バイオーグ・トリニティ 5 (ヤングジャンプコミックス)

バイオーグ・トリニティ 5 (ヤングジャンプコミックス)
あらすじ・内容
やはりそうか おまえが三人目か
浦野の仲間になった松蔭っちが聖母を奇襲するわ、聖母も意外な行動に打って出るわ、訓練中の藤井もなんだか危うい雰囲気だわでもう大変。恋が突然の展開を見せたり、世界が真の姿をチラ見せし始めたりと、いろいろと混乱&加速しまくりの第5巻!

あらすじ・内容をもっと見る
228ページ
468登録

バイオーグ・トリニティ 5巻はこんな本です

バイオーグ・トリニティ 5巻の感想・レビュー(426)

お借りしました!今回はここまで。三人目の芙三歩=松蔭っちとは!
- コメント(0) - 2016年11月26日

主人公がいつ「ドーモ、56号です。バイオーグ、殺すべし!」と言い出すかとハラハラした巻。言いませんでした。あと、サブヒロインちゃんが色々な意味で動き出したの是非に応援したい。
★1 - コメント(0) - 2016年11月6日

フミホ、ネクロマリア、そして残った「器」――松陰。まさかそんな重要キャラになるとは……。マルボロと(おそらくかつての)フミホの関係も気になる。そして藤井の中に潜む謎とは。謎をちりばめつつ伏線回収しつつまた新たな謎へと変化していく、見事な構成だなあ。
★1 - コメント(0) - 2016年9月13日

戦いがかっこいい♡油断しているとどちらが味方かわからなくなってしまう(笑)。借り本
★6 - コメント(0) - 2016年7月27日

★★★☆
- コメント(0) - 2016年5月20日

絵は本当にうまいというかすごいものがあるがもう少しちゃんと説明入れてもいいと思うんだけどなぁ…まあ、今回は原作者がいるのでエアギアや天上天下ほど意味不明にはならないとは思うけど…
★12 - コメント(0) - 2016年5月2日

なにがなんだかわけわかめ!? な5巻。ええ~、そういう展開ですかあ~? 三人目が出てきたって言うのに、まさかの四人目がいるんかいな!? それに七三リーマンのあれはなんなの? なにがなんだか、なにがなんだか、なにがなんだか、すっぱーん!!
★6 - コメント(0) - 2016年4月15日

ネクロマリアが蜘蛛女と遊んでる巻。蜘蛛女が3人目。キワが藤井をラブホへ連行。どうしても自分を見てほしい。中では穂坂が敵と交戦中。ずっと前に世界は一度死んだ?で3つに別れた。難しいけど面白いからやめられない。
★3 - コメント(0) - 2016年3月16日

レンタル。
- コメント(0) - 2016年2月17日

ハメ撮り巻。一巻を読んだ時にはこんなことになるとは思わなかった。SFもファンタジーも青春もポエムもあってカオス。「榎本芙三歩はまるで世界中の幸福が降り注いだように笑って死んだのだ」
★2 - コメント(0) - 2016年1月31日

Love l.
- コメント(0) - 2016年1月22日

うむ訳がわからなくなってきた。ヒロインはなんだかスゴい女神様で世界の中心?マルボロが学生時代の挿話があったから時を超えてずっとフミホは存在している?同じ顔が複数人ってことは彼女の身体はただの器ってこと?そんな程度の理解力だが、これだけは断言する。フミホは男にモテるが女に嫌われる女で、キワは男にモテないが女に好かれる女だ。キワは藤井なんて忘れてもっと他の人にした方がいいよっ‼︎いい女がもったいないよっ‼︎可哀想だよ(T ^ T)
★3 - コメント(0) - 2016年1月5日

ぐちゃぐちゃだなぁ♪ちょっとだけ穴が見えてきたなぁ♪次刊が楽しみ♪
★1 - コメント(0) - 2015年12月27日

★★★☆☆ 最初2人見開き観て意味わかんなかったよね…まさかちえりが。んなことも全部吹っ飛ぶキワの体当たり…!フジの頭の中はフミホばっかだけど、そこんとこうやむやになったから次できちっとしてくれるのか。てかしてくれ
★2 - コメント(0) - 2015年11月29日

ありゃありゃ、ヤバイ。全く世界観解らなくなってきた。フミホが3人って。蜘蛛とか骸骨とか気色悪いけどとても繊細で綺麗な画。しかし舞城王太郎と大暮維人氏の話についていけない。唯一まともなのはキワコだが、藤井に引きずられ人間ぽくなくなりつつある。心配。不思議なのは世界の中心であるフミホが、戦いの蚊帳の外という構図。
★27 - コメント(5) - 2015年8月5日

フミホおおすぎ。
★2 - コメント(0) - 2015年6月28日

胸が焼けるような恋がしたくなる。
- コメント(0) - 2015年6月22日

またヒロインが転生とか不死とか世界とかそういうあれか
★1 - コメント(0) - 2015年6月13日

2015年277冊目。藤井さん、変わってきましたな。
★2 - コメント(0) - 2015年6月7日

u32
とにかく女の子がかわいい。女の子同士の絡みわっさーで儲かった気分です!
- コメント(0) - 2015年6月4日

ようやく次巻核心に…?エロパートは要らなかったなー
★9 - コメント(0) - 2015年5月28日

三つに分かれた世界、フミホの存在、フジイの覚醒と価値。バイオーグと戦うためにハンターとして活動していフジイ、だんだんと物語の真相がわかってきました('ω')
★2 - コメント(0) - 2015年4月3日

面白くなってきた。六巻を買わなきゃ。
- コメント(0) - 2015年3月25日

ヤバい、わけわかんない!大暮維人の真髄ここに極まれり!って今までとは違い一応筋は通ってそうだけど、よくわかんないなぁ。わかんないことばっかりで何がわからないかわからない状態だけど、いつ話が終わるのか、物語は今、序盤中盤終盤どの局面かさえ予想がつかない。ただ、連載始まった当時、そして1巻発売当時、そして巻数を重ねてもわかり得なかったタイトルの言葉がとてもこの世界を表現するのに合うものになってきている気がする。三人のフミホと藤井の中に隠された謎。果たして……!?あ、今回もベルウッドがめちゃくちゃ可愛かった〜。
★3 - コメント(0) - 2015年3月24日

前の巻を読み返さないので毎回よく分かんないなあって感想になってしまう。キワが一生懸命で好感持てる。ちょっとネジが外れている系の登場人物ばかりの中でキワが唯一普通の感性だなって思うので一番好きだ。
★5 - コメント(0) - 2015年3月6日

話にはついていけてないけど、大暮先生の絵見たさについレンタルしてしまう
★9 - コメント(0) - 2015年3月2日

キワコがんば。トリニティ揃い踏み。SF&アクション&青春路線っていう基本はそのままだけど、サスペンサブルな要素がわりと前面に出てきた感じだ。次巻ぐらいでフミホ動きそう
★2 - コメント(0) - 2015年2月27日

ホサはてっきり自分が消滅してもいいと思っているんだと思っていたが、助力を請うというとこがキーになってる気がする。たまにMAIJOUっぽいフレーズがあるのがいい
- コメント(0) - 2015年2月21日

キワがせつなかっこいい。
★1 - コメント(0) - 2015年2月21日

バトルシーンはいつもみたいにスピード感あって意味不明でかっちょえーって感じだったんだけど、読み終わってみればよくわかんないおっさんにページ使いすぎじゃないんかなあ、と。
★1 - コメント(0) - 2015年2月17日

要因とか理由とか欲求があるから恋になるのかどうなのか
- コメント(0) - 2015年2月8日

キワあああああこんなにかわいのにふじいめ!!!! でもふじいの秘密がじわじわわかり始めてる感じがとてもする!
- コメント(0) - 2015年2月5日

積読消化。松蔭ちえりの独断で行動を共にする事になるネクロマリア=もう一人の榎本芙三歩のおかしな道行きと、ますます歪んで行く藤井と藤井の内世界で窮地の穂坂を救う為に自らも藤井の内世界に飛び込んだ極子の目撃する、元ハンターNo.5・マルボロと穂坂の死闘。二人の榎本芙三歩の顔を持つ女を見た極子の見開き仰天フェイスがシュールにも程があるだろ(笑)、なんか魂すンごい勢いで飛び出てるし(笑)。久々の穂坂がバイオーグハンターとしての装備と技術を遺憾なく発揮しても、まだ遠く及ばないマルボロ=藤田が凄まじい(以下コメ欄へ)
★13 - コメント(3) - 2015年1月27日

三人目判明。極子と穂坂の共闘が熱い!!極子が素晴らしいなぁ。極子が全力で藤井に食らい付いていくことで物語がどんどん面白くなってきました♪弱さが罪であると考え穂坂達の世界に染まっていく藤井や超強い面々の中で戦力としては弱い極子の存在こそが物語のカギになるという形は素晴らしい様式美!!面白い、とにかく絵が綺麗で丁寧。大満足な一冊♪
★2 - コメント(0) - 2015年1月16日

しばらく間をあけたら、何が何やらわからんくなった!ストーリーの大筋を掴めてないんだろうなぁ…しかし、夢のような女体オンパレードにレズシーンとか綺麗に仕上がってるぜ(笑)
★15 - コメント(0) - 2015年1月4日

バイオーグ・トリニティ 5巻
- コメント(0) - 2015年1月2日

壊れた世界の3つ目の柱が出現。雑魚いキャラなのにちょいちょい出てくるなと思ったらそういうことなのね。それに加えて穴に入り込んだキワも3つ目の軸になり得るのだろうか?藤井・ホサ・フミホや藤井・フミホ・キワ、ホサ・フミホ・マルボロ、ホサフジ・ネクロマリア・ウラノスなど多くの三角形で象られる人間模様も面白くなってきた。キワ推しは変わらないが、ベルウッドもかわええのう。
★1 - コメント(0) - 2014年12月23日

芙三歩が世界にとって重要な存在ということは分かっていましたが、藤井も重要なのか?!それにしてもキワが一途で切ない。ヒロインよりも周りの女性キャラのほうが魅力的なのはどうなの?!(笑)
- コメント(0) - 2014年12月16日

もう何が何だか話の大筋さえ見えてこないけど、読むのを止められない。藤井とキワコの恋愛モノだと思えば多少単純になるのかな
★3 - コメント(0) - 2014年12月6日

バイオーグ・トリニティ 5巻の 評価:44 感想・レビュー:112
ログイン新規登録(無料)