奥様はクレイジーフルーツ

奥様はクレイジーフルーツ
あらすじ・内容
この幸せを守るためには、性欲のはけ口が別に必要だ

「たかがセックスで生活の全部を捨てる覚悟はあるのか」。したい妻としたくない夫。セックスと幸福の関係を描き切った連作短編集。

あらすじ・内容をもっと見る
243ページ
2676登録

奥様はクレイジーフルーツはこんな本です

奥様はクレイジーフルーツを読んだ人はこんな本も読んでいます

何様
3114登録

奥様はクレイジーフルーツの感想・レビュー(1718)

レス夫婦の話。とらわれすぎな感じもあるけど、やはり初美には大きな問題なんだよね。分からないでもないわ。レス仲間の羽生ちゃんの存在がなかなか笑えました。彼の行く末も気になります。
★20 - コメント(0) - 3月22日

なんて一途な初美さん。最後まで一途だった。すごく深い愛の形を描いた小説と思う。
★15 - コメント(0) - 3月21日

‪柚木さんの作品はもう何作も読んでいるけれど、こちらはまあなんと踏み込んだ内容…。けれども多くの女性が通るであろう苦しみを赤裸々に、重くなりすぎずに描いている。女性にだって欲望もあるし、男性にだって減退期はある。それでもなんとか夫婦であろうと、もがいていく2人の姿に、夫婦ってやっぱり一筋縄じゃいかないよねと感じた。お互いの気持ちをさらけ出せている分、未来のありそうなラストで良かった。‬
★47 - コメント(0) - 3月21日

仲良い夫婦と思っていても、実際に悩みはあるし、それは他からじゃわからない。空気感とゆうのか、雰囲気というのか、言葉では現せないやりとりが夫婦には多いんだなぁと思った。
★14 - コメント(0) - 3月20日

柚木麻子の印象が違っちゃいました。
★10 - コメント(0) - 3月14日

比喩としてのフルーツが絶妙です。
★14 - コメント(0) - 3月13日

★★★★☆ 不機嫌な果実ならぬ狂った果実。レスは辛いだろうけど、さすがに執念が怨念めいて怖かった。出雲に行く寝台列車の中で、夫へのあたたかい気持ちを思いだすシーンはとても良かった。なんやかんや仲良しな二人が可愛い。いつまでも瑞々しい夫婦関係でいるには、互いの思いやりが必要なんだよなと月並みなことを思う。しかし…結婚…したくないなあ…(杞憂)。
★20 - コメント(0) - 3月13日

この夫婦の行き着く先はどこか?と気になり一気読み。フルーツと絡めた区切りが上手い!奥様の切実さが可愛らしかった。この2人は手をつないだり、並んで寝るスキンシップがあれば上手くやっていきそうな気がした。元は他人なのに夫婦って、家族ってなんだろうと考えさせられた。
★58 - コメント(2) - 3月13日

今まで漠然とクレイジーフルーツは果物名かと思っていたが、よく考えるとそんな名前のフルーツはないね?むかし「狂った果実」という歌があったけどきっとあれと同じ意味合いだね。
★92 - コメント(1) - 3月13日

初美さんの一生懸命さがいじらしい。 浮気願望アリアリなのに、どうでもよい近場の異性に妄想してるのが笑えました。この手のお話って「不機嫌な果実」のようにフルーツがタイトルにつくのですね。ドラマ化したら今度は初美役に橋本マナミさんなんていかかでしょう?
★16 - コメント(0) - 3月12日

主人公の不倫妄想にニヤッとしながら読みました。
★12 - コメント(0) - 3月11日

図書館本
★4 - コメント(0) - 3月11日

初美がいつ旦那さんとセックスできるのか、もしや他の人とセックスしてしまうのか!!きたきたーーっやっと?!、、おーぃ、またダメかっ、、と最後まで楽しんで読めました。結婚前からセックスが淡白な男を選んだ初美がセックスレスで悩むなよーっ笑。とツッコミたいところだけど。
★45 - コメント(0) - 3月11日

