ナチュラチュラリィ (ビーボーイコミックスデラックス)

ナチュラチュラリィの感想・レビュー(216)

市川さんの短編良いかも^^ どの話も好きだけど、『テストプレイ』と『道連れ』の大人な感じがより好きかな。楽しむ余裕と終わりの来ないエンドレスな駄目な感じがw
★25 - コメント(0) - 2月5日

お借り本。短編集。表題作、女子視点BLが良かった。ラストのかなの泣顔にじわり来た。しかしプロローグを読んで顕を好きになったきっかけが少し弱い気がして残念。他、エレベーターでのツンデレ小説家はめんどくさくて面白かったです。
★14 - コメント(0) - 1月25日

「カウント3632」の主役二人の掛け合いが好きです。どの話も読みごたえがあって面白かったです。
★3 - コメント(0) - 1月19日

読み切り集め、書き下ろし含め7編。なんとなく「ステップワン」と書き下ろし以外はアンソロジーとかで読んだ。久々に読んでもやっぱ良いな、と思う。BLで女の子出るのやーだけど、「ナチュラチュラリィ」は結構ツボ。泣き顔、最高。
★1 - コメント(0) - 1月12日

市川けいさん大好き。相変わらず空気とか言葉とか選ぶの上手い。全部エピソード0、みたいな感じ。ここから話が始まるのに!みたいな。続き読みたいな。それと笑顔とかテレ顔でちょっと苦手な表情がたまに。最近この手の顔を描くことがあるなぁ。ちょっとずつ絵柄変わってきてるのかしら。
★1 - コメント(0) - 1月11日

★★★
★1 - コメント(0) - 1月11日

ベランダの生き霊?のお話が好き。これからふたりに何か発展があるのか、とても気になる。短編集なのに物足りない感はなかった。でも続きが読めるもんなら読んでみたいよー!
★1 - コメント(0) - 1月11日

短編集。手を繋いだり一緒に寝たりが当たり前の双子の顕とかなの前に、顕が好きだと言う龍司が現れた‥。かなの後ろ姿が切ない。ベランダに出る生き霊の話も変わってておもしろい。2人の関係がこれからどうなっていくのかな。秋宗につきまとう後輩花草、やっぱり高校生ものはハズレがないな。2人ともかわいかった。
★1 - コメント(0) - 1月3日

市川けいさんのコミックスはほんとハズレないです。表題作のカップルの続きもっとみたいな~~~~
★10 - コメント(0) - 1月2日

作家さん買い。短編集。なんだか不思議な読後感。短編それぞれ一言で書くと『切ない、不思議、変、可愛い、ラブラブ、怖い』かな。表題作はいつも一緒にいる男女の双子の妹視点。好きなものも苦手なものも一緒なのね…そっちか~、これは切なかった。女子から見たBLというよりは好きな人に選んで貰えなかった女子の話なのでBLじゃない気も。個人的な好みでは、高校生同士の追っかける後輩と逃げる先輩の立場逆転が好き。策略にはまる先輩がちょろくて可愛い♪「道連れ」は笑顔でクズ発言ホントに怖い。人の中にある悪そのものを見せられた気分。
★61 - コメント(0) - 2016年12月9日

★★★★ 多分、作者買い♪ こ、これは何ですか! 放置プレイですか?焦らしプレイなんですか!? それとも、続きが読ませてもらえないジレジレした気分を6話分味わえという拷問でしょうか!?・・・ということで、楽しく読了( ̄▽ ̄)♡
★35 - コメント(0) - 2016年12月8日

短編集ながら、読み応えのある一冊。市川けいさん=男子高校生のイメージなので、「道連れ」なんかは新鮮だったなぁ。話は生霊の「ベランダにて」とエレベーターの「カウント3632」が好きでした。
★14 - コメント(0) - 2016年12月7日

sin
kindle版。作家買い。短編集。1話1話どれも面白い。BLに珍しく双子の妹の観点からの話、地学部先輩に押しまくる後輩 「道連れ」なんて少し歪で 短編なのに読みごたえあり。
★6 - コメント(0) - 2016年12月6日

