居酒屋ぶたぶた (光文社文庫)

居酒屋ぶたぶた (光文社文庫)
あらすじ・内容
寒い冬の夜。商店街の一角に気になる店が。覗いてみると、温かな雰囲気に心が躍る。ああ、入ってみたい、そんなとき。もし、店の隅にピンクのぶたのぬいぐるみが転がっていたら、それは「味に間違いない店」の目印かも。見た目はぬいぐるみ、中身は心優しい中年男性。山崎ぶたぶたが、いろんなタイプの飲み屋さんで、美味しい料理とともにあなたを待っています。

あらすじ・内容をもっと見る
229ページ
457登録

居酒屋ぶたぶたはこんな本です

居酒屋ぶたぶたの感想・レビュー(215)

職場の先輩に借りて、ぶたぶたシリーズを読むのも二作目。今回は居酒屋やバーなど、お酒の香りがするお店を営むぶたぶたさん。店主がブタのぬいぐるみということ以外は、とくに奇抜なことは起こらないお話。それすらも、とくに奇抜でもないのだけど。ぶたぶたさんを見てびっくりして、美味しいお酒を飲んで、ぶたぶたさんとゆるくお話をして、少し、元気になって店を出る。そういう世界。それはとてもゆるく、やさしい、世界。
★5 - コメント(0) - 2月25日

ぬいぐるみでも中身はおじさんのぶたぶたさん。居酒屋でも大丈夫なのでしょうか?相変わらずの表紙カバーが可愛らしくて、想像が膨らみます。短編連作集なので、居酒屋さんは一話だけでしたけれど、下戸の私も通いたい店でした。持ち帰りもできるならなおさらです。ぶたぶたさんシリーズは、読み始めから、お腹が空きまくりですが、今回は竜田揚げやおでんが無性に食べたい!
★4 - コメント(0) - 2月24日

efu
連作なのでどれも別のお店なのだが、どれもぶたぶたさんならではのあったらいいなというお店だ。居酒屋もいいけれど、バーテンダーぶたぶたさんのシェイクパフォーマンスは必見であろう。それとワインテイスティングも。本人が「ショーではないんですが・・・」と困惑するその声も聞きたい。ホラーナイトも好きだけど、前に共演したホラー作家の二人ともまた何かのお話があるといいなあ。
★5 - コメント(0) - 2月23日

今回のぶたぶたは、飲み屋さんが舞台。少し心の弱った人たちを持ち前の愛嬌とソフトボイスで癒すぶたぶたさん。でもなんといっても今回は作中作の怪談話、『ぶたぶたさん誘拐事件?』が素晴らしかった! 朝の電車でぞくぞくしちゃいました(゜ロ゜;
★57 - コメント(3) - 2月23日

突拍子ないけど引き込まれるほのぼのさと、 人生訓!? これは良いシリーズに出会えました(^^♪
★6 - コメント(0) - 2月21日

面白かった。文章にも違和感を抱くことなく、楽しく読めた。これは他のシリーズも読まなくては。疲れているときにもスイスイ読める。
★4 - コメント(0) - 2月20日

さらっと読めて楽しい作品でした。 他のぶたぶたシリーズも読んでみるつもり。
★5 - コメント(0) - 2月19日

ぶたぶたさんのお店の近所に住みたい…毎日通うのに☆
★7 - コメント(0) - 2月18日

行きたい~、ぶたぶたさんの居るお店イイなぁ。ホントぶたぶたさんのシリーズは癒されます♪カクテル好きじゃないけど、ぶたぶたさんのならグビグビ行けちゃいそうです(^^)
★31 - コメント(0) - 2月17日

見た目はぬいぐるみ、中身はおじさま。そんなぶたぶたシリーズも、我が家にも数え切れないほど集まりました。沢山あるけど、最新刊から「初ぶたぶたさん」でも、大丈夫ですよ。 ぶたぶたさんの今回の職業は、お酒を出す、いろんなお店です。どの本も職業が違っても、共通点は、お料理が上手な普通のおじさん。ぶたぶたさんのお料理を食べただけで、その回の主人公たちが癒されていきました。いろんな世代の登場人物がいるので、幅広い世代の、心にエッセンスが欲しい方に読んでほしいです。
★8 - コメント(0) - 2月16日

