アシガール 7 (マーガレットコミックス)

アシガール 7 (マーガレットコミックス)
あらすじ・内容
阿湖姫の身代わりに、羽木家と敵対する高山の者にさらわれた唯。しかも嫡男の高山宗熊に気に入られてしまう。若君は、阿湖姫の兄と偽って、唯を助けに高山の城に向かうが…。そして、様々な危険に見舞われながら、唯と若君の仲がさらに深まる注目の第7巻!

あらすじ・内容をもっと見る
166ページ
568登録

アシガール 7巻はこんな本です

アシガール 7巻の感想・レビュー(494)

この巻泣ける…!
★1 - コメント(0) - 2月24日

読了
- コメント(0) - 2月4日

ついに!!ここまで全てをなげうって自分を守ろうとしてくれたら惚れないわけがない。唯、よかったね。
★4 - コメント(2) - 2月1日

表紙の唯がなんか凛々しいぞ。兄上、意外といい人なのかな?
★2 - コメント(0) - 1月22日

いやーんめっちゃ良いところで終わった!成之様が活躍するながれかの!?胸アツなんですけどっ!しかし窮地の若君もかっこいいなぁ~。我が輩も見習いとうござる。
- コメント(0) - 1月17日

やっぱ身体が丈夫だとタイムスリップしても結構生きられるよね。かなりの過去に戻る際は、抗生物質と鎮痛剤は必須だわ。
★9 - コメント(1) - 1月10日

唯のモノローグが泣ける。今まで、若君超好き!という自分の気持ちで動いてきた唯が、若君と一緒に絶体絶命のピンチに陥り、若君の立場ゆえの振る舞いや生き方を見て、愛しい、励ましたいと感じるあたり。「高台家の人々」の5巻の木絵ちゃんの、切なくて愛しくて涙が止まらなかった、と通じる。さらっと描かれているのに、グッときた。若君は相変わらず、何してもカッコいいです。
- コメント(0) - 1月10日

一緒に8巻も読みに行ったのに漫喫にないよ…!続き読みたい。
- コメント(0) - 1月7日

自分に腹立つ若君、キュンとする。
★1 - コメント(0) - 1月4日

レンタル/おふくろ様が何もかもお見通しでカッコイイ。ここに来てまた悪丸が出てくるなんて思わなかった!義次に成りすましてる忠清の格好が似合いすぎてたまらない!成之が改心したっぽい?阿湖と上手く行きそうな予感。城脱出の際のゴーグル姿の忠清がシュールだったけど、その後のハッタリを噛ます凛とした姿とのギャップが素晴らしい。ついにキスが出来て良かった!!小平太や木村にも唯が女だと知られたし、この戦が無事に終わったら2人結婚するのかな。成之の気遣いを見るとやっぱり心境の変化があった様に思える。成之頑張って…!
★4 - コメント(0) - 2016年12月22日

★★★★★(*≧∀≦*)(///∇///)(#^.^#)ヤバイっっ‼(>_<)若君っっ‼(>_<)忠清様っっ‼(>_<)素敵すぎです(#^.^#)大好きですっっ‼(*´∇`*)
★78 - コメント(0) - 2016年12月3日

一気にここまで読んでしまったあ♪( ´▽`)面白い。遂に唯が女の子ってみんなにバレてしまった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月27日

唯之助の、守られてるだけじゃない行動力に爆笑&感動します! 続きが楽しみですね〜
★1 - コメント(0) - 2016年11月20日

若様かっこいいな~あんな人に惚れられるなんて唯は幸せ者
★3 - コメント(0) - 2016年10月9日

バスハイクの妄想シーンが好きすぎる。奇念の跳躍力半端ないわー
★5 - コメント(0) - 2016年10月6日

唯を助けに単身乗り込む若君カッコイィ。んで、若君と唯キスしたしーー!!!いぃかんじになったけど、また、大変なことになってきた!そして、女と周りに知られはじめちゃいましたねー。しかも、格別に御寵愛の娘御って
★3 - コメント(0) - 2016年10月3日

漫画「アシガール ⑦」。再読。トップに立つ人は皆に安心感を与える事も仕事のうちなのかもしれない。タイプ9的なリーダーといえるだろう。ユイノスケの母上の胆の座り方もさすがというべきか。唯が最初に出会ったのが彼女でなかったら、唯は今日まで無事でいられたかどうか分からない。唯が女性であること、しかも若君の想いの相手であることがばれてしまった訳だが、これがこれからの二人にどの様に影響を与えるのか、興味深い。o(^o^)o
★8 - コメント(0) - 2016年10月2日

若君が単身唯を取り戻しに向かう。お姫様のように助けられたいのはやまやまだけど、やっぱりどうしても足軽に戻って若君を助けてしまう唯に、感動場面のはずなのに大爆笑。それにしても唯之助の母上殿、至れり尽くせり準備万端。戦国時代の女性とはいえ、肝が据わりすぎ。(笑)命をかけて若君と羽木家を守る…が、唯、現代に戻れる気がしない。この時代で一生を終えるの?
★9 - コメント(0) - 2016年10月2日

唯の命が危ぶまれるってなシーンが増えてきた。奇念、あんなひどいこと言われたのに、よく気がつくし、すごく良い子だったな。このままこの時代に残ったとして、幸せになれるのか唯之助!
★11 - コメント(0) - 2016年9月25日

☆☆☆☆☆
★2 - コメント(0) - 2016年9月22日

森本先生お得意の妄想劇場も面白いけど 話も佳境に差し掛かってきたのかな? 唯がめっちゃ体張っているけど、フツー死ぬでしょww
★9 - コメント(0) - 2016年9月14日

