奥様はクレイジーフルーツ

奥様はクレイジーフルーツ
あらすじ・内容
この幸せを守るためには、性欲のはけ口が別に必要だ

「たかがセックスで生活の全部を捨てる覚悟はあるのか」。したい妻としたくない夫。セックスと幸福の関係を描き切った連作短編集。

あらすじ・内容をもっと見る
243ページ
2584登録

奥様はクレイジーフルーツはこんな本です

奥様はクレイジーフルーツを読んだ人はこんな本も読んでいます


奥様はクレイジーフルーツの感想・レビュー(1630)

初めて手にした柚木さんの一冊。セックスレスをテーマした内容ですが、柚木さんの作風なのか、ドロドロせずにカラッとした内容で一気に読みました。 他の作品も読んでみたくなりました。
★11 - コメント(0) - 2月19日

夫は大手出版社の女性誌の編集長で、自分は都心のギャラリーで個展を開催するアクセサリー作家という立場で有閑マダムのような生活をする主人公が、様々な場所で出会った男達に流されそうになりながらも踏みとどまることを繰り返す様子が描かれていて、最終的には夫との関係が円満で精神的な繋がりが深いことを認識するような展開なので、職業などをスケールダウンして登場人物名を白人ではなく日本人にしたロマンス小説のように感じられ、全体的に分かりやすい展開だったと思いました。
★52 - コメント(2) - 2月18日

主人公や周りの登場人物が自己愛溢れるちょっと薄っぺらい人に感じたのはなぜだろう? 主人公の旦那さんが一番まっとうな人だと感じました。
★10 - コメント(0) - 2月18日

旦那を愛するセックスレス妻・初美の葛藤が延々と。エイッと進まない妻が,意外と多いのだろうか。
★18 - コメント(0) - 2月18日

柚木さんの作品はほっこりとするから好き♡愛あるレス夫婦の初美がおいたはすれど成功せず、可愛らしいなぁと思ってしまった。
★15 - コメント(0) - 2月18日

ss
七転八倒。 とにかく手足をバタバタもがく初美ことはちゅ。 柚木さんの文章はさらさらと読みやすく、一区切りで一旦休憩しようと思ってもちらっと次のページをめくって一行読むとそのままぐんぐん読み進めてしまう。
★10 - コメント(0) - 2月18日

読了に時間がかかり、感想を書くのに苦慮して皆さんの感想を読んでます。柚木さんの本だから読みましたが・・・・再読は無い。
★69 - コメント(0) - 2月17日

セックスレスな奥さまを可愛らしくコミカルに書かれて、初美ちゃんと私が違いすぎるのか客観的にこんな子いるんやぁと、新鮮な気持ちで楽しく読みました。「羽生くん 見て、ほら 今でも逆立ち出来るよ」「旦那 もったいないことしてるね 宝のもちぐされだ」のセリフがお気に入り。他の人からは仲良くて羨ましがられても夫婦の悩みはあるもの。「よく見とけ若者よ これが夫婦だ、きれい事だけじゃすまされない」その通り。二子玉川駅の看板が本当ならあまり行きたくないかもです。
★32 - コメント(2) - 2月15日

柚木さんっぽい、フルーツをからめて。
★8 - コメント(0) - 2月15日

内容を知らずに読んだのでそういう話が続いて驚いたけど、まだ若いし、ずいぶんと悩みに騒いで、ドタバタした人だなあと最後の方まで思った。旅館に夫婦で行った辺りから落ち着いてきてくれて、そういう夫婦問題もゆるやかに解決しそーーでしないようで。ま、とりあえず若いしがんばれと思った。若者にはつまらないかもしれない話。悩んでいる人なら少し心が軽くなるかも。
★10 - コメント(0) - 2月12日

読んでいると柚木さんが書いていると忘れ、男性作家作品と思ってしまいます。30歳過ぎて東京の街中をショートパンツで出歩く? 何度か出てくるショートパンツ姿の描写に違和感が強過ぎて、可愛いというより危ない女性に見えました。いくら欲求不満とはいえ、友達程度の男性に肌を触らせるのも驚き、人の大勢居る所で大声で性の話を叫ぶって、羞恥心無いのかな?超堅物の私には理解不能で楽しめませんでした。
★72 - コメント(2) - 2月12日

柚木先生の本幾つか読んでたのであれ?今回は淡々と読み切り風形式で終わってしまうのか?と何か意外性を求める肉食w女子としては今回は共感するような個所がなかったのでさらっと読んでしまいました。でも肉体を求めているようで実質は彼の心が自分にもっと求めてほしいっていう単純な話ですよね。うん、オトナになると言葉だけで信じられる程単純でもないしなー
★9 - コメント(0) - 2月12日

