糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書)

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ て (幻冬舎新書)
197ページ
426登録

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ てはこんな本です

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ ての感想・レビュー(316)

糖質制限よりもなによりも人工甘味料は体に悪くないという主張の方に興味が湧いた。本当かな?よし、明日から人工甘味料取り放題だ!とか勇気が出ない。それはそうと、本書の糖質制限は、かなり緩いので実行しやすいだろう。しかも人工甘味料OKなので、スイーツ食べてぇー、とストレス溜まることもない(人工甘味料には懐疑的だがたまになら良いか)。ただ、油を制限する必要がないことの根拠として、グラフ(P59)をあげられているが、あのー滅茶苦茶関係ありそうなんですが汗。先生のグラフの解釈、危険じゃありません?
★1 - コメント(0) - 3月5日

ローカーボハイドレート。”緩やかな”糖質制限=ロカボ。糖質を1食20~40g、それとは別に1日10gまでのスイーツ、間食を食べて1日の糖質摂取量をトータル70~130gにしましょう、というのがロカボの定義。おかずはたっぷり食べてOK!なのですが、1食の糖質量を40gとすると、ご飯70g、6枚切りの食パン1枚分、麺類なら半玉程度。ご飯より炒飯の方が血糖値のピークを低く抑えられるなど参考にしたい内容も多かった。健康と美容のために取り入れてみたいと思わせる内容ですが、麺類大好きな私としては半玉は結構厳しいなぁ。
★3 - コメント(0) - 2月9日

低糖質な食事、私には合う食事法です。カロリー制限をしても体重になんら変わりはなく、低糖質にしたとたん、体重がみるみる落ちていった経験があります。時代で栄養学の主張が変わるというのは、なんだかこわいことです。
★7 - コメント(0) - 2月5日

酒、ビールよりも焼酎、ブランデーかぁ
★1 - コメント(0) - 1月29日

名著
★1 - コメント(0) - 1月1日

この本は,なんとなく今まで糖質を減らした方がいいのかなと思っていた自分にとって,とても良い情報だった。きつくなく,でもいつも意識して糖質を減らしてとることならできそうな気がする。まず,実行だ。
★2 - コメント(0) - 2016年12月14日

糖質制限とのタイトルで過激な制限食の本なのかと思いきやしっかりエビデンスをもとに書かれてありました。けして糖質を制限しなければいけない訳ではなく、糖質を適量摂るという考え方でした。甘味料に関しては、まだ確立されていないのかなと思いました
★2 - コメント(0) - 2016年12月4日

評価は★★★☆(満点は★★★★★) 「ト」系のないようかと思ったら、しっかりエビデンスに基づいた主張をしていた。著者が主張するロカボも過激な内容ではなく、普通に実践可能なものだったことも好感を持てた。 間食はナッツ系にしよう。
★9 - コメント(0) - 2016年11月25日

糖質が悪影響を及ぼすのはわかった。だが MEC 食 はなぁ。。。やぱバランスわるくね?実際やってみると。
★2 - コメント(0) - 2016年11月23日

ロカボについておおよそ理解できました。いいことずくめだけど、実践も簡単。少し不安。
★4 - コメント(0) - 2016年11月19日

糖質制限でやせましょうみたいな本と思って読んだが、やせる本ではなく、健康のため(糖尿病などの生活習慣病)に有効な食事法を考察する本だった。糖分を摂ると血中濃度があがるが、急激な血糖度上昇は体に悪いらしい。それを防ぐために有効なのが糖質制限(一食の糖質を40g以下に抑える)らしい。糖質制限はカロリー制限とは違い、とりすぎなければカロリーはいくら摂っても良い。油やたんぱく質も好きなだけ摂っても良いから、制限の範囲内でなら満腹になるまで食べてもよいということになり、無理なく続けられるそうだ。
★12 - コメント(0) - 2016年11月9日

カロリー制限から糖質制限へ。栄養学的観点では従来の考え方が大きく変わったと言っても良いロカボ食。 最終盤、人工甘味料の悪いウワサに対するお話はサラッとでも良かったような。 いずれにしても試してみたいロカボです。
★2 - コメント(0) - 2016年11月4日

焼菓子とパスタを提供するうちの店がこの頃はやらないのはこの本のせいだったのか(笑)。図書館で3ヶ月待ちでようやく読んだが、なかなか説得力がある。一番驚いたのは、糖質制限の方法の一つとして人工甘味料の摂取を勧めていること。FBでシェアされていたアスパルテームでアリが死ぬ写真はガセらしいし、発癌性もありえないほど過剰に摂った場合だという。だから大丈夫なのか?でもやはり開発されて半世紀しか経っていなくて長期的な身体への影響が不明なものはあまり使う気にならないなあ。砂糖もある意味では毒物と言われればその通りだが
★19 - コメント(0) - 2016年10月28日

