ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3 (GA文庫)
あらすじ・内容
紅い紅い、凶悪な猛牛・ミノタウロス……。
立ちはだかる最強の因縁を前に、少年は冒険へと臨む──!!
圧倒的ファンタジーinダンジョン、第3弾!

「……君は、臆病だね」
「!?」
「臆病でいることは冒険で大切なこと。 でもそれ以外にも、君は何かに怯えてる」

突如憧れの女性【剣姫】アイズと再会を果たしたベル。
そこで突きつけられてしまった事実。
自分を抉る最大の因縁。
紅い紅い、凶悪な猛牛・ミノタウロス。
少年はそんな自分を情けなく思った。
そして少年は初めて思った。
僕は── 英雄になりたい。

『偉業を成し遂げればいい、 人も、神々さえも讃える功績を』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

あらすじ・内容をもっと見る
296ページ
1443登録

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3巻はこんな本です

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3巻の感想・レビュー(1305)

主人公が真の冒険者となったお話。能力だけでなく、心が強くなった。ここで話終わってもおかしくないくらいだけど、強くなる目的のほうが進展しないとね。
★3 - コメント(0) - 3月20日

第一部よみ終わった
★1 - コメント(0) - 3月1日

やはりだんまちの中で1番熱い戦いだった。この戦いを超えるのは本編ではまだないな。
★2 - コメント(0) - 1月29日

この巻ではベルがトラウマのミノタウロスを克服するお話です。やはり小説のほうが情報が多く、アニメをみていた時よりも盛り上がりました。ベルがどのように自分の冒険をしていくのか、次巻も楽しみです。
★4 - コメント(0) - 1月17日

ベル君のトラウマ克服&成長回。アニメで先に見てましたが、やはりここの回は好きです。端折られている詳細な部分とかもわかって、なおよかったです。
★4 - コメント(0) - 1月7日

ベルのステータスの上がり具合が半端ない ベル可愛い
★2 - コメント(0) - 1月5日

人気ラノベのシリーズ第3弾。アニメ化作品なのでアニメと併行して読み進めてみたら放送ではカットされていたシーンや、小説ならではの心理描写をいくつか確認できた。小説で登場人物の心情を理解しながらアニメを見ていく新しい楽しみ方だった。あと、ステイタスやスキルなどのRPGの設定、魔法の使い方やタイミングもばっちり! 著者のあとがきの言葉には自分のなかでも感じるところがあったので、心に刻みたい。「挑戦することに成功は保証されていないが、成長は保証されている」
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

状況を理解した上でリリを補助者にする。ベルの照れ方、恥じらい方が乙女過ぎ。エイナのお姉ちゃん心をくすぐるわな。一方フレイヤのベルの構い方が気のある女の子に意地悪しちゃう小学生みたいで。。。アイズが天然系だけど一番正面から向き合っている。毎日お弁当を作ってあげているシルがリードしていていいはずなのだが。憧れの人との鍛錬。それこその牛頭男との健闘。やり過ごすのに懸命だった彼が対峙する。「×××に、もう助けられるわけにはいかないんだっ!」第一級の冒険者達をも唸らせる戦いぶり。トラウマの元を断つ。凛々しい。
★30 - コメント(0) - 2016年11月28日

相変わらずの熱量でベル君の成長が描かれ面白かった。今回は憧れのアイズたんに師事し稽古をつけてもらうなどお近づきになれベル君も進展したなと思う。因縁のミノタウロスも倒し、ここで第一部完となる。
★2 - コメント(0) - 2016年11月24日

今作に綴られているのは、テレビアニメ放映当時に大変気に入ったエピソードであり、個人的に本当の意味でダンまちという作品を認知するきっかけになったエピソードである。英雄願望という、男なら誰もが共感出来るひとつの理想を、ベル・クラネルという真っ直ぐな少年が憧憬と矜持の猛々しい燃焼の中で一途に追い求める姿は胸に迫るものがあり、作中で彼の奮戦を見守っていた他の登場人物たちの心情に思わず共感してしまう。冒険者ベル・クラネルの物語は、確かな熱量とともにその一頁目を刻んだのである。今後が非常に楽しみになる一冊だった。
★3 - コメント(0) - 2016年10月17日

第3巻面白かったです!今回はようやくアイズさんと話せてさらには彼女に稽古をつけてもらうというなかなかの発展ぶりでした。アイズさんが眠っている時にキスをしようとしたのはさすがですが、最後に遮られてしまったのは残念です。薄々そんな予感はしていましたが(笑)いつかは眠ってない時にする時が来るのでしょうか、楽しみにしておきたいです。そして、今回は因縁のミノタウロスとの戦闘描写が大きく描かれていてすごく巧いなと思いました。すごいです。これからは世界観も広がっていくそうなので楽しみです。次巻も期待です!
★3 - コメント(0) - 2016年10月15日

