コウノドリ(13) (モーニング KC)

コウノドリ(13) (モーニング KC)
あらすじ・内容
【逆子】聖ペルソナ総合医療センターの産婦人科にやってきた仲間は、倉崎エミ。研修医だった頃に鴻鳥と四宮がよく世話をしていた人物。出産を終えたばかりだったが、彼女は「大丈夫です」の一点張り。何やら込み入った家庭事情があるようだが……。他シリーズ【腎盂腎炎】【子宮頸がん〈前編〉】を収録!!

あらすじ・内容をもっと見る
192ページ
501登録

コウノドリ 13巻はこんな本です

コウノドリ 13巻の感想・レビュー(460)

「じゃあどうしたらいいんですか?」「普通に生活してください」 「私はあなたにたよる気はないから」 「私……がんなんです 子宮頸がん 今日……お医者さんにこの子を堕ろして治療をすぐ始めろって言われました でも 私は産みます」 「親のいない子供は…… 可哀相ですか?」「そんなことない!」 「子宮頸がんはこわくない」 「ゴミなんて一人もいない みんな私の宝物だよ」 「ほらベイビー 楽しんで弾いてきな!」 
- コメント(0) - 2月28日

次巻が気になる、、ガンでなければよいけど、現実にはきっとあることなのでなかなか難しいね、、
★3 - コメント(0) - 2月4日

読んでたけど、登録してなかった
- コメント(0) - 2月3日

☆☆☆☆☆
- コメント(0) - 1月27日

【TSUTAYAレンタル】
★1 - コメント(0) - 2016年12月15日

再読 子宮頸癌、簡単に考えちゃいけないもんだろうなぁ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月10日

外回転術、名前は聞いたことあるけど漫画で見ると結構力仕事だな。これで逆子が治らないと帝王切開になるんだな。子宮頸がんも、進行の度合いによっては妊娠を諦めなくてもいいようで。
- コメント(0) - 2016年11月14日

泣き過ぎた〜
- コメント(0) - 2016年11月12日

鴻鳥先生の生い立ちが!!そして…。気になる終わり方。借り本
★2 - コメント(0) - 2016年10月26日

頑張るシングルママ先生の話に、サクラママのお話。どちらも共感も出きるんだけど腑に落ちない部分もある。正解がこれって感じじゃなくて、答えを考えさせてくれるというか、みんなが悩んでてくれて考えるきっかけをくれるところが、この漫画のいいところだと思う。少なくとも私はサクラママみたく、産む決断はしないと思う。自分で育てられないのに産むって私は怖くてできないと思う。だからといって、自分ひとりが生き長らえたいとも思えない。でも、どちらも命を落とすって言う選択肢もするのにためらう。想像だけじゃ答えを出せない難題。
★1 - コメント(0) - 2016年10月22日

向井あきさん然りだけど、ガンっていうだけでつらいのに、妊娠で判明して自分の命か胎児の命か2択って、どんだけ切ないんだろう。
★4 - コメント(0) - 2016年10月22日

頑張り過ぎちゃう倉崎先生に共感する女性は多そう。 子宮頸がんの話は怖かった。そういえば今年はまだ 受診していないな。内診が苦手で行きたくないんだけど、 近々行こうと心に決めた。
★5 - コメント(0) - 2016年10月7日

レンタルにて。サクラの過去というか子宮頚がんで亡くなったお母さんの話と現在の患者さんを絡めてのお話。早期発見のための定期検診や早めの治療に踏み切れるかどうかなど、子供や妊娠の有無に関わらず、いろいろ考えさせられました。
★8 - コメント(0) - 2016年10月6日

★★★☆☆
★2 - コメント(0) - 2016年9月29日

この作品を読んで子宮頸がん検診を受けよう、と思った方が沢山いるんじゃないだろうか。私も家族の為に、自分の為に検診に行こうと思った。
★11 - コメント(0) - 2016年9月27日

レンタル。漫画。周産期医療に携わる産科医師こうのとりさくら。その病院に日々訪れる妊産婦達は一筋縄ではいかない猛者ばかりで、、、周産期医療のことがよく取材されていて、綺麗事ばかりではないところも共感が持てる。★★★★☆
★55 - コメント(0) - 2016年9月22日

新しく産科の女医先生が登場。借り本
★1 - コメント(0) - 2016年9月18日

☆☆☆
★4 - コメント(0) - 2016年9月11日

【レンタル本】14巻を読んで、あれ?と、思っていたら13巻を抜かしておりました。サクラの過去、自分で育てたかっただろうな…と、考えると毎年、キチンと婦人科系の検診は受けないとなぁと思いつつ、今年は受けられなくなる可能性大(←10月からの106万の壁に思い切りぶち当たっています(涙))でも、婦人科系でなくても癌の恐ろしさは嫌というほど分かっているので、近々病院で受けてきます!
★54 - コメント(0) - 2016年9月11日

