ダイエット物語 - ……ただし猫

ダイエット物語 - ……ただし猫
314ページ
242登録

ダイエット物語 - ……ただし猫はこんな本です

ダイエット物語 - ……ただし猫を読んだ人はこんな本も読んでいます


ダイエット物語 - ……ただし猫の感想・レビュー(173)

猫のダイエット話だけかと思いきや人間のダイエット話や闘病記まであって盛り沢山。明るく語られる病気の話や食事の苦労話等とても興味深く読めました。
★6 - コメント(0) - 2月17日

★★★★★ 素子節全開。雰囲気がデビュー当時と変わってないから懐かしい感じがする。あと、猫ズのにゃあにゃあ抗議には胸が痛くなるよ。
★29 - コメント(0) - 2月12日

図書館本。猫のダイエットだけでなく、人間の話、あと笑える?検査入院の話からなる3つの作品が収録されています。あとがきによると、最後に収録されてされていたご自身の闘病の?話をまずは書きたくて書いてしまったって経緯がまず、新井さんらしいなーとおもった。まず、書きたいことがはっきりしていて、読者を楽しませたい!って気持ちに溢れた作品が面白くない訳がなく、3作品とも楽しく?読む事が出来ました。ダイエット以外にも割りと重めな話題も書かれていますが、それさえも読者が負担に感じる事なく読めるのは、読み手には有り難い本。
★6 - コメント(0) - 2月8日

有川さんの好きな作家さんの中に新井素子さんの字があり、タイトルに惹かれて図書館にて借りてみました。陽子さんと正彦さんと作者さんの考えがそれぞれ違っていてとても面白く、ほっこりした。少し怖いシーンもあったけど、すべて猫に癒され、猫によって許される。やっぱり猫は最高!!٩(。>ω<。)و
★8 - コメント(2) - 2月4日

デブ猫のダイエットに苦労している飼い主の一人として、共感できるところが多々ありました。ただ、ウエブ発表作品の書籍化のせいか内容が薄く、一般の方が書いたブログを読んでいるような感じ。サラッと読むにはいいかもしれません。
- コメント(0) - 1月14日

銀婚式物語もそうでしたけど、ダイエット物語も陽子さんの語り口が楽しくて、すぐに読めました。猫のダイエットの話で、最後に正彦さんも猫とセットで莫迦組に入ってしまいましたが、陽子さんの心の声、めっちゃよくわかります。莫迦と言われてもしょうがないよなぁ;^_^A
★2 - コメント(0) - 1月12日

ダイエットに一番効くのは「本人の自覚」う~ん耳が痛い…猫や旦那様の健康に親の介護など、この文体でなければさぞ辛いお話になっただろうな。明るいSF長編、お待ちしてます
★4 - コメント(0) - 1月10日

結婚直後から飼っていた猫が23歳で亡くなり、その後、しばらく猫は飼っていなかった大島家。知り合いが保護した兄妹の仔猫を引き取る事にし、兄を天元、妹をこすみと名付けた。再び、猫との賑やかな生活が始まったが、天元が「太り過ぎ」と獣医に言われ、ダイエットをする事になったが・・・
★13 - コメント(1) - 1月7日

★★☆
- コメント(0) - 1月3日

猫ズとたーさんのダイエットも陽子さんの大腸ポリープ切除手術もなかなかに大変で、でも面白おかしく読みやすくしてあって楽しめたんだけど、ちょいちょい触れられるたーさん陽子さんそれぞれの両親の介護話が衝撃的だった。いやこれ余談としてここに出てきてる分だけでも充分壮絶。もうこれは『介護物語』書いてもらうしかないな。絶対読むので次回(でなくてもいいけどその内に)よろしくお願いします!しかしたーさんも陽子さんも齢を重ねているんだなぁという当たり前の事実を実感してしまった一冊だった。嗚呼、『結婚物語』は遠くなりにけり。
★7 - コメント(0) - 2016年12月30日

★★★
★3 - コメント(0) - 2016年12月8日

結婚物語から続く大島夫妻シリーズ。銀婚式物語ほどじゃないけれど面白くない。期待し過ぎ?結婚物語や新婚物語だったら、普通に描写したり会話で説明されただろうエピソードが、地の文で説明されて「プロットか、これは」感。笑える闘病記も、「素ちゃんの痛い話」の方がずっと面白かったなぁ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

読了日不明。6月?
- コメント(0) - 2016年11月24日

文体合わないですね。くどく感じてしまう。前回小説、今回エッセイテイストでこう感じてしまったのでもう新井さんはいいかな。
★1 - コメント(0) - 2016年11月23日