あ〜(*^_^*)やっぱり食べ物を作るぶたぶたさんは、ステキだ(*☻-☻*) おでん食べたいっ❗️ワイン飲みたいっ❗️だし割⁉️何それ、飲んだことないっ飲みたいっ❗️❗️❗️
★11 - コメント(0) - 2月15日

☆☆:光文社のシリーズとしては珍しくエピソード毎に店を変えての飲み屋編。やはりこのパターンだと散漫な感じがしてしまうなぁ。おでん屋の「悩み事の聞き方」ソムリエの「珊瑚色の思い出」が良い出来。「僕の友達」は作者の得意分野(?)であるホラーテイストが効いている異色作。ぶたぶたさんにも「死」があることにちょっと衝撃。
★3 - コメント(0) - 2月14日

ぶたぶたさんがおでんを売っている、ソムリエをしている、ゴールデン街のブックカフェ的バーで働いている!(スティーブン・キング好きだったのか・・・)とにかく、身悶えるほど魅力的なシュチュエーションの数々。ぶたぶた読友に「最後の話が最高だよ!」と告知を受けていたのですが、本当に最高でした。本当に実話なの?思わず本に問いかけたくなりました~前回のドクターといい最近のぶたぶたさんは癒しパワーがすごいです!また、のれんをくぐるように再読するのが楽しみ♪
★10 - コメント(0) - 2月14日

北海道旅行の搭乗中のお供(^^)読友さんたちもよく読んでいて気になっていた、ぶたぶたさんシリーズ。面白くて、出てくるご飯が美味しそうで(笑)私もぶたぶたさんのつくるおでんが食べたい…他のシリーズも読んでみたい!!
★8 - コメント(0) - 2月13日

頭が疲れてる時、リフレッシュするために読むには最高の本☆(笑)今回は居酒屋ですが、ソムリエだったり、バーテンだったり、色々なぶたふださんに会えます♪しかも出てくる料理がメチャクチャ美味しそうで美味しそうで(笑)空腹の時には読まない方が良いですよ♪(^_^)v(笑)
★31 - コメント(0) - 2月12日

安定のぶたぶたさんです。今回も面白くて、美味しそうです。ぶたぶたさんの豚汁と言う、いつものブラックジョークも飛び出し、大変満足です。でも、初期のぶたぶたさんって愛読書はT.ハリスさんだった様な…。S.キングさんもハリスさんも、どちらも面白いですけど。店内の厨房を、ついに専用仕様に改装しちゃったぶたぶたさんでした。
★9 - コメント(3) - 2月12日

お酒大好き!美味しいお酒のあても好き!となると、今回のぶたぶたさんはたまりません!おでん屋さんの話は、心が弱っているときに読んだら染みそう。冬の夜空におでんを想像するだけでももう…。自分の町にもぶたぶたさんのお店が来てほしいな~。
★40 - コメント(0) - 2月11日

久々に小説でジャケ買いした一冊。導入部分を少しだけ読んで、直感だけで手を出したのだが、実に良い作品であった。 ブタのぬいぐるみの『山崎ぶたぶた』氏が営む店で、生活の中のちょっとした悩みやストレスなどが氏の対応で癒されて行くストーリーは王道でありつつもほっこりして安心して読める。 驚いたのがこれでシリーズ25作目らしい。 既に絶版となっているものもあるようだが、是非他のシリーズ作も読みたいと思う。
★11 - コメント(0) - 2月8日

引っ越してすぐのころ、仕事帰りに見かけた「お夕飯セット 500円~」という文字。それに惹かれて、店に入った勝人は、鶏の竜田揚げセットを堪能する。満足して店を出る際に目に入った厨房には、何故かぶたのぬいぐるみが置かれていて・・・居酒屋、バー、屋台などなど、色々なタイプの飲み屋さんで美味しいお酒と料理を提供するぶたぶたさんの姿を書いた短篇集。
★27 - コメント(2) - 2月8日