【ゲオレンタル】
- コメント(0) - 2016年9月10日

検査色々しとかないとだめですね。子宮頸がん体がんもよくわかってない。
★12 - コメント(0) - 2016年9月2日

【図書館】子宮頸がんのお話。ワクチンが日本にも入ってきたけど、世界的にはリスクは高くないはずなのに、日本では高値で何らかの障害が残るようだ。でも、予防できる病気らしい。ジレンマだ。サクラさんの、お母さんが初登場。女医さんは、どの科でも、大変だね。
★13 - コメント(0) - 2016年8月31日

サクラの幼少期時代のこと、サクラの母が登場し、癌を患っていても、子供を産みたい気持ちがヒシヒシと伝わっている。母は亡くなってしまったが、サクラはケイコママが母代わりとなり、今のサクラがある。それが、今巻の妊婦の思いと重なってしまう。子宮頸癌と診断された妊婦はどう決断するのか、サクラの母の様に産みたい気持ちが強いのか、母体優先にするのか。予防できる病気だが、ワクチンの問題が席巻しているのもある。倉崎先生が登場し、仕事と子育ての両立、過去のこと、女医であるがゆえの男性医師とは違う大変さも感じる。
★38 - コメント(0) - 2016年8月31日

倉橋先生が初登場。 倉橋先生の過去や、コウノドリ先生の過去(お母さんの話)色々とあるね。 妊娠にはいろんな事が起きるもんだね。
★4 - コメント(0) - 2016年8月27日

サクラが産まれたときのお話。
★8 - コメント(0) - 2016年8月15日

★★★★ TSUTAYA大崎駅前店
★4 - コメント(0) - 2016年8月13日

新キャラ、倉橋先生登場!! 鴻鳥先生の過去を絡めながら、妊娠中の子宮癌の話…
★3 - コメント(0) - 2016年8月9日

新キャラ登場&子宮頸がんがテーマです。子宮頸がん、検査に行った方がいいと思いつつ恐くて行ったことがない。自分の体のことでとわからないことはたくさんあるから、行った方がいいんやろうけど。サクラのお母さんも登場です。
★3 - コメント(0) - 2016年7月25日

また新しい女性スタッフ。子宮頸がん、生理不順の続いた10代で毎年検査してもらっていたけど最近していなくて、この話をきっかけに市の検診のお知らせも来てるし予約しようかな。鴻鳥先生の過去がまた少しみえてきた。
★5 - コメント(0) - 2016年7月25日

サクラが施設で育った理由がわかった。子宮頸がんの話は、続きが気になる。
★5 - コメント(0) - 2016年7月23日

【13巻】サクラの母さんについての回想シーンあり。救急救命に行った下屋先生のその後話はなしで、倉崎エミ先生登場。
★11 - コメント(0) - 2016年7月19日

考え方を改められるなんて、素敵な旦那様だね。若ければ若いほど、先輩に教えてもらえることも多いし、考える余地も広いんだと思う。頑張れ年下旦那様
★5 - コメント(0) - 2016年7月6日

子宮がんとかわかってるつもりでわかってなかったな~… なんというか検診とか受けても説明してくれない医者の多いことよ(女医でも) コウノトリ先生がいる病院なら喜んで行くのにね…
★3 - コメント(0) - 2016年7月4日

サクラ先生の生い立ち?が読めてよかった。サクラ先生39才かー、アラフォーってのは前に出てたけどなんとなくアラサーのイメージ
★4 - コメント(0) - 2016年7月2日

レンタル。がん怖い…。続き気になる。
★6 - コメント(0) - 2016年6月29日

FK
逆子
★3 - コメント(0) - 2016年6月25日

産んでもらったお母さんに感謝しよう。
★11 - コメント(0) - 2016年6月20日

妊娠中に子宮頸がんと診断された市川さん。どうなってしまうのでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2016年6月19日

ちゃんと毎年婦人科検診をしようと思いました。
★10 - コメント(0) - 2016年6月12日

よりによって妊娠中に癌が見つかるのは怖い。自分ひとりではなく赤ちゃんにも関わる問題になってしまう。自分が今のところ(9ヶ月)何の異常もなく妊娠できていることに感謝。
★6 - コメント(0) - 2016年6月6日

コウノドリ 13巻の 評価:52 感想・レビュー:133
ログイン新規登録(無料)