はたらく細胞(3) (シリウスKC)

はたらく細胞(3) (シリウスKC)
あらすじ・内容
キラーT細胞、ヘルパーT細胞。2人は胸腺学校時代の同期だった!? 彼らの知られざる青春時代を描いた「胸腺細胞」をはじめ、「血液循環」「風邪症候群」「獲得免疫」「ニキビ」の全5編を収録!!

あらすじ・内容をもっと見る
162ページ
806登録

はたらく細胞 3巻はこんな本です

はたらく細胞 3巻の感想・レビュー(697)

ヘルパーT、キラーTにあんな過去があったとは!
★1 - コメント(0) - 2月22日

なんだこのBLチックな展開(苦笑)。まあ、そこまで言わないにしても、まるで7Seedsみたい。白血球形無しの巻。
★2 - コメント(0) - 2月22日

今度はかぜとか、ニキビとか、相手に不足はありません。マクロファージのなぞは良くわかりません。毎日知らないうちにはたらいてくれている細胞達。ありがとさん。
★1 - コメント(0) - 2月16日

「未熟胸腺細胞」が抗原発見、「免疫大溶解拳!体内最強奥義!抗原大撲殺・木っ端微塵拳だーッ!」/「自分の弱さと向き合ったんなら、もう頑張るしかないんだ。無駄に見える努力でも、一人コツコツ続けるのが、★お前の取り柄だろ?」/免疫系の最終兵器・キラーT細胞「最終兵器が弱くてどうする、己を鍛えろ!どんな敵でも一撃で倒せる位、体を鍛えてやる!」/プロピオニバクテリウム・アクネ菌は、酸素を嫌い、皮脂を好む。炎症部が化膿して生じる不透明な粘液。★白血球の亡骸の山。読み、白血球を大事にする為に、洗顔をマメにガンバルぞ!
★10 - コメント(0) - 1月29日

予防接種も分かりやすい
★2 - コメント(0) - 1月28日

お話ししてる赤血球ちゃんと聞いてあげてる白血球さんの関係がいいね。すごく仲のいい友達みたいな感じ。細胞のパネルはマクロファージさんが作ったのだろうか。だとしたら万能すぎるなマクロファージさん。
★4 - コメント(0) - 1月25日

本当にカラダは頑張ってくれている。
★11 - コメント(0) - 1月24日

借り本
★5 - コメント(0) - 1月11日

今回の見所は、やっぱり「恐怖の胸腺学校」じゃないかなぁ?タイプの違うT細胞たちも過酷な試練を経た精鋭たちってことだね!やっぱりキラーTが好きだわ~(笑)☆☆☆☆★
★3 - コメント(0) - 1月9日

赤血球アホかわいい
★34 - コメント(0) - 1月8日

好中球、かっこいい。そっかー、毛穴もなー。
★5 - コメント(0) - 1月7日

キラーTの白血球に対する嫉妬(?)が可愛すぎる、あとメモ飛ばす白血球かっこいいそして優しすぎる(血液循環から)。キラーTとヘルパーTさんのお話が一番好き。何でもかんでも語尾に『〜サー』って付けるのもジワジワ。そして得意げに写真見せる樹状細胞さんも可愛い好き。(胸腺細胞から)結果、どのキャラも好き。笑
★13 - コメント(0) - 1月6日

風邪って症候群なんだ?胸腺ってそういう所なの?解るようで実はまだ解ってないんだけどね(笑)まぁ、彼等は常に働いている!この正月の暴飲暴食…申し訳ない(^o^;)
★22 - コメント(0) - 1月4日

ニキビ!!!皮脂の分泌…。汚れ…。ヘルパーT司令官とキラーTくんの思い出…。樹状細胞さんの写真コレクションが気になります。赤血球のはじめてのお使いを見守っているお父さんのような白血球さん。今回も細胞さんたちありがとう。
★7 - コメント(0) - 2016年12月25日

画が下手になってきた気がする。。
★3 - コメント(0) - 2016年12月14日

細胞よ、今日もありがとう。
★6 - コメント(0) - 2016年12月6日

皆同じところへ行く静脈よりも、行き先が毎回違うであろう動脈の方が道に迷いそうだと思うのは私だけでしょうか?普通の細胞さんたちの普段の生活、幼きT細胞さんたちの学校時代、ニキビというお肌の炎症(あんなに大変な事になっているとは、ごめんね…!でも帽子がいまいちかっこよくない(笑))今回も勉強になりました!
★18 - コメント(0) - 2016年12月6日

やっぱり勢いで3巻も購入(kindle)。キラーT細胞さんと、ヘルパーT細胞さんの胸腺学校時代のお話、、、うーん、似たようなお話をどこかで読んだような、、。あっ!これは「ナルト」の少年時代にちょっと似てるかも。ほかにも、かってに未来のイメージに驚愕する記憶細胞さん、油まみれの白血球さんなど、なかなかシュールな見所満載だ。
★24 - コメント(0) - 2016年12月4日

白血球のスt……じゃなくて心配だから影ながら付いていってるのがかわいいねと思いつつ読了。細胞分裂後の一般細胞くんのおうちがどうなるのかが気になって仕方がないんですが、とりあえず読みかけの次巻読んできます。
★5 - コメント(0) - 2016年12月4日