ん~、とらわれすぎてない?
★9 - コメント(0) - 3月11日

細かい心理描写に引き込まれた。色々考えさせられる一冊。
★13 - コメント(0) - 3月10日

《図書館本》こ、これは!知らずに借りてしまったけれど電車通勤時に読むには恥ずかしい本じゃないか。この本の内容を知ってる人が見たら「おっ、夢中で読んでる。不満か。レスか?」って思われる可能性大じゃん。そういう意味で羞恥プレイなのか。柚木さん自身も書きながら羞恥プレイじゃなかったんだろうかとお察ししてしまうほどエロ妄想が中途半端。これ【18禁】って書いといてくれれば電車で読まなかったのにな~。
★59 - コメント(1) - 3月9日

ドロドロ不倫ものなのかと思って読んだら、カラっと爽快(というわけでもないけど)で、奥様のクレイジーっぷりが見事だった。さすが柚木作品。恥ずかしくて外では読めないけど、夫婦について考えさせられた。
★19 - コメント(0) - 3月8日

セックスレスな妻の気持ちが切実で、その描写とフルーツの絡みが上手い。
★14 - コメント(0) - 3月8日

☆☆☆★初美のようなパートナーが欲しい。自らの悩み(欲求?)に不満を持ちながら、夫への配慮(気遣い)が常に感じられる。果たして、この夫婦に子宝は授けられるのだろうか?
★14 - コメント(0) - 3月6日

「たかがセックス。されどセックス。」その通りだと思う。愛情の現わし方は、それだけではないけれど。無くていいものでもない。セックスの意味も、夫と妻では違うのだろう。夫婦の性の問題は、難しい。
★45 - コメント(0) - 3月5日

セックスレスの夫婦の話。一章毎のタイトルがなかなか。深刻な問題なんだけど、初美が滑稽なほど必死で可愛らしい。レスでも初美は旦那に愛されてて、仕事も軌道にのって、その上「わがままボディ」で羨ましいけど、夫婦ってそんなんじゃないのね。
★40 - コメント(0) - 3月4日

なんか微妙な読後感。全体的にモヤモヤが残るような…
★8 - コメント(0) - 3月4日

読みやすい文章でサクッと読了。全編にわたって全力で欲求不満な感じでちょっとひいてしまったかな…
★9 - コメント(0) - 3月4日

かなりセクシャルな話だったのでちょっと引いてしまった(汗)。ヒロインの考え方に共通点が見いだせなくて読みづらかったのですが、他人の人生の方が自分の人生よりいい気がしたり、弱気になったりするのはどんな人でも時々あることなのではないかなと思いました。
★24 - コメント(0) - 3月4日

新刊ようやく読めた。 夫婦になるって家族になるって良いのか、悪いのか考える作品。
★19 - コメント(0) - 3月3日

クレイジーフルーツという言葉がよく似合う。夫婦の関係性は当人たちにしか分からないから、こういったことって表に出てこない。夫婦であることを継続させるのも大変なのだなと思った。
★18 - コメント(0) - 3月3日

男女限らず、したいときに出来ないのはつらいものです。先が見えれば我慢のしがいも有るけれど・・。セックスだけが夫婦じゃないとは言うけれど、お互いに見向きもしなくなったらその先は・・・。そんな事を考えさせられました。
★16 - コメント(0) - 3月2日

夫がセックスをしたがらないのには何か隠している理由があるのではないかと思って読んでいたけど、特に何もなかった。本当にただ淡泊なだけの様子。そのわりにごくたまにやる気を出すのは一体なぜだったんだろう。夫の気持ちがよくわからないまま話が終わってしまって残念。初美の妄想はおもしろかった。でもこの夫婦はこのままじゃ続かなさそう・・・。
★32 - コメント(0) - 2月28日