初読のぶたぶたさん 読まず嫌いだったな~こんなに面白いとは
★12 - コメント(0) - 2月6日

星4。相変わらず「ぶたぶた」は面白い。然し居酒屋ぶたぶたは1話だけだ。テーマは「飲み屋」だ、居酒屋に限らない。「居酒屋ぶたぶた」に絞って書いた方が良かったんじゃないかなあ~。ワインバーも出てくるしおでん屋も出てくる、それぞれで一冊書いてくれた方が読者としては楽しみが増えるんだけどなあ~。ちょっと勿体ない気がする。
★19 - コメント(0) - 2月6日

ぶたぶたさん、何軒店持ってるんだ??ていうか、ぶたぶたさん、一升瓶より小さいよねσ(^_^;)
★20 - コメント(2) - 2月4日

読んでるととにかくちょっとしたおつまみ付きでお酒が飲みたくなる本。1番最初の駅前の居酒屋さんが1番好き。こんな居酒屋さん近所に出来て欲しいな。
★12 - コメント(0) - 2月4日

これまで多くのぶたぶた本を読んできたけど、ようやく気付きました。ぶたぶたさんはぬいぐるみでなくちゃいけないんだって。優しくて細やかで可愛くて、料理手腕も一流で、どんなお店をやっても成功していて、そのうえユーモアもあって。そんなの普通のおじさんだったらうらやましいを通り超えて反感をもってしまう。でも、ぬいぐるみだから、小説という虚構のなかでも最高のフィクションに仕上がっている。だから心の狭い私なんかでも、何かに傷ついて嫌悪したりせず、ほっこりと読めるんだ。遅くなったけど、ようやく気付きました。今更、かな?
★11 - コメント(0) - 2月3日

今回のテーマはお酒。とにかく出てくるもの全部美味しそうで、食べてみたい!飲んでみたい!短編5話5様で面白く楽しませていただきました。ごちそうさまでした♪
★29 - コメント(0) - 1月31日

モダンホラーって、ぶたぶたさんがホラーなのか?って事にそりゃなるでしょう(笑)その話し怖すぎますって(笑)癒してくれるんだか怖がらせたいんだか(笑)相変わらず食べ物が美味しそうで、今回はお酒も美味しそうで、飲みに行きたいなぁ~っと思いました(笑)
★15 - コメント(0) - 1月31日

1話目みたいな居酒屋があったら絶対行くのに。夕飯セットなんて素敵過ぎる!おかずの持ち帰りが出来るのも良い。ぶたぶたシリーズに出てくるお店は行ってみたいところばかり。夢と理想が詰まっていて、さらにぶたぶたがいるなら繁盛間違いなし。おでんの美味しい立呑屋さんも憧れる。お酒が飲めなくても楽しめるバーというのも素敵。私もそんなに飲めないけど、バーの雰囲気は好きなのでフードメニューやノンアルコールが揃っていたら通ってしまいそう。あとがきにぶたぶたがInstagramをしているとあり、本物のぶたぶたが見れました。笑
★26 - コメント(0) - 1月30日

あっという間に読んでしまった…相変わらず美味しそうで、お酒も止まらなくなりそう… 居酒屋もワインバーもカクテルバーも一度行ってみたい!
★16 - コメント(0) - 1月28日

矢崎さんが下戸で猫を飼っていることを知る。自分との共通点にちょっと嬉しくなった。なによりぶたぶたさんの店で供される料理が美味しそう! 相変わらずぶたぶたさんは人間から無体な扱いを受けている。ふっとばされたり誘拐されたり… 笑えるのは本書だからこそ。バーテンダーとしてシェーカーを振るぶたぶたさんを「おもちゃ屋の店先でワンワン震えながら動く犬のおもちゃ」に例えるなんて矢崎さんひどい! 面白いけど。ゴールデン街のぶたぶたさんのバー行ってみたい。モダンホラーって! 私も「チャッキー」とつぶやいてしまいましたよ。
★17 - コメント(0) - 1月27日

