ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2) (富士見ファンタジア文庫)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (2) (富士見ファンタジア文庫)
317ページ
507登録

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2巻はこんな本です

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2巻の感想・レビュー(439)

【B☆W】魔術競技祭が開かれ、駄目講師グレンは食費のために二組を優勝させようと奮い立つ!相も変わらずグレンが駄目人間の思考で苦笑しっぱなし。しかも、どんどん自分を追い込んでいく展開には笑うことしかできない。でも、過去に蔑まれた自分と重ね合わせ、彼らを最初の動機はどうあれ勝たせる為に指導する、ってのは王道だけど熱い展開でした。またもルミアが狙われましたが、昔の同僚と連携し、見事敵の思惑を打破!これも、陛下が本当にルミアの事を思っていたから、巡り巡って彼女を助けたのでしょう。いやあ、面白かった!
★3 - コメント(0) - 2月10日

★★★☆☆ 1巻の方が面白かった。 ロクでなし感は薄まっているし、意外な展開もほとんどなしでした。 3巻はどうしようかな。
★1 - コメント(0) - 2016年12月18日

★★☆☆☆ 『2010年代、富士見ファンタジア文庫、アニメ化』と検索して表示されるラノベの一覧から『神さまのいない日曜日』、『甘城ブリリアントパーク』、『冴えない彼女の育て方』の三作を除いた(富士見ファンタジア文庫で刊行を重ねている)作品の典型的な2巻目…といった印象。例を挙げると、『落第騎士の英雄譚』、『対魔導学園35試験小隊』、『空戦魔導士候補生の教官』など…。富士見ファンタジア文庫からアニメ化された作品の一覧をじっと眺めてると、どこか似たような作風の作品ばかりだなぁ…って不意に気付かされる。
★6 - コメント(1) - 2016年11月11日

こういう仕掛けが1冊で3つくらい出てくると満足度がとても高い。
★1 - コメント(0) - 2016年11月1日

2巻も面白かった!なんだかシスティーナよりルミアの方がヒロインチックなんだけど(笑)次もすぐ読みまーす!
★1 - コメント(0) - 2016年10月29日

酔っ払った時の甘えてきたシスティーナが可愛かったですが、それ以上にルミアの魅力が詰まった巻でした。これからもルミアに危機が訪れるのでしょうがどうなっていくのでしょうか。一つ気になっていることがあるのですが、真のヒロインは誰なのでしょうか?
★1 - コメント(0) - 2016年10月7日

予想を9割外さないのにめっちゃ面白い……。
★1 - コメント(0) - 2016年10月5日

SaY
アカシックレコード! 俺も素直な中二じだいをとりもどしたい。 ★5
★1 - コメント(0) - 2016年8月15日

面白かった!!夏休みの課題が真面目にヤバいのにまた一気読みしてしまったくらいに!さて、魔術競技祭が大いに盛り上がる最中で、ルミアを巡る争いが起きた第2巻でした。優勝に向けて気合を入れる理由がなんともグレンらしくて笑ってしまった。しかも予想以上に二組の面々が焚き付けられてどんどん勝利していくから余計に面白かったw 一方親援隊との逃走劇はスピード感があってよかった。しばらくはルミアを中心に話が展開していくのかな。それに最後にはタイトルにある禁忌教典が出てきたし、話もきな臭くなってきたな。あと、アルベルトと→
★39 - コメント(1) - 2016年8月13日

殴るのは物理。
★1 - コメント(0) - 2016年7月15日

表では魔術競技祭、裏ではルミアを処刑しようとする敵と戦う第2巻。なるほど、1巻もおもしろかったが、2巻の方がおもしろいな。グレンが魔術競技祭で勝とうとする最初の動機は不純だが、なんだかんだでうまくいっててよかったな(よかったのか?)。システィーナの酒乱、尊い。ルミアさんマジ天使。グレンの同僚のアルベルトとリィエルも良かったな、特に会話が。速くもタイトルの禁忌教典(アカシックレコード)という言葉も出てきたが、果たしてどういう代物なのやら。それと1巻読んだ時にも思ったが、羊太郎先生、ジョジョ好きなのか?
★5 - コメント(0) - 2016年6月27日

