終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)

終わりのセラフ 5 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
意識を戻した優一郎に、柊家の過酷な尋問が降りかかる…。柊家の傲慢な態度に接し、優一郎は改めて仲間の大切さを実感する。ミカエラを救うため、仲間のため、優一郎は更なる《鬼呪装備》強化の修業に燃えるが!?

あらすじ・内容をもっと見る
184ページ
1095登録

終わりのセラフ 5巻の感想・レビュー(1011)

柊家という新たな設定により、物語が深みを増した。とても面白い。
- コメント(0) - 3月24日

吸血鬼と戦う為に鬼と契約するとか、どっちが化け物なのかわかんなくなってきたwでも面白いよ
★12 - コメント(0) - 2016年11月11日

★★★☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年9月25日

自分よりも上の階級にある人にも気負わずに、自分の思いを突き進む優一郎が好きです。 その優ちゃんの10パーセントは人間では無いみたいな話が前にありましたが、やっぱりそのヒミツはグレンが詳しい様。利用されている事を知っても、自分がそれで役に立てるのかと問い返した所に、強さを感じた。
★2 - コメント(0) - 2016年9月1日

優のことやシノアの姉のことや最後のミカの状態など気になるし、柊家の闇のこわさも描かれていて面白かったです。この先が面白くなっていきそうな感じもします。
★1 - コメント(0) - 2016年8月21日

BI
- コメント(0) - 2016年8月5日

さて、優は暴走してことやシノアを傷つけようとしたことに耐えられるのだろうかね。
- コメント(0) - 2016年6月23日

優がかっこよくなりすぎ!グレンとの問答、三葉へのフォロー(本人自覚なし)、そして18話冒頭の素直に協力を求める優に対して素っ気なくしぶしぶ応じようとしたところで優が手をぎゅっとするからあああ!ぎゅっとおおおお!そしてグレンにからかわれて取り繕おうとするシノアちゃんかわえええええ!さらに優が吹き飛ばされた後、優のためにグレンに啖呵切るシノアがまた素晴らしくてな。普段じゃれ合うように言い争いはしても、なんだかんだ仲間想いのこいつらほんと好き。あとシノアちゃんのいいやつも悪いやつも笑顔が大好きです。
★8 - コメント(0) - 2016年6月17日

話が複雑になってきましたね。柊家の闇は深い、という感じですね。シノアちゃんと、男の子だけど与一くんは可愛くて好きです。
★7 - コメント(0) - 2016年6月5日

つい次巻へと手がのびてしまうなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年6月2日

柊家は大物が多いな。グレンの肚がちらちら見えてきた。 あと与一は勝手に強くなってるので、そのうち修行に参加して欲しい。
★4 - コメント(0) - 2016年5月31日

あらすじ・内容 意識を戻した優一郎に、柊家の過酷な尋問が降りかかる…。柊家の傲慢な態度に接し、優一郎は改めて仲間の大切さを実感する。ミカエラを救うため、仲間のため、優一郎は更なる《鬼呪装備》強化の修業に燃えるが!?
- コメント(0) - 2016年5月13日

とりあえずシノアとみっちゃんが可愛かった
★3 - コメント(0) - 2016年5月8日

柊家が優くんに絡んできた。その後レベルアップのための修行スタート。
★1 - コメント(0) - 2016年5月5日

小説読まなきゃ…読まなきゃ…と思わせる真昼ちゃんの存在がちらほらしてくるじゃないのよ!しかも柊家は、たくさんの女に生ませた腹違いの兄妹ばかりみたいで、ドロドロさがぱないな!シノアが『優さんにほの字とかー!』と三葉ちゃんを揶揄うところが、グレンに言われたのを肯定してるとしか言えないwwwシノアちゃん可愛いwww与一が勝手にレベル上がってるのが、笑ったw え、ちょ、待てよ!みたいな?そして女の子達がスパッツ(短め)履いてるのが、よく分かるコマが多かった…と_φ(・_・
★6 - コメント(0) - 2016年4月12日

先の戦いを経て優が随分と大人っぽくなった印象。
★23 - コメント(0) - 2016年4月7日

再読
★1 - コメント(0) - 2016年3月25日

レンタル。ミカを人間にー生きる目的が変わり急に大人っぽくなった優ちゃんに暮人様からのお呼びだしが!グレンの優ちゃんは俺のもの発言はさておき、暮人様に人質を取られ百夜孤児院の真実を告げられた優ちゃん。ミカの為にモルモットになるって優ちゃん///グレンの秘密も少し垣間見れたところで、鬼呪装備の訓練へ。ミカとの逢瀬は次いつだったかな?ミカが待ってるよ優ちゃん‼仲間だからこそ真実を、君月くんはいつも優しい。
★15 - コメント(0) - 2016年3月14日

姉は何者なのか?★★★★☆
★2 - コメント(0) - 2016年2月21日

表紙の与一くんかわいい。味方に敵あり、敵に味方あり。柊家の存在には驚かされることばかりです。ミカを救うため、仲間を守るため鬼呪装備の強化修行。強くなれ、優ちゃん。
★18 - コメント(0) - 2016年2月18日

20140507#1┊再読
★1 - コメント(0) - 2016年2月7日

レンタル。味方も味方ではなく、日本帝鬼軍中枢もまた怪しく恐ろしい。誰もが疑わしく、黒い。そして、グレンの抱えるものもまた謎で怪しげ。仲間として形なろうとしてるシノア隊。深夜さんが気になる。
★8 - コメント(0) - 2016年2月7日

