紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜) (創元推理文庫)
あらすじ・内容
あたしが“めまい”に襲われたのは高校のカフェテリア。それがすべての始まりだった。そもそもタイムトラベラーとして準備を整えていたのは、いとこのシャーロットだった。ところが実際に過去に飛んだのは、何の準備もしていないあたし。相棒のギデオンは気絶しそうに素敵なんだけど、シャーロットべったり。あたしだって好きでタイムトラベルしてるんじゃないわよ! ドイツで大人気のタイムトラベル・ファンタジー三部作、第一弾。 訳者あとがき=遠山明子

あらすじ・内容をもっと見る
368ページ
280登録

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)はこんな本です

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)の感想・レビュー(134)

タイトル買い。最初はヒロインの口調に乗れなかったけど、後半は楽しく一気読み。続き買わなきゃ(^^;
★9 - コメント(0) - 2016年12月11日

期待通り面白い。続きが気になります!
★5 - コメント(0) - 2016年12月8日

海外の物語を読むのは児童書以来でした。ワカマツカオリさんが好きであらすじも全く知らない状態のまま図書室で手に取りました。結果は大当たり。面白かった!日本の物語とはやっぱり全然違いますね。台詞の言い回しや会話の受け答えなど…何よりテンションの差を感じました。グウェンドリンが同年代なのでイギリスの女子高生はこんなこと考えてるんだなーなどと思えて楽しかったです。レスリー、良い親友ですね。
★4 - コメント(0) - 2016年11月18日

ほぼ電車の中限定で読んでたけど、最後の数十ページは我慢出来ず宅読み。時間旅行者を生み出す二つの家系、その秘密を巡る冒険を縦糸に、ラブコメ要素を横糸に、背景には歴史要素も散りばめられた物語は、さくさく読めて面白い。三部作の一作目だが、全然一区切りはしてなくて、一つの物語の第一巻という感じなので、そのつもりで。
★1 - コメント(0) - 2016年11月17日

一ヶ月近く間が空いての読了。次巻へと繋げる謎。
★2 - コメント(0) - 2016年11月15日

2度目!! 相変わらずギデオンはわけわかんない人ね 衣装着て見たい
- コメント(0) - 2016年11月4日

ソフトカバー版も読んでるんだけど、肝心なところを忘れていて、ほぼ初読状態。グウェンドリンとレスリーの会話がとても好き。こんな友達関係、いいよね。レスリーがグウェンドリンを本当に心配しているのが分かる。面白い!
★3 - コメント(0) - 2016年9月24日

おもしろかった。主人公が女子高生ということもあり、海外版のラノベという感じで読みやすかった。
★6 - コメント(0) - 2016年9月23日

話やキャラに勢いがあって胸キュンもできて面白かった。そこらの大人しめなヒロインより、これくらい気の強くて元気なヒロインのほうが個人的には好きかな。なんだか応援したくなる。話のほうも続きがすごく気になるので、続けて読もう。
★8 - コメント(0) - 2016年9月21日

kindle unlimited。ある日突然タイムトラベラーになった16歳の高校生の少女グウェンドリンのタイムトラベルファンタジー。少女漫画を読んでいるような感じでさくさく読めて面白かった。続きを読もうとしたらunlimmitedに二巻以降がなくてショック。面白かったからkindle版を買うことになりそうです。
★17 - コメント(0) - 2016年9月17日

あー、続きが気になる!謎が増えるばかり…タイムトラベルする時の、時代に合わせた衣装を想像するのがワクワクします。
★4 - コメント(1) - 2016年9月14日

再読。王道ラブコメ+タイムトラベルファンタジー。YA向けエンタメの鑑、という感がします。最高です。
★2 - コメント(0) - 2016年9月6日

kindle unlimited。ドイツ人作家がロンドンを舞台に描くタイムトラベル小説。行き先の時代に合わせた衣装の描写がステキです。三部作ということで続きが楽しみ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月25日

ずっと気になっていたのがやっと読めました。やっぱり想像通り面白かったです。海外ものってどうしても主人公に感情移入できなくて苦手意識があるんですけど、主人公がどこか憎めないキャラで読んでていやではなかったです。むしろギデオンとうまくいくように願っちゃうくらい。謎はまだまだいろいろあって、ついていけないところもたくさんありますが、次巻もぜひ読みたいと思います!
★7 - コメント(0) - 2016年8月25日

なかなか面白い、同じ作者の「夫に会わないための・・」が、今ひとつだったので、どうかなと思って読み始めたけれど、こっちは、よくできてるじゃないか!ちょっとややこしいけれど登場人物がいい。主人公とレスリー、いいなあ。
★6 - コメント(0) - 2016年8月9日