早々と二巻読破笑 面白い笑 アニメ化したら必ず見ますわ笑
★2 - コメント(0) - 2016年6月23日

一巻からも分かるように、物語の本丸はやはりルミアたそ~かなって感じ。 まあそれはともかくとして、魔術競技祭の場面とグレンがルミアたそを庇って逃亡する場面はスピード感が満載だった感じ。 そして、この巻より新しく登場したリィエル姉貴が可愛すぎ~脳筋なところは措いとくとして…
★3 - コメント(0) - 2016年6月14日

面白かった。 グレンの性格もう少しひどくてもいいかなあ。イラストがすごくかわいいです。
★36 - コメント(0) - 2016年5月28日

再読。魔術競技祭と、その裏で起きたルミア抹殺の陰謀のお話。ルミアにはまだまだ秘密がありそうですね。アルベルトとリィエルのコンビもコミカルでいい感じでした。変身についてはわかりやすい伏線があり先の展開も想像のつくものでしたが、グレンが指導した魔術が実際に本筋で使われる、というのは面白かったと思います。個人的にはルミア派です。
★10 - コメント(0) - 2016年5月15日

王道でありつつ、予想外してくるところもあり非常に楽しめた。キャラも大分増えたが自然でキャラが掴みやすい。面白さがいい感じで右肩上がりになっているので三巻が楽しみですねーなんにしてもリィエルいいわーセリカもいいわ〜システィーナとかいうメインモドキ黙ってて欲しい()
★3 - コメント(0) - 2016年5月14日

★★★★☆ボーナス獲得のために魔法祭に情熱を傾けるグレンと成績優秀者以外も参加できることにヤル気を出す生徒たちが、目的意識はズレているのに結果的に上手く噛み合って結果を出すのが面白い。でもグレンのほうも生徒のことを考えていないわけではなくて、自分がかつて参加できなくてつまらなかった過去の経験から、きちんと生徒か楽しめて、かつ勝てる策を考えている。1巻より主人公に好感が持てた。
★8 - コメント(0) - 2016年5月5日

○ 魔術競技祭の最中に起こるルミア狙いの事件。特別賞与と過去の約束のため、奮闘する主人公がいろんな意味で熱い。成績上位者で固めた他クラスを、クラス全員参加で倒す魔術競技や、引き裂かれた母娘の和解など、ひたすら王道ストーリーだが、それも心地よい。
★6 - コメント(0) - 2016年4月27日

魔術競技祭編。 普段はやる気のない魔術講師ですが、今日も今日とてギャンブルで給料をすってしまい、なんだかんだで競技祭で優勝を目指すことに。 これといった派手なバトルはなかったが、祭りの内容は面白かったし、後半の白猫のバトルはかっこよかった。 ルミアが殺されかけたときははらはらしたが、グレンは姉や陛下との会話を正しく理解し、最悪の結果を避けることができ、さらに、ルミアの誤解もしっかり解け、母との仲がしっかりしたものになってよかった。
★5 - コメント(0) - 2016年4月26日

金欠で食事ができなくなったグレンは特別賞与が出る「魔術競技祭」を知り、気合を入れ始める。そしてその祭には女王アリシアも観覧に来ることとなり、娘であるルミアには思う所があり…。魔術競技祭編,ルミア回。成績上位者による形骸化が進んでいた魔術祭だったが、グレンの全員参加による目指せ優勝でグレンのクラスは盛り上がる…あくまで食費のためというグレンとクラスの為に懸命になってると思うシスティーナ達と大すれ違いしながらもめっちゃ順調に進んで、本番でも良い結果を出しちゃうとか面白いねw最初は食費のためとロクでなしの→
★60 - コメント(2) - 2016年4月25日

最終的にはみんなのために頑張るところがいい(*´-`)
★2 - コメント(0) - 2016年4月22日

途中までは結末が読めたのですが、最後は少し外れてしまいました。一巻よりも全体的に面白くなったかな?という感じがしました。なかなか好みの作品になりそうです。
★2 - コメント(0) - 2016年3月20日

