百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)

百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)
113ページ
2973登録

百姓貴族 3巻の感想・レビュー(2631)

「寝なきゃいいじゃん」は迷言である。荒川さんタフだな。【図書館本】
★5 - コメント(0) - 3月21日

いや~ブラック企業なんて目じゃないほどのブラック労働環境…ですが、「生きる」って本来こういうことだよなあとも思う、だからこそ助け合わないと生きていけないし、つらい時程笑っていなきゃやっていけない。農家の女の強さに脱帽。もう農家さんに足向けて寝られないね…
★3 - コメント(0) - 3月12日

牧草ロールを作っていたら、つい見入ってしまう。ちょっとクルマで走れば、町内で見ることができます。
★14 - コメント(0) - 2月20日

ブラックだなぁ〜
- コメント(0) - 2月18日

寝なきゃいいじゃん!家畜よりひでぇ…農家の凄さ?を改めて感じた。やぎの乳うまそうだな…
★3 - コメント(0) - 2016年12月10日

寝なきゃいいじゃん!には絶句。こういうハードな生活をこなしている農家さん達のおかげで、自分達の生活が成り立っているということをよく覚えておこうと思う。地に足ついたタフさには全くかなわない。動物もののアニメや映画にほのぼのできなくなるのはよくわかる、確かに。
★5 - コメント(0) - 2016年11月26日

忙しい農家の生活のなかでらいつどうやって漫画を描いていたのだろう?と思っていたけれど、文字通り、寝ないで描いていたとは……。
★1 - コメント(0) - 2016年11月23日

《害か益かはカンペキ人間のつごうです。》
- コメント(0) - 2016年11月20日

Ai
いも団子といも団子ぜんざい食べたい。農作業やら病院の付き添いやらこなしつつ、文字通り寝ないで漫画家目指した荒川先生が凄すぎてドン引いた・・・。強すぎてなんかもう怖いよ、荒川先生。なんでもやるお母さんとか、ピンシャンコロリのおばあさんも凄い。検索すんなの熊嵐、検索してしまった。怖すぎて全文読めなかったけど。ユリ熊嵐に元ネタがあったとは。
★5 - コメント(0) - 2016年11月3日

北海道の農家の話、面白いです。まだまだネタは尽きないようで、次巻も楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年10月21日

荒川先生の「いつ漫画を描いてたんですか?」という質問に対する「寝なきゃいいじゃん」という返答が、もうすごい。恐るべし荒川先生…!
★4 - コメント(0) - 2016年10月5日

作者さん、農家の仕事して寝ずに漫画描いてたんだ!凄すぎる‼ エロ野菜笑えました。
★15 - コメント(0) - 2016年9月30日

北海道の農家から東京に出てきた作者の台詞。「仕事が選べるって素敵!」「この仕事(バイト)は残業した分、残業代が出るんですよ!」農家は本当に大変な仕事だと思った。
★2 - コメント(0) - 2016年9月17日

徴農政はいかがなものかと思うけどな~(笑)
★5 - コメント(0) - 2016年9月15日

3巻抜けてまして、やっと入手しました!今子どもがハマっているので奪い取られて更に読むのが遅れ。相変わらずタフなエピソードの数々。酪農農家のベースはばあちゃんの最期にも見てとれました。いやはや天晴れです!時間がなければ寝なきゃいいじゃん!とは。ロングスリーパーの自分には無理だけど、その体力に裏付けされた信念には頭が下がります。
★2 - コメント(2) - 2016年9月7日

山羊の乳を飲んでみたい! ちょうど今日、たまたま録画してた鉄腕ダッシュを見てから読んだんだけど「0円食堂」で北海道で食材探ししてました。
★87 - コメント(1) - 2016年9月5日

荒川先生には、一度九州に住んでもらって「熊が出る心配がない農業生活」をリポートしてもらいたい。(猿とかイノシシはいっぱいいるけど)
★3 - コメント(0) - 2016年9月4日

農家あるあるが知れて面白い。ジャガイモの収穫しててポテトチップス出てくるって・・・。仕事の合間で漫画書くとかほんと荒川さん働き者ですごいと思う。
★4 - コメント(0) - 2016年8月17日

3巻目にして作者が女性だと知った。知るのが遅れてすみません。それにしても大胆とういか相当に雑な性格でないと農業従事はできません。
★5 - コメント(0) - 2016年8月9日

「寝なきゃいいじゃん」、「家畜よりひでえ」、愛からずセリフはきどぎついかれど、笑いがとまらない。農業とは関係なく、ロシア軍にSDカードを没収されるというのでニンテ●ドーDSに差し込んで持ち帰る、話がつぼだった。1、2の時からだけれどはずれがなく、コミック・エッセイとして手元においておきたいシリーズ。
★10 - コメント(0) - 2016年8月8日

荒川先生のクレイジーな体力の源は農業にあった。年収と手取りは違うよね。そこを勘違いした番組も多いけどわざとだろうなあ。でもガチの貴族もいると。徴農制は嫌だけど知識としてはあっていいし、いただきますの気持ちって大事。そう思う人がいるって知るだけで農業を頑張れる人もいるだろうし、いないと困るのは私たちなわけだし。自給率が低いからなれって言われても若者はならないだろうしね。農業話も面白いんだけど、やはり作者のエピが興味深い。徹夜で漫画投稿したり時間給に感動したり、本人が面白いから作品に影響が出るんだなと。
★21 - コメント(0) - 2016年8月5日