第一部完、ここまでの話+αがアニメでやった部分でしたかね。そんな今巻はベル君がアイズに師事を受ける所とフレイヤによる「神の戯れ」によって…な所までです。やはり面白かったです。ベル君への謝意と僅かな好奇心から師事を提案したアイズが次第にベル君への師事そのものを楽しむ様になる所も良かったですし、そんなベルくんも教えられた事を愚直に吸収し、後のミノタウルス戦で結実させたのも良かったな、と。トラウマとなっていたミノタウルスへの恐怖を払拭し、大きく飛躍を遂げたベル君ですが、次巻からどんな展開になるのか楽しみです。
★36 - コメント(0) - 2016年10月3日

3、8/5逃げ回っていた憧れのアイズとようやくまともに会ったというか修行までしてもらってずいぶん近づきましたね。実力的にはまだ遥かに遠いようでしたが。でも、大きく前に進みましたね。ミノタウロスは思っていた以上にベルのトラウマだったんですね。アイズのファミリアもなんやかんや仲良しでよいですね。
★3 - コメント(0) - 2016年9月28日

ながぁく、チョクチョク読みをしてたので、正直、あまり覚えてません(笑) でも、アイズと会えて、ミノタウロスと葛藤して、良かった!
★3 - コメント(0) - 2016年9月22日

オッタルが渋くて良い。あのミノタウロスとのシーンはベルにぶつけるためにを鍛えてるんだろうなってのはアニメ初見でもわかったけど、フレイヤとの会話やオッタル自身の心情がオミットされてたから、どんな人物かがわからなかったんだよな。フレイヤの立ち位置的に今後ベルの敵になるんだろうけど、期待できそう。もう一つはなんといってもアイズの可愛さ!放送当時は“例の紐”が話題になったみたいだけど、流行をスルーしてアニメ見たらアイズが天然だった方がよっぽど衝撃的だった(苦笑)。ラストバトルは結末知ってても文句なし!ってSS!?
★74 - コメント(0) - 2016年9月3日

アイズとの特訓はアイズ視点が描かれるスピンオフも読むと、より一層ニヤニヤできます。しかし膝枕で憧憬一途にブーストかかるとか、リヴェリアも間接的にナイスアシストしてる。そして、因縁のミノタウロスとのバトルがめちゃくちゃアツイ!特訓の成果を全てつぎ込み、トラウマを乗り越えて覚醒!ベタだけど第1部完結に相応しい終わり方だった。
★4 - コメント(0) - 2016年8月10日

基本ラノベは店頭でタイトルやイラスト、アニメや知人or読メorネットと言った紹介から入る事が多い。本作は飽和したHDD容量を消化するかと朝から見始め1クール見終わって夕方本屋に走った。なるほど友人知人がダンマチダンマチと騒いでいた訳だ、製作陣声優陣販売の心意気が結実した幸せなアニメだったんだなぁと原作を読んで感嘆。二期もやったし終わりだからまとめに入るョな諦めや動画にしてあげたんだから良いよネという傲慢さ、安い他国制作のグダグダ感が無かった素敵なアニメだったんだなぁ。良い作品なので続き読む。
★5 - コメント(0) - 2016年8月8日

tak
帰宅してまったりしながら読了。アニメから入ってるので展開は既知なのだけどなにぶん記憶力が悪いので新鮮な気持ちで読めた(良いのか悪いのかは別とする)。なんだか、青臭くて青臭くて羨ましいなーと思う枯れきった俺なのでした。続けて次巻を読みたいのだけれど、図書館の順番待ちなので、しばらくステイ
★6 - コメント(0) - 2016年8月1日

ミノタウロスと闘うという点で一つの区切りです。そして、安定の文体。面白いです。
★10 - コメント(0) - 2016年7月26日

ミノタウロスとの戦闘
★3 - コメント(0) - 2016年7月24日

凄いものを読んだ。こんなに格闘戦(バトルとはまた別)が面白い小説は初めて読んだ。格闘技小説を描く才能のある人間がファンタジーも書いてるというイメージに塗り変わった。
★11 - コメント(1) - 2016年7月19日

2016.07.03読了。
- コメント(0) - 2016年7月3日

最高! ここまで戦闘シーンを描写してくれている小説はないのでは?! 次巻以降も楽しみになった。
★4 - コメント(0) - 2016年6月27日

因縁のミノタウロスとの対決。どんどん強くなっていくベルの快進撃が見ていて気持ちいい。憧憬一途のおかげでただでさえ成長が著しかったけど、実際にアイズと会って稽古をつけてもらったことで更に拍車がかかったのかも。ヘスティアの嫉妬も拍車がかりそう(笑)。フレイヤのちょっかいが悪意から来ているものではないのが余計に怖い…次はどんな試練をベルに仕掛けてくるのか…。回想でちょくちょく出てきているベルの祖父はよほど好色ジジイみたいだけどまさか…。
★3 - コメント(0) - 2016年6月13日