最後以外はよかったと思う。魔術競技祭中にルミアが狙われる展開が唐突に感じたのと、結末もご都合主義感が強かった。魔術競技祭のみに焦点を当てた展開にしたほうがよかったように思える。
★2 - コメント(0) - 2016年3月18日

このシリーズは二巻が最も完成度が高いと思っている。主人公もこの時点ではまだロクでなし成分を失っていない。何を差し置いても金髪の娘さんの人気が不動となる二巻だが、物語の裏で暗躍を始めるネクロマンサーのメイドのお嬢さんがラノベの悪役を愛するアポロ的には気になるところ。
★3 - コメント(0) - 2016年3月8日

いつもはクズ人間なグレンなのにやるときはやるからかっこいいとおもってしまう
★8 - コメント(0) - 2016年2月25日

★★★☆☆面白いー。ヒロイン両方可愛い。正しいツンデレと正統派。絵も良い。ご機嫌白猫! 伏線や話の流れは分かりやすく示されてて分かってんよーって感じで読んでたけど、 最後の女王のネックレスは予想外できっちり驚かせてくれたので満足した。 白魔・黒魔・召喚、何となくお話外の予備知識的な言葉のイメージで分かるけど実際どう違うのか分からない。 でもマインドブレイクとかめっちゃ攻撃的だしなぁ…wまぁ理屈じゃねーからな、そういうのw(3回) 既に説明されてて頭に入って無かっただけなら失礼。
★5 - コメント(0) - 2016年2月25日

今回は魔術競技祭とルミアがメインの話でした。ルミアは素直で健気で可愛いですね。グレンが特に可愛がるのも分かる気がします。また女王の母親とも最終的に和解出来たみたいで良かったです。グレンも駄目な部分も多かったですが、リンを真面目に指導したりルミアを守るために奔走して戦う姿は格好よかったですね。事件後の二人のやり取りも良い感じだったと思います。他にもグレンの昔の仲間達が登場したり、クラスの面々にも個性が出てきて物語がさらに面白くなりそうです。あと、個人的に絵師さんの後書きの絵が一番お気に入りです。
★40 - コメント(0) - 2016年2月14日

2巻。完全にルミア回ですね。もうルミアがメインヒロインでいいですね。そして魔競祭。グレンの本心とは裏腹に生徒達から称賛されてる様子が面白かったです。グレンの元同僚もなかなかいいキャラで過去話なんかも見てみたいですね。またルミアの告白が遂げられなくて口惜しいですが3年前を覚えていた分良かったか。ルミアはシスティーナの本心知って遠慮しちゃいそうで心配だな。でも今回やっと禁忌教典の影が見え、ルミアにもまだ秘密があるみたいだし、まだまだルミアの方が有利そうですね。とにかく次巻も楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2016年2月6日

各クラスの成績優秀者達を、各科目への適正や戦略でグレンの教え子達が下克上していく姿がアツい。勿論勝ってばかりではないのだけど、ここぞというところで勝ちを掴んでいく展開にとてもニヤニヤした。ルミア親子も、ツンデレ全開→お酒でデレの黄金コンボなシスティーナもとてもかわいかったけど、あんな見た目で脳筋キャラなリィエルちゃんが超かわいい。
★4 - コメント(0) - 2016年1月14日

4E
ルミア回なのに、システィーナが可愛い。サンドイッチの感想聞くときのセリフ、テンプレといえばそうなんだけど、たまらなく可愛い。最後の酒で酔ったやつ、本音が可愛い。グレンのことを暖かい目で見守ってあげてるシスティーナ可愛い。話のほうは、なぜ化ける魔術が精鋭達にばれなかったのかとか細かいところはあるけど、勢いとキャラのよさ、それと三嶋くろねさんのイラストで全然気にならなかった。はやく三巻を読みたい。
★4 - コメント(0) - 2016年1月6日

