終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)

終わりのセラフ 7 (ジャンプコミックス)
あらすじ・内容
名古屋出撃命令を受け、優一郎たちは部隊の集結地へ向かう。だが大遅刻をしグレンの怒りを買ってしまう。隊全体に闘志と緊張が漂う中、遅刻の罰を受けることになる優一郎は!? また作戦を共にする小隊と出会い…。

あらすじ・内容をもっと見る
188ページ
922登録

終わりのセラフ 7巻の感想・レビュー(845)

新キャラが出てきて、お遊びでない本格的な戦争が始まりました。
- コメント(0) - 3月24日

★★☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年9月25日

大切な人を失った事のない者には、失うかもしれない恐怖さえわからない…大きな戦闘を前に言われた言葉。かなり響いてたよね。 鋼の錬金術師でもそうなんだけど、大佐や少尉などの階級の事がわからなくて調べてみました。上下関係がわかった。
★4 - コメント(0) - 2016年9月2日

ミカの吸血鬼化が進んでますね。新たな仲間も増えついに名古屋決戦始まったね。優が純粋で良いですね。この先の展開が楽しみなる巻でした。
★1 - コメント(0) - 2016年8月21日

仲間・家族への思いが少年漫画らしくていいですね。グレンの側近は美人揃いで彼を慕っていて、モテモテだなと思いましたw でもグレンは過去の恋人に心を囚われたままなのでしょうね。
★7 - コメント(0) - 2016年8月18日

BI
- コメント(0) - 2016年8月7日

遅刻した時グレンに怒られて、そこを優が責任取ったところはありがちだけど優がやるとまた一段とかっこいいなぁ。「俺ら家族なんだろ?」って言ってる時の表情がほんと邪気がない気持ちのいい表情。シノアの悪ふざけの度が過ぎてしまったということに端を欲してるけど、しおらしいシノアもまた可愛い。誰かを失う恐怖を知らない、この作品で使われるととても重い言葉だ。美十ちゃんがこっちではすごく可愛い
★8 - コメント(0) - 2016年6月20日

あらすじ・内容 名古屋出撃命令を受け、優一郎たちは部隊の集結地へ向かう。だが大遅刻をしグレンの怒りを買ってしまう。隊全体に闘志と緊張が漂う中、遅刻の罰を受けることになる優一郎は!? また作戦を共にする小隊と出会い…。
★1 - コメント(0) - 2016年5月13日

吸血鬼との戦いが始まるまでの合流、準備編みたいな感じ。この悪ふざけ(ギャグパート)が入っくるのも、テーマのわりにあっさりした印象を持ってしまう一因なのかな。優くん、敬語はちゃんと使おうよ。
★3 - コメント(0) - 2016年5月5日

 仲間という『家族』を守る戦い。いつも余裕で俺様なグレンの、この戦いに挑む思いが伝わった。 優ちゃんは、大人になったなぁ~。復讐だけではなく、仲間のために戦いたい、っていうのが分かった。
★17 - コメント(0) - 2016年4月16日

ついに名古屋決戦。ミカとの再会も近づく…
★15 - コメント(0) - 2016年4月9日

再読
★1 - コメント(0) - 2016年3月25日

レンタル。名古屋決戦の軍規に向かうのにピクニック行くみたいなチームシノア。遅刻して怒られちゃうし、もー!小説読んでるからチームグレンが勢揃いしてると何か嬉しい(^^)五士の幻術に吹いたwグレン&美十&深夜と試験、優ちゃんは本当に真っ直ぐで良い子ねぇ。人間でなくなった己と孤独に戦うミカ、優ちゃんは仲間たちと第15位始祖討伐へー。早く再会さしたげて~!
★16 - コメント(0) - 2016年3月18日

ミカは大丈夫かね、吸血鬼化してってるね。
★2 - コメント(0) - 2016年3月1日

5人組のやり取りが面白い。★★★★☆
★3 - コメント(0) - 2016年2月21日

鳴海と優のやり取りが笑える。握力よわ夫wwミカがだんだん吸血鬼化(?)してるー深夜もカッコいいー
★15 - コメント(0) - 2016年2月19日

アニメ見たくなってきた7巻、いよいよ戦いのために名古屋に召集がかかる。鳴海隊との話がすごくよかったです。20歳、ね。新しい仲間とともに戦いが始まる。
★16 - コメント(0) - 2016年2月18日

レンタル。名古屋襲撃の為に海老名サービスエリアへ。シノア隊遅刻で締められる。そして、鳴海隊とのトラブル。ミカ苦しそうだなぁ。深夜さんがデキるのにのほほんとしてて好き。
★10 - コメント(0) - 2016年2月9日

20150110#1┊再読
★1 - コメント(0) - 2016年2月7日

名古屋へ優一郎たちも召集される。 そして、集結地に向かい、新しい仲間たちも登場する。ついに、戦いの幕は開かれた。
★6 - コメント(0) - 2016年2月1日

最後の自己紹介が面白い。柊暮人くんだって~。深夜の自己紹介が一番面白かったー。やっぱりアニメとは、少し違う
★12 - コメント(0) - 2016年1月23日

(レンタル)ミカを救ってほしいなぁー。
★4 - コメント(0) - 2016年1月22日

アニメで特に(?)人気あった名古屋篇がスタート。 てーかチームワーク良くても、能力に左右されやすいんだよな、実際。
★6 - コメント(0) - 2016年1月18日