★★★★☆.5 しっかり年月を重ねた二人。面白く読みました(^ν^)
★3 - コメント(0) - 2016年11月20日

久しぶりに大島夫婦物語を読んだ。銀婚式物語は未読なので、二人とも年をとって、いろんな健康問題に直面しているのだなあと感慨深い。ちらっと出てきた、旦那両親の顛末も、ぜひ読みたい。書くのは難しいだろうけど、書いて欲しい。
★6 - コメント(0) - 2016年11月15日

旦那と猫のダイエットと素子さんの大腸ポリープ話。ダイエットは大変だよね。傍から見てるとツッコミ所しかないけど、当人は真面目なつもりなんだろうなあ。二人もそんなお年頃なのねとしみじみする。
★2 - コメント(0) - 2016年11月12日

久しぶりに、話し言葉の王様の著作!(笑)新井さん、亡くなったお母さまが、校閲なんですよね。一生懸命で真摯なのに、なんだか微妙にズレている素子さんが、変わらず愛らしいです。深刻になりがちな病や介護の話しも、なんとなく、こんなもんかぁ?!と。読後、著者の話し言葉がうつって、困ってしまいますね。
★35 - コメント(0) - 2016年11月9日

いつのまにか陽子さんも正彦さんも成人病予備軍に。ジムのウォーキングマシンで歩きつつの読書…真似してみたくなったりして。
★4 - コメント(0) - 2016年10月31日

ダイエットの件は、あまりの認識のなさに驚いたけど(ヒトのほうね)、身近にいなければこんなものか。笑える闘病記というか、入院を楽しむというスタンスは共感する。検査や処置なども、興味を持って受ければそれなりに楽しいよね(違)
★5 - コメント(0) - 2016年10月23日

この変わらなさに驚く。新井素子さんは物事をわかりやすく教えてくれる天才で私は今回食品グループ表の考え方を覚え、大腸について詳しくなり、ネコのダイエットも学んだ。
★11 - コメント(0) - 2016年10月21日

ずーっと変わらない文体で。
★2 - コメント(0) - 2016年10月21日

大腸ポリープ物語、闘病記なのにテンションが高い。笑える闘病記を書きたかった、っていうので納得。内視鏡検査でモニターに映る自分の美大腸に興奮する陽子さんが面白かったー。離れて住む旦那の両親の介護に、糖尿気味の旦那の食生活改善、歳を取ると大変なことも増えるね…。最後のあとがきが、「えっと、あとがきです。」で始まらなくなったのはいつからだろう。
★9 - コメント(0) - 2016年10月21日

良くも悪くも変わらないな~(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年10月19日

「結婚物語」「新婚物語」「銀婚式物語」と紡がれてきた物語、今回は趣の違うタイトルなので、番外編的位置づけと思いきや、なかなかシビアな現実が(苦しみや悩みと共にではなく、あくまでも「こんなこともあるよね」という達観のような強さと共に)描かれていることに胸をつかれる。
★9 - コメント(0) - 2016年10月16日

お久しぶりの新井素子。正彦さんの家事能力の低さにびっくり。仕事してたら仕方がない部分があるにしても妻としてはもう少し協力してもらいたいだろうな。糖尿病食ってヘルシーそうだなって思ってたんだけど必要に迫られないと無理だね、これは。
★3 - コメント(0) - 2016年10月14日

ダイエットが見た目だけではなく、猫も人も健康のために奮闘する実体験?のお話でした。猫にダイエットさせるのは、虐待してるみたいだというけど、私が子供の頃肥満児でその頃母は、いじめてるみたいでダイエットさせられなかったと言っていたのを思い出した。人間の内視鏡のとこは、私も経験者なんで目に浮かび、想像ついたけど、痛くないとか楽しいとか私にはありえない。のけ反るほどの苦しさで、この前高いけど、麻酔をーって騒いでしまったくらい。最後のお医者さんとのQ&Aはおもしろかった。明るい闘病記もいいもんだ。
★9 - コメント(0) - 2016年10月14日

結婚物語以来久々に新井素子さんの本を読みました。さすがに文章がこの年齢ともなると違和感が…ま、変わってないところが、作者らしいとは思いますが(笑)猫の避妊や糖尿病のカロリー制限など、昭和チックな考え方なのにびっくりしました。作家さんはあまりテレビを観られないのかしら。
★2 - コメント(0) - 2016年10月8日

結婚物語、新婚物語、銀婚式物語と続いてこの本に至る。名前だけ変えて、ほぼフィクションと思われる作品群。猫の健康診断の際、糖尿病→腎臓病→最悪、腎臓移植となる事を主治医に諭され、デブでカワイイ位に思っていたのに、ダイエットを一代決心。腎臓移植のドナー...その子を最後まで面倒見ればいいって話じゃないよね、ショックが大きいです。家も猫が現在糖尿病だから、他人事じゃなかった。後の二話、人間の話はなんだか今後の自分や家族を考えちゃって、憂鬱になった。健康って人間も動物も大事だね。あ、今現在健康な人は、まだまだコメ
★14 - コメント(2) - 2016年10月6日