やはりこの迷宮は、人が作りしダイダロスの迷宮なのだろうか?関係ないけれど、アリアドネの糸は、戻るための道具ではなく、先に進むための道具だと思うのです。
★5 - コメント(0) - 2016年6月3日

1部最終巻という事で激戦を堪能しました。胸アツな展開に大満足です。
★4 - コメント(0) - 2016年5月29日

tty
はぁ~、なんというか熱い、熱かったわ、あのヘタレたベルくんは何処行った?だがしかし最高だった というわけでダンまち第三巻、散々バカにした奴らを驚愕させてフィニッシュです!このレビューはネタバレだろうか?いいや違う!はず 一巻二巻と読んではいるが何気にヘスティア様あんま出番なくないかい?大体最初の方と締めくくりは出るんだけど中盤・後半はサブキャラが多い、まあサブキャラ多いかんね、仕方ないね、でももっといっぱい出て欲しいかな?まああと七巻もあるし大丈夫だろう ベルくんもチートからハイチートになったし嬉しいね
★3 - コメント(0) - 2016年5月26日

lvの壁を打ち破る、そのためには偉業を成し遂げなければならない。 ステータスがインフレ気味になりつつありますがそれでも熱くなれるという。次の巻に行く前にもう一度読み直そうかと。
★6 - コメント(0) - 2016年5月14日

ベルくん頑張れ!!アイズと特訓したり着々と新密度を上げている気がする。ミノタウロス戦がすごかった。ベルかっこいい!
★4 - コメント(0) - 2016年3月30日

アニメ化につき省略。 実際にアニメで見るよりバトルの様子や周りの反応、ベル自身の気持ちなどがとてもわかりやすくてアニメ見た後でも楽しめます!
★4 - コメント(0) - 2016年3月29日

★★★★☆
★2 - コメント(0) - 2016年3月28日

とてもバトルめちゃくちゃバトル。そして心意義が熱い!ベルくん頑張れ!!天然アイズいいですね。眠たかったら寝ればいいよ…www
★3 - コメント(0) - 2016年3月27日

ベルとのトラウマであるミノタウロスがまたベルの目の前に出現するハラハラな展開で熱かったですね相手は大剣こちらは短剣不利なのはわかってたベルだがもうアイズに助けて貰いたくない一心でミノタウロスに挑むベルがカッコよくて素晴らしかった。これから先も面白くなりそうです!
★6 - コメント(0) - 2016年3月19日

シリーズ再読中!ライトノベルは3巻目まで読んで、良し悪しを判断しろ、という言葉がありますが、まさにこの作品は、3冊目が熱いです。物語の開幕時、ベルにトラウマを植えつけたミノタウロスとの戦い。それどころか、とある女神の企みにより、通常よりも遥かに強い個体との一騎打ちとなってしまいます。ダンまちシリーズの魅力のひとつは、バトルの熱さにありますね。読了後の爽快感が凄まじいです。
★17 - コメント(0) - 2016年3月5日

ミノタウロス戦が熱かった! ベルが冒険する様が心に響いた。
★4 - コメント(0) - 2016年3月2日

アイズとの特訓あり、熱いバトルありで面白かったです。それにしてもすごい成長……トラウマとなっていたミノタウロスを超えてLV.2となったベルがどこまで行くのか楽しみですね。
★23 - コメント(0) - 2016年2月28日

いっやーーーーーーーー よかった!!!!!!!!!! 鳥肌だ鳥肌!!!! ベル君かこいい!!!!! はよ続き買いにいかんと
★4 - コメント(0) - 2016年2月23日

今回は修行回と成長回。 圧倒的な速度で成長を続けていたとしても、アビリティがSになろうとも、人の奥深くの恐怖と言うものは中々ぬぐえない。そして、目指す壁は今日もまた彼を突き放す。まあ、その人に甲斐甲斐しく教わっている訳だけど。 リリにとって初めて気の許せる冒険者であり主人公、ベルの存在の眩しすぎさにナーバスになるもベル君にはそんなこと関係ないとばかりの甘い言葉と笑顔にはそりゃ耳も尻尾も紅くなって立ちますね。 心の弱い少年が、一端の男になろうと進む勇気。熱い戦闘シーンと共に楽しみに読ませてもらいました。
★4 - コメント(0) - 2016年2月14日

最初から因縁の相手ミノタウロスと戦闘。最初から恐怖を克服して圧勝とかではなく、ひるみ、怯え、でもリリを助けるために立ち向かい、前と同じ事を繰り返さないため、奮い立ち、ついに勝利。中々熱くなる展開だった。
★4 - コメント(0) - 2016年2月8日

ミノタウロスとのタイマンは燃えるけど、これは先にアニメ見てよかった。lv2になるとスキル値上限解放されるのかな。アイズのスキル値が気になる。。
★4 - コメント(0) - 2016年2月4日

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3巻の 評価:50 感想・レビュー:346
ログイン新規登録(無料)