おもしろかった。最後のレーネの解説が笑えた。それにしても暮人の拷問の仕方はヒドイなぁ……
★14 - コメント(0) - 2016年2月7日

ミカエラとの再会も束の間、優一郎の暴走もあり離れ離れに。だが、生きていた。大事な家族が。それは優一郎にとって前を向く一歩になったのかもしれない。そして、柊家の尋問の巻。グレンの小説を読んでいないため、グレンと柊家の確執とかお家事情がイマイチなのだが仲が悪いことだけははっきりわかった。
★5 - コメント(0) - 2016年2月1日

(レンタル)少しずつ大人になってきたな。優くん。
★2 - コメント(0) - 2016年1月22日

柊家の尋問って拷問なのか... 優が居た孤児院にも何かありそうなので、ようやく面白くなりそうなのか。
★5 - コメント(0) - 2016年1月17日

与一が鬼術装備を使いこなしてる。寝ているときに、いろんな話をしているらしい。今日は好きな色の話をしたんだって~。優ちゃんと君月もやってみたけど「し~ん」だって。面白い(笑)
★11 - コメント(0) - 2016年1月17日

いろいろと謎らしきものが出てきましたね。物語が大きく進む前段階的な感じでした。小説版読んだ方が楽しめるのかなぁ。
★10 - コメント(0) - 2016年1月14日

意識を戻した優一郎に柊家の過酷な尋問が降りかかる…。ミカエラを救うため、仲間のため、優一郎は更なる《鬼呪装備》強化の修業に燃える第五弾。ミカエラの生存を知って有り様が変わってきた優一郎とそれに影響を受けて変わってきていることを自覚するシノア。二人の関係は暖かく見守りたい感じですけど、仲間とも何かいい感じにまとまっていきそうな雰囲気ですね。真昼の現状についても説明ありましたが、そこまでの経緯が気になるところ。今回は鬼呪装備強化に向けた訓練の中で鬼呪装備についての解説もあったりで、なかなか興味深かったです。
★38 - コメント(0) - 2016年1月2日

【レンタル本】吸血鬼側の目線で終わった前巻から突然の日本帝鬼軍側目線で始まる今巻。仲間と家族が特に多く出てくるキーワードで少年漫画の王道だなと思う反面少し胸焼け気味な気がしてくる。シノアと三葉の対象的な感じがまたいいと思う。それにしてもシノア姉の真昼についてが気になってくるようなシーンが多く出てきたから小説版の過去編が読みたくなった。面白くなる要素がドンドン出てきたからこそ人物達の動きをもっと読み込めるようになりたい。
★5 - コメント(0) - 2015年12月1日

バトルもの王道少年マンガには、1つのクサいワードを作中で繰り返し使うことがある。ワンピだったら「仲間」 ワールドエンブリオだったら「共犯者」とか。そしてこの作品は「家族」 このやり方をされるとどーしてもイタくなるし、あまりにしつこくて食傷気味になり冷めてしまう…。「私たち…家族でしょ?(ニコッ)」「ふん…改めて言うと恥ずかしいな…クソ…家族だと思っている(照)」「ああ、俺らはみんな家族だぜ!」みたいな…。しかも今回はワンピとかみたいに突き抜けないで、妙に照れたりするから余計に気持ちわるい。
★3 - コメント(0) - 2015年10月21日

柊家の闇が明かされる。存在は語られていた柊家を筆頭とした呪術組織の存在、ヨハネの四騎士の経緯、それを受けて血液不足への不安から動き出した吸血鬼。優一郎の覚醒もグレンや軍が暗躍していたのではなく孤児院の時点で仕込まれていたことがわかり面白くなってきた。となるとミカエラも同様の理由で吸血鬼に見いだされたと思われるが他の孤児と何が違うのかも気にかかる。バトル展開を優先してかあまり語られないでいた世界観の設定がどれも面白いし、顔だけは見せていた柊暮人が今までのゆるさとは不釣り合いな酷薄さを見せてくれたのも嬉しい。
★31 - コメント(0) - 2015年10月17日

真昼は刀の中に。ずっと成仏できないんだなあ。
★9 - コメント(0) - 2015年10月10日

柊暮人めっちゃビジュアルかっこいいのに性格悪いですねー そこが自分はたまらんですけど 優ちゃんめちゃ大人っぽくなったというか、シャンとしてる。 恋心も動いちゃいますわ どちらが正しいのかが見所。
★5 - コメント(0) - 2015年10月7日

与一表紙キター!弓とかかっこよすぎます……。
★6 - コメント(0) - 2015年10月6日

漫画喫茶で読了。
★2 - コメント(0) - 2015年9月23日

柊家も怖いけど私はグレンさんも怖いです。一方与一君が笑顔でとんでもない事をやりきってしまうのがあざとくて可愛いです。
★5 - コメント(0) - 2015年9月17日

ミカと再会してからの優が別人の様に可愛い。固い殻が剥けてつるんとした卵の様な可愛らしさが。これがミカを失う前の本来の優ちゃんなんでしょうね。余りにも素直すぎて周りの色々な思惑を考えると怖いよ。物語は柊家の登場、鬼呪装備の修行へ。ミカの出番が少なくて淋しい。
★5 - コメント(0) - 2015年9月6日

新刊が出る為、再読。
★2 - コメント(0) - 2015年9月4日

終わりのセラフ 5巻の 評価:48 感想・レビュー:220
ログイン新規登録(無料)