伝わっているか?

伝わっているか?
256ページ
643登録

伝わっているか?の感想・レビュー(399)

伝えられているか?ももこ(男/スナックのママ)がイルカから伝え方のスキルを教えてもらう。シュールな設定にお勉強本でありながらグッと心持っていかれました。別の著者ですが『伝え方が9割』と内容がかぶるところが多いです。が、そもそもの話がおもしろくて、私は断然こっち好き。良い復習になりました。Kindleのセールで期待せずに買ったのだろうけれど、良い本です。
★17 - コメント(0) - 3月15日

イルカが「伝わっているか」の決め台詞でお客たちの悩みを解決していく。そんな展開はユーモラスで、さくさくと気楽に読めた。本書の20のメソッドはいずれもコピーライティング流の発想の転換といった感じで、是非とも習得していきたい。何かを発信する時は「それ、伝わっているか」と自問自答を忘れないようにしよう。
★2 - コメント(0) - 3月11日

内容が被っていたので、先月読んだ「伝えかたが9割」と同じ作者かと思ったらちがう人でした。こちらはものの売り方とか、セールスに応用できそうですね。いるかがお客の相談に乗る形式なのも読みやすかった。
★10 - コメント(0) - 3月4日

文中でも触れられている『伝え方が〜』を読んだことがあったのですが途中で挫折。でもこれは最後までとてもわかりやすく、飲み込みやすく、実践しやすく書かれていました!この手の本って伝え方について書いているくせに、「伝えるためのメソッド」の伝え方自体が下手なのが多かったりして、わかりにくいんですよね。これはとてもわかりやすかった。すごく勉強になったのでどんどん自分のものにしていきたいし、読みながら「実践したい!!」という意欲が湧いた本も初めてでした。おすすめです。
★1 - コメント(0) - 2月16日

人に何かを伝えるためのメソッド集。 めちゃめちゃ読みやすい 伝わっているか?を自分に問いかける 定期的に再読したい ひらめきスロット
- コメント(0) - 2月14日

再読。「伝わっているか?」ついつい忘れがちになってします。伝えるじゃない。読むたびにそーだなーと思える本。「未来が変われば過去が変わる」だから、伝わるように、日々意識していきたいな。
- コメント(0) - 2月13日

自分の考えを相手へ伝える、20のメソッド。重要なのは相手の気持ちや立場、状況を想像する力。そして無駄のないシンプルさ。イルカを擬人化させ『伝わっているか?』の決め台詞から20のメソッドを解説する、読み易い本。
★1 - コメント(0) - 2月2日

人に伝えるための法則をイルカが語るイルカの恩返し
★1 - コメント(0) - 1月28日

伝わるように表現することまでは自分の責任。他責思考に飲み込まれてつらい思いしそうになったらもう一度読みたい。
- コメント(0) - 1月21日

とても読みやすかったです。イルカ可愛い。 相手の立場になって…自分が伝えようと思うあまり忘れがちでした。
- コメント(0) - 1月21日

kindleunlimited
- コメント(0) - 1月12日

TK
課題発見から相手の立場になって考える方法、そしてより伝わりやすい伝え方…といったように「伝わる」に至るまでの一連のプロセスが分かりやすくストーリー仕立てでまとまっていた。これならすぐ使えると思った。
- コメント(0) - 1月11日

アイデアがでなくて行き詰まっている人向け。可愛いイルカが楽しく教えてくれる。ただ、景品表示法的にグレーな宣伝方法も紹介されているので注意が必要。
- コメント(0) - 1月4日

コピーライターが書いた、効果的に伝える方法。チラシ作りなどに活かしたくて読みました。スナックに突然現われたイルカが、人間の悩みを解決するという設定です。決め台詞「伝わっているか?」は出るたびにハッとしました。そう問われると「伝わってないわ~」と思うことばかり。「伝えよう」がスタートではなく、相手の気持ちがスタート。出来てないことだらけでした。当たり前でつまらない言葉を人は無視する、そんないらない言葉はムダなだけでなく逆効果になることも。お勧めという言葉を使わずお勧めする方法など、使ってみたいと思いました。
★4 - コメント(0) - 2016年12月26日

未来が過去を作るっていうポジティブマインドに、心が温かくなった。相手の立場で考える。「ひらめきスロット」は単純だけれど面白かった。
★2 - コメント(0) - 2016年12月22日

巻末の「20のメソッド」が、新しいアイデアが必要なとき非常に参考になる。
- コメント(0) - 2016年12月6日

非常に読みやすい!1〜20のメソッドはどれも具体的でスグに使えるモノばかり。特にメソッド17は読んでからその通りだなぁ。と改めて思った。 相手の立場に立ってどれだけ深く考えれるかが、今後自分の課題だ。
- コメント(0) - 2016年11月20日