なんというか、萌え巻だったかもw相変わらず細胞達のお仕事を色々紹介しつつも、初めてのおつかいみたいになってる赤血球をストーカーしてる白血球とか、キラーT細胞とヘルパーT細胞の過去の青春?の話とかwみんな、リア充に憧れてるんだなぁ、細胞レベルで…。
★6 - コメント(0) - 2016年12月3日

胸腺って・・・!?
★4 - コメント(0) - 2016年12月1日

勉強にはなるけど、そろそろ飽きた。
★3 - コメント(0) - 2016年12月1日

キラーTさんツンデレ回。あとニキビに悩まされる身としては思うところだらけ……
★8 - コメント(0) - 2016年11月28日

血小板たちは可愛い♪ニキビってそういう仕組みだったのか~と勉強になった。
★6 - コメント(0) - 2016年11月27日

表紙の白血球(好中球)から感じる覇気と狂気。敵が細菌やウィルスだと人型が多く、貪食作用を見られないのが残念に思えてきた。人型の細菌を人型の血球が喰うのは、画として規制対象になるのだろうか。東京喰種などではバリバリ食べていたと思うのだが。出版社や編集部によっても違うのか。免疫細胞には、ぜひ血まみれで敵を食い荒らしてほしい。
★7 - コメント(0) - 2016年11月20日

私もよくニキビができるから、胸の痛い読書に・・・。たった一つの毛穴にもあれだけのドラマが繰り返されているんだと思ったら、とにかくお肌は清潔に保たなきゃといけないなと思ってしまう。
★35 - コメント(0) - 2016年11月18日

心臓の循環はたしかにややこしくて、実際ああいう順路を自分で歩けと言われたら混乱するな。方向音痴は赤血球になれないね。胸腺時代のT細胞の話、細胞にも青春時代があったのねとほっこりした。予防接種はなんとなく理屈はわかってたけど獲得免疫の話でそういうことか!とより理解できて面白かった。今度予防接種する機会があったら記憶細胞が記録してる姿が頭に浮かびそう(笑)
★2 - コメント(0) - 2016年11月15日

予防接種!!!!!すっごくわかりやすいし、白血球などによる殺生はえげつないけど中学生くらいのときに読みたかったな〜!そしたら高校で生物選択してたかもな〜!ってくらい楽しいです(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年11月10日

3巻、登録。
- コメント(0) - 2016年11月9日

ライノウイルスは鼻水、くしゃみなどの風邪。キャシャーって言ってる変な病原菌。ヘルパーT細胞とキラーT細胞、制御性T細胞が同期で幼い頃(胸腺)の頃は性格が反対だったヘルパーT細胞とキラーT細胞のお話が面白かった。そしておたふく風邪とニキビの回も良かった。短すぎるニキビ。アクネ菌にさようならしたいです。
★15 - コメント(0) - 2016年11月4日

借り本
★2 - コメント(0) - 2016年11月3日

血液循環回で、赤血球をこっそり見守る白血球が微笑ましくて和む。最後に仕事の話を聞いてあげるシーンもとても癒された。世紀末毛根。
★6 - コメント(0) - 2016年10月22日

ako
キラーT細胞とヘルパーT細胞の友情が良かった。迷子になる赤血球を後ろから見守る白血球が優しい。私達の体の中にもこの子達がいるんですねぇ。
★17 - コメント(0) - 2016年10月16日

白血球さん以外のキャラにもいろいろな過去があったんだな〜、とどの話もにまにましながら読みました。赤血球を見守っている白血球、ツンデレなキラーT細胞(彼の負け惜しみのセリフが忘れられません。)、同期の桜〜なアツかったヘルパーT司令、思い出せない記憶細胞、毛穴周辺の細胞たちの姿等々、こんな細胞たちが頑張っているのだと思うと、毎度のことながら健康には気をつけねば、と背筋が伸びる思いでいます(笑)。それにしても、あの記憶細胞くんにはもうちょっとしっかりして欲しいのですが、この身体の主が心配です(苦笑)。
★17 - コメント(0) - 2016年10月10日

bookwalkerで拝読、おまけが付いて得したと思った。
★1 - コメント(0) - 2016年10月9日

 やっぱりなんといっても、第12話胸腺細胞が一番面白い。いままで「マクロファージさん」が一番いいと思ってたけど、「制御性T細胞」さんもなかなか。で、すこしまえの新聞に「制御性T細胞」を発見した坂口志文大阪大特任教授が、今年のノーベル賞候補のあげられていたので、わたしにとってタイムリーでした。一つ疑問が・・・「マクロファージ」の「ファージ」も食作用のことでしょ?ノーベル賞の「オートファジー」の「ファジー」も食作用のことでしょ?なぜ、「マクロファジー」「オートファージ」じゃないの?学問縦割りの弊害?
★17 - コメント(0) - 2016年10月8日

またまた身体の勉強が出来ました!ニキビでも細胞はアクネ菌と戦っているんだなぁ…一つ一つの細胞の大切さがわかります♪身体を無理せず大切に~ですね(^∇^)
★19 - コメント(0) - 2016年10月8日

なるほど・・・勉強になるなぁ。しかし、この体の記憶細胞ってちょっとポンコツだよね。
★8 - コメント(0) - 2016年10月4日

( ̄▽ ̄)
★1 - コメント(0) - 2016年10月4日

はたらく細胞 3巻の 評価:56 感想・レビュー:266
ログイン新規登録(無料)