極端な糖質制限ではなくロカボが健康に良い。私も実践して効果が出ています。ご飯を炊いてすぐに80gずつ小分けにして冷凍にしていますが、70gに減らさなきゃ^_^;
★6 - コメント(0) - 2016年10月21日

kaz
要するに、一食あたりの糖質を20~40gに抑え、それとは別に間食として1日に10gまで許容し、1日の糖質摂取量をトータル70~130gにする、ということ。 炭水化物の中には必要な食物繊維も含まれ、完全に絶ってしまうのは逆に悪影響。少量は摂るほうがいい。一食40gというのは、普通のご飯茶碗に半分程度の白米(70g)をイメージすれば良い。その他のおかずは糖質の少ないもの(肉、魚、大豆製品、根菜以外の野菜、卵、キノコ類など)はどれだけ食べても良い。 無理のない低糖質食事法で、健康で長生きしたい。
★4 - コメント(0) - 2016年10月19日

タイトルやオビで「真実」を謳う本は疑ってかかることにしているが、この本は根拠を挙げて説明し、「なぜいままでこう考えられてきたか」「なぜこの十年ほどで「常識」が変わったか」の経緯を丁寧に記しており、好感がある。私自身(太りすぎ)は以前漠然と炭水化物を控えることを意識して体重を減らしたことがあり、その後大盛のご飯の誘惑に負けて戻ってしまったので、本書の内容に改めてなるほどと思う。「エビデンスレベル」は、健康関係の本について読む際に気をつけてみたい。
★4 - コメント(0) - 2016年10月17日

ロカボ、やってみようと思った。
★3 - コメント(0) - 2016年10月16日

主張の中身もさることながら、EBMに触れているのがおもしろい。白いご飯よりチャーハンのほうが血糖値としてはあがりにくいのか…
★3 - コメント(0) - 2016年10月16日

糖質制限をすれば、ダイエットは何を食べてもいいのなら続けらそうかな。
★2 - コメント(0) - 2016年10月16日

長い間積みました。健康診断で引っ掛かり、反省を込めてしっかり読みました。カロリーではなく糖質制限とは、時代は変わっていたのですね。ごはん大好きの私にとって、この実践は苦行の二文字です。
★9 - コメント(0) - 2016年10月10日

また新しい健康関係の本が出たという感じ? 何が正しいのだろうか。
★2 - コメント(0) - 2016年10月8日

これまでもこの種の健康に関する本を各種読んできた。 その中でもこの本は最新のエビデンス実証により裏打ちされており、もっとも信頼が置ける内容となっている(と思われる) これまでは大丈夫だと思っていた(勘違い?)蕎麦が、高糖質食品だと書かれており最大のショックとなった。 無理な糖質制限ではなく、無理のないロカボにより今後も健康な生活を続けていきたい。
★2 - コメント(0) - 2016年10月3日

エビデンスレベルの説明から始まるあたり説得力高い。
★3 - コメント(0) - 2016年9月28日

AU
☆☆☆ 「ロカボ」やってみよう!
★2 - コメント(0) - 2016年9月7日

「白いご飯よりチャーハン」「動物性脂肪もOK」「血糖の上下動が危険」「ケトン体の扱いは保留」「人口甘味料は大丈夫」「果物に注意」「1食あたりのご飯は70グラムに」最後の2つは無理。
★5 - コメント(0) - 2016年9月4日

夏井睦さんのような嫌味ったらしさがなく、丁寧。江部康二さんよりゆるやか。都会に比べて田舎でビジネスチャンス。
★4 - コメント(0) - 2016年9月3日

お酒について醸造酒(ビール・日本酒・ワイン)がダメと言うのは・・・
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

糖質制限が良し との考えが、高頻度に示されることが、続いている。厚労省の食事摂取基準はコレステロールの扱いを大きく変換させたが。炭水化物は…今後も自らの情報収集が必要。/日本人の三大死因の根っこに血糖異常がある。血糖を上げるのは糖質だけ。血糖の上下動は、酸化ストレスを起こし、老化や細胞のガン化、認知機能の低下につながる。糖質以外の栄養素は血糖上昇にブレーキをかける。医療従事者が万人に向かって提唱できる「理想的な栄養バランス」は存在しない。ロカボは、1日糖質摂取量70〜130g。ロカボを目指したい。図書館
★9 - コメント(0) - 2016年8月25日

・ガン、心臓病、脳卒中の根底には血糖異常がある。 ・特に糖尿病とガンには深い因果関係あり。 ・糖尿病は、インスリンが減り、血中のブドウ糖の値(血糖値)が
★2 - コメント(0) - 2016年8月24日