相手のことを考えるのではなくて、相手の立場で考える。目的、相手の気持ち、解決策で物事を整理してみること。自由禁止にした方がよいアイデアが出る。素晴らしい考えが詰まっている。坊ちゃんじゃあないけれど人間最後は好き嫌いだということ、人間が感情で動くというスタンスは絶対に忘れてはならない。理屈で動いてほしいけどなあ。ほんと嫌になっちゃうわ。
★11 - コメント(0) - 2016年11月13日

とても読みやすく2時間でサクッと読了。その割に、読後はとても多くの振り返りがあり、実に有意義な時間となりました。メソッドそのものよりも、その効果の根拠となる人間心理にばかり目がいってしまうのは、やはり心理学に興味があるからかな。ー答えは、いつも、相手の中にある。
★18 - コメント(0) - 2016年11月9日

使えるメソッドが20も。色んなキャラが登場して具体的な問題を解決する形で進んでいくので楽しく読めた。少しの気遣い、相手の立場に立つことが一番重要なのだと改めて認識。誰もが分かってるそのことを、多くの人が実行できていないのかな。もちろん自分も含めて。もっと柔らかく、鋭く考えられるようになりたいと思った。普段の思考にこれらのメソッドを使ってみよう。
★2 - コメント(0) - 2016年11月8日

軽い気持ちで読んだけど、結構この本すごいんじゃ。最近流行りのデザインシンキングやイノベーションの作法に通じるようなメソッドがわかりやすく、簡単に実行できる形で書いてある。なんだか何冊も読んで得た知識がこの本で簡単に手に入る感じがして損した感が。
★2 - コメント(0) - 2016年10月31日

シンプル、イルカ可愛い
- コメント(0) - 2016年10月29日

図書館。コピーライティングの技術書というよりも、ビジネス書に近いカンジ。ゲイバー出身のスナックママが、喋るイルカの助言によってスナックの人気を取り戻す…というストーリー。「いるか?」と「イルカ」が掛け合わされているとは、半ばまで気づかなかった(汗)。 テクニックが物語風に紹介、応用されていてとても面白い。コピーライティングは、結局ものの捉え方や考え方に大きく左右されるということ。普段の情報も、一歩立ち止まって考えるクセをつけていかないとな~と思った一冊。
★21 - コメント(0) - 2016年9月24日

様々な悩みを抱える人々に対して、イルカが相談を受け、 伝わるメソッド を紹介することで解決していく。 人の心を動かすにはどうやって伝えればいいか。 伝え方によって人が動くかどうかは全然変わってくるものだと わかった。
- コメント(0) - 2016年9月18日

過去が未来をつくるのではなくて、未来が過去をつくる。言われてみれば確かにその通り。未来を変えることで過去も変えられる。コミュニケーションは想像力。相手のために自分がどうしたいではなく、相手が自分にどうして欲しいのかを考える。相手のためにと言いつつも、自分のためだったりすることは案外多い。
★2 - コメント(0) - 2016年9月5日

★すごくいい本。実践したくなる。コピーライティング学いいね。
★1 - コメント(0) - 2016年9月1日

語り口が軽すぎて頭に残らない。けど、内容は面白い。
- コメント(0) - 2016年8月18日

KUにて。まぁ、ふつー。喋るイルカというキャラを立たせて、新宿2丁目のバーにやってくるお客さんたちの悩みをユーモアたっぷりに解消していきながら、著者のコピーライター経験を活かして「相手に伝わる言い方」を伝授する一冊。ただ、結局は小手先のテクニックを教えるにとどまっている感がいなめず、あまり心に残る印象的な言葉などはなかった。対話形式の実用書は『嫌われる勇気』『夢をかなえるゾウ』みたいに、あまりコロコロ相談者を変えないほうが読者になじみ(慣れ? 読みやすさ?)が出てくるものなのかもしれない。
★326 - コメント(0) - 2016年8月17日

YK
読了。あんまりこういう本はふだん読まないけど、楽しいし勉強にもなる。もう一回読みたい。問いの立て方が「伝わっているか」でいいのかは少し引っかかる。伝わってはいても(あなたの思いはわかったよ、と相手が思ってくれても)、うまくいかないことはいろいろある。でも、相手をコントロールするための技術の本ではないので、自分ができることはあくまで伝わるようにするところまで、という風に考えればいいのかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2016年8月12日

amazon unlimitedにあったので読んでみた。言葉やアイデアを作るコツがわかりやすくまとめてあって参考になった。しかも本全体としても流れをつくってあるので、こういうハウツー系の本は苦手、、という人でも読みやすいんじゃないかと思う。
- コメント(0) - 2016年8月8日