【kindle】タイムトラベル物。最近ファンタジーばっかり読んでるな(^▽^;)タイムトラベル物は、よーく読んでおかないと、後で種明かしが来たりするので気が抜けないのだが、先が気になって、ガンガン読んでしまったし、また読めちゃう。翻訳物は基本苦手で気になる表現もあるが、話の筋そのものは面白い。全巻出ているそうなんで安心して読めるのがうれしいね。
★22 - コメント(0) - 2016年8月1日

klu
これは面白いタイムトラベルものですね!こういうの大好きです。翻訳が秀逸なのですかね。
★14 - コメント(0) - 2016年7月9日

ワカマツカオリさんの表紙のイラストが、とても自分好みだったので、すぐさま手に取り、レジへと直行しました(笑)多くの謎と恋愛が絡み合って翻弄され、物語にのめり込んでしまうほど面白かったです!早く続きを読みたいと思います!
★6 - コメント(0) - 2016年7月5日

久しぶりにヤングアダルトジャンルを読みました。書店でワカマツカオリさん絵の表紙が並んでるのに惹かれて手に取りました。近いうちに続編買ってこよう という程度には続きが気になるかな。主人公がちょっと幼い感じなのが辛いところ。ライトノベルの一人称が好きな人には合ってるかもですが(^_^;)三人称の方がその辺は読みやすい気がするので。
★5 - コメント(0) - 2016年6月26日

きっかけはワカマツカオリさんのカバーイラスト。つい目を止め、オビも気になり。ドイツで人気なのにイギリスが舞台なのね~と、妙な感心しながら読み終えました。説明文の様な翻訳(気持の機微が解らない、話が飛んで解らない)の物語を読んで以降の長い間、海外作品を敬遠してましたが。克服できそうな予感。世の中、グローバル化が進んできたのね。作品の評価は、『続きを早速読もう!』、『年表が欲しい!』だな。
★3 - コメント(0) - 2016年6月25日

楽天コボでお知らせが来たので、買ってみたところなかなか面白かった。 続編もあるので、読んでみることにした。電子書籍はすぐ購入できるところがいいけど、紙媒体を持っているところからの続きの購入には向かないです。
★5 - コメント(0) - 2016年6月25日

読メしてなければ出会えなかった1冊。読友さんが教えてくれたように、ミステリーありラブコメありなファンタジー。選ばれたものが受け継ぐタイムトラベラーに奇しくもなってしまった主人公。慣れないタイムトラベル、次々と出てくる謎。ギデオンとのドキドキな恋模様。と、盛りだくさん!3部作の1作目なので、導入部なのだけれど、設定もテンポの良さも親友レスリーとのやり取りも面白い!!タイムトラベルするためにその時代にあった衣装を作って身につけるところは細かいけれど、素敵な描写。登場人物の名前を忘れないうちに次巻買わなきゃ!
★21 - コメント(0) - 2016年6月19日

サンジェルマン伯爵の目的が気になる。誰が味方で、敵なのか?主人公にだけ見える幽霊に意味はあるのか?円環って何?色んな謎に恋物語まで絡んできたら、面白くないわけない。ので続きへ。
★9 - コメント(0) - 2016年6月11日

予言されていた最後のタイムトラベル能力者はずっと準備してきた従妹ではなく、私だった…というところから始まるタイムトラベルファンタジーです。秘密主義の後援組織との関係は不安だし、トラベル中に会った始祖「伯爵」は怖いし、パートナーのギデオン従妹の信奉者だけど主人公グウェンドリンの好みど真ん中、とわくわくするような始まり。特殊な装置を使って決まった時間を消費しないと勝手にタイムトラベルしちゃうっていうのが面白い。 ただこれ思いっきり三部作です。この一冊だと序章にすぎず、もろもろ何も解決していないのでご注意。
★3 - コメント(0) - 2016年6月7日

ティーンエイジャーを当の昔に卒業した我が身にとっては、主人公のおしゃべりな発想やら状況判断やらが、なかなか馴染まないけれども(「そんなことどうでもいいから、先へ進みなさいよ!!」と何度言いたくなったかw。)それが主人公の魅力でもあるし、それでもどんどん読み進んでしまう内容だった。 読者の私も主人公と同じように翻弄されたまま一巻終わってしまった。次で少しは自体が把握できるのかしら??
- コメント(0) - 2016年6月5日

海外独特の表現を翻訳するからこその文章のぎこちなさとカタカナ名に四苦八苦しながらも、物語の設定に展開が面白い。円環が閉じるというのはなんなのかとか、ヒロインと共に謎に迫りたい。時間旅行者がどうして存在するのかとかもわかるんだろうか。
★2 - コメント(0) - 2016年6月4日

16歳の女子高校生が素敵なかっこいい男子とタイムトラベルする秘密結社の話、第一弾。若干年齢低いけど魔法製作所が好きな人におすすめ。
★4 - コメント(0) - 2016年6月4日