図書館本。『アッコちゃん』シリーズが面白かったから手に取ってみたら、思ってたのとは違った話だったが面白かった。初美の悩みが不倫とかその場の勢いとかで解消されるのかと思いきや、結局旦那さんの事を大事に思う初美はかわいい。でも姑に相談ってよっぽどだなぁと。夫婦問題は見た目だけじゃ何もわからない。
★26 - コメント(0) - 2月11日

女性ならではの視点で性について描かれています。直球できますので気弱な男性は注意が必要です。でも勇気を持って読んで下さい!
★12 - コメント(0) - 2月11日

夫婦仲はいたって円満にも関わらず、唯一セックスレスであることに不幸を感じて止まない初美。膨張しまくりのエッチな妄想や、暴走寸前のセックス願望に思考回路もショート寸前の赤裸々な本音と、不憫なのに笑える明るくユーモラスな切り口がとても面白かった。お互いを必要とし一緒に楽しく生活出来れば、そんなの無くても平気だと達観するにはまだまだ若すぎるし、子供だって欲しいと願うアラサーにセックスレスは確かに辛い。でも、紆余曲折あってこそ夫婦愛も深まるというもの。大切な人の存在の重さに気付けるかどうかが幸せへの分かれ目かも。
★176 - コメント(6) - 2月9日

ここに出ている奥様「初美」は普通の女性…世間の既婚女性に伺いたい気もしますが、こういうのあるあるですか?(笑)セックスレスも離婚の要件に入るのでしょうか。夫は誠実で真面目で初美に対してもめちゃくちゃ優しいいい旦那。性に関するこの一点だけが欠けています。初美も何度となく浮気したい気分や妄想に捕らわれますが、それでも何とか踏みとどまって。。。可哀想だけれども笑えてしまう。既婚男性としても面白くて複雑な気持ちになる話でした。
★14 - コメント(0) - 2月9日

レスにもいろいろあるけれど…。愛情はあふれるほどあるんだけどね~それだけでもいいような…
★10 - コメント(0) - 2月8日

読みやすかった。
★4 - コメント(0) - 2月8日

外から見ると幸せに見える家族にもその家族にしかわからない不満や不安があるもので、むやみに羨ましく思うことはないなぁと改めて思う。 初美の大胆さは面白くも恥ずかしくて、でもイマジネーションや自由さは見習いたい。
★10 - コメント(0) - 2月7日

表紙がかわいい!夫婦というのは、体と心のバランスが大事ってことかな。歳を重ねていくと、心穏やかに暮らせればいいという思いの方が強くなる。
★14 - コメント(0) - 2月7日

初っ端からセックスのことばかり。世の中の女性の頭の中がみんなこうだとなんだか怖い。
★10 - コメント(0) - 2月6日

妄想・勘違いってこんなにも膨らんで本にまでなるんだ(..;)結局旦那さんが大好きで、幸せそうだけど!
★35 - コメント(0) - 2月6日

「セックスがなくても私は幸せ・・・そんなワケない!」安寧な結婚生活を送る初美。夫への唯一の不満は淡白な事。セックスレスに悩む彼女は同級生と浮気未満のキスをし、義弟と二人っきりになってドキドキしたり、女医の触診にまであらぬ期待を抱く始末で・・・
★33 - コメント(1) - 2月5日

主人公、初美の悩み、苦しみがいろんなフルーツとともに表されていて、切ないけど面白い。 あっという間に読了!
★16 - コメント(0) - 2月5日

まだ結婚もしていないし、セックスレスで悩んだこともないけれど、他人事ではないというか、ダイレクトにちょっと胸がチクっと痛くなった。可愛らしい奥さんだなぁとホッコリする余裕がないというか。柚木麻子さんが好きで、物語の中身関係なしに、彼女の小説なら絶対読んでしまうけれど、やはり言葉の選び方が好き。ピリピリするけど愛情がある。面白かったです。あー一生思い通りに愛されたい。贅沢で傲慢だということは分かっているけれど。
★21 - コメント(0) - 2月4日

初美がかわいかった。セックスレスを解消したくて必死で、勢いありすぎて、旦那さんが大好きで。本当にかわいい人だと思う。幸せになれますように。山田詠美の「放課後の音符」なつかし!
★16 - コメント(0) - 2月4日

おもわずクスッと笑ってしまうところ満載だし、旦那のことが大好きで一生懸命な初美がものすごくかわいい話だった。ただ、問題は何1つ解決してないからなあ。初美を応援しているからこそ切なくなった。
★29 - コメント(0) - 2月3日