表題作は女子BLを読んだ時から好きな感じで是非とも続きが読みたい!!!!結構読んだことあるお話があったけどやっぱり市川先生の作品好きだなあ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月4日

双子の話と地学部の話が好みだった(*^^*)
★2 - コメント(0) - 2016年11月29日

なんとも不思議な短編集。ニヤリとしたり、なんだこれ?と思ったり、短編ばかりなのに読み応えはあった。その後が気になるけど、そこで丸投げされてるから面白いんだろうな。
★5 - コメント(0) - 2016年11月29日

その後を考えてぞわぞわっとしたりワクワクっとしたりする短編集。双子の高校生が興味深い。好きなものも嫌いなものも同じ。って事は、妹切ないねぇ。生霊のが一番好き。
★3 - コメント(0) - 2016年11月23日

作者買い。表題作+短編5作。表題作は女子目線のBL。まあまあ何となく言いたいことはわかったかな。どれも短編すぎて話に入り込むまではいかないなぁ・・・。自分は心の変化的なものが好きなので短編はあまり合わないのかな?次は市川さんのしっかりした話が読みたいな。。
★3 - コメント(0) - 2016年11月22日

電子書籍にて。短編集。スッキリするものもあればモヤッとするものもあり、色々なムードが楽しめました。ぽつんDK地学部部長と迫る後輩のお話が可愛くて読後感も良くて好きでした。
★12 - コメント(0) - 2016年11月21日

自己満足度:★★★☆☆ エロ度:☆☆☆☆☆ いつも読了後うぅ~んと考えさせられたり、悩まされる作家さんだけに今回も・・・・・あっ、でも面白いのよ。スコォォォーン!と分かりやすいエロとかないしイチャ甘も少ないし、でも色々うぅ~んと想像をふくらまさせるのよね、で、今回も微妙なラブな感じで満足。まぁ、人にはそれぞれ好みがありますから。
★1 - コメント(0) - 2016年11月20日

短編集。既読のものもあり。テーマアンソロに収録の作品が多かったので、いつもの感じの市川さんとはまた違った雰囲気の作品が読めたなと思います。表題、やはりBLに前向きではあれど、女の子が関わってくるのはあまり好みではないな~と改めて。しかもこういう雰囲気はちょい苦手。下衆BLの二人にも、あいたたたーな心境を隠せず。全体的に、個人としては流し読みしちゃった感があります。「ステップワン」「テストプレイ」は好みの2人でした^^
★12 - コメント(0) - 2016年11月20日

kk
2016.1010
- コメント(0) - 2016年11月17日

短編集。表題作は女子目線のBL。いつも一緒だった双子の片割れが離れていく切なさ、選ばれない私。ツンツンした女の子だったけど嫌な感じはなくむしろ彼女にも幸せになってほしかった。これとレイプ犯と被害者の設定で盛り上がるカップルの話とお互い恋人がいてもセフレ関係にあるクズ同士の話が好き。 ★★★☆☆
★10 - コメント(0) - 2016年11月16日

6作品入った短編集。うーん、どれがいいかなぁ♪ 透けてる生霊のお話の2人とエレベーターに閉じ込められちゃったお話が好きだったかな。あと地学部の後輩と先輩のお話、これらは続きが読みたいな。表題は、何故か私にはあまり刺さらずだった。
★40 - コメント(0) - 2016年11月15日

双子の話はいくえみ綾のバラ色の明日に似たような関係の双子が出てきたなーって。あちらは少女漫画だけど、兄妹で完結してた世界を片方に恋した少年が広げる話で似てるなと。私はベランダの話が好き。始まってもいないのになんか気になるやつ。とうとう名前の出ないエレベーターの2人は家族ぐるみの付き合いみたいで、それ家族に吊り橋効果言われるやつ、と思った。
★4 - コメント(0) - 2016年11月14日