今月文庫版の最終巻が出たので、やっと着手できました。ドイツで人気のタイムトラベラー本。タイムトラベラーが出る家系で、その準備をしていたのは従姉妹のシャーロット。なのに実際に過去を飛んだのは何の準備もしていない主人公で……という物語。外国人名なので最初は読むのに苦労しましたが、慣れてくるとすんなり読めました。中々謎もいっぱいですが、加速度的に面白くなってるので続きに期待です。《2016年193冊目》
★29 - コメント(0) - 2016年5月28日

好物のタイムトラベルもの。YAにしては大掛かりな謎がありそうで期待大。面白かったので続きも読むけど、外国の少女のきゃぴきゃぴ感がちょっと違和感ある。
- コメント(0) - 2016年5月26日

YA向けらしいタイムトラベルファンタジー。作者はドイツ人で、洋物のカジュアルゲームにこういう設定やストーリーがよくあるということは、ヨーロッパでは王道なのか。設定とかかなり強引でたぶんパラドックス起きまくりだと思いますが、細かいことを気にしなければおもしろい。三部作らしいので続きも読みます。
- コメント(0) - 2016年5月23日

面白かったです。
- コメント(0) - 2016年5月22日

【所蔵】「タイムライダーズ」と同じワカマツカオリさんの表紙絵で、同じタイムトラベルものなので、似たような話かな?と思いながら読みましたが、こちらは完全に女子向けですね。過去に飛ぶために用意される衣装の素敵なこと♪そして相棒の男の子が気絶しそうなほどハンサムとか、映像で見せてほしいよ~(笑)。それぞれ時代が違うタイムトラベラーたちが12人いて、全員の血を集めたら何かが起こるとか、設定もワクワクしました。すっごく良いところで終わっちゃったので、早く続きを読まなきゃ!
★31 - コメント(0) - 2016年5月18日

面白かったです♪
- コメント(0) - 2016年5月12日

謎が触りの段階で全貌が見えにくいのでまだ何とも言えない。ただ、どうして駆け落ち二人組は娘をグウェンドリンの母親に預けたのだろう。よく偽装できたもんだ。あと、海外小説の特徴なのかわからないけど、恋愛面展開早すぎ。ギデオンがイケメンじゃなかったらときめき要素ないはず。イケメン無罪w あと邦訳物としては読みやすいけど、台詞の後の「~はいった」ってのが多すぎてうざったかった。その辺の直訳いらない。ただ、日常部分とかくすっとできる部分が多くて楽しかった。レスリーすごいいい子。
★2 - コメント(0) - 2016年4月28日

タイムトラベルの能力とだけ聞いたら羨ましい感じもするけど、これでは困るし代われるものなら代わりたいよね。
★7 - コメント(0) - 2016年4月23日

とても面白かった!何の準備もなしにタイムトラベル能力に目覚め、秘密結社の活動に参加させられる女子高生。特殊な訓練も勉強もしてないためしばしば事態に置いてけぼりになるけれど、負けん気の強い性格と頼もしい親友の存在を武器に突き進んでいく姿は応援したくなる。12人のタイムトラベラーとクロノクロフ、そしてサンジェルマン伯爵の間にはどんな秘密があるんだろう。好奇心をうまく刺激するテンポの良いストーリーに夢中になった。グウェンドリンとギデオンの恋の行方も楽しみ。伯爵のハニトラじゃないといいけど。
★14 - コメント(0) - 2016年3月31日

読了。 読友さんが読んでいて気になったので買ってみた。 久しぶりに一気読みした。タイムトラベル物は今までもたくさん読んだし、目新しい設定もそんなにないけれども、楽しく読めた。 あー、続き気になるけど最後まで読むには5月まで待たなきゃいけないのか…。
★9 - コメント(0) - 2016年3月28日

これは面白かった!次作は手元にあるので早速読む!ラストの3作目は文庫化が5月との事でしたが..ダメだ。面白すぎて5月までは待てぬ!っ事でソフトカバーでネット予約入れちゃった。2作目読んでる間に届く良いな!一気に読まないと誰か誰かわからなくなりそうだし(๑>◡<๑)
★49 - コメント(0) - 2016年3月23日

★★★★★ タイムトラベル・ファンタジー、表紙、訳者に惹かれて購入。超好みの設定と読みやすい文体。普通だと思っていた少女グウェンドリンが時間旅行者の遺伝子を持っていて予期せず過去に跳んだり、幽霊が見える能力を持っていたり、秘密結社や何かを隠していそうなメンバー、過去の時代に合わせた衣装、同じように時間旅行者の遺伝子を持つイケメン相棒ギデオンとの恋、明確な説明がないまま謎が増えていく展開、好みの設定が詰め込まれている!読んでいてとても楽しい!→
★36 - コメント(1) - 2016年3月20日

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)の 評価:100 感想・レビュー:65
ログイン新規登録(無料)