名古屋戦前の合流。新しい仲間がたくさんですがかなり難しい作戦のようですね。グレンもかなり本気な感じですし。ミカがどう動くのかも気になりますね。
★13 - コメント(0) - 2016年1月14日

名古屋出撃命令を受けて隊のメンバーと車で部隊の集結地へ向かうものの、大遅刻でグレンの怒りを買ってしまい遅刻の罰を受けることになる優一郎。そして作戦を共にする鳴海小隊と名古屋に向かう第七弾。かなり大きな作戦なのにどうも緊張感なさそうなシノアたちでしたけど、グレンはその辺きちんと引き締めるあたり流石かなと。そういえばシノア隊以外の他部隊と共同して作戦に参加するの初めてなんですよね。強力な吸血鬼相手で奇襲してもかなり厳しい戦いになりそうですけど、どれくらい犠牲出るのか今から戦々恐々です。。。次巻が気になります。
★30 - コメント(0) - 2016年1月3日

久々に読んだので忘れてる部分も多かったのですが...。優くんがただただ純粋な馬鹿で救われます。名古屋進撃、皆無事に帰ってきて欲しいなぁ。
★4 - コメント(0) - 2015年12月14日

【レンタル本】名古屋決戦前、海老名サービスエリアにて遅刻したシノア小隊はグレン中佐から罰を与えられる。それにより明るみに出るチームワークの大切さ。与一と深夜少将のやり取りがよかった。あと吸血鬼貴族のルカルの見た目がやっと吸血鬼らしい感じがする。
★4 - コメント(0) - 2015年12月1日

kat
名古屋編。ミカが切ない。
★4 - コメント(0) - 2015年11月26日

名古屋編かな。優一郎、なんでこんなに丸くなったんだっけ。ミカちゃん、どうするんだろ。
★4 - コメント(0) - 2015年11月12日

名古屋の本格的な戦いの前の小休止と言ったところか。相変わらず、戦闘シーンのスピード感が素晴らしい。優一郎達のチームとしての力も上がってきたし、名古屋でどんな戦いを繰り広げるのか非常に楽しみ。吸血鬼の貴族との本格的な戦いも始まったので、優一郎達がどのようにこの貴族と戦い勝利するのか、早く見たい。あとは優一郎とミカエラの再会がどんな風になるのかも早く見たいかな。アニメもいい感じに始まったし、アニメ、原作共々楽しみたい。次巻に期待。
★13 - コメント(0) - 2015年11月3日

名古屋作戦の前に新たな仲間が増えた。人間は仲間をもてるというのがいいですな。 最後の吸血鬼がどっかのサーカスにいそうな雰囲気で一瞬笑えましたが 戦いがどうなるのか。 個人的に表紙が君月で株あがりまくり
★3 - コメント(0) - 2015年10月13日

対貴族。強そうだが勝てるのか??
★15 - コメント(0) - 2015年10月10日

漫画喫茶で読了。
★2 - コメント(0) - 2015年9月23日

読ませるな~。絶望的にシリアスな緊迫の展開の中、程よく息がつける笑い所もあり、心躍る見せ場もあり。原作、構成、作画とそれぞれプロの凄さを感じられる漫画ですね。
★4 - コメント(0) - 2015年9月7日

新刊が出る為、再読。
★3 - コメント(0) - 2015年9月4日

私は、ミカが、すきです。はい。
★3 - コメント(0) - 2015年8月22日

以前は友人に借りていたものを、小説版読破の影響で、お兄さんチーム(月鬼ノ組グレン隊+柊深夜少将)のくだりが読みたくなって自分で購入。そりゃまあ、あれだけ波乱万丈な10代半ばを過ごせばこれだけの余裕と貫禄つきますよね…。20代美十さん、すごい凛々しくてカッコいいなあ。間違いなく成長はしてるけれど相変わらずなチームの雰囲気でなんだかホロリ。飄々とミステリアスなクセに、クールに熱い深夜さんに穏やかに目を細めるカンジです。やっぱり絵が綺麗だ。
★3 - コメント(0) - 2015年8月13日

海老名だ‼︎サービスエリアだよ‼︎再現度パナい‼︎画力は素晴らしいんです。ただ、ギャグの日常パートとシリアスな舞台設定のバランスが(^^;;シリアスな中にギャグをテンポ良く入れると心地いいんですけど、噛み合ってないというかなんというか。正直保護者チームが魅力的すぎて、主人公チームがどうでも良くなってきているよ。保護者チームの連携プレーを堪能出来て、ミカエラが幸せになれればもういいっすという心境になりつつあります(^^;;次の巻はかっちょいいグレンが表紙、楽しみ♪
★6 - コメント(0) - 2015年8月8日

優一郎がチームのことを考えられるように。素直ないい子でびっくり。一巻のアレはなんだったのだろうか。ミカエラは相変わらず不憫、どっち付かずが一番つらい。
★4 - コメント(0) - 2015年8月3日

終わりのセラフ 7巻の 評価:40 感想・レビュー:179
ログイン新規登録(無料)