久しぶりの新井素子さん 猫のダイエット物語って❔と興味を持って読んだのですが、ご本人の体験をベースにした『大腸ポリープ物語』が、もう痛そうだったり笑えたり・・・ 私も紹介状を書いて貰って来週 胃の精密検査をするので他人事では無い❕(大腸と胃の差は有れど)必死になって読みました。うんうん 私も腫瘍の細胞採取は痛くなかったぞって思い納得… しかし内視鏡手術をして翌日、退院され いきなり大掃除をしなくてはならない状況にー。なんと尊敬してしまいます。でも後のかなりの出血 読んでて貧血 起こしそうでした。
★65 - コメント(15) - 2016年10月6日

「結婚物語」以来楽しく読んでいる。年代が同じせいか、ダイエットやポリープ手術、親の介護など、他人事とは思えない。これからももっと日常生活を書いて欲しい。
★4 - コメント(0) - 2016年10月6日

「○○物語」久しぶり!!「結婚物語」「新婚物語」「銀婚式物語」で……え??「ダイエット物語」?と思ったが。まーさもありなんでしょ。なんせ陽子さんも正彦さんも仕事忙しいわ、運動しないわ、美味しいもん食べるの好きだわーだもんね。って。最初は猫のダイエット。続いて人間のダイエット。最後は大腸ポリープでした。うーん、親の介護や(陽子さんの方は看取っちゃっていたし)なんだか…寂しいですね。もっと元気で楽しい話が読みたいな。またいつか「○○物語」楽しみにしてます。
★7 - コメント(0) - 2016年10月4日

「銀婚物語」を積みっ放しなので、すごくすごーーく久しぶりの陽子さん&正彦さんちの物語。陽子さんと正彦さんが、読んでいるとどうしても「素ちゃん」と「たーさん」になってしまう……けど、支障はないのでまあいいか(笑)素ちゃんの文体は相変わらずで、半分とは言わないけど3割くらい削れそうだなぁと思いつつ、一周廻ってヘイキになったのでそこも込みで楽しかった。タイトルの「猫」だけでなく、ヒトのダイエットと陽子さんのポリープ手術体験記の三篇。あちこちに出てくる老親の介護問題に、そういう年代になったんだなぁとしみじみ。
★62 - コメント(0) - 2016年10月1日

人間のダイエットは食事と運動。でも猫に運動させるのは難しく、食事制限のみのダイエット。お腹がすいて鳴き続ける猫が可哀想で可哀想で。太らせてしまった罪は重い。人間編。大腸検査は未経験。二リットルの下剤に驚いたけど、わりと平気そうだったので、効き目が緩いのかな。下手な先生だと痛いそうで恐ろしい。
★71 - コメント(0) - 2016年9月28日

介護や検査&入院、手術、どれも他人事じゃないなということがテーマです。それをおもしろく読ませるのが素子さんですね。一気に読了です。
★7 - コメント(0) - 2016年9月25日

ダイエット物語はイマイチだったけど、大腸ポリープさんは面白かったぞ。 素子節のせいで深刻さを感じないけど、ダイエットもポリープも、特に離れた親の介護なんてかなりヘビーだぞ。年齢、環境的にどれも他人事ではないのでちょっと読み飛ばすには重すぎる。 あと、やっぱ、SF、読みたいな。
★19 - コメント(0) - 2016年9月21日

久々の素子姫。が、表題のダイエット話は今一… SF以外は厳しいかと思ったけれど、大腸ポリープ話は面白かった‼️ 更に、あとがきを読んで納得。メインはポリープ話だったのね〜
★21 - コメント(0) - 2016年9月21日

何でも書きたい人だったw
- コメント(0) - 2016年9月18日

ダイエット物語、猫はただいま子猫育て中なので身につまされます。人間は自分も境界なのでリアル。でも読書しながらはたぶん自分は無理。やっぱ運動か運動しか無いのか。ポリープはまだ未経験なので気持ち楽になるかな。銀婚物語はかなり読みにくかったけど、これは読み易かった。リフレインはあるけどね。楽しいけど本来の小説も読みたいです。
★2 - コメント(0) - 2016年9月16日

図書館本。昔から愛読していた陽子さんちのお話、語り口は昔と変わらず懐かしい。しかし物語とは言え、同世代の自分から見て親の介護、自分や相方の健康等、重い話なので敢えて軽目に表現かもしれないが、軽々しく思える事もしばしば。若い頃にはこの文体が好きだったけど少し違和感は自分も年をとったからか^^健康に留意して、明るい金婚式の話も読みたいものです^^
★27 - コメント(3) - 2016年9月15日

ダイエット物語 - ……ただし猫の 評価:92 感想・レビュー:81
ログイン新規登録(無料)