ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2 (GA文庫)
あらすじ・内容
「初めまして、白髪のお兄さん」
ベルに声をかけてきたのは、自ら《サポーター》を名乗る少女・リリだった。
半ば強引にペアを組むことになった少女を不審に思いながらも、順調にダンジョンを攻略していく二人。束の間の仲間。
一方で、リリが所属する【ソーマ・ファミリア】には悪い噂が絶えない。 その先には、人の心までも奪うとされる《神酒》の存在が──?

「神様、僕は……」
「大丈夫、ベル君の異性を見る目は確かなのさ。神のように、きっとね」

これは、少年が歩み、女神が記す、 ── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

あらすじ・内容をもっと見る
368ページ
1853登録

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2巻はこんな本です

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2巻の感想・レビュー(1662)

魔法もゲットで一気に強くなりましたね。メインはリリとの出会いとチーム結成でしょうか。ただあんまりリリには同情できないかなー、かわいそうだとは思うんだけど。緻密なようなゆるいような、絶妙なバランスが楽しいのかな
- コメント(0) - 3月24日

アニメで見て知った内容でしたが、最後のリリを助けるシーンが個人的に好きすぎる。ヘスティアのベルに対する信頼の強さを語る一連の流れからのリリ救出。ここからリリも信じられるパーティメンバーになりますし、次巻も楽しみですね。
★4 - コメント(0) - 3月18日

リリ登場。何とはなくいい話ですな。王道。
★6 - コメント(0) - 3月14日

主人公どんどん強くなっていくんですねワラベル優しすぎぃwリリもリリで大変だったんだなぁって感じだ。アイズたんムムッって感じ。
★3 - コメント(0) - 2月25日

魔法も使えるようになり、戦闘の幅が広がった。ますますゲームぽいファンタジーだなぁ。主人公が善人過ぎるが、剣姫との関係がまだ深くはないので今後の展開どうなるんだろうか。
★3 - コメント(0) - 2月18日

ソロでダンジョン攻略をしていたベルにサポーターができる話。テンプレチートでハーレム異世界で話の展開とラストはほぼ見えてるのに、読んでいて退屈しないというより楽しい。微妙によく考えてあるのか曖昧・不明な神と人(を含む異世界生物)の関係をちょろちょろ出しながら、ゆっくり話を進めているのが、うまい具合になごみ感とほどほどの緊張感になっています。読書という名のいい暇つぶし・快楽とは何か、みたいなことをしみじみではなくて適度に考えさせられる良作です。続きはだらだらと、面白い本にうまく出会えなかったときに読みます。
★6 - コメント(0) - 2月17日

ちょっとおもしろくなってきたw今後の盛り上がりに期待がもてる
★5 - コメント(0) - 2月8日

誰かに孤独から救われたベル・クラネルが、誰かの救いになる事で報いる物語。
★1 - コメント(0) - 1月14日

リリが仲間に加わるお話です。アニメと違い、リリの心情が丁寧に描写されていて、最後にかけての盛り上がりはとてもよかったです。アニメも見返してみたくなりました。
★2 - コメント(0) - 1月12日

未熟と孤独故引き合い「2人」になれた少年が、孤独な少女に手を差し出す第2巻。「どうして、リリを、こんなリリにしたんですか?」好ましいと思えない状況から抜け出せない。自分を際立たせるものもなく、仮初めの幸福も壊される。1巻では行先の見つからないベルに入れ込んでしまったが、2巻ではこんなリリに感情移入。パラメータ更に上昇、魔法習得、憧れの人との接触と、順調に進む中、最悪に思えるイベントにも打算でなく自分の気持ちを曲げない彼に感服。「見捨てないってもう決めちゃった」以上進むしかない。弱小パーティーに幸あれ。
★14 - コメント(2) - 2016年11月20日

深夜アニメの原作ラノベ第二弾。あとがきに「世界観こそファンタジーとなっていますが、設定そのものはゲームの内容を意識しています」とあるとおり、スキルや魔法、ダンジョンと冒険者などの職業のゲーム性が面白くて、読者でありながらRPGをプレイしているプレイヤーのような実感があった。主人公ら冒険者の上に立つ絶対的な存在(神)を最初に設定しておいて強さのインフレを阻止していることもプラスの要素に働いている。
★1 - コメント(0) - 2016年10月30日

初のパーティメンバーになるであろうリリの話。アニメでは描かれていない心情など色々あり、原作楽しめました。
★2 - コメント(0) - 2016年10月14日

ダンまち2冊目、今回はベルのパーティメンバー第1号であるリリルカ・アーデ編。ずっとソロでダンジョンに潜っていたがゆえに効率よく仕事が出来ずにいたベルの元へ、小さな体に不釣り合いなほど大きな荷物を背負った少女が現れ、自分をサポーターにしてくれないかと申し出て来る、物語はそんなこんなで滑り出す。個人的にアニメで観た時はリリのことがさほど好きにはなれなかったのだが、原作小説では、終盤の盛り上がり部分でのリリの心情が丁寧に補完されていて、彼女の本当に欲しかったものが分かるとともに、彼女を好きになることが出来た。
★2 - コメント(0) - 2016年10月14日