伝えたと思ったことが伝わっているか・・・ 大切なのは、 ☆相手のしてほしいことを想像する。 ☆世の中の情報を鵜呑みにしないで自分でちゃんと判断する。 ☆いっぱい迷っていっぱい考える。   だと思いました。 ①~⑳の伝わるメソッドが参考になります。 http://aquamarine1956.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-8e0f.html
★1 - コメント(0) - 2016年7月13日

読んだよ。ひとつひとつのメソッドは地味めでもいいこと。なるほどというよりせやなって感じ。しかしでも笑いのセンスがあわない。
★8 - コメント(0) - 2016年6月21日

似たような目的を謳う本は最近多いが、この本を読んでよかった。コミュニケーションテクニックを身につけて、人を思い通りに動かしてやろう、という発想ではなく、みんな少しずつ伝え方を工夫して幸せ度を上げよう、という発想で書かれている。それでいて、ビジネスでも使える考え方が惜しみなく易しく披露されている。あとは実践あるのみ。
★6 - コメント(0) - 2016年6月14日

Amazonプライムに入ったのでオーナーライブラリーを試してみたんだけど、大変にしょぼい品揃えでがっかり。そんな中でこの本は貴重な一冊です。元ゲイバー勤めのももこと不思議なイルカのお悩み相談形式で、さらっと読めてためになる。日常生活で使える技術が、実は政治、外交でも通用するという。定期的に読み返したくなる一冊でした。
★12 - コメント(0) - 2016年6月10日

DS
イルカとゲイのカフェのマスターの会話形式でのやり取りは非常に読みやすかった。「伝わる」と「伝える」は似ているようでまったく違う意味であると感じることができた。今までの生活で当たり前のように使っていた言葉の重要性、難しさを痛感させられた。「未来が過去をつくる」は心に響く言葉。
- コメント(0) - 2016年6月8日

受け取る側になって考えるトレーニングになってよかった。でも、表面的というか技巧的な感じもしてしまい、それも、いやらしいかな?なんて。やっぱり不器用でも一生懸命伝えようとするのもいいんじゃないかなと思ってしまった。逆に相手がどうゆうつもりで発言してるのかと、解釈し直すのに使うほうが、自分には有効かも。
- コメント(0) - 2016年5月30日

「伝わる」というのは「理解される」ことでなく『「心が動かされる」→「ほんとに動かされる」』ということなんだなと改めて思う。言葉ひとつでどっちに転ぶかが変わり起こる結果も変わるのだから、言葉というのは不思議さと強さを持ったものなんですね。そしてその分水嶺は、伝えられる相手の視点立場に立って相手の嬉しさを思い描くことから始まる。マーケティングの根本的な考え方でもあり納得感も得られ、イルカって洒落かよという意外性と豊富な具体例も手伝って一つ一つのメソッドは自然に浸透してくる。「未来が過去をつくる」はいい言葉。
★4 - コメント(0) - 2016年5月23日

まず波型の水色帯とそこからひょっこりイルカが顔を出しているデザインがいいなと思って手にしました(いるか?イルカ?だじゃれか~!)。イラストの挿入箇所も紙面上バランスがとれていていい。イルカがネクタイとシャツ姿で、顔がかわいくないのもいい。相手の立場に立っているつもりでしたが、相手が喜ぶように気持ちよくなるように言い換える作業ができていませんでした。参考にしたいと思います。
★4 - コメント(0) - 2016年5月19日

「伝える」のと「伝わる」のでは結果が全然違う。相手の嬉しいことを言うと気持ちが伝わりやすくなる。相手のために考えるのではなく、相手の立場ならどうするかを考える。相手が本当にしてほしいことを見つける。たとえ理解できなくても、どちらも大切にする。自分の気持ちだけで「相手のために」行動するのではなく、「相手の立場」になって考えることが大切。思い込みではなく、相手を理解しようとする。「なんだから」は相手にとって嬉しくない命令。目的、相手の気持ち、解決策のスリーポイント。
★13 - コメント(0) - 2016年5月14日

「すごいメモ」の著者。 伝える技術を磨いている人はまだまだ少なくて、本来これができれば、著者が言うようにコミュニケーションがスムーズになるはず。 そして、うまく伝えられるようになればお互い優しくなれるはず。さて、誰にどう伝えようか。
★3 - コメント(0) - 2016年5月13日

伝わっているか?の 評価:80 感想・レビュー:173
ログイン新規登録(無料)