短編集なので、あともうちょっと続きを〜!状態です。表題作の先輩がカナを振る時に触れるのがヤな感じ…。なんかヤな感じ。うまく言えないけど、ヤな感じ。
★13 - コメント(0) - 2016年11月14日

この短編集はよかったなあ!特にエレベーターの話は印象に残る面白さだった。
★6 - コメント(0) - 2016年11月13日

読メリニュ中に読んで登録できなかったので実は再読です。短編集もいいな~という気持ち。「みちづれ」が一番好きかも。
★9 - コメント(0) - 2016年11月13日

初めのページで、ユギさんの「キビしいのである。」を思い出した~。双子ものは好きです。男女双子も結構良いと思う♪BLに女が絡むのがNGな人はダメですけど、今回の短編集の中ではやっぱこれが1番好きでした~。あとクズふたりの話「道連れ」も良かった。キュンからドキッ、ほのぼのから後味悪!なのまで、いろいろ入ってて読み応えありました。
★2 - コメント(0) - 2016年11月13日

表題作がとてもよかった。BLだけど2人以外の登場人物の存在感が強いお話が大好きなので。。双子兄妹美人さん。欲を言えば、なぜ先輩がお兄さんをそんなに好きになったのかとか、双子か先輩を好きになったのかとか、掘り下げがほしいところですが…短編なのでそこは想像するための余白ですかね。エレベーターのお話も面白かった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月13日

双子話が秀逸。
★3 - コメント(0) - 2016年11月11日

短編集とは意外。生霊ものが良かった。表題作は、今池のヘラヘラしたとこが好きになれず。双子がホラー映画に文句を言うあたり、まったくもって同感でした。
★14 - コメント(0) - 2016年11月11日

市川けいさん作品。待ってました!と言わんばかりにガッツリ読みはじめましたが、短編集で、めっちゃ焦らされてる気分でした(涙)。表題作は、一つ上の先輩×双子兄(+双子妹)。すごくいい話!空気感も最高!でもいいとこで終わってしまいました・・・悲しい⤵︎もっと読みたい!
★7 - コメント(0) - 2016年11月9日

【電子】
★4 - コメント(0) - 2016年11月8日

妹イロイロせつないね。
★2 - コメント(0) - 2016年11月6日

作家買い。表題作女子BLにて既読。どちらかといえばボーイがラブするより双子でラブする展開が好きだけど、女子BLの時思った通りやっぱり素晴らしいと思いました。でも特に良かったのは道連れ。市川さんは甘酸っぱいイメージが強くて、大好きだけど、最高にクズでテンションが上がりました。密室エレベーターも良かった。読んでて楽しい。どの作品もそうだけど、やっぱり市川さん大好きだわ。
★4 - コメント(0) - 2016年11月5日

短編集。結構バラエティにとんでるなぁと思ったら、テーマ有アンソロ出典が多かったのね。表題作の双子の話は何故双子がああまでべったりなのかが分からなくて最後まで「??」で読み終えてしまった。この作家さんはやはり長編ものの方が良いのかなと感じた。「道連れ」の展開は好みじゃない~。加賀さんはあのまま女性といた方が幸せだったのでは?この中では幽霊ものの「ベランダにて」と密室の「カウント3632」が好き。続きが読みたいな~!
★3 - コメント(0) - 2016年11月3日

いつまでも今が続くわけじゃないの分かってはいるのに続けたかったカナちゃんの泣き顔がいじらしい。いい女に成長しそうだね^^短編集なのでちょっと物足りないのとこれはこれで面白く読了!とがミックス^^どれも市川テイストで楽しめたのは確か!
★7 - コメント(0) - 2016年11月1日

道連れよかった~!そら自分に本気にならなかった相手が関係絶った途端に女に走るとか許せんよなあwww
★5 - コメント(0) - 2016年10月28日

女子BLでだされた作品は他の作家さんもだけどいい話が多いなー。
★2 - コメント(0) - 2016年10月26日

ナチュラチュラリィの 評価:78 感想・レビュー:80
ログイン新規登録(無料)