深刻な夫婦問題をコミカルに。初美が、まっすぐで、不器用で、面白い人。バスで読むのは、恥ずかしかった…
★12 - コメント(0) - 2月28日

夫婦間のレスをコミカルに描いた連作集。主人公の最初の必死さから終盤の達観までおもしろく読了。
★14 - コメント(0) - 2月28日

n75
なんかめちゃくちゃ読むのに時間がかかってしまった。主人公とほぼ同年代だけど結婚はしておらず、状況が違うのでなんともいえないけど、こんなに四六時中欲求不満なのかよ人妻はと思うと結構辟易した。でも自分に性的魅力を最も感じて欲しい人から相手にされなければ、その他の人からの視線でも渇望してしまうものなのか。マルチをやってる元同級生の話と向かいに住んでる浪人生の男の子の話は面白かった。しかし主人公の情緒が話によって浮き沈みが激しくて大変そうだななどと思った。
★16 - コメント(0) - 2月27日

なんかわかるわー、結婚するとこういうこともあるんだろうなーって思いながら読んでたから、読後に他の方のレビュー見て、賛否両論といいますか気持ち悪い、ありえない、キチってる等々の感想も少なくないことを知って、そうかそう感じる人もいるのかってちょっと驚きでした。
★21 - コメント(0) - 2月26日

柚木さんだから読みましたが、正直あまり好きではないタイプのお話でした。お互いに思い合っている安心感があるってすごくいいなぁと思ったけど、それだけでは人はみたされないものなのかなぁ。夫婦っていうのも難しいですね。
★16 - コメント(0) - 2月26日

なんとすごい小説!半分くらいまでは指の間から覗くように引きながら読んでたが、初美が自分を変えようとする辺りからやっと正視できた。見てはいけないものを見てしまった気持ち悪さはあるが、ここまでズバリ切り込んでも軽やかなのはさすが。
★25 - コメント(0) - 2月25日

AOI
後半からは初美の空回りぶりが読んでいて辛かった…。「兄妹でするみたいで抵抗ある」って切ないけど凄くよく分かる。結婚して家族になったらそれが自然な形のような気もするけれどなー。独身の私には単純に精神的に繋がり合えているパートナーが居ることが羨ましいと思ったけど夫婦って難しい。
★18 - コメント(0) - 2月23日

読みながらずーっと思ってたのは、擦ったらテーマになってるフルーツの匂いがする仕掛け?があったらなーってこと…思わず表紙のフルーツの絵のところ爪で擦ったわ…(※当然無臭だった)出てくるフルーツはすごくみずみずしい表現だったのに、なぜか人工的な香りで嗅ぎたくなったなぁ…
★5 - コメント(0) - 2月22日

わーーー気持ち悪い!主人公が気持ち悪い!!まさにクレイジー!!大丈夫?って感じで嫌悪感のままに読んでしまった……
★12 - コメント(0) - 2月22日

久しぶりの柚木麻子さん。今まで読んできた作品とは毛色が違うかな?と、はじめは戸惑いましたが、あっという間に読了。女性特有(なのかな?)のざらつき感、今回もばっちり伝わってきました。フルーツはどれも美味しそうで、読み終わると無性にフルーツが食べたくなりました(居酒屋の柚子は除く)。
★13 - コメント(0) - 2月20日

初めて手にした柚木さんの一冊。セックスレスをテーマした内容ですが、柚木さんの作風なのか、ドロドロせずにカラッとした内容で一気に読みました。 他の作品も読んでみたくなりました。
★17 - コメント(0) - 2月19日

夫は大手出版社の女性誌の編集長で、自分は都心のギャラリーで個展を開催するアクセサリー作家という立場で有閑マダムのような生活をする主人公が、様々な場所で出会った男達に流されそうになりながらも踏みとどまることを繰り返す様子が描かれていて、最終的には夫との関係が円満で精神的な繋がりが深いことを認識するような展開なので、職業などをスケールダウンして登場人物名を白人ではなく日本人にしたロマンス小説のように感じられ、全体的に分かりやすい展開だったと思いました。
★58 - コメント(2) - 2月18日

奥様はクレイジーフルーツの 評価:92 感想・レビュー:780
ログイン新規登録(無料)