが、私はそうは感じなかった。本を読むというより、本を感じる人なのだと思う。どの料理に、風景に、マッチングする本なのかを探す旅。
★18 - コメント(0) - 2015年4月25日

本好き、料理好き、カフェ好きなアート好きな私なのでとても楽しく読みました。 書店や紹介されている所が遠くなのですぐに行けなくて残念。 彼女の他の本も読んでみたいですね。
★14 - コメント(0) - 2015年4月23日

伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。の 評価:100 感想・レビュー:119
ログイン新規登録(無料)