SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)
146ページ
277登録

SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ 1巻はこんな本です

SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ 1巻の感想・レビュー(226)

すごく・・・百合です
★2 - コメント(0) - 3月11日

高校時代の話。主人公はどっちかと言うと絵麻かな。5人でアニメ作るって単純に考えてすごいな…しかも作画はガチで絵麻だけか…。1巻でみんなが役割と目標明確に持ってて、すごいなと思った反面、アニメでも悩みがちだった絵麻は将来の不安も含めて、色々問題ある。ここから解決まで持っていく道筋は、まあ完成させるしかないんだろうけど、どうやって魅せてくれるか楽しみ。
- コメント(0) - 1月3日

アニメのスピンアウト。遡って高校時代。
★1 - コメント(0) - 2016年7月30日

アニメ本編では描かれなかった高校時代のお話し。一応主人公は絵麻ちゃんとのこと。みゃーもりはアニメだと結構しっかりした感じで描かれていたが、高校時代は学生特有の若さがあったのだなぁと。みんなで同好会作るってのは青春ですな。
- コメント(0) - 2016年4月17日

アニメ本編より遡って、高校のアニメーション同好会時代のコミカライズ。今作は絵麻視点がメインで進んでいくのか。宮森や各メンバーとの出会いから部立ち上げ、目一杯青春だなぁ。絵麻の家庭も出てきました。しずかやみどりの夢がはっきりしてる子達の言葉もなかなか印象的だった。苦しい事もあるのはアニメ本編見てたらとてもよく解る。そんな中でも「怖いのは脚本家になれないこと」とその時になっても言い切れたみどりの鋼メンタル具合に何時も惚れそうになる。美沙の決断力もこの時点から既に発揮されてる。トラブル発生で次巻へ。
- コメント(0) - 2016年4月17日

どんどんドーナツ! どーんといこう!! っつ~ことで、アニメSHIROBAKOの前日譚のコミカライズ作品。 上山高校アニメーション同好会設立から、『神仏混淆七福陣』の制作が軌道に乗るまで。 あおい・絵麻・しずかが3年、美沙が2年、みどりが1年という構成だったんですね。 絵麻がシナリオを読んでこなかった宮森にキレる場面も印象的でしたが、将来の話の中でしずか・みどり・絵麻の名前が挙がる中で、名前が埋もれてしまった美沙が、作画の補佐を降りて主戦場であるCG担当になって意地を見せる場面が好きだな~。
★7 - コメント(0) - 2016年2月13日

宮森あおいと安原絵麻が中心の話でした。 実際にアニメを作りたいと思っても、その道具とか資材をどこで調達したらいいのかまでは分からないですね。 最近はパソコンがあるのであとはソフトをそろえれば出来そうですが、技術的な面とかいろいろと問題はありますが、肝心なのはやはり情熱ですね。
★2 - コメント(0) - 2016年1月30日

アニメで少しだけ絵麻の家族との関係に触れてたけど、そこらへんが回収された。
★2 - コメント(0) - 2016年1月28日

アニメ本編見てないのに本屋さんで見て衝動買い。絵麻が主人公なのかな? なかなか良かったです、果たして無事に作品は完成するのか・・・
- コメント(0) - 2015年12月23日

サブタイトルの通り、アニメ本編コミカライズではなく、あおい達の高校時代の話。絵麻とあおいの出逢いから始まり、演劇部に所属していたしずかや、後輩の美沙、この頃はまだ中等部だったみどり、を巻き込んでのアニメーション同好会の設立へなだれ込みます。アニメはあおいが主人公ですが、このコミックは絵麻が主人公のようです。1巻最後で大ドジやらかしてしまいましたが、さてどうなることやら。
★3 - コメント(0) - 2015年12月22日

夢を夢で終わらせないために、夢に向かって走り出す/絵麻がおいちゃんに怒る場面が印象的。努力もしないで夢だけ語るなんて、努力している人からしたら許せない。もちろん、努力が夢に結びつくとは限らないのが残酷なところなんだけれど、高校生ならそんなことを気にするより、努力あるのみでしょう。
★5 - コメント(0) - 2015年12月9日

主人公は絵麻かな?みゃーもりが微妙にテキトーでタローみたいです(*´¬`)
★1 - コメント(0) - 2015年11月17日

5人の女子高生がアニメーション同好会を作りアニメ制作をする話。夢があるっていいなぁ。
★1 - コメント(0) - 2015年11月3日

W
絵麻ちゃんぎざかわゆす
- コメント(0) - 2015年10月4日

みんな超可愛い。大好き。
★1 - コメント(0) - 2015年7月22日

おいちゃん、絵麻たそ、ずかちゃんが同級生で、CGちゃんとりーちゃんが後輩だと思ってたけど、おいちゃん・絵麻たそ・ずかちゃんが高校三年で、CGが2年、りーちゃんが1年なのか。全体的に絵麻たそが主役張ってる感じ
- コメント(0) - 2015年5月26日