久々に読書。夜は白米抜きにしてる。たまにパスタやらカレーやらの時は食べちゃうけどね。昼はコンビニ食で炭水化物とりまくり。朝はグラノーラ。さて、自分はどの程度糖質をとっているのだろう。マンツーのコンサルタントがほしい。…はっ、ライ○ップ!?エビデンスレベルの話はおもしろい。人工甘味料は危ないという根拠なしと書いてあったけど、危なくないという根拠もないのでは?まぁ、気にせず摂ってるけどね。
★2 - コメント(0) - 2016年8月21日

仕事のための勉強本。糖質を摂るべきか摂らざるべきか。緩やかに減らしつつ適度に摂る、それがこの本で提唱しているロカボ。カロリー制限は体重が落ちても心臓病のリスクは減らず、むしろ必要な栄養素が撮れないことで起こるリスクのほうが高い。脂肪制限も同じ。食事制限は、とかく0か100かという論争になりがちだけれど、深刻な病状がなければストイックな制限より、緩やかな持続が大事だと思うのでロカボという考え方は良いですね。ロカボ+緩やかな運動で、膵臓のアンチエイジング、血糖値の上がりにくい体になるそう。運動も大事。
★22 - コメント(0) - 2016年8月15日

自身が糖尿病予備軍といわれ約2ヶ月、糖質制限の食事療法に取り組んできました。そこで、興味が湧き読みました。糖質制限食での誤解についてや人工甘味料の評価、将来的な医療費についてまで、この食事療法のメリットがかかれています。特に、糖質制限が辛いものではなく、むしろ、カロリー制限などより食べられてリバウンドがないことを主張されています。デメリットについて特にかかれてはいませんでした。
★1 - コメント(0) - 2016年8月11日

脂質を中心に栄養学は最近10年間で大きく変わっているが、生活習慣病を毎日診ている内科医ですら変化に追いついていないのが現実だ。エビデンスレベルの高い推奨と、昔から信じられていた迷信レベルの話やマスメディアがまことしやかに報じるカルトなみの眉唾食事療法が巷にあふれていることも問題を複雑にしている。山田先生の主張のキモは、糖質は1日130gということよりも(この値設定はそれこそエビデンスがあまりない)糖質制限とカロリー制限をはっきり分けたことだろう。
★2 - コメント(0) - 2016年8月11日

糖質制限するにあたって1冊め読了。ロカボの定義 1食あたりの糖質量を20〜40gで3食たべ、それとは別に完食で1日10gの糖質を摂る。合計で1日の糖質量を、70〜130gに抑えて食べる。糖質制限については賛否があるが、巷にあふれるジャンクフードを食べてる方がよっぽど問題。正しく実施すれば健康的に必ず痩せる。
★7 - コメント(0) - 2016年8月9日

今流行のいわゆる糖質制限・ロカボについてまとめた本。ここ10年で栄養学は研究が進み、今までの常識が非常識とされるほど激変した。油は健康に悪いと言われていたが実際は健康に良く、ダイエットの主流はカロリー制限から糖質制限へと移った。痩せたい時はお腹が空いたら肉を食べなさいというのはかなり大きなパラダイムシフトだろう。
★4 - コメント(0) - 2016年7月28日

糖質制限の必要性と理由についてわかりやすくまとめられています。蕎麦に対する警告と、人工甘味料を勧める点が気になったので、エビデンスの根拠としている2014年のObesityの論文を簡単に確認してみたところ、この論文は米国飲料協会が全面的にスポンサーとなっていて、メンバーはコカコーラ、ペプシ、ドクターペッパーといった会社の重役で構成されていました…エビデンスの信憑性はどうなんでしょうか?人工甘味料については、もう少し注意してみようと思いました。
★5 - コメント(2) - 2016年7月26日

「エビデンスレベル」という、科学的信頼度の比較での説明がとても説得力があった。この10年で栄養学は、ホントウだと思われていた常識がウソとなり、ウソだと思われていたことがホントウになったという。炭水化物50~60%、タンパク質20%以下、脂質25%以下のバランスで食べろと言われていた事は今や過去の話。著者いわく、正しい栄養バランスは無い。個々人で異なる。あえて言うならば糖質(炭水化物)を少なくした方が良いとの事。等々。今まで半信半疑だった糖質制限でしたが、これは信頼するに足ると思いました。
★5 - コメント(0) - 2016年7月23日

糖質をおさえるのが大事。
★3 - コメント(0) - 2016年7月20日

基本カロリー無視でいい気がしてきました。 僕の場合は脂質もオメガ6系からオメガ9系で代用出来る物は変更して6系を減らして、オメガ3系は基本制限無し。 人工甘味料も問題無し。 この本の面白い所はエビデンスレベルを基に巷の噂を解説してくれます。そこで専門家の意見はエビデンスレベル5とバッサリ斬ります。 人間最初に入ってきた情報が優位にバイアス掛かりますからね。 食品に関わらず世の中全てに言えることだと思い気を付けて生きていこうと思います。
★3 - コメント(0) - 2016年7月12日

糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべ ての 評価:82 感想・レビュー:130
ログイン新規登録(無料)