シリーズ第2弾、面白かったです!サポーターのリリの話でした。アニメで視聴していたのでこちらも内容は知っていたもののエイナさんの聞き込み調査など背景などが詳しく書かれていてそうだったのかと納得しながら読めました。リリは笑っているだけの可愛いキャラかと思いつつ実は非常に悲しい現実に生きていたけど、それを踏まえたうえでベルくんが受け入れてくれたので変われたんだなと思いました。アイズさんとはなかなかすれ違いが続いていますがこれからの発展を期待しましょう(笑)次巻も楽しみです。
★4 - コメント(0) - 2016年10月12日

さて今巻はリリがメインのお話。ステイタスも上がり装備も新調したベルは、その帰り道に助けたパルゥムに似た獣人の少女にサポーターを探してないかと声をかけられ…と言うお話です。今巻も面白かったです。ベル君やリリの心の変化の過程は勿論ですが、そんなベル君を心配したエイナさんがソーマ・ファミリアの内情を探り、ロキに「ソーマ」に纏わるあれこれを聞き出した箇所なども事細かに知る事が出来てよかったな、と。そしてリリにかつての自分を重ねたベル君もリリを放って置く事も出来ず…。リリとの関係も新たに始まり、次巻も楽しみです。
★30 - コメント(0) - 2016年10月1日

ファミリアという設定がうまく活かされていて、それを統率する神様たちも神様なのに人間臭さがにじみ出ていて愛着が湧く。ベルが憧れるアイズさんの出番が少ししかないけど、逆にそれが印象深くなっていいのかもしれない。冒険者の荷物持ちというサポーターに焦点を当てたこの2巻も面白かった。サポーターのリリが抱える心の闇をベルがほぐしてくれたのかもしれない。ベル君はエイナにもシルにもみんなからモテているのだけど、単なるハーレムではなく周りからの助けという形でそれもうまく機能させている。
★3 - コメント(0) - 2016年9月19日

アニメの出来は及第点以上ぐらいだったみたい。『このすば』の時みたいにアニメが秀逸すぎて原作読んでがっかり感を感じることはなかった。各種設定で見落としてた部分も理解できたし、登場人物たちの心情も詳しく知れて満足。原作買わせるの重視ならアニメの出来はあれくらいがちょうどいいよなあ。ところで、本編開始前に出会っているエイナとヘスティア、本編開始後に出会ったシルとリリ。ベルを取り巻く女性陣は【剣姫】を除いてみんな“ダンジョン外”で出会ってるのは、やっぱりアイズが最終的にメインに収まる予定だから?道は遠いけどねw
★85 - コメント(1) - 2016年9月3日

一話一話、面白かった。 ヘスティアは神様の中でも貧乳なのか、私はまな板だ(笑) ベル君の冒険っぷりがすごく好き。
★3 - コメント(0) - 2016年8月28日

主人公がいい人過ぎるっていうのは、このての作品では仕方ないのかもしれない。じゃないと主人公がかっこよくならないもんね。しかし読んでて得心できない部分でもあったり。アニメでもそうだったけど。そもそもリリの罪は赦されたのだろうかね。冒険者を騙して武器を盗んで売ったお金を懐に入れる、いかな事情があろうと罪は罪、それを裁かなくていいんだっけ? すっきりしないんだけど。それ言ったら、魔導書のその後の扱いもひどいものだけどね。読者は事情を知ってるからいいけど、当事者はただの泥棒…。なんだかんだで、次巻も買う予定だが。
★5 - コメント(0) - 2016年8月22日

サポーターであるリリとの話しが、とりあえずはひと段落する巻。主人公のいい人度合いが常軌を逸している感はあるけど、それによって救われる人もいるということか。エイナさんは優しいお姉さん的ポジションで、ベルとのからみではちょっとほのぼのとしてしまう。脇役におさまらず、もっと登場することを期待してしまう。
★3 - コメント(0) - 2016年8月10日

ベル君がどんどん強くなっていく… キャラの中でベル君が一番好きです!
- コメント(0) - 2016年8月5日

3、8/5よくある流れといえばよくある流れなのですが、だからこそベル君の感じの良さが光りますね。ラストシーンは微笑ましくて好きです。神さまはだいたい別行動でベル君はベル君で頑張って働いてるところがよいです。次巻も楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2016年7月25日

好感の持てる主人公ですね。そして周りの女性は優しいお姉さんばかりで羨ましいです。そんな中で、荷物持ちのサポーターとして登場するリリがとても痛ましく、魅力的でした。ベル君はアホじゃないんですよ。直線的でお人良しだけど、それが為に受けた傷をもって成長してゆく。卑屈で小さいリリを受け止められるのは、タフだからなんですよ。
★5 - コメント(0) - 2016年7月19日