セックスレスに悩み、余所見しつつもがき続け、そして悟る⁈初美の物語。夫婦の仲がよければレスでも別にいいような気もしちゃうのは…わたしの問題かしら?(笑)ちょっとすれ違いつつもお互いをやっぱり大事に思っている初美夫婦が好ましかった。羽生くんとの関係が羨ましいな。
★56 - コメント(0) - 2月3日

夫婦の性の悩みを赤裸々に綴ってあり、奥様の頭の中が可愛くて仕方ない。 無事に、幸せになってもらいたい。
★14 - コメント(0) - 2月2日

夫婦関係に不満があっても、好きで一緒に居続けたいならそれなりの努力が必要です。初美夫妻のセックスレスは、不倫をすることで乗り切るのかなと思っていましたが、夫が暇になることで夫婦で向き合うことになり、それなりにハッピーエンドですね。柚木さんのすべての本を読んだわけではありませんが、初美も他の話同様ふらふらしていそうですが実は筋が通っている女性ですね。
★18 - コメント(0) - 2月1日

12編からなる連作短編集。意外であり、そうなのか…というオチ。
★9 - コメント(0) - 2月1日

「性生活のない夫婦は地獄よ」「みんなやっていることが、どうして私にはできないんだろう」「夫は好きだし、性欲はあるしで、マジでどうしていいか本当に分からないんです」私も定義は違えどクレイジーフルーツ歴が約10年...以上...。だった。(過去形でカミングアウトw)。。だから初美の気持ちはよーくわかります。苦しんでいる女性達に私の体験談も役に立てばと思いつつ...。フルーツはいつか熟すもの。甘く柔らかく艶やかに。
★42 - コメント(12) - 2月1日

中原めいこの名曲『君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね』を連想するタイトル。果実づくしの副題とともに語られるのは、セックスレスの30代の若夫婦の日常。夫婦のつながりがどんどん薄くなっていくのは、しょうがないよね。モヤモヤした熟れすぎた果実と、チェリー淳平くんとの危険な火遊び、のはずなのに、全くエロを感じない性描写。うーん物足りん。淡々と倦怠期の話が続いていくフルーツづくしの奥様小説。前作までの毒舌成分がかなり後退。もしかして麻木先生がシアワセになっちゃったせいなのかな。
★24 - コメント(0) - 1月27日

★★★★☆なかなか奥深い内容でいろいろ考えさせられました。
★12 - コメント(0) - 1月27日

柚木さんにしては初めてのちゃんとした性描写で、新境地開拓なのかな。でも、いやらしさがあまりないのは、主人公の初美がなんとも憎めない可愛らしいキャラクターだからかも。なんとか夫とセックスしようと試みるもののつくづく玉砕し、浮気してみようかと思っても結局できなくて、妄想だけは過激化していくという(笑) 最後も、決してバラ色の綺麗なものではない。でも、夫婦なんてそんなもので、かっこ悪くて、それでも、なんとかかんとか自分自身と相手との間に折り合いつけつつ暮らしていくしかないんだよな。
★15 - コメント(0) - 1月26日

以前読んだ『本屋さんのダイアナ』がとてもよかったので、同じ著者ということで内容は知らずに手に取った。夫婦のデリケートなことをテーマに女性視点から描いているということもあり、独身男の私には共感できることはなかったが、興味深かった。レスって夫婦仲が悪いことが原因かと思ってたけど、仲良し夫婦でもあることにちょっとビックリ。
★22 - コメント(0) - 1月26日

セックスレスという悩みが、主人公の性格からでしょうが、面白おかしく書かれていて、先には、深刻になったりする主人公に寄り添うように、応援したくなるような気持ちになりました。柚木さんの書く女の子はいつも愛らしくて大好きになります。続編が出来たらいいなぁと思いました。誘惑に負けそうになる主人公がいつかは、染まってしまうのか?と読み手をドキドキさせるところが上手いなあと思いました。
★15 - コメント(0) - 1月26日

ちょっと読書をおサボりしてまして…久々の読書。柚木先生ってだけの理由で内容を知らずに読み始めましたが、結構オトナな内容でしたねwでも、読んでいてわかるわかる〜が沢山。そうです。結婚すると恋人から家族になっちゃうんです。情の内容が変わっちゃうんです。子供生まれたら尚更です。そんなんでも、我が家の場合は平和に過ごしていますw 最後に…乳房に異常を感じたら 産婦人科ではなく外科です。乳腺外科です。産婦人科は子宮ガン検診で行きましょう。
★19 - コメント(0) - 1月26日

初美さん可愛い
★8 - コメント(0) - 1月25日

奥様はクレイジーフルーツの 評価:84 感想・レビュー:741
ログイン新規登録(無料)