二人の関係ときめく
★1 - コメント(0) - 2016年9月10日

表紙の唯がスラリとして綺麗。意図的な描き方なのだろうか。若君が単身で唯の救出作戦を敢行。この人も無茶をする。しかしこんな情況でよくも相手を慮って恋愛を育むことができるものだと驚く。しかし、こういう情況だからこそなのだろうか。/いろいろ事態が急変してきた。次巻がクライマックスなのか、あるいは区切りなのか、いずれにしても何か起きそう。
★3 - コメント(0) - 2016年9月9日

奇念じゃなくて白念ですか?で笑った。ヒドイ
★3 - コメント(0) - 2016年9月3日

若君が単身身分を偽って唯の奪還のために敵地に乗り込んで来てしまういうシチュエーションは美味しいはずだが、やはりこの作品はどっかで笑いをぶっ込んでくる!唯との祝言を強行する高山のぼんくら息子が天然過ぎて憎めない。逃避行のボロ寺の夜がちょっと色っぽい事に。わかりにくいよ若君の照れ隠し。思いやりから意見が対立する二人は関係が一歩進んだ感がある。敵の小便ポイントを把握してる少女漫画のヒロインは唯だけだ!
★4 - コメント(0) - 2016年9月3日

一目ぼれした若君を守るために足軽になるって発想が面白すぎるんだけど、足の速さと若君への愛でどんどん出世してくのが凄い!そして若君、素敵!!こりゃー、唯じゃなくてもホレるわ。おふくろさまも、姿勢がかっこいいです。唯に肩入れしすぎない、でもいつも案じてる優しい人なんだね。
★11 - コメント(0) - 2016年9月3日

【購入本】読了。
- コメント(0) - 2016年8月30日

7巻しか見つけられなかったので、とりあえず買って読んでみましたが、やっぱり最初から読まないとストーリーがわからんよね。まず1巻を探そう・・・。
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

森本さんの作品は、絵が受け付けなくて避けてたけど、絵が変わって来たし、高台家を読んで面白かったので、アシガールも読んでみた。両作品とも、面白いと言っても独特で、所謂少女マンガとは違う。恋愛は描かれていても、キュンとはしない。何と言うか、淡々と物語が進んでいくイメージで、強く印象には残らない。でもつまらなくはない。不思議な作風。世界観。雰囲気。
★2 - コメント(0) - 2016年8月16日

あっちこっちにおなごだとバレてきた。若君様も大ピンチで続くのかー。城に乗り込んだ若君様がかっこよすぎた。
★3 - コメント(0) - 2016年8月14日

唯と一緒に毎回毎回「若君様〜!」と叫んでしまう。姫じゃ若君を守れない、って思い立ってすぐにアシガールに戻る唯。私はそういう女の子が大好きだー!あ、あと高台家に続いて実写化とかはやめて欲しいな…。若君は若君のままでいて。
★42 - コメント(2) - 2016年8月14日

おふくろ様も若君様も唯も成之様も粋すぎる アシガール笑いもあってこういう粋な計らいもあるから好きなんだよー そしてあの終わりかた,続きがあると思ってクリック(ページ送り)したら白紙奥付だしさー 中途半端だよー(;;)次いつ?!続き気になるじゃん!!
★3 - コメント(0) - 2016年8月10日

椿
おふくろ殿の眼力、素晴らしいな。唯が、とうとう女子だとバレたけど大丈夫かな。いろいろピンチだけど、若君がんばって~!
★23 - コメント(0) - 2016年8月10日

とりあえず、7巻まで一気読み。面白い( ̄▽ ̄)姫じゃ若君を守れないから足軽って…唯らしいなぁ…。若君が気高いけど笑い上戸で麗しい。。話はめっちゃ面白いので映画向きだと思うけど…イメージに合う10代の俳優さんいないので個人的に実写化はしないで欲しい作品です。。(ー ー;)
★13 - コメント(0) - 2016年8月8日

若君様が素敵すぎてもう…もうっ。そして唯之助のブレなさ感サイコーです笑 お兄様が変わるといいなぁ。そして唯之助バレもまもなく。うん、ショックだろうね。あんな素敵な若君様がさぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月5日

ホントにテンポがいい。無駄な引き延ばしもなく、ここ!って時に話を一気に進める。ここで唯が女と明るみになるとは思わなかった。でも、タイミング的には確かにナイス。和尚さんは始めから疑ってかかってごめんなさい。あっさりバラして信じていいの?って心配しちゃった。そんなテンプレな作品ではなかったね。成之はなんだかんだ味方になってくれそう。唯の人柄もあってこそだなぁ。おふくろ様の機転と悪丸の存在がかなり生きてる。床を擦りながら近付いてくる宗熊の絵面がおもしろい。そして、キスシーンがキュンとしないw(ある意味褒め言葉)
★17 - コメント(0) - 2016年8月1日

自分の危険より若君が大切、ぶれない優先順位があれば、躊躇なく行動できるし、ブレイクスルーも期待できるってことだなー。みならいたい。
★9 - コメント(0) - 2016年7月30日

唯と若君、ラブラブ度↑でいい感じなんだけど、今までの面白さが何か減ってる気がする。次巻は気のせいであってほしいなあ。
★7 - コメント(0) - 2016年7月29日

相変わらず、若君がステキすぎてクラクラする!後半で、唯も再び活躍。この子もやっぱり好きだわー。途中の妄想部分でお弁当を渡すコマに、噴き出した。お兄さんもね、うん。そうか。
★8 - コメント(0) - 2016年7月29日

超好きです、、
★8 - コメント(0) - 2016年7月29日

アシガール 7巻の 評価:52 感想・レビュー:170
ログイン新規登録(無料)