久しぶりの「ぶたぶたさん」だったせいか、それとも「お酒がお供」だったせいか、後味がほんの少しほろ苦い気がしました。「誰かに話すだけで楽になれる。聞く方は答えを求められてはおらず、ただ聞くだけでいい。」このぶたぶたさん精神が、今回もまた、とても優しく包んでくれます。そして、ラストのぶたぶたさん直伝モダンホラー。ぶたぶたさんとホラーなんて合わないって思ってましたが…浅はかでした。意外と怖かった!(笑)
★41 - コメント(0) - 1月25日

居酒屋デビューはぶたぶたさんのお店がいいなー。絶対通っちゃうよね!行きつけにするよね!だってぶたぶたさんに会いたいんだもん!シェーカーを振るぶたぶたさんを想像したらなんて可愛いこと!
★22 - コメント(1) - 1月25日

お酒は飲めない。でも飲みたくなる一冊。ぶたぶたさんの経営するバー行ってみたくなりました。
★3 - コメント(0) - 1月25日

ぶたぶたさんのシリーズは気分転換になる(・∀・)。今回も美味しいものがたくさん登場して、一番気になるのはおでん!ぶたぶたさんがジョッキで飲む姿やシェーカー振る姿を想像しながらニヤニヤクスクスでした(≧∇≦) 楽しいシリーズに出会えて良かった♪
★69 - コメント(0) - 1月24日

ぶたぶたさん、大好き!会いたい!居酒屋以外でも、全作品が、ぬいぐるみである為の辛さもあり…メルヘンというだけで読むのは勿体ない。なかなか奥が深い作品です。
★13 - コメント(0) - 1月24日

今回は、居酒屋さんやバーが舞台。疲れたとき、ふと人生で立ち止まったとき、話を聞いてくれる場所があるってどんなに助けられることか。そんなあたたかい雰囲気の中にいるのがぶたぶたさん。彼の料理の腕と、話しやすさ、かわいらしさが活かされている作品でした。今回は、癒し度高かったです。
★32 - コメント(0) - 1月23日

往復4時間の電車の中で読了。短編でどのお話も楽しくて引き込まれました。時間を忘れて読むことができました。ぶたぶたさんシリーズお出かけに持ってこいなので是非揃えたい。そしてキーパーソン?の山崎ぶたぶたさんは何故ぶたぶたなのか気になりますね。私も一人で行ける飲み屋さんが近所にあったらな~とうらやましくなりました。
★30 - コメント(0) - 1月23日

ぶたぶたシリーズ 第25弾、読了17冊目。今回は様々なタイプの「飲み屋さん」のぶたぶたさん。呑めなくても楽しめて美味しい~居酒屋、おでん屋さん、ワインバー・・相変わらず悩める人々の気持ちにも寄り添って、ちょっと前向きにしてくれるぶたぶたさん  今回も面白かったです。
★17 - コメント(0) - 1月21日

☆☆☆
★4 - コメント(0) - 1月20日

ぶたぶたさんに食べ物屋さんは最強の組み合わせ。そこにお酒がプラス☆ぐわー、もう、たまりません!居酒屋やまざき、バーマルコ、立ち飲みおでんや、ワインバーコライユ、本のバー本棚。ぶたぶたさんが竜田揚げを揚げる、シェイカーを振る。おでん鍋の湯気の向こう、胸のもやもやが軽くなる心地良いひととき。読書好きが集い、マスターは日替わりという面白い趣向のバー、ぶたぶたさんはモダンホラー担当。ああ、どの店も常連になって通い詰めたくなるお店ばかり。いますぐ行きたくなってほんっと困る。コライユ、琥珀色の夕焼け話、よかったな…。
★93 - コメント(4) - 1月20日

読む度にぶたぶたさんの器用さにびっくり。だんだんその存在をうけいれてしまうようになるのがぶたぶたさんの面白いところだなぁ。ぶたぶたさんの話す怪談にちとびびる。
★10 - コメント(1) - 1月18日

居酒屋ぶたぶたの 評価:100 感想・レビュー:115
ログイン新規登録(無料)