この主人公は精神が人間離れしていて共感できないが故に気持ち悪く感じるな。おそらく無垢な人間が裏切られた時に感じるであろう、怒りや恨みの感情を主人公が見せないために不自然に感じられて、気持ち悪さが出てしまうのだろう。そういう主人公造形にしたのは作者の明確な意図なのか、単なるシナリオに合わせた手抜きなのかはまだ不明。お話自体はとても面白い。
★8 - コメント(0) - 2016年7月19日

読了。リリ登場巻。冒険者に虐げられてきたサポーターのPT参加とそれを取り巻くトラブルなどが。リリの行いに対するベル君の対応には、まぁ甘すぎるとかそいった点を感じないわけではないですが、まぁこれでいいのかな。と。その分、言われてしかるべき部分はヘスティア様がお説教してくれてますし。彼の成長が数値で見れるのは、やはりアニメよりわかりやすくてよい。
★3 - コメント(0) - 2016年7月18日

tak
読了ーと。さて、次巻に移ろうーと言いたいところだけどいまだ図書館順番待ちなのでしばし離れる。この辺りはまだアニメで内容知っているので展開がわかっていたけど最後ちょいウルっときた。早く順番こいー
★2 - コメント(0) - 2016年7月18日

とりあえず、ベルくんがいい子過ぎる。その結果、無自覚なすけこましスキル習得に。これから、どれだけ増えていくのだろうか恋人候補。
★4 - コメント(0) - 2016年7月17日

2016.07.02読了。
- コメント(0) - 2016年7月2日

アニメの時もそうだったけどリリちゃんはなんか好きになれない…… ラストはかなり熱い展開だったけど。。 3巻が一つのターニングポイントだとのことなので一気に行こう!
★5 - コメント(0) - 2016年6月15日

パーティー1人目
★2 - コメント(0) - 2016年6月5日

ソーマなんだ。。。オリンポス的にネクタルじゃないんだ、、、
★5 - コメント(0) - 2016年6月3日

tty
ダンまち第二巻!相変わらずソロプレイ待ったなしの白髪くんですがギャルゲーレベルでフラグを立てて行ってますね、マジパネえッス ベルくんの純心は多分Sクラス(999)なくらいいい人、いい人過ぎて盗人にこれでもかってくらいボッタクられてますがね 第一巻のレビューで設定足りないとか書きましたが撤回スね、何気に設定多いかつ矛盾点も無さそうですしこれからも楽しみです さて、今回も敵というわけではないが下衆キャラが出てきます、このレベルのゲスが出てくるなら思う存分ベルくんにフルボッコにしてもらいたいですね 次巻も期待!
★4 - コメント(0) - 2016年5月25日

サポーターのリリを雇うことになりますますダンジョン探索に精を出すように。しかしリリには、っと言ったはなし。 展開が分かりやすいので安心して先が読めました。
★7 - コメント(0) - 2016年5月14日

ようやく読めました。 難解なところもなくサクサク読めますね。 この後も読んでいきたいです。
★3 - コメント(0) - 2016年5月14日

アニメ化につき省略。 バトルやストーリーは面白いがダンジョン内の構造などを詳しく知りたかった。 アイズの様子がよく描かれていて、外伝で詳しく知るのが楽しみです!
★5 - コメント(0) - 2016年3月29日

サポーター『荷物持ち』の存在を初めて知る。この存在は必要でしょう。リリが登場し、ベルにもとうとう仲間ができた感じ。
★5 - コメント(0) - 2016年3月27日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2016年3月27日

ダンジョンに潜る時はやはりサポーター『荷物持ち』の存在が必要不可欠な事が容易であると僕は思います!長時間ダンジョンに潜ると言うことはそれだけ荷物が増えると言うことになります。冒険者とサポーター二人が居て初めて冒険してると言えますね。決してサポーターは足手まといではないですね。2巻も素晴らしかったですね。続きも読んでいきたいと思います!
★5 - コメント(0) - 2016年3月10日

シリーズ再読中。2巻はベルの最初の仲間、小さな灰かぶりこと、小人族のリリルカが初登場します。生まれにも環境にも恵まれず、悲惨な人生を送ってきたリリ。自身の行いも真っ黒な彼女に、陽溜まりの様なベルの姿は、どのように写っていたのでしょうか。過ちを犯し、戻ってこれた人は強くなります。人の脆弱さと強さを併せ持つ彼女の今後の活躍に期待です。
★14 - コメント(0) - 2016年3月5日

リリが変装してうろうろしてる幕間?が少しわからなかった。読者としてはこれもうリリだろってわかってるし、けど男の恰好してるとか、まあベルくんは知らないし…とか。ちょいもやもや。アイズさんかわいいなー。
★5 - コメント(0) - 2016年3月1日

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2巻の 評価:58 感想・レビュー:437
ログイン新規登録(無料)