白楽天詩集 (平凡社ライブラリー)

白楽天詩集 (平凡社ライブラリー)
419ページ
13登録

白楽天詩集の感想・レビュー(6)

2016年12月17日:開聞岳☆
ネット読書会平凡社祭に参加するために読んだ詩集。普通漢詩は通常漢詩は読み下し文で読むとおもうのだが、この本は白楽天の詩を日本語に訳に、しかも名前と地名のみカタカナにあとはすべてひらがなに訳したというところが斬新。訳文もまた詩になっているのだが、なんというかこれはもう、白楽天の詩というよりは訳者である武部利夫さんの詩、翻案小説ならぬ翻案詩のようなものではなかろうか。訳詩の下段に小さい文字で原典も掲載されてはいるのだが。 漢詩を学ぼう等の意図ではなくそういうものだと思って読めば楽しめる。
★22 - コメント(1) - 2016年6月29日

久しぶりに通読。飲酒の詩が多いなあとあらためて思ふ。酒の詩はいいよね。古典の授業で「ながい うらみの うた」を刷つたプリントをもらつて、でも授業で使つた記憶がなく、誰のなんといふ本に出てるのかずいぶんと探したものだつた。そんなことを思ひ出した。
★1 - コメント(0) - 2016年5月23日

白楽天は、不幸な人々の友だちであろうとして、誰にでもわかる言葉で詩をつづることに努力をし、詩ができあがると女中のばあやに読んで聞かせ、意見を求めたのだそうです。本人によると、白楽天の詩は四つに分類されるそうだ。1.諷諭詩ー社会風刺の詩2.閑適詩ー「或いは公より退きて独り処り、或いは病に移せて閑かに居る時、足るを知り和を保ちて」吟じた詩。3.感傷詩ー「事物の外に牽かれ、情理の内に動くもの有り、感遇に随いて嘆詠に形わるる」詩。代表作は「長恨歌」4.雑律詩
★5 - コメント(0) - 2014年12月22日

「どうせ平安時代のお貴族さま好みの詩ばかりでせう」などとあなどつて読み始めると、諷喩詩に唸る。「新製布裘」は今も昔も my favourite だ。翻訳は須くかくあるべし。
- コメント(0) - 2012年3月14日

積読中のみんな最新5件(1)

02/23:マリオ

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

03/06:もも
01/31:みつひめ
07/25:長靴
06/23:Keisuke
01/19:poko150

人気の本

白楽天詩集を読んだ人はこんな本も読んでいます

李陵
1登録
名人伝
140登録

白楽天詩集の 評価:100 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)