ダメ人間っぷりを容赦なく発揮する魔術講師が主人公のこの物語、第2巻を読了。前巻が面白かったので期待していたら、やっぱり今巻も存分に惹かれました!魔術競技祭というラノベにありがちなイベントにもかかわらず、熱い展開から目が離せない!グレンの生徒を思う優しさや時折見せる本気がカッコ良かった!謎解き要素もハラハラで面白かったです。まだまだ設定の懐奥深くを覗かせないこの作品、どう伏線を回収し展開していくかがこれから楽しみです!…………自分はどっちかと言うとルミア派かな?
★9 - コメント(0) - 2016年1月2日

うーん、化けてくれないと厳しいかな。
★6 - コメント(0) - 2015年12月27日

全体的には面白く仕上がっているが、後半に勢いが感じられない。個人的にはファンタジーバトルものと見るよりキャラものファンタジーもしくは日常ファンタジーくらいで読むほうが楽しめると思う。キャラ自体は大変いいのでそこは保証できる。絵も雰囲気の伝わるいい出来。この巻は大人が主人公であるがための生徒との味のあるエピローグが至高であり見どころ。あとジト目リィエルが個人的至高。もちろんルミアが1番だけど。
★3 - コメント(0) - 2015年12月26日

正式に魔術講師となったグレンは魔術競技祭に向け……第三者から見たグレンはかっこいいけど内心はクッソひでぇ…てか先生がギャンブルで給料スるなよ! 王道らしく魔術競技祭では事件が起こる。競技祭か事件……その二つを同時にグレンは奮闘する! 正直今回のグレンはかっこよかった。それにルミアは終始かわいい……あ、新キャラリィエルも良いと思いますよ!もうメインヒロインはルミアでよくね?
★6 - コメント(0) - 2015年12月21日

金欠になったグレンは生徒達を競い合わせる大会で自分のクラスが一位になればボーナスが手に入ることを知りやる気を出す。だが、大会の途中に特殊な事情により王女という立場から追い出されたルミアの命が王国の兵に命が狙われる。グレンはルミアを助けながら打開策を探していくのだが…
★1 - コメント(0) - 2015年12月18日

なんのかんのと文句を付け、1巻以降購入していなかったのだが、読書メーターでの感想に心惹かれて購入。結論から言うと、話自体は面白かったのだが、どうやら作者とは演出の方針で意見が異なるらしい。どう見せたいのか今ひとつよくわからないダブルヒロイン(特にシスティがチョロい)と、タメの少ない展開がどうにも……。あとがきにあった世界観の補足も「説明」だったし。ただ、ラストシーンは良かった。あとリィエル。彼女は終始一貫してリィエル以外の何者でもない演出がなされていて良い。などとグダグダ言いつつ次巻を予約したのでした。
★15 - コメント(0) - 2015年12月12日

新キャラ・リィエルが可愛い!以上!
★5 - コメント(0) - 2015年12月4日

ベタで先が読める展開なのに、不覚にも熱くなってしまった。しかしキャラの名前が覚えられない
★5 - コメント(0) - 2015年12月3日

「うふ、ふふふっ!先生えらい!私かぁ、ルミアをぉ、娶る権利をあげるわぁ……」正式な魔術講師となったグレンは競技祭で得られる特別賞与を得るために珍しく頑張る。だが、女王の周りの親衛隊に異変が…しかも、ルミアに処刑の勅命が下される。ひねくれヒロイックファンタジー第2弾。凄いな、1巻より圧倒的に面白いじゃん!!やっぱりこの人が新人なんて信じられないな…。キャラや伏線のつけ方が本当に上手い。その中では戦闘描写が1番だと思うね。最後までルミアかなと油断してたらまさかのシスティ、可愛いすぎ!星4つ【⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎】
★122 - コメント(0) - 2015年11月23日

後書きに書いてあるとおり、1巻では語りきれなかった補足的な巻でしたが、それだけに留まらずしっかりと上乗せしてきた、そんな2巻でした。グレンのロクでなしっぷりも、そして名講師っぷりもパワーアップしていて、読んでいてとても楽しかったです。また伏線を張り、回収するのが上手い作者さんだなあと感じました。作品最大の謎をどのように終着させるのか、今からとてもワクワクしています。ここまでは今のところルミア派かな。
★9 - コメント(0) - 2015年11月23日

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 2巻の 評価:66 感想・レビュー:165
ログイン新規登録(無料)