荒川さん、百姓で肉体労働して漫画も描いてほんと体力ありますね。農作について盛りだくさんのエピソード、今回も勉強になりました。アクティブだったおばあちゃんの話が印象に残ったかな。
★40 - コメント(0) - 2016年7月19日

面白い
★1 - コメント(0) - 2016年7月19日

帰省時に弟の本を借り読み。ほのぼのとした絵で語られる農家の日常が面白い。「へぇ~!」とばかりに驚くことしきり。まず、サイロが牧草を発酵させるための施設であることにビックリ!次に作ったばかりのコンクリート製牛舎では2~3年くらいは死亡率が高いとのこと。これまたヘェ~!次に川の滋養の話。昔は上流から家畜の排泄物が流れてきて、それが川の生き物にとって栄養になった、という記述は面白かった。この世の連鎖というものを感じました。
★18 - コメント(0) - 2016年7月18日

おばあちゃんの最期がすばらしい。
★15 - コメント(0) - 2016年7月16日

体力があるのは羨ましいけど、寝ないのは無理~。タンチョウ鶴の話に笑った。ばあちゃんの最期はお見事。
★6 - コメント(0) - 2016年7月6日

購入。おもろい。ツッコミながら読みました。迷惑かけずに逝くおばあちゃんのエピソードに思わず涙。
★6 - コメント(0) - 2016年6月20日

再読。私の家も野菜・米・椎茸・筍・お茶って作ってるから農業の大変さはわかる!因みに茶摘みは機械も手摘みも両方あってコミックに出てきた背の低いお茶は大体が機械。背の高いお茶が手摘み、っていのがほとんど。
★8 - コメント(0) - 2016年6月19日

今回も勉強になるお話しばかりで個人的にウハウハといった感じ。タワーサイロが非常に興味深く、一度見てみたいと思った。あと、タンチョウ。これも一度でいいので見てみたい。きれいなんだろうなー。北海道に行ったことがないので、生きているうちに一度は行きたい地である。北海道、未知の世界。
★28 - コメント(0) - 2016年6月12日

私はどちらかというと日がな1日寝ていたい人なので本当農家本職の方々には頭上がりません。荒川父&祖父の骨折しても仕事する姿勢。手術入院から帰ったその足で畑見に行った母を思い出しました。本当タフですよねぇ。農家より都会のバイトの方が楽かぁ。生き物相手にしてると休みないですもんね。体大事にしていただきたい。
★4 - コメント(0) - 2016年6月4日

読み終わったのはもう少し前だったんですが…少し時間を置いて、何が一番印象に残っているか、自分なりにふるいにかけてみようと思いました。結果・・・一番強烈だったのは「仕事の選択肢がある=天国」からのお弁当屋さんのエピソードでした。 ブラック企業の線引きとか、難しいよなあとしみじみ考えてしまうひと幕。ありがたみが感じられなくなるほど恵まれるというのも幸せなのかどうか疑問になります。思考が迷宮入りしそうです…
★19 - コメント(0) - 2016年6月3日

可愛らしい絵で書いてあるのでなんてことはないが実際に見たときに耐えられるだろうか。
★5 - コメント(0) - 2016年5月17日

最高です!最高です!だいじなことなので2回ですw
★2 - コメント(0) - 2016年5月15日

mie
実際の農家って大変だと思うんだけど、このマンガだと大変より楽しいが勝っているように思いますね。荒川さん自身が農家を楽しんでいるからエピソードもいろいろあり、15分睡眠で投稿作品仕上げたりできるんだろうし。今回も笑わせてもらいました!
★19 - コメント(0) - 2016年5月6日

再読。荒川さんの投稿時代の生活っぷりよ…!!15分しか寝ないとかどういうことよ。しかし、伏線の張り方をそこで知るとか(笑)カバー裏のマンガも毎回面白い!いとこが1クラス分くらいいるとか!(笑)
★10 - コメント(0) - 2016年5月5日

相変わらずの面白さ。早速次巻に突入。
★2 - コメント(0) - 2016年5月5日

農業しながら漫画を描くくだりを見て、時間が無くてできないというのは言い訳にすぎないのが分かった。
★5 - コメント(0) - 2016年5月3日

農家の生活より衝撃的なことが、巻頭から始まる。え?荒川さんって女性だったのぉーー!!東京でのバイトが楽だなんて、農家って大変なんだなぁと思いました。今回は、編集者の方の疑問を解き明かしていくような展開。前作前々作とは趣が違うようで・・・牛乳が美味しそうだし、牛乳をほしがるお子さんの絵がかわいい。書店で新刊を見て、1をとりあえず手に取った。が、面白すぎて、とまらない、とまらない。短期間で新刊に追いつきました(笑)。
★10 - コメント(0) - 2016年4月25日

この環境でマンガを投稿できるって。
★7 - コメント(0) - 2016年4月23日

今回もとても面白かった。(*^_^*)農家の人達は本当に良く働きます。ましてや酪農やっていたら1年365日休み無しでしょうね。今、私が住んでる地域は高原野菜や花卉農家が多く高収入の為、冬に豪華な海外旅行に長期行ったり高級車に乗ってる人が多いです(^_^;)。その代わり収穫期は毎日夜中の1時頃から雨の日もヘッドライト付けて収穫だそうです(>_<)。昼間も仮眠程度だとか、畑の小屋で寝るとか…。あと、犬の腹時計は本当に正確です(^_^;)。我が家の犬もご飯の時間ピッタリに催促に来ますよ〜d(^_^o)
★18 - コメント(0) - 2016年4月21日

百姓貴族 3巻の 評価:52 感想・レビュー:897
ログイン新規登録(無料)