一人ずつスポットを当てていくストーリー進行は踏襲しつつ、全員が青春まっただ中なので眩しい限り。
★4 - コメント(0) - 2015年5月24日

アニメが大ヒットした「SHIROBAKO」の前日譚です。それぞれがまだ知り合う前から描かれ、アニメーション同好会もありません。あの5人がどうやって出会ったのかが描かれています。りーちゃんはまだ中学生なんですね。本作の主役は絵麻なのかな。この頃はおいちゃんよりずかちゃんの方がしっかりしてます。みーちゃんは映画館での去り際がかっこよかったです。続巻です。
★5 - コメント(0) - 2015年5月4日

SHIROBAKOのアニ同5人が知りあってアニ同作ってアニメを作ろうとする話。アニメ本編の前日譚。なんか本編より百合色が強いような……。カプ厨歓喜の台詞が散りばめられている。(ド偏見)
★3 - コメント(0) - 2015年4月25日

同好会メンバーを集めるところから! みんな可愛い( *´艸`)
★5 - コメント(0) - 2015年4月17日

5人の空気感が楽しい。アニメーションを作る、同じ目標に向かって突き進む楽しさが伝わってきた。絵麻ちゃんが絵麻ちゃんになっていく過程も青春が溢れてて良かった。絵麻ちゃんとみーちゃんの関係も描かれてて特に120ページ辺りはすごく良かった。大好きですと言うところも良いけれど、みーちゃんなりに「すごい人」と出会ったときに自分の道を考えたところが、人と人が影響しあって未来がつくられていく感じがした。それがプラスに影響しあっている5人は本当に良い関係だと思う。一番のお気に入りは62ページから72ページ。
★4 - コメント(0) - 2015年4月13日

アニメが最高に面白かったから、勢いで買ってしまいましたが、予想以上に面白かったです。漫画ではアニメキャラ達の高校時代が描かれています。漫画の作中では、ずかちゃんの高い意識に目が留まりました。アニメの作中で、ずかちゃんの演技に宮森が泣いた理由がよく分かります。。
★6 - コメント(0) - 2015年3月28日

高校時代のみんながいい感じに等身大の高校生らしいスタンスで夢に向かってるのが良かった。あおいちゃんはここから考えると大人になったなぁというか、ほんと気持ちだけでアニメ製作会社入ったんだろうなぁと想像してしまう。 しかし、この娘たち百合百合してやがる。
★4 - コメント(0) - 2015年3月27日

絵麻ちゃん成長物語。本編でもアニメーターの壁にぶつかって悶々としていたが、高校時代もアニメーターになるかならないかで悶々としており、確かに高校時代であるなと感じれた。面白い。
★5 - コメント(0) - 2015年3月21日

「絵を描いてるときの絵麻って ホント楽しそうだね!」(#03 私ひとりじゃ無理だけど・・・・・・) TVアニメ『SHIROBAKO』のスピンオフ。絵麻を視点に、アニメーション同好会のメンバーとの、高校時代が描かれている。それぞれがどういう経緯で知り合ったのか、今の職に就くきっかけになったのかがわかる。引っ込み思案な絵麻が全てのきっかけで中心だからこそ、みゃーもりの引率力が絵麻を補う。絵麻がみんなに影響を与えているのがよくわかるのも良い。それにしても絵麻モテるなぁ、同性にw
★3 - コメント(0) - 2015年3月17日

現在放送中の「SHIROBAKO」の前日譚的な本。高校生時代を描いたスピンオフ。予想以上に面白い。だけど、当然なんですが原作アニメありきだからこそ面白いですね。過去の話なのでこっちを先に読んでも大丈夫とはいえ、ここからアニメも見たくなるかというと、ちょっと疑問。スピンオフから入る人は少数派でしょうが(笑)意識が高い優秀ズカちゃんとか、とても高校生らしいオイちゃんが新鮮なのでアニメファンは見ておいて損はないです。
★16 - コメント(0) - 2015年3月14日

えまちゃん視点。おいちゃんがぐいぐいひっぱっていって、えまちゃんとみんなで軌道修正してく感じ。皆で頑張ってる!って感じがしてすごくかわいい。
★1 - コメント(0) - 2015年3月13日

アニメ『SIROBAKO』の面白さ、表紙の絵の上手さに手を伸ばしました。その判断は正しかったですね(笑)宮森を含めた同好会メンバーの正にそのアニメーション同好会活動に焦点を当てたスピンオフでした。少し本編のキャラと性格に違いがある様な気もしますが、本編が社会人でこちらが高校時代と考えれば、キャラの性格や考え方に多少の変化があるのも当然かなと納得。むしろ本編で出番の少ないキャラも含め“成長”の過程が大いに見て取れる良い作品だった。勿論内容も面白かったです!どうせならアニメ全編も著者にコミカライズして欲しい。
★5 - コメント(0) - 2015年3月13日

絵麻ちゃん主人公の前日譚。主人公が違っていたら、たぶん買っていない。
- コメント(0) - 2015年3月8日

高校のアニメーション同好会時代を描く、オリジナルTVアニメSHIROBAKOのスピンオフ作品。絵麻が主人公で、おいちゃんに声をかけられるところから始まる。キャラもストーリーもアニメ本編の方が魅力的だけど、絵がめちゃくちゃ可愛いから何でもアリですね。ずかちゃんが最初から真剣でいいなぁ。おいちゃんの破天荒さが高校生って感じwそしてやはり、スピンオフでもりーちゃんは天使
★7 - コメント(0) - 2015年3月5日

アニメ1話の前日談とも言える高校生編ここで1番大事なのはりーちゃんは最初から天使だったってことですよ!天真爛漫とはまさにこの娘のことアニメでも唯一闇を持たないキャラで1番好きなんですよね。同好会メンバーって高校からの付き合いなんだな1組くらい幼馴染キャラがいると思ってたわずかちゃんを除いたらみんな即決で入るのねwこの時からみゃーもりだけはアニメが好きなだけで将来のことに強い思いは無いんだなだからえまが怒るんだよね、逆に最初から真剣に声優になりたいずかちゃんは…やる気と仕事は直結しないんだよな悲しいね。
★5 - コメント(1) - 2015年3月4日

今期トップクラスの面白さを誇るアニメである「SHIROBAKO」の前日譚として、アニメーション同好会時代の主人公たちを描いた漫画。作画の人のせいか女子校設定のせいか、妙に百合度が高くて素晴らしいです。えまたそが「おいちゃん」ってひらがなで呼んでるのは破壊力高い。一番まともに将来考えてそうなのがずかちゃんってのはなんというか、胸が痛くなる。まあきっとアニメでも救済あるに違いないし!
★3 - コメント(0) - 2015年2月25日

みんなが知り合うところから描かれていて、こうして集まったのねというのを見られたのが特に良かった。 みゃーもりはやりたいことはあってもマメなことは苦手なタイプか…、なるほど車とばす人になるわけか(笑) 当初のアニメ界への熱意と、今進行中のアニメ作中で就けてる立場が逆転してる感があるかな? 現実は厳しいです。
★4 - コメント(0) - 2015年2月24日

面白かった。絵も良いし、ストーリーも求めてたもの。早く続きが読みたい。
★1 - コメント(0) - 2015年2月20日

アニメSHIROBAKOの高校生時代の話。おいちゃんがすごくノー天気な女子高生となっている。そのノー天気さに触発されてみんな集まってるんだけれど。この頃から、夢はみんなでアニメを作る。大人になって、夢に一歩ずつ近づいてるけど、いずれは叶うんだろうか。ドーナツ率高すぎて、食べたくなる。
★3 - コメント(0) - 2015年2月15日

SHIROBAKOの5人の高校時代の話。この漫画を読んでからだと、アニメの見方が変わる。この作品のファンならお薦め。
★1 - コメント(0) - 2015年2月14日

コミカライズはあまり読まないのですが、エピソード的には気になるところだったので購入。ほかの子はあまり変わりないように感じますが、おいちゃんはアニメ以上に年相応な元気さがあって、アニメとは別のベクトルで話の起爆剤になっている印象でした。
★4 - コメント(0) - 2015年2月11日

おいちゃん総受けすぎる。
★2 - コメント(0) - 2015年2月7日

正直予想以上に面白かった。5人の馴れ初めから描いてくれてるので、アニメで見ている今の彼女たちとの差が新鮮。最初から仲良しこよしだったわけじゃないんだよねぇ。ぶつかるところではちゃんとぶつかって今の関係ができてるのだと思うと感慨深い。それに5人の中でも特に楚々として控えめな絵麻さん視点がメインなので、お互いの距離感の測り方のようなところにも視点が向くのが面白い。ずかちゃんはこの頃から将来を考えてたんだなぁ。。そんな彼女を見て、自分の将来を考えていく過程も良い青春してるなぁと思う。
★4 - コメント(0) - 2015年2月6日

マンガとしては面白い方だと思うが、ある程度成長してから苦難にぶつかっていることがわかっているので読めている部分が多い。単独でいきなりこれがアニメになっていたら、と思うとガクブル。
★2 - コメント(0) - 2015年2月5日

SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ 1巻の 評価:54 感想・レビュー:76
ログイン新規登録(無料)