スクールカースト殺人教室 (新潮文庫nex)

スクールカースト殺人教室 (新潮文庫nex)
あらすじ・内容
あんただけは許さない!! 本性むき出しの大バトル。

クラスの女王に媚を売り、カースト底辺はイジり倒す。それが殺された人気教師の素顔だった。犯人候補は多数。警察が捜査を始めた矢先、保健室に謎の手紙が届きだす。明かされる上位メンバーの過去、裏切り、そしてイジられ役からの悪魔誕生。1年D組に復讐ゲームが広がる中、第二、第三の死者も発生し……。すべてを計画した“神”は誰だ? 衝撃的結末の学園バトルロワイヤル!

あらすじ・内容をもっと見る
331ページ
425登録

スクールカースト殺人教室はこんな本です

スクールカースト殺人教室を読んだ人はこんな本も読んでいます


スクールカースト殺人教室の感想・レビュー(234)

着地点は予想どおり。たが読後の絶望感はハンパない。覗き込んだ穴の闇の暗さと深さにクラクラする。自分は何十年も前で田舎の学校だったので、肌感覚としての理解は難しいが、閉鎖された環境で生き抜かざるを得ない生徒たちの感情が生々しく描かれてるように感じる。当然誇張もされていると思うけど。思いたいけど。
★2 - コメント(0) - 3月21日

スクールカースト。ここまで酷くないにしろ、学生時代はある程度の上下関係がある。それがここまで暴走してしまうと恐怖しかない。色々なことが重なって殺人教室になる。これが全てあの人のシナリオ通りとなってあるならば、本当に『神』なのだろうな。犯人探しをする警察と、学生達のいじめの描写。どちらもテンポが良く飽きずに読めた。どんでん返しではないが、着地点は意外な場所。
★10 - コメント(0) - 3月19日

前に読んだはずなのに内容忘れてて再読。学生ならではのトラブル満載。1冊の中にこれだけの数の死体と犯罪者が出てくる学校ものは珍しいんじゃないかと思う。命がすごく軽く扱われすぎて現実味はないんだけどモチーフになりそうな事は現実にもありそうで少し怖い。
★1 - コメント(0) - 3月3日

【評価】3.8/5……Amazonレビューの六条院さんの感想に激しく同意。
★2 - コメント(0) - 3月1日

女ボスのいじめが最悪。カースト上位から底辺になった人たちは仕方ないが、底辺から上位になった奴の態度が気に入らなかった。穴口くんは何がしたかったのかよくわからなかった。最後のオチにえーってなったけど、やりすぎのいじめはもう一度読む気にはなれない。けれど、隠し事があったり手紙に操られてる感じはどんどん先が気になって読み終わるのはあっというまだった。
★6 - コメント(0) - 2月26日

スクールカーストをめぐる物語。自分はスクールカースト注意だったので経験はないが、たしかにいじめられるといったことは目の当たりしたことを思い出した。
★4 - コメント(0) - 2月11日

おー、オチが良かった!くまさんとかダルマさん読んだときはもう一捻り欲しいかなと思ったけど、これはなかなかはまりました~!
★18 - コメント(0) - 2月3日

面白かった!いやぁ、最低な人間が多いな。犯人だと思ってた人が操られていて、何か怪しいなと思ってた子はやはりそうきたか!と期待通り。堀内作品は面白いなぁ。
★6 - コメント(0) - 1月31日

堀内公太郎作品ハマりすぎですね。今のところ、全作読んでいます。やっぱり、色々仕掛けてきますね。読んでいるうちに、犯人の目星はついてくるんですが、そこで終わらせず満足させてくれるのが楽しい。 スクールカーストという名の元にイジメが起きていて、教師は教師で見て見ぬ振り。でも、何かしらの制裁はくだっていました。ただ、ラストは、ぞくっとしました。
★42 - コメント(0) - 1月13日

読み進めていくうちに真犯人がどんどん見つかっていくところが面白かった。
★3 - コメント(0) - 2016年12月25日

続きが気になる展開で面白かったです。教室という閉鎖的な空間に生じてくる変化怖いですね。
★8 - コメント(0) - 2016年12月19日

今、堀内公太郎作品にはまってます。こんな学校こわっ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月17日

小説『スクールカースト殺人事件』読了。疾走感があった。スクールカーストを体験したひとならば、この教室のどこかに自分自身を見出せるのではないだろうか。私は磯神ことりがすごく好き。こういうひとが、正の方向に振り切った、ほんものの、どこまでも純度の高い狂人なんだと思う。うつくしい。
★7 - コメント(0) - 2016年12月17日

スクールカーストと殺人事件を絡めたサスペンスである。人間関係の変化とカースト順位の変化が読みどころである。サプライズが強い作品ではないけれど、学校という閉じられた世界での歪みみたいなのがよく描かれていたと思う
★3 - コメント(0) - 2016年12月16日

堀内公太郎らしい話だね。なんとなく犯人もわかったけど、それでも最後まで飽きずに読み進められた♪ 早く森クマシリーズの続編でないかなぁ(´ω`)✨
★3 - コメント(0) - 2016年12月4日

2冊立て続けで読んだためかなり精神的にくるものがありました。でも読まなければよかった、ではありません。張りつめた学校生活では楽しくない。
★7 - コメント(0) - 2016年12月3日

堀内先生の作品は最後に必ず何か仕掛けていきたいんだなぁ、という。他人の名前を借りて殺人、その殺人示唆もなりすましで犯人は共犯と思い込んでた片想い相手を殺して自殺(3階でよく死ねたな…)めでたく完結かと思いきやクラス内のカースト制度も浮気や裏切りや過去でぐちゃぐちゃに…麻耶が本当に嫌いです。千里と一緒に重体になったろうけど、自分が好き勝手出来てた後ろ楯のお母さんまで突き落とすとか…本当に頭空っぽで女王様だったんですね。一生日陰でしか生きられない。表に出ないけど忍もそうか。神になりすぎた黒幕、いやはや恐い。
★3 - コメント(0) - 2016年11月14日

前作よりは面白かった。殺し合いだねー、ことりちゃんはあちら側の人間なんだね。 もりくまといい、堀内さんからは「ゴミみたいな人間を殺すことは殺人ではなく正義だ」というメッセジーを感じる。 サキ先生と磯神さんの関係がもうちょっと見たかった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月8日

学園ミステリー系のシナリオはたくさんありますが、ここまで衝撃的なオチの作品には初めて出会いました。テンポもすごく良くて、飽きずに読破できました。
★5 - コメント(0) - 2016年11月4日

堀内さん2冊目。途中から黒幕はわかったけど、それでも面白かったのでテンポよく読めました。でも、読後感は悪く最後はスッキリしなかった。なぜ、イソジンちゃんがサキにとって神なのか…その辺りをもっと知りたかった。
★14 - コメント(0) - 2016年11月2日

さくさくっと読了。最初から登場人物が多いけど混乱せずどんどん読み進められた。キャラの書き分けとか節の区切り方が上手なのかも。最初の手紙のやりとりあたりはわくわくしながら読んだ。物語の核心はすぐに予想がつくけれど奇妙な爽快感がありました。4年くらい前に有名女優の娘がイジメの首謀者だと話題になったことを思い出した。
★4 - コメント(0) - 2016年11月1日

サスペンスの王道をいき、犯人も早い段階で把握できる。カースト上位の腐った人間たちが次々と事件に巻き込まれていくところは私の気分的には『悪の教典』。快適なクラス運営のために邪魔物を排除していくところは似ているなあと。精神的に追い込まれたにしても大人がちょろすぎやしませんか?w歪んだ正義が発端で事件が起きている昨今、特に未成年は教育者がしっかりしていないと同じようなことが起こりそうで未来の物語のような気がした。
★7 - コメント(0) - 2016年10月20日

うーん。おもしろいのか?怖いなー。イジりどころか、集団リンチまで。よー、死なんかったわー。むむむー。
★1 - コメント(0) - 2016年10月15日

この作者さんは『 森のくまさん』を読んだことがある。今回は学園もの。今の中高生には、ここまではっきりしたカーストが存在するのかしら。本当にあったらタチ悪いねぇ(・・ ;)教師もクラスメートも、たかが女子生徒相手に何故こうも言いなりなのか...謎で仕方ない。昔から、いじめっ子いじめられっ子はクラスに必ず存在するけど、だんだんと闇は深まっている感じはするよね。それがよく描かれていたと思う。最後は「デスノートか!」とツッコミを入れたくなった(笑)
★35 - コメント(0) - 2016年10月12日

6   これは『衝撃的結末』なのか…
★6 - コメント(0) - 2016年10月8日

この作家の本はあんまり好きじゃないとか言っておきながら読んでるのはなんでなのか><でもこれは好きじゃないって思わずに最後まで読んだけど後半に「神」てでてきて「????」ってなった。
★2 - コメント(0) - 2016年9月30日

うわ~。と思いながら夢中で読んだ。なんで麻耶の言いなりにみんななるんだろうか。みんなで麻耶をどうにかすればいいのにと思ったが、それができないのが、スクールカーストなのかな~。面白かった。
★2 - コメント(0) - 2016年9月28日

なんというか、とても怖かった。騙された気がした。突っ込みどころは多々ありますが、こんなクラスにいたら、私は逃げます。所謂自己防衛的な感じで(笑)。ハラハラして読んだ結果、2時間ぶっ通して読んだけありましたが、後味の悪い終わり方でした。陰湿なイジメは恐ろしい。
★3 - コメント(0) - 2016年9月21日

怖かった。黒幕は予想通りだったけど、その思考が怖い。でも腹の立つ人物が一挙に粛清されて、すっきりした気持ちもある。この人の作品は、さらっと残虐だったりするけれど、細かいことを考えず、軽い気持ちで読めるので好き。
★50 - コメント(0) - 2016年9月20日

なんか想像と違って微妙だった。期待して損した。ありがち展開。
★2 - コメント(0) - 2016年9月17日

最後に身震い。 うわぁ、怖いわぁ。完全だまされた!
★1 - コメント(0) - 2016年9月11日

クラス内の力関係といじめを中心に話が進みますが、終わってみれば全てを掌握していたのは・・・って感じの話ですが、つまらなくはないけど、何か物足りない。
★3 - コメント(0) - 2016年9月7日

読ませるストーリーですが、ラストがあまり良くないです。
★4 - コメント(0) - 2016年8月29日

高校生になってもこんな酷いイジメがあるのか、こんな簡単に人を殺したり思った通りに動かせるのかとツッコミ所は多々ある。が、イジメられた経験から弱者のために警官になった南は、弱者とは誰か悩むだろうな。
★4 - コメント(0) - 2016年8月28日

恐ろしい学校だ。最後に黒幕が出てきたけど予想はついてた。千代田くんは男見せたけどかわいそう。
★20 - コメント(0) - 2016年8月20日

ここまでカーストが明白な学校、架空とはいえ怖かったし、何よりも黒幕の闇の深さが怖かった。ぞわぞわした。
★7 - コメント(0) - 2016年8月13日

大体何処の集団にもカーストってのはあるもんだと思いますが、此処まで露骨だと、客観的に見てたら「うわあ…」ってな心境になりますね。良いキャラだなあ、と思ったキャラが後半では流れに流されてやらかしてしまったり、酷い目にあったりするのも多かったですが、いつも通り楽しみながら読み終えました。強い者の周囲に収まるチャンスを狙ったり、暴走したり蹴落としたりのやり取りが壮絶でした。 女王は撃沈してもまあ…って感じですが、美奈子がちょっと哀れに感じてしまったり…。あと、千代田は結構ギリギリな所で男を見せたなーと思います。
★22 - コメント(2) - 2016年8月9日

話としてはとても面白いと思う。流石にあそこまで殴る蹴るの暴行は、余程馬鹿じゃないと高校生にもなれば尻馬には乗らないと思ったけど、そこはフィクションなので。犯人は多少予想が付けやすかったと思う。むしろ表紙で予想がつきそうな気すらする。
★2 - コメント(0) - 2016年8月6日

1年D組に存在するスクールカースト、女王様に逆らえば、地獄の学校生活が待っている。 D組の女王様の横暴ぶりを黙認どころか、媚を売る担任教師が殺害され、警察が学校にやってきた。学級委員のことりは、警察にクラスの様子を探るようお願いされる。不登校生徒、カースト上位グループの仲違い、教師同士の対立、みんなを見守る保険教師、そらぞれの思惑の中で、この殺人や騒動の張本人の黒幕は? 黒幕は正直分かりやすい。けど、登場人物各々の思想が面白かった。ドライな感情がリアル。千代田君が、ちょいかわいそうだった?
★6 - コメント(0) - 2016年8月6日

著者の作品を読むのはデビュー作以来だけど、よくも悪くも「変わっていない」というのが最初の感想。クラス内の力関係を把握し、それによって生徒の扱いを変えていた教師が殺された。そして、そこからクラス内の秩序が狂い始めて……。皆が皆、自分勝手で共感しづらいのだけど、狭苦しい人間関係の中で、少しでも良い状況へ、というエゴがむき出しになればそんな感じになるのかもしれない、とは思う。ただ、黒幕については明らかに異質な存在が居るので丸分かり。そして、なぜ、その人物が例外的な立ち位置になっているのかちょっと弱いかな?
★19 - コメント(0) - 2016年8月5日

スクールカースト殺人教室の 評価:98 感想・レビュー:117